Home » ブログ 

ブログ

たねは何処へ行くのか(その1)

2015年11月25日

植物の目的は、たねを作り、次の世代へ命を
引き継ぐことにあります。
美しい花を咲かせることではありません。
植物は自力では移動することが出来ないため、
たねの散布に自然の力をうまく利用しています。
 
今回は鳥に実を食べさせて、たねを運ぶ方法
(動物被食散布)を選んだ植物の紹介です。
画像をクリックすると拡大します
 
植物は鳥がどこへたねを運んでくれるか、その
行方を知ることは出来ません。
運よく発芽、生育に適した場所へ散布されたもの
だけが、命をつなぐことができるのです。
そのわずかな確立に、植物はすべてを賭けます。
 
サンショウの実1511.JPG
サンショウの実です。
サンショウは、赤い実、黒いたねの
ツートンカラーで、鳥を引き付けます。
赤や黒は、鳥にとって目立つ色なのです。
これを二色効果と呼びます。
 
ヤブラン・実.JPG
ヤブランの実です。
ヤブランの実は鳥の大好物で、黒っぽい
実(正しくは種子)はたちまち食べつくされて
しまいます。
黒い種皮は厚さ1ミリ程度でしかなく、鳥は
見事にだまされています。
 
ムラサキシキブ・実1511.JPG
ムラサキシキブの実です。
メジョロやジョウビタキが好んで食べます。
口に入れるとかすかに甘みを感じますが、
おいしいとは思いませんでした。
 
ニシキギの仮種皮.JPG
ニシキギのたねです。
赤い皮は仮種皮(かしゅひ)とよばれ、
高カロリーで鳥の大好物です。
仮種皮に包まれたたねは、白い色を
しています。
 
ヘクソカズラ・実1511.JPG
ヘクソカズラの実です。
完熟した実を食べると、ほんのりと甘い
そうです(食べる勇気なし)。
実をつぶすとかなり臭いですが、ヒヨドリや
メジロが食べます。鳥は本当にこの実か
好きなのか、よく判りません。
 

紅茶 de ブレイク

ツマグロヒョウモン・♂.JPG   ツマグロヒョウモン・♀.JPG
ツマグロヒョウモンです。左がオスで、右がメスです。
メスの前翅は先端部分が黒く、白い帯が目立ちます。
南方系のチョウですが、温暖化の進行で、都市周辺
でも広く見られます。

Nov 25, 2015 10:37 AM

風の子まつり

2015年12月 6日

 炭焼きソーセージのお店やります!

今年も、12月6日日曜日、野川こども文化センターのお祭り
「風の子まつりが行われます。
恒例となった「自分で焼くソーセージ」のお店を出しますよ~
炭火で自分で焼くソーセージ、なかなか他では食べられません!
自分のお好みの焼き加減でどうぞ。
寒い季節火に当たりながら、至福の時間(?)がすごせますよ。
今年は一本70フレンズと、ちょっとお安くなりました。
 
他にもおいしい売店楽しいブースが待っています。
ぜひお出かけください。
 
ただし雨が降ってしまうと、はあものお店は開きません。
室内でできるお店はやっていますが、ご注意ください。
IMG00788.jpg
 
 
 

Nov 18, 2015 04:09 PM

12月13日が活動日です。

2015年12月13日

 12月は第2週です。

13日が活動日となりますので、ご注意ください。
時間は同じ10時からです。
 
昨年かけた巣箱を取り外し、中の様子を観察します。
今年はシジュウカラの夫婦は使ってくれたでしょうか。
楽しみですね。
 
そしてきれいにお掃除した後、再び巣箱をかけなおします。
 
森の中の観察は、「縁起物さがし」
新年はもうすぐ。良い年を迎えられるよう、森の中で「めでたい」を探しましょう。
 
それから、落ち枝拾いや常緑樹の伐採をして、森の中の柵を作ります。
南野川ふれあいの森の中の柵は、森の中のもので作ります。
落ち枝、伐採枝、つる・・・
だから耐用時間は短いのです。
頑張りましょう。
 
軍手、お弁当、飲み物、ごみ袋、筆記用具などお忘れなく。
寒いですが、作業をすると暑くなります。
脱ぎ着ができるような服装がいいですね。
 
森は黄金色に染まる頃。
今年最後の活動日です。
ぜひお出かけください。

Nov 18, 2015 04:08 PM

市民活動ふれあいフェア―

2015年11月18日

 アリーノで開催中!

