森でみつけたよ!

俺たちは、似たもの同士だ!

2012年 3月15日(木) 12時

ホトケノザとヒメオドリコソウは、共にシソ科の小さな花です。茎を輪切りにしてその断面を見ると、シソ科の特徴である四角形をしています。
受粉のための昆虫が来てくれない時は、閉鎖花で自家受粉すること、たねにはエライオソームという、ゼリー状の甘い物質(アリの大好物)がついていて、種子散布をアリに依存している等、似ているところが沢山あります。
花も慣れないと、区別が難しいくらいよく似ています。なお、ホトケノザの葉は半円形で、上部の葉は葉柄がなく、茎を抱くようについていますが、ヒメオドリコソウの葉は、茎の上部から下部にいくにつれて次第に大きくなり、葉柄も長くなっているので区別できます。

本日のティータイム
河津桜〜子の神側の森の入り口付近で咲いています。昨年より約1カ月遅れて今、5分咲きです。画像は左から、ホトケノザ、ヒメオドリコソウ、河津桜です(画像をクリックすると、拡大します。もう一度クリックすると、さらに拡大します)。

240-1.jpg 240-2.jpg 240-3.jpg

ヤブツバキの花

2012年 3月 5日(月) 16時

お社の森の近くに、ヤブツバキ(画像左)が咲いています。この花の原産地は、日本の太平洋側の海岸近くです。葉っぱは塩害対策として、クチクラという物質でコーティングされているため、光沢があります。
花は5枚の花びらを持つ離弁花ですが、おしべの花糸が花びらに合着しており(画像中央)、花はバラバラになりません。これは花粉の媒介を、鳥に依存しているため、花は頑丈な作りが必要なのであろうと、推察します。
ツバキに関する豆知識
ツバキの原種〜ヤブツバキ(赤)、ユキツバキ(赤)、サザンカ(白)、ヒメサザンカ(白)の4種です。
ツバキ油の用途〜ツバキ油は、高級油です。鬢付け油、食用油、灯油、スキンオイル、高級石鹸などに利用されています。なおツバキ油の主な産地は、伊豆大島、五島列島などです。

本日のティータイム
八重咲きのサザンカです。おしべの真ん中にある花びらは、おしべが花弁化したものです(画像をクリックすると拡大します。もう一度クリックすると、さらに拡大します)

239-1.jpg 239-2.jpg 239-3.jpg

早春の花・オオイヌノフグリ

2012年 2月24日(金) 8時

最近、南野川ふれあいの森付近では、オオイヌノフグリを見かけることが少なくなりました。農地がどんどん宅地化され、いわゆる「雑草」といわれ、どこにでもあった植物が少なくなっています。
オオイヌノフグリ(画像左)〜直径1cmにも満たないブルーの可愛い花です。日が当たる時間だけ開き、夕方や曇天の日には花を閉じます。花はラッパ型で、先が4つに裂けているため、花びらは4枚あるように見えます。おしべは2本で、虫が来てくれない時は自家受粉をする1日花です。
画像中央は花を裏側から見たものです。花がラッパ型であることが、よく判ります。春先に咲く小さな花は、群生していて、次々花を咲かせるものが多いです。これは次々と咲くことで、刈り取られたり踏まれても、子孫を残せる戦略ですね。

本日のティータイム
森の近くの民家で、白梅がようやく3分咲きになっていました。今年は寒さが厳しく、開花は3週間ほど遅れています(画像をクリックすると拡大します。もう一度クリックするとさらに拡大します))。

238-1.jpg 238-2.jpg 238-3.jpg

春の気配

2012年 2月19日(日) 9時

今年は、春の訪れが遅いようです。
例年であれば、森の中のヒイラギナンテンの黄色い花が咲き始めて森にも少しずつ鮮やかな色彩が増えてくる頃なのですが、今年はいまだモノトーンの森です。
それでも森のお隣に、春を見つけてきました。
森の西側のバス通り側の入り口近くに河津サクラと思われる木がありますが、そのつぼみは大きく膨らんでいました。昨年は、2月の頭には開花していたことを考えると、かなり遅い春ですね。サクラの横の原っぱには春いち早く咲くオオイヌノフグリ、別名ホシノヒトミ(なんという名前の違い!?)がかわいらしい青い花を咲かせていました。

237-1.jpg 237-2.jpg

冬芽いろいろ

2012年 2月15日(水) 8時

落葉樹がすっかり葉を落としたこの時期、南野川ふれあいの森では、いろいろな冬芽を観ることができます。
冬芽とは、夏から秋にかけて作られた芽が、冬の寒さを経験して、春に葉や花になる芽のことです(今の時期は休眠しています)。
代表的な冬芽のタイプは、下記の2つです。
@鱗芽〜冬芽を鱗状のもの(芽鱗)で保護するタイプ。
A裸芽〜芽鱗を持たないタイプで、毛などで覆われているものもあります。
南野川ふれあいの森では
鱗芽のタイプ:コナラ(画像左)、クヌギ、クリ、イヌシデ、ケヤキ、エノキ、ヤマザクラ、カマツカ、モミジイチゴ、ノイバラ、ゴンズイ、サルトリイバラなどがあります。
裸芽のタイプ:ムラサキシキブ(画像中央)、アカメガシワ、エゴノキ、サンショウ、ニガキ、アワブキ、クマノミズキなどがあります。
なおエゴノキの冬芽(画像右)は、大変用心深く、副芽というもう一つの芽を持っています。これは本来の芽が、何らかの理由で成長できなくなった時の予備芽です(画像をクリックすると拡大します)。

