Home » ブログ 

ブログ

眼がさがす秋

2015年10月26日

木枯らし1号が吹いた!

どんぐりが沢山落ちている。
森全体が黄色っぽくなってきた。
太陽が横から差し込むようになった。
 
ジョロウグモのお腹がパンパン
ムラサキシキブの実が色づき始めた。
ツワブキが咲いた。
 

セイタカアワダチソウの侵入

森の周囲は住宅地ですが、南野川
ふれあいの森にもセイタカアワダチソウが
侵入してきました。
 
まだ草丈50センチくらいの背低アワダチソウ
です。
繁殖力の強さは折り紙つき、地下茎から
アレロパシーという物質を出して、他の植物を
排除し、やがて大群落を作ります。
 
 
今、南野川ふれあいの森で観られる植物を
紹介します(画像をクリックすると拡大します)。
 
セイタカアワダチソウ1510.JPG  セイタカアワダチソウ拡大1510.JPG
セイタカアワダチソウ
花は筒状花と舌状花からなるキク科の花です。
花粉症の元凶といわれたこともありますが、この花は
風媒花ですので誤解です。
 
ハキダメギク1510.JPG
ハキダメギク
世田谷区の掃き溜めで発見されたので、気の毒な
名前がつけられました。
白い舌状花が3つに分かれています。アメリカ原産の
1年草です。
 
カタバミ1510.JPG
カタバミ
ほぼ1年中見かけます。シュウ酸を貯えており、
葉を噛むとすっぱい味がします。
この葉で10円玉を磨くとピカピカになります。
 
イヌタデ群生.JPG  イヌタデ1510.JPG
イヌタデ
食べてもおいしくなく、役に立たないタデと
いうのが名前の由来です。
花びらを持たず、ガクが花びらの役目をして
います。
 
紅茶 de ブレイク
 
フウセンカズラ
フウセンカズラ1510.JPG
果皮が風船のように膨らむ、めずらしい特徴を
もった植物です。
たねは黒色で、白いハート形の模様があります。
 
前回の「何かいる」の答え
答え コジャノメ.JPG  答え シオカラトンボ♀.JPG
コジャノメ(左)とシオカラトンボ♀(右)でした。

Oct 26, 2015 10:03 AM

コセンダングサの花が咲く頃

2015年10月11日

コセンダングサ1510.JPG

 
コセンダングサは、北米原産の帰化植物です。
上部の枝先に、径1センチ位の黄色い頭花を
つけます。
 
南野川周辺では、この花が咲く頃、カラスウリや
サンショウの実が真っ赤になり、お茶の花も
見ごろを迎え、秋が深まっていきます(画像を
クリックすると拡大します)。
 
この時期観察できた植物や昆虫を、紹介します。
 
ツユクサ 2段花1510.JPG
ツユクサの2段花です。
南野川ふれあいの森で今年も見つけました。
他の場所でも時々見かけます。
どうして2段に咲くのか不思議ですね。
 
ゴンズイの実1510.JPG
ゴンズイの実です。
実は半月状の朔果で、熟して裂けると、
中から黒い種が覗きます。
 
ヌスビトハギの種1510.JPG
ヌスビトハギの実です。
サングラスのように見えます。
名前の由来は盗人がつま先で
歩く足に見立てたもの。
ひっつき虫です。
 
ワルナスビ1510.JPG
ワルナスビの花です。
ジャガイモの花に似ていますが、
大変なワル者です。
うっかり触ると、鋭いトゲが刺さります。
 
シロオビノメイガ1510.JPG
シロオビノメイガという蛾です。
濃い褐色の翅に白い帯が目立ちます。
主に夜に活動する蛾ですが、昼間
アズマネザサの葉にいました。
 
このほか昆虫では、アゲハチョウ、ヒョウモンチョウ、
ハラビロカマキリ、キバラヘリカメムシ等を
見かけました。
 

何かいる(パート2)

 
何かいる11510.JPG  何かいる21510.JPG
何かがいます。探してください。
答えは次回に掲載します。
 
前回の答え
なにかいる答え・画像左.JPG  なにかいる答え・画像右.JPG
アカボシゴマダラの幼虫(左)とツチイナゴ(右)
でした。

Oct 11, 2015 10:21 AM

注意!スズメバチ

2015年10月 8日

 なんとっ!