11月18日から22日まで、有馬・野川生涯学習支援施設(アリーノ)2階で、三回目となる市民活動ふれあいフェア―を開催中です。
 
IMG00787.jpgのサムネール画像
 
野川はあもは、活動を紹介しているパネルを展示しています。
お出かけください。
 
土日は、他団体の体験コーナーや発表の舞台もありますので、ご家族連れでどうぞ。
 
 

Nov 18, 2015 03:42 PM

ほらっ急いで!秋が逃げていくよ

2015年11月 9日

秋のふれあいの森.JPG
 
東京でも、最高気温が20℃を下回る日が多くなり、
朝夕はめっきり寒くなってきました。
 
太陽の光も横から射し込み、森全体が赤っぽく見え、
秋の深まりを感じます。
北海道では、立冬が過ぎると、冬になるそうです。
 
これからやってくる厳しい冬に備え、南野川ふれあいの
森の生き物たちには、忙しい季節になります。
画像をクリックすると拡大します。

冬に備える生き物たち

11月に入ると、さすがに野や森に咲く花は、少なく
なってきました。
昆虫たちは、最後のチャンスとばかりに、花の蜜や
花粉を求めて飛び回っています。
 
コセンダングサとイチモンジセセリ1511.JPG
コセンダングサに吸蜜にやって来た
イチモンジセセリです。
 
 コセンダングサとトラマルハナバチ1511.JPG
 同じくコセンダングサにやって来た
マルハナバチです。
体に花粉をいっぱいつけてました。
 
チャの花とオオハナアブ.JPG
チャの花にはオオハナアブ
いました。花粉がお目当てのようです。
 
チャの花とホソヒラタアブ.JPG
チャの花の蜜を求めてやって来た
ホソヒラタアブです。蜜が大好物
です。
 
ホトトギス・花と若い実.JPG
ホトトギスは早くも実をつけていました。
まだ沢山花が咲いているのに・・・
冬が来る前に種子を作るには、時間が
あまりないのでしょう。

カラスの昇天

カラス・昇天1511.JPG
森の散策路の脇で、ハシブトガラス
死んでいました。死んだ理由は判りません。
いたずらばかりするカラスですが、今日まで
懸命に生きてきたことを思うと、悲しい気持ちに
なりました。

Nov 9, 2015 09:38 AM

木の葉でしおりを作ったよ

2015年11月 2日

紅葉の柿の木.JPG
 
朝から快晴、しかし冷たい風が時折吹く、寒~い
一日でした。
参加者は14名(うち子供5名)と少なく、チョッピリ
淋しかったです。
森の入り口にある柿の木は、紅葉が進み、秋が
深まってきたと感じました。
画像をクリックすると拡大します
 
ツマグロヒョウモン.JPG
ツマグロヒョウモンです。コセンダングサの
蜜を求めてやってきました。
 
オオハナアブ.JPG
オオハナアブです。この後、セイタカ
アワダチソウの花へ移動しました。
 
ジョロウグモ・獲物.JPG
ジョロウグモがナミテントウをゲット。
お腹が大きく膨らんでいます。
 

秋の自然を探すビンゴ

野川はあも特製のビンゴの答えを求めて、森の
中を歩き回りました。
自分の眼で、自然の移り変わりを観察するのが、
狙いです。今回は紫色の花を探すのが、難しかった
ようです。
 
IMG_6228.JPG
 

木の葉で作るしおり

森の中にある葉っぱを利用して、皆でしおりを
作ました。12月に予定されている、風の子まつりの
おまけとして使います。
子供たちも一緒になって、流れ作業で120枚が
出来上がりました。皆さんのセンスが光るしおりです。
IMG_6248.JPG
 
IMG_6246.JPG
 
IMG_6249.JPG
 
午後からは、24日に吹いた木枯らし1号の影響で、
散乱した落ち枝の片付けと、どんぐり拾いを行い
ました。
どんぐりは、皆さんに持ち帰って鉢植えにして育てて
もらい、1年後には森に戻してもらう予定です。
 
IMG_6232.JPG
 
今回の活動日は、寒かったこともあって、作業も
早めに切り上げ、2時30分に解散しました。
皆さま、お疲れさまでした。
 

Nov 2, 2015 11:10 AM

お社のお引越し

2015年10月31日

 お社跡地


IMGP0820-w.jpg
森には「お社の森」と呼んでいる場所があります。
小さな祠ですが、赤い鳥居があって、短いですが杉の参道があり、大きなケヤキと大きなアカガシがある場所です。
 
