Home » ブログ 

ブログ

めが動いた!

2018年2月21日

ソシンロウバイ2.JPG
 
2月も下旬になると、フクジュソウやスイセン、
ロウバイ等の花があちらこちらで観られます。
 
冬芽もほころび始めました。日本のように四季の
変化がある地域では、芽は一定期間寒さを経験
してから展開を始めます。
 
冬芽を分類する場合、鱗芽と裸芽に分けることが多いです。
今回は、これらの冬芽を別の切り口で観察しました。
(画像をクリックすると拡大します。)
 
ニワトコの冬芽
 
ニワトコ冬芽.JPG  ニワトコ冬芽混芽.JPG
ニワトコは混芽です。混芽とは、一つの芽の中に、花に
なる芽と葉になる芽が入っている芽です。
一般的に花芽だけの芽や葉芽だけの芽より、大きな芽
です。3~4月に開花する花は、香りがあります。
 
アオキの冬芽
 
アオキ冬芽・混芽.JPG  アオキ冬芽1.JPG
アオキも混芽です。芽は2月中旬には、ほころび始め、
花芽と葉芽がはっきり見えます。
この時期には、昨年の花が真っ赤な果実となり、新芽と
果実の両方を楽しむことができます。
なお形がいびつな果実が、いつまでも残っていることが
ありますが、これはアオキミタマバエに寄生されたものです。
 
コナラの冬芽
 
コナラ冬芽1.JPG  コナラ冬芽-頂生側芽.JPG
コナラの冬芽は頂生側芽といって、頂芽の周りに側芽が
数個つきます。
コナラは里山の代表的は落葉樹でしたが、最近は宅地化の
進展で少なくなっています。
南野川ふれあいの森で観られる頂生側芽を持つ樹木は、
コナラ、クヌギ、ソメイヨシノ、ヤマザクラ等があります。
 
ゴンズイの冬芽
 
ゴンズイ冬芽・仮頂芽.JPG  ゴンズイ冬芽1.JPG
ゴンズイの冬芽は、大部分が仮頂芽です。
仮頂芽とは、冬期に枝先が枯死した場合、メインの頂芽に
代わって最上位の側芽が頂芽の役割を果たすものです。
ゴンズイの場合、仮頂芽は2個形成されることが多いです。
なお国内の広葉樹の約三分の一の種類が、仮頂芽を
つけるそうです。
 

紅茶 de ブレイク

 
ウグイスカグラ1.JPG  ウグイスカグラ2.JPG
 
ウグイスカグラの花が咲き始めました。

Feb 21, 2018 05:40 PM

春遠からじ、ふれあいの森

2018年2月 7日

 2月4日、立春

巷では、インフルエンザが史上最多の患者数を記録し、最低気温が0度を下回る日も珍しくない今冬、はあものメンバーも体調を崩してしまった人、多かったようです。参加者は、大人が9人、子どもが6人でした。
晴れ時々曇り,ここ数日の冷え込みからは少しだけ暖かさを感じられる日となりました。
IMGP2851-w.JPG
 
お社の森では、ヤブツバキが咲き、春を待っているようです。
木漏れ日広場では、ウグイスカグラが咲き始めていました。
今回のはあもビンゴでは、「ピンク色の花」で、ウグイスカグラを見つけてほしかったのですが、残念ながら見つけられた人はいませんでした
 
今日の観察は、「木材としての樹木」と題し、森にある樹木を、木材として利用する際にはどんな特徴があるのかを勉強しました。
木工作が得意なメンバーが、自作の標本などを作って説明してくれて、とても面白かったです。
枝を輪切りして磨いたものは、まるでコーティングしたような光沢。アカガシとシラカシ、材の色も名前の通り赤と白。
桜は、桜色っぽいし、桑は少し黄みがかっています。IMGP2853-w.JPG  IMGP2844-w.JPG IMGP2854-w.JPG 剪定された枝を持って重さを感じたり、切ってみて硬かったり柔らかかったり。葉を茂らせている樹木も、人の暮らしの中で適材適所で利用されてきたんですね。
 
そのあとは、昨年度落ち葉を積んでおいた所がどうなっているか、少し掘り返してみました。そうしたら、出てきたのはおっきなカブトムシの幼虫、夏には立派な成虫になって、出てきてくれるのでしょうか。楽しみです。IMGP2860-w.JPG
 
