Home » ブログ 

ブログ

スピードは節約から

2016年4月19日

 にょきにょき

 
IMG01022-w.jpg4月16日土曜日、太さが20センチはあろうかという特大タケノコが出ていました。
高さは90センチぐらいだったでしょうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、3日後の今日19日には、なんと高さ170センチ!まさに「にょきにょき」と。
この伸びる力は、植物の世界では超一級でしょう。瞬発力といってもいいかもしれません。
 
IMG01046-w.jpg竹はほかの植物と違い、タケノコから竹に成長するときに一気に伸びきってしまいます。そこで成長は止まります。
 
このようにすごいスピードで成長できる理由の一つとして、竹の棹は空洞が多いこと。それだけ時間もエネルギーもかからないのかもしれません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
例えば、今よく咲いているハルジオンですが、あと1か月もするとよく似ているヒメジオンという花が咲きます。
 
この2つの大きな違いは茎の中。空洞なのが、春早くに出てくるハルジオン、詰まっているのがヒメジオンです。ハルジオンの茎は、とても簡単に折れます。つぼみが重たいせいでしょうか、咲くまでは茎が曲がり下を向いています。
 
早くするには、どこかで節約しないといけないわけです。
IMG01036 (2).jpg

Apr 19, 2016 10:14 PM

緑の中の作業は楽し(^^♪

2016年4月17日

 4月の作業日

4月から、月の半ばの土曜日に「作業日」を設けました。
今月は16日。
 
2週間前の活動日は、桜が満開で木々の葉っぱも頼りなげでしたが、
この日はもう元気な若葉色がいっぱいの森でした。
IMG01018-w.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
作業は、3月に伐採した常緑樹を、柵の杭にするために70センチほどに切る作業です。
シラカシ、ヤブツバキなどのしっかりしたものを選び出し、皆さん手際よく切っていきます。
あっという間に、50本ほどの棒が出来上がりました。
IMG01017-w.jpgのサムネール画像
            
人数は6人でしたが、
コジュケイやうウグイスのなく中での作業は、
暑くもなく寒くもなく、まだ虫なども少なく楽しかったです。
 
 
 
 
カラスノエンドウ、ヒメオドリコソウ(下右)、ジュウニヒトエ(下左)、キュウリグサ(二段目左)、つくし(二段目右)、オオイヌノフグリにハルジオン、タンポポと、森の縁にはかわいらしい春の野の花がたくさん見られました。
             
 
                                                                                                                             
        
IMG01020-w.jpgのサムネール画像            
IMG01025-w.jpgのサムネール画像
IMG01030-w.jpgのサムネール画像
IMG01027-w.jpgのサムネール画像
                

Apr 17, 2016 04:38 PM

作業日です。

2016年4月16日

 4月16日土曜日朝9時半から作業します。

4月から定例活動日のほかに作業日を設けました。
だいたい月半ばの土曜日の朝9時半から行う予定です。
 
お時間のある人は軍手を持って、汚れてもよい服装でお出かけください。
2時間ぐらいを考えています。
 
4月は、柵作りの準備をしたいと思っています。
 
 
 
 

Apr 7, 2016 05:30 PM

動き出す。

2016年4月 4日

 28年度、始まりました。

今年度始めの活動日は3日。
天気は曇り…で…参加者は・・・・9人
始まる時刻になっても時々ぱらぱら降っていた雨のせいでしょうか、一回目なのに、残念な滑り出し。
 
それでも気を取り直し、作業から始めました。
 
先月「お社の森」付近の常緑樹を伐採しました。
その伐採した剪定枝を、道沿いに並べ柵にしました。
 
 
「カントリーヘッジ」風?と言えばよいのでしょうか。
 
CIMG2519-w.jpgのサムネール画像
CIMG2573-w.jpgのサムネール画像
          「道以外のところへは入らないでね」という視覚的心理的障害物です。朽ちてゆくので、長い期間は無理ですが、森の雰囲気を壊さず、気に入っています。
   