9月、10月と続けてスズメバチに刺される被害がありました。
 
今年は、すごく多いという印象ではなかったスズメバチ。
夏の間は、樹液にやってくるスズメバチを数回目撃していましたが、それも例年通りという感じでした。
被害のあった日も、活動前に下見を行い、その気配はありませんでした。
でもどちらも、1匹だけ、地面に近いところを飛んでいたのにやられてしまいました。
いることに気が付かないうちに・・・
 
活動を初めて11年目にして初めて、それも2回連続で…少なからずショックでした。
刺されたメンバーは、そうひどくはならずにすんだことは不幸中の幸いですが、3度目はないよう注意して活動していきたいものです。
 
遊びに来られる皆さんも、十分注意しましょう。
 
ハチに出会ったら?
急な動きはしない。騒がない。
ゆっくり来た道を戻りましょう。
 
ハチに攻撃されないために。
基本は、長袖長ズボン。
黒っぽい服は避けましょう。
帽子で頭も隠しましょう。
においの強いものは身に着けない。
香水、整髪料、から揚げの匂いも好きなようです。
 
まだ11月ぐらいまでは、スズメバチも凶暴な時期です。
くれぐれも注意のほどを!!!
 
 
 

Oct 8, 2015 04:30 PM

10月の活動日です。

2015年10月 4日

 10月4日(日)  あさ10時から始めます。

 
9時45分には、集まってください。
旗を掲げたり、道具を出したり、みんなで準備します。
 
10月の森はどんなだろう

Oct 3, 2015 12:33 AM

ま~るい秋 実りの秋

2015年9月25日

秋には丸いものか多い。
丸いもの、木の実、草の実。
どうして丸いのかな。

植物は冬が苦手!

植物が生きていく上で最も困るのは、
乾燥と気温が低いことです。
植物は子孫を残すため、寒くなる前に
種(たね)を作る必要があります。
 
多くの種は果肉に包まれていて、鳥などに
食べられて種が散布されます。
 
種は硬いカプセルで保護されているので、
寒さや乾燥に耐えることが出来ます。
植物にとって秋は、存続のために大切な
時期なのです。
 
南野川ふれあいの森へ、ま~るい秋を探しに
出かけました(画像をクリックすると拡大します)。
 
ブルーベリー完熟の実1509.JPG  ブルーベリーの花(4月)1509.JPG
ブルーベリーの果実です。森のお隣の休耕中の
農地の生垣で見つけました。右の画像は、花時の
様子です。
 
キウイの実1509.JPG
キーウィの果実です。栽培されていた
ものが、逃げ出してきたものです。
 
カキの若い実1509.JPG  カキの花(5月)1509.JPG
柿の若い実です。もうすぐ食べ頃になります。
右の画像は柿の花(5月に撮影)です。
 
クリの実1509.JPG
森の入り口にある栗の木に、沢山の実が
ついています。今年は豊作のようです。
 
カラスウリの実1509.JPG
カラスウリの実も真っ赤になりました。
 

何かいる!

何かいる11509.JPG  何かいる21509.JPG
この2枚の画像には何かがいます。
探してください。
答えは次回に掲載します。

Sep 25, 2015 08:39 AM

9月の活動日もムシムシでした

2015年9月 7日

9月6日 台風18号北上中の影響で前線が停滞し、
今にも泣き出しそうな空模様でしたが、
23名(うち子供9名)の皆さんが、元気に
集まってくださいました。

スペシャルフィールドビンゴは手強いぞ!

準備体操をしてから、早速フィールドビンゴです。
今回は野川はあも特製のスペシャル版で、升目が
25個もあり、大人と子供がペアを組み挑戦しました。
 
セミの声、風の音から、揉むと良い香りのする
葉っぱまで、答えを探して森の中を歩き回りました。
(画像をクリックすると拡大します)
 
ビンゴ1 1509.JPG  ビンゴ21509.JPG
 

長柄の鎌が大活躍!