今日の落ち葉掻きは、「野草を楽しむ散策路」です。
枝を拾って、熊手で掻いて、落ち葉を集めて、落ち葉だめへ。
その先は、いつものように落ち葉ダイブ!
IMGP2870.-wJPG.JPG
 
心持暖かくなった立春の森では、いつもよりたくさんの野鳥の声や姿を発見しました。野鳥ももうすぐ恋の季節ですね
春遠からじ、ふれあいの森。

Feb 11, 2018 09:59 AM

「水鳥を見に行こう!」

2018年1月28日

 新横浜公園に行きました。

1月28日日曜日 いつものフィールドである「南野川ふれあいの森」を飛び出して、新横浜公園へ、バードウォッチングに出かけました。
いつもの活動でもお世話になっている古田さんに、観察リーダーをお願いして、大人8人、小学生2人、とても楽しい時間を過ごしてきました。
IMGP2803-w.JPG
 
小机駅から公園へ行く道でも、白菜を夢中でついばむヒヨドリや、赤褐色の羽がきれいなツグミを発見、なんか今日はたくさん鳥を見られそうな予感です。
 
今日のメインは水鳥、
ということで、公園奥の大きな池へ。
いました、いました!
IMGP2804-w.JPG
 
黒っぽい鳥がたくさん、双眼鏡や望遠鏡を使って観ると、鼻筋ではなくくちばしが白いオオバン、クイナの仲間で水草だけでなく草や虫も食べると説明を聞いているうちに、群れで草原に上がり始め、忙しそうに草をついばみ始めました。
だんだん目が慣れてくると、違う色や形をした水鳥もいる!
オカヨシガモ、ホシハジロ、くちばしが大きくプランクトンを食べるハシビロガモ(メスが多いハーレム状態でした)
IMGP2814-w.JPG
 
キンクロハジロ、カンムリカイツブリ、コガモ、バン、どれも羽の色がきれいですが、たくさん見ているうちに、どれがなんだかわからなくなってきた
ミコアイサのメスは潜水がうまかった!パンダガモと言われるオスは残念ながら見られなかったです。
これらのカモは、どれも渡り鳥で冬の時期だけに見られる鳥です。何千キロも移動するというのですから、この小さな体のどこにそんなエネルギーがあるのかと驚きです。
そんな中、じっと岸辺にたたずむアオサギは、なんとも哀愁漂うたたずまい?
IMGP2812-w.JPG
 
IMGP2808-w.JPG かなり寒かったのですが、双眼鏡をのぞいていると寒さも忘れるくらい、鳥の世界に引き込まれました。結局2時間余りで、27種類もの鳥を見たり声を聞いたりすることができました。
カワセミを見ることができなくて残念でしたが、ハイタカと思われる猛禽類の舞う姿やかわいらしいエナガの群れも見ることができました。
 
最後に公園の隣にある鶴見川流域センターにも行ってみました。
南野川ふれあいの森は、有馬川の斜面緑地、有馬川は矢上川へそして鶴見川に合流します。この新横浜公園も、鳥の目から見れば、ふれあいの森と同じ地域です。時々、鳥の気分になって大空から私たちの住む町を考えてみるのも面白いなあと思いました。IMGP2821-w.JPG流域センターには、鶴見川にいるアメリカザリガニや淡水魚を見ることができました。
 
水場のない南野川ふれあいの森を飛び出して、水場を生活の場所とする鳥たちをたくさん見ることができて、とても楽しかったです。
 
古田さん、ありがとうございました。

Jan 28, 2018 09:53 PM

はあも初めは、落ち葉まみれ

2018年1月17日

 1月14日 今年最初の活動日

寒波襲来で、各地で大雪のニュースが伝えられる週末、南野川ふれあいの森はよく晴れて真っ白な富士山を望むことができました。
でも、冷たい風が強かった~
で、少しでも体を温めようと、念入りな準備体操後は、「こすれ~こすれ~こすこすれ~」の歌とともに背中をこすりあいました。
アイスブレイク.JPG はあもの初詣.JPGのサムネール画像
 