作業の後は、昨年度の活動報告と今年度の計画を確認しました。
そして本日のメインイベント!?
お花見!
はあもが始まってから、桜の花咲く真下で花見ができたのは初めてです。
 
CIMG2522.JPGCIMG2570-w.jpgコナラが芽吹く枝の間に、ヤマザクラの薄紅色の花が咲くさまは、森の中ならでは。
ちょうど見ごろのサクラを9人で満喫贅沢なひと時でした。
 
CIMG2521-w.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「はあもビンゴ」は、全員では行いませんでしたが、きょうちゃん、みいちゃん姉妹は「むずかしい」と言いながらもちゃんと見つけてきて、春のお花をコレクション。大人も各自ほろ酔い気分で、さまざまな動き始めた生き物の姿に小さな喜びを感じたのでした。
 
CIMG2578.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 雨の止んだ森では、「ホーホケキョ」とウグイスの名調子。
他にも、シジュウカラ、ヒヨドリ、コジュケイ、アオゲラなど、鳥もにぎやかな春の森でした。
 

Apr 4, 2016 04:18 PM

おとなりの畑

2016年4月 2日

 春ですねえ~

ここ数年、どんぐり広場の向かいの畑はナノハナで黄色く染まります。
IMGP1195-w.jpg
反対側の畑では、ブロッコリーが終わり、次は何ができるのかな?
 
畑と竹林、そして森・・・・・・
昔は当たり前のこの風景も、だんだん珍しくなりました。
勝手ですが、いつまでも畑も、竹林もセットで
次のそしてその次の世代までも、ここにあってほしいと願います。
 
森のコナラも、柔らかい葉を広げ始めました。
IMGP1200-w.jpg
 
 
 
 
 
 
 

Apr 2, 2016 10:37 AM

4月活動日です。

2016年4月 3日

 4月3日活動日です。

平成28年度最初の活動日は3日日曜日です。
今年度も、第1日曜日が活動日です。
 
(5月12月1月は第2日曜日、8月は定例活動はお休みです)
 
4月3日は、
総会、はあもビンゴ、観察、お花見、ブランコ遊び、基地づくり
 
と、春の森で遊ぶメニューがいっぱいです。
 
「はあもビンゴ」は、昨年度好評だったので、今年度も活動日に毎回やっていこうと思っています。
 
森の生き物たちが動き始めた森では何に出会えるかな?
春の森でお待ちしております。
 
集合は9時45分出会いの広場。
長袖長ズボンで、軍手、飲み物、お弁当などお忘れなく。
 

Mar 31, 2016 02:50 PM

「この坂はきつい!」

2016年3月17日

 
 
3月15日 快晴、風冷たし。
宮前区観光協会主催の「有馬川、流れ着く先は?~有馬の里から野川の里」と題した街歩きが、行われました。
アリーノを出発し、有馬川が矢上川と合流する五反田橋まで、約4キロを歩くなか、南野川ふれあいの森にも立ち寄ってくれました。到着までの急坂には、みなさんちょっと息が上がっていましたが、IMGP1148.JPG
早くもクサイチゴの花が咲き始めた森でみなさん一休みされていきました。
 
 

Mar 17, 2016 09:53 PM

切る。

2016年3月10日

 ストレス発散?!

3月6日は、天気予報では雨が降る…ららら・・今年度最後の活動なのに・・・と思っていたのですが、曇り空ではあるものの降られずに予定通りの活動を行うことができました。
 
人数は、20人。半分は子どもたち。
「後出しじゃんけん」と体操で、頭と体を十分ストレッチしてから、はあもビンゴで始まりです。
IMG00954-w.jpg
 
はあもビンゴも、今回で11回目なので、なかなか難問も出てきます。
「お茶の実」なんて、お茶の木がどこにあったか、お茶の木がどれなのかを探さないと見つかりません。
「ブロッコリーみたいな芽」これも想像力を働かせて、アオキの芽、ニワトコの芽、子どもはこういう問題は、得意かな?
「草餅にする草」、ヨモギってわかる人も探し当てるとなると、まだ地面にい這いつくばっている状態なので、ちょっと難問だったよう。でも、おいしい草餅にするには、このぐらいがいいのです。
観察は、ビンゴカードをもとにヤブツバキやウグイスカグラの花を見たり、冬芽と葉痕や作業の予習で、常緑樹の葉っぱについてもさわって頭に入れました。
 