ビンゴゲームの後は、「野草の散策路」の草刈りを
行いました。
夏草やアズマネザサが勢いよく伸びていて、かなりの
作業量になりました。
 
今回も長柄の鎌が威力を発揮し、効率よく作業が
出来ました。
 
草刈り11509.JPG  草刈り21509.JPG
 
まだ夏は去ってくれませんが、森の中では、
カラスウリがスイカのような実をつけ、センニンソウの
花が咲き、近づく秋を感じながら、3時少し前に、今月の
活動は終了しました。
 
アオバハゴロモ1509.JPG
押すなよ、絶対押すなよ!
アオバハゴロモがアオキの枝に
群がっていました。
 
カラスウリの若い実1509.JPG
スイカのような縦じまの入った若い
カラスウリの実です。
もうすぐ真っ赤になります。
 
センニンソウの花1509.JPG
センニンソウの花です。
この花が咲いて、セミの声が静かに
なると、秋です。
 
皆さんお疲れさまでした。
 
次の日曜日は萌芽更新の勉強会です。
皆様のご参加をお待ちしています。

Sep 24, 2015 11:44 AM

秋探し

2015年9月11日

 
秋の気配を探して、南野川ふれあいの森を
歩きました。この時期は、まだ夏を忘れられない
生き物がたくさんいました。
 
虫食いの葉1509.JPG
 
モンクロシャチホコの幼虫に食べられた、桜の
葉です。食欲旺盛なこの幼虫は、葉を食べ尽くさん
ばかりの勢いです。葉っぱは穴だらけで、芸術的で
すらあります。
画像をクリックすると拡大します。
 
アカボシゴマダラの幼虫1509.JPG
アカボシゴマダラの幼虫
もう秋だよ!のんびりしているけど、
冬支度、間に合うかな?
 
カノコガをゲット1509.JPG
カノコガをゲット
やっと獲物にありつけたのか、一心
不乱にお食事中です。今の時期、
たくさん食べなきゃ。
 
樹液酒場1509.JPG
閑散とした酒場
夏には行列の出来た店も、ひっそりと
しています。のん兵衛のクロコガネが
一匹、樹液から離れようとはしません。
アル中になるよ。
 
ヤブガラシの花1509.JPG
ヤブガラシの花
画像中央の花は受粉前で、緑色の
花びらが残っています。蜜を盛んに
出しています。種が出来ないのに・・・
 
紅茶 DE ブレイク
 
ナンバンギセル.JPG
ナンバンギセルです。
葉緑体を持たない寄生植物です。
(白金の付属自然教育園にて)
 

Sep 11, 2015 09:17 AM

夏終る!

2015年8月24日

セミの抜け殻1508.JPG
 
いつまでも残暑厳しく、巷ではまだ秋の
気配は感じられず。
 
しかし季節時計は暑さ関係なし。着々と
秋に向かって時を刻んでいます。
 
落ちセミが目立つようになった。
日暮が早くなってきた。
コナラやクヌギのどんぐりが大きくなってきた。
サクラの落葉(らくよう)が始まった。
カラスウリの実が大きくなった。
ツクツクボウシの鳴き声が目立つようになった。
 

セミの一生

 
セミの地上での平均的な寿命は、羽化後3週間
~1ヵ月と云われてますが、天敵が多く、大部分の
セミの生存期間は、1週間~10日位です。
 
アブラゼミの幼虫としての地下での生活は
5~6年で、通算するとセミは昆虫の中でも
長寿です。
 
地上にいる1週間超の間に、子孫を残し(産卵)、
寿命を迎えます。
 
セミの人生は年金なし、介護不要と実にすっきり
した人生です。
画像をクリックすると拡大します。
 
落ちセミ1508.JPG
天寿を全うしたアブラゼミです。
このようなセミを落ちセミと呼びます。
 
アブラゼミ1508.JPG
翅が茶色のセミは世界的にも珍しく、
海外からアブラゼミを観にくる人も
いるそうです。
 
ヘェ~知らなかった
 
セミなどの抜け殻に残された白い
ひも状のものは、幼虫時代の「気管}の
跡です。
セミは幼虫のときは、これを使って、空気を
体内に送り込んでいます。
 
セミの気管1508.JPG
 
 

Aug 24, 2015 02:05 PM

溝の口教会の皆さんの来訪

2015年8月11日

ビンゴゲームは楽しかった!