厳密には、ふれあいの森には含まれていないのですが(宗教施設だからでしょうか)
神聖な場所として、森の中では特別なエリアでした。
 
それがこの10月、別の場所にお引越しされました。
で、写真の通り祠のあったところが、ぽっかり空いてしまいました。
 
何ともさびしいような心もとないような・・・
今後この場所は、どうなるのか、気になっているところです。
 
 

Oct 31, 2015 05:05 PM

蜂の巣

2015年10月31日

 駆除してもらいました

スズメバチに刺される被害があったことを受け、
宮前区道路公園センターの職員の方に巣を探索していただきました。
(はあものスタッフでも探してはいたのですが、見つかりませんでした。)
 
ようやく発見し、10月21日22日で、巣を取り除いてもらいました。
現在は、巣のあったところはこのようになっています。
 
オオスズメバチでした。IMGP0823-w.jpg
地面に巣食っていたのでわかりにくかったようです。
 
今後も十分に注意して活動していきたいと思います。
遊びにくる方も、もうしばらくは注意してください。

Oct 31, 2015 04:53 PM

11月の活動日です。

2015年11月 1日

 11月は1日が活動日です。

予定ではベンチを作ることになっていましたが、
今回は行いません、ごめんなさい。
 
で、メインのプログラムは
「葉っぱのしおりづくり」です。
 
どうやって作るかは、まだ秘密・・・
はさみ、レジ袋、細めのリボンなどあればもってきてください。
 
 
また、今、森はどんぐりがたーくさん落ちています。
どんぐり拾い、落ち枝拾いも行います。
 
長袖長ズボン、帽子着用で、9時45分までに来てください。
秋の森でお待ちしています。
 
 

Oct 27, 2015 10:48 PM

10月の活動日は快晴でした!

2015年10月 6日

真っ青な空.JPG
 
真っ青な空、少しだけ長くなった子供たちの影、
10月4日の活動日には、25名(そのうち子どもは11名でした)が
参加しました。
 
準備体操の後、岡さんの指導でアイスブレイクを
行いました。自然の中で、子どもたちだけでなく大人も
実に楽しそうでした(画像をクリックすると拡大します)。
 
アイスブレイク1.JPG  アイスブレイク2.JPG
子どもたちは楽しそう     大人だって楽しい!
 

ジョロウグモは綺麗好き

自然観察は、クモ、虫こぶ、木の実などの観察を
行いました。
花と実が同時に観られるお茶の木、触るのに勇気が
いるエゴノキについた虫こぶ、お腹がパンパンになった
産卵が間近のハラビロカマキリ、コセンダングサで
吸蜜中のアゲハチョウやヒョウモンチョウなどが、観察
できました。
 
オチャの花と実.JPG
お茶の木では花と実が同時に
観られました。
 
エゴノキの虫こぶ.JPG
昆虫の卵のようなエゴノキの葉に
ついた虫こぶ。触るのは少し勇気が
いるようです。
 
ハラビロカマキリ.JPG
枯れ枝に擬態したハラビロカマキリ。
お腹はパンパンでした。
 
アゲハチョウ.JPG   ヒョウモンチョウ.JPG
蜜を求めてやってきたアゲハチョウとヒョウモンチョウです。
アゲハチョウは後翅の一部が欠けていました。
 
今回の観察で最も人気があったのは、ジョロウグモ
でした。
クモの網にスプレーで水を吹き付けると、網の輪郭が
鮮やかに浮かび上がりました。
 
また偶然クモの網に引っかかった枯れ葉を一生懸命
取り除くジョロウグモを観ることが出来ました。
意外と清潔好きですね。
 

大きな枝が沢山落ちていました。

先週の記録的な強風の影響で、森の中には沢山の
木の枝が落ちていました。全員で落ち枝と倒れていた
朽ち木を整理しました。
 
落ち枝の撤去.JPG   朽木の撤去.JPG
木の枝が沢山落ちて    1人で運べるわけないよ!
いました。
 
午後からは午前中の作業の続きと、草刈りを行いました。
汗ばむような陽気の中、皆さんの協力で午後3時には、
本日の予定は全て終了しました。
皆さんお疲れさまでした。

Oct 27, 2015 02:59 PM
toTop