さて、作業は、常緑樹の伐採です。
昨年オオスズメバチが営巣したちょっと見通しが悪くなっていた場所と「お社の森」の常緑樹を切りました。
 
暗かった場所がみるみる明るくなっていきました。
お父さんを含め、「男子」はこういう作業は大好きですね。
日頃の生活のストレス発散?
とにかくみなさん楽しく早くきれいな仕事ぶりでした
IMG00966-w.jpg
IMG00965.jpg-w.jpg

Mar 10, 2016 05:17 PM

フォトコンテスト入賞!

2016年2月17日

 「優秀賞」をいただきました。

第10回宮前区フォトコンテストにて。
賞状.JPG
 
2月13日(土)宮前市民館にて表彰式が行われ、審査員である写真家の山口先生から、「野川はあも」の活動に対し高い評価をいただきました。
受賞作品は「おちばかき」
落ち葉かき.JPG
この賞を励みに活動も楽しく続けていきたいと思います。
 
このコンテストで野川はあもが優秀賞をいただくのは2回目です。
 
宮前区まちづくり協議会主催のこのフォトコンテストも今回で10回目ということで、今までの受賞作品が写真集として発行されました。
これを見ると【宮前区】っていいなあと地元愛がふつふつ・・
 
宮前区役所などで2月15日から無料で配布されています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Feb 17, 2016 10:20 AM

落ち葉にまみれ

2016年2月 7日

 風が!!

2月7日の活動日。
森に到着するなり、畑側から猛烈に冷たい風が!!ブルブル
お天気は良いのです・・・人数は少なそうだなあ・・
 
でも、うれしいことに、今回は南野川小から助っ人がたくさん来てくれたのです。
結局、大人が10人子どもが13人。そのうち、南野川小から5年生6人3年生1人、それに先生とお母さん。この助っ人の皆さんが、今回はすごーく頑張ってくれました
 

難問はあもビンゴ

今日のビンゴは、難問が。しもばしら・・・ピンクの小さな蕾・・・
ヒントを頼りに、あっちへ行ったりこっちへ行ったり。
ピンクの蕾は、「ウグイスカグラ」「カワズサクラ」                                                                                                         
IMGP1110-w.jpgIMGP1111-w.jpg

 落ち葉まみれ

作業は「野草を楽しむ散策路」の落ち葉掻きと先月積んだ落ち葉だめの天地返し。
小学生の作業のうまいこと早いこと、この前1回授業でやったとはいえ、みんな慣れた手つきで熊手を使い、メンバーの少なさを十分補ってくれたのでした。
腐葉土づくりのための落ち葉だめは、あまり大きな変化はなかったけど、落ち葉を積んだ下の方は、ほのかに土の匂いがして分解も始まっているようでした。
 
IMGP1115-w.jpgIMGP1116-w.jpg

鳥のお話

午後からは場所をアリーノのグループ室に移して、野鳥のお話を聞きました。
お話は昨年も来てくださいました古田浩行さん。
南野川ふれあいの森でみられる、シジュウカラやヤマガラ、コゲラ、エナガ、コジュケイなどの声を聴きながらその特徴を勉強しました。
また、鳥たちの楽しい子育てのお話も。
葉っぱが落ちた森では、鳥の姿をよく見ることができます。
この時期、耳と目とアンテナを張り巡らして、バードウォッチング楽しみたいと思います。
古田さんありがとうございます。
 
2月も盛りだくさんの楽しい活動となりました。 

Feb 10, 2016 10:33 PM
toTop