8月9日は、野川はあもの自主活動日でした。
この日、溝の口教会の皆さん22名(うち子供
8名)が、サマーキャンプの行事で、南野川
ふれあいの森へ来てくれました。(画像を
クリックすると拡大します)
 
まず大人と子供がペアを組み、野川はあも特製の
ビンゴゲームに挑みました。
この森に棲む生き物や木の実等を、探して森の中を
歩いてもらうのが狙いです。皆さんビンゴの枡を埋める
のに夢中になっていました。
 
DSCN0800.JPG
教会のサマーキャンプに参加の皆さん
 
DSCN0802.JPG
ビンゴゲームの答えを探して、森の
中を歩きました。
 

カナブンに触れた!

続いてミニ観察会です。先ずエゴノキの実を
水の入ったビンに入れ、シェイクすると、シャボンの
ような泡が出来てビックリ。
 
さらに樹液に群がるカナブンを、恐る恐る触ったり、
真っ赤なヒイロタケの堅さを感じたり、カラスウリの
ミニスイカのような若い実を観たり、いろいろ体験しました。
 
森の中では、地面に落ちているコナラやクヌギの若い
ドングリのついた葉を見つけました。そして早すぎる落葉
(らくよう)は、何が原因なのか、皆で考えました。
 
楽しい時間の過ぎるのは早く、予定の30分はあっという間に
終わってしまいました。
 
DSCN0807.JPG
皆さん熱心に何かを観ています。
何を観ているのでしょう?
 
IMG_5086.JPG
樹液に集まるアカボシゴマダラを
観ていました。
このチョウを初めて観た参加者も
いました。
 

森の手入れを体験しました。

本日は野川はあもの自主活動日でもありました。
皆さんにも、常緑樹の伐採や草刈りのお手伝いを、
していただきました。
DSCN0809.JPG
 
溝の口教会の皆さんご協力有難うございました。
今度はぜひご家族で遊びに来て下さいね。
 
 

Aug 11, 2015 09:13 AM

飲み屋街は大盛況

2015年8月 8日

樹液酒場・タイトル画.JPG
 
強気な安倍内閣の経済政策の効果とは、
直接関係はないにしても、南野川
ふれあいの森では、今年は(樹液)酒場に
やってくる昆虫が非常に多いです。
 
昼と夜では、やってくる昆虫も違いますが、
主に夜活動するカブトムシが、昼間から
樹液の出る場所から動こうとはしません。
 
自然界は、弱肉強食の世界です。樹液を
独り占めしようとする、カブトムシやスズメバチが
飛び去るまで、チョウの仲間やカナブン等は、
辛抱強く待っています。
 
要領のいいアカボシゴマダラは、飲酒中の
カブトムシの脇から、長い口吻を伸ばして
樹液にありつくことがあります。
画像をクリックすると拡大します。
 
行列の出来る店1.JPG
行列の出来る店 A店
いろいろな客がきます。大衆
酒場ですから。
 
行列のできる店2.JPG
行列の出来る店 B店
こちらも客の入りは良いようです。
 
ビールのタイムサービス.JPG
タイムサービスです。
この時間帯は弱肉強食のルールなし!
早いもの勝ちです。
 
カナブン専用クラブ.JPG
カナブン専用のクラブです。
カナブン以外はお断り!
差別化の徹底で、客の評判よし!
 
小さなスナック.JPG
小さなスナック
止まり木3席と小さなテーブル1卓しか
ないスナックです。
 
ホステス付き高級クラブ.JPG
噂の高級クラブ「シマトネリコ」
ここには専属のホステスがいます。
 
 
紅茶 de ブレイク
 
カラスウリ・花1508.JPG
 
カラスウリの花です。
白いレースで縁どりされたこの花が、
闇の中に浮かび上がる様は、大変
幻想的です。

Aug 8, 2015 09:43 PM
toTop