236-1.jpg 236-2.jpg 236-3.jpg

ハラビロカマキリの卵のうとコセンダングサのたね

2012年 2月 4日(土) 9時

ハラビロカマキリは樹上性のカマキリで、小枝の先などに卵のうを作ります(画像左)。この中には、200個以上の卵が入っていて、4月ごろ孵化しぞろぞろ出てきます。子カマキリは親とそっくりで、やはり肉食です。脱皮を繰り返して成長しますが、さなぎにはなりません(不完全変態といいます)。
コセンダングサのたね(画像中央)は、1本の棒状のさやの中に、約50個入っているそうです。さやの先端には2〜4本のトゲがあり、このトゲには、さらに細かい逆さトゲがついていて、動物の毛や衣服などにくっつきやすくなっています。コセンダングサのたねはこうして遠くへ運ばれます。

本日のティータイム
雪桜(画像右)〜1月19日に南野川ふれあいの森付近では、初冠雪がありました。カエデなど落葉樹の枝に積もった雪は、墨絵のような景色の中で、サクラの花が咲いたように見えることから、「雪桜」と呼ばれることがあります(画像をクリックすると拡大します。もう一度クリックすると、さらに拡大します))。

235-1.jpg 235-2.jpg 235-3.jpg

風を待つたね、春を待つたね

2012年 1月25日(水) 12時

大寒も過ぎもうすぐ立春、しかし風は頬を突き刺すように痛い。この風を待っているものがいる。それは冠毛と呼ばれるふわふわした毛を持つたねである。タンポポやノゲシのたねは、とっくに飛び立ってしまったのに、コウヤボウキのたね(画像中央)は、まだ飛べないで、風を待っている。風が来てもたねが重いので、あまり遠くへは飛べない。
コウヤボウキの地上部は枝で、幹は地中にある。高野山では、この枝を束ねて箒を作ったといわれているが、竹箒のような実用的な掃除用具ではない。
ツワブキ(画像右)も冠毛を持っている。この冠毛が立派なパラシュートになり、遠くへ飛ぶ計算であったようだが、やはりたねが重く、コウヤボウキ同様、遠くへ飛べず、親株の近くで芽を出しているのをよく見かける。また若い茎は、佃煮などにして食べる(画像をクリックすると拡大します)。

234-1.jpg 234-2.jpg 234-3.jpg

冬の森で見つけた植物と昆虫たち

2012年 1月15日(日) 10時

南野川ふれあいの森には、寒さに負けずがんばっている植物や昆虫たちがいます。植物は、近所の農家などから逃げ出してきたり、鳥が種を運んできたものが中心です。また昆虫は気温が10℃以下では、活動できないといわれていますが、クロバエやテントウムシの仲間を見かけます。
オモト(万年青・画像左)〜ユリ科の多年草で常緑です。古くから観葉植物として愛好者が多いですが、花や実も大変美しく、この森でも赤色やオレンジ色の実のものがあります。
クマザサ(画像中央)〜自生地は京都・大原〜鞍馬地域といわれています。漢字では隈笹、葉は最初緑一色ですが、やがて葉の周囲から枯れ始めます(寒さ対策、落葉樹が枯れ葉になるのと同じ)。その状態の葉を歌舞伎役者のメイク(隈取り)に例えて、この名があります。
ナミテントウ(画像右)〜肉食でアブラムシを食べます。幼虫も肉食で、エサの少ない時期は共食いもします。幼虫はサナギになり、成虫で越冬します。黒地に赤2紋は西日本に多いタイプだそうですが、関東でもよく見かけます(画像をクリックすると拡大します)。

233-1.jpg 233-2.jpg 233-3.jpg

落し物は ハリギリの実

2012年 1月13日(金) 13時

 南野川ふれあいの森の木の多くは、落葉樹です。
冬になると葉っぱを落とし、寒さをしのいでいます。葉っぱをつけたままだと葉っぱからどんどん水分を奪われてしまうから、春夏秋と働いた葉っぱは役目を終えて、土にかえっていきます。
 でもヤツデやツバキはつやつやで固い葉っぱで、1年足らずで役目を終えるにはちょっともったいなくできています。つやつやしていて厚くて固い・・だから寒さに耐えてあと何年かは働けます。これらは常緑樹です。
 さて、森を歩いているとかわいらしい木の実が・・見上げると高いところに同じ実が。ハリギリでした。森のいたるところに、種から発芽して幼木が育っているのですが、今までちゃんと種を見たことはありませんでした。木のほうは太くて大きなとげをもっています。実は、ふれあいの森ではなじみのヤツデとよく似ています。同じウコギ科なんですね。この実は、小鳥たちも大好きなようで、木の上からなくなるのも時間の問題でしょうか。

232-1.jpg 232-2.jpg

マンリョウの実

2012年 1月 5日(木) 10時

明けましておめでとうございます。
今年最初の紹介は、お正月にちなんでマンリョウです。名前がめでたいため、センリョウと共にお正月の縁起物として、よく利用されます。
マンリョウは常緑で温暖な気候を好み、関東以西、沖縄まで広く自生しています。赤い実(白もあります)を沢山つけることから、万両の名があります。万両のほかに千両(センリョウ)、百両(カラタチバナ)、十両(ヤブコウジ)、一両(アリドオシ)というのがありますが、おめでたい実は、いろいろ沢山あったほうがいいですね。
7月頃マンリョウは白い花をつけますが、この時期まで実が残っていることがあります。運が良ければ、花と実を同時に見ることができます。
同じくお正月の生け花などに使われるセンリョウとの区別は、実がマンリョウは下向きにつき、センリョウは上向きにつくので区別できます。画像は左からマンリョウ(赤)マンリョウ(白)センリョウです(画像をクリックすると、拡大します)。

231-1.jpg 231-2.jpg 231-3.jpg
RSS
- Topics Board -edit:uri