14日と今年は遅い「はあも初め」となりましたが、まずは森のお社に活動の安全を祈願してから、いつものように「はあもビンゴ」で始まりです。
すっかりと葉を落とした木々の姿をじっくり見たり、気に入った木に抱き着いてみたり、どんぐりの芽出しも見つけました。
そのあとの観察では、木や草がどんなふうに寒い冬を乗り切っているか、観察しました。
IMGP2763-1.JPG←ヤツデの花を観察中。
作業は、木漏れ日広場の落ち葉掻きを行いました。熊手を持つ前に、落ちている枝を拾います。熊手を壊さないための大切な作業です。そのあと、熊手で落ち葉を集めました。毎年のことですが、落ち葉の量が半端ではありません!
落葉カキ3.JPG
落ち葉の下には、芽を出したどんぐりを見つけました。大きくなあれ。IMGP2775-1.JPG落ち葉の山ができれば、当然始まるのは落ち葉ダイブ!今回はダイブのために、高さ1500mmの「落ち葉山(おちばさん)」を子どもたちが製作しました。
 
今年も、楽しく活動して行けそうです
 

Jan 17, 2018 05:15 PM

1月活動日です

2018年1月14日

 はあも初め

新年最初の活動日は14日です。
いつものように、9時45分には「南野川ふれあいの森」出会いの広場にお集まりください。
 
虫や植物はどんな風に寒い冬を乗り切っているのだろう?
生き物の冬越しについて考えます。
 
作業は落ち葉掻き。
森は落ち葉でいっぱいです。
落ち葉掻きをすると、体があったかくなりますね。
作業後にできた落ち葉のプールもまた、あったまるようですね
 
それでも風が吹くと寒いです・・・しっかり防寒対策で来てください。
脱ぎ着がしやすいといいですね。
お弁当、飲み物、筆記用具、軍手、ごみ袋などお忘れのないように。
 
森での作業が終了したら、16時から新年会です。
華屋与兵衛有馬店です。
森に来られなかった人も、時間が合えば来てください!
お待ちしています。
 
たくさんの人と森で新年のご挨拶ができるといいなあ
お待ちしています。
 
14日雨や雪の場合は、翌週21日になります。
この場合でも、新年会は14日です。

Jan 7, 2018 10:46 AM

新春の南野川ふれあいの森

2018年1月 3日

富士山1-1.JPG
 

明けましておめでとうございます。

今年もいいことイッパイありますように。

 画像をクリックすると拡大します。
マンリョウ赤1-1.JPG
マンリョウ(万両)・赤
マンリョウは常緑の小低木で、冬に美しい
赤い果実をつけます。
後述のセンリョウと共にお正月飾りに利用される
縁起の良い木です。
 
マンリョウ白1-1.JPG
マンリョウ・白
南野川ふれあいの森には、白い果実をつける
マンリョウもあります。
白い果実は、野鳥に人気があるのか、年末には
ほとんど食べられてしまいました。
 
センリョウ赤1-1.JPG
センリョウ(千両)・赤
マンリョウと共にお正月飾りに利用されますが、
センリョウは切花で使われることが多いようです。
 
センリョウ黄色1-1.JPG
この森には、黄色い果実のものもあります。
 
ヤブコウジ1-1.JPG
ヤブコウジです。別名は十両。万両、千両と共に、
縁起の良い木といわれています。
茎の上部に、数個の赤い果実をつけます。
 
カラスウリ1-1.JPG
カラスウリの果実がまだ残っていました。
朱色に大きな果実は、冬枯れのこの時期、
よく目立ちます。
画像のカラスウリの果実には、食痕がありますが、
この果実を食べている野鳥を見たことがありません。
ご存知の方、教えてください。
 
ジャノヒゲ1-1.JPG
ジャノヒゲの実(植物学的には、種子です)は、
美しいブルーの宝石のような種子です。
種子は薄い皮で覆われていて、栄養分はほとんど
ありませんが、野鳥は色に騙されて、捕食します。
 
ヘクソカズラ1-1.JPG
ヘクソカズラの果実です。名前の由来は、葉を揉むと
くさい匂いがすることによります。
果実は冬の陽をあびて、黄金色に光っていました。
 
紅茶 de ブレイク
 
ハラビロカマキリの卵鞘1-1.JPG    ハラビロカマキリの卵鞘1-2.JPG
ハラビロカマキリの卵鞘です。右の画像は、裏側から
見たものです。
この森では、残念ながら、カマキリの卵鞘を見ることは、
少なくなりました。
森の周辺の宅地造成の影響でしょうか?
 
 
 
 
 

Jan 3, 2018 04:03 PM

黄金色の森で

2017年12月11日

 落ち葉がいっぱい

12月10日は、今年最後の活動日でした。
子どもが4人大人が12人と、第2日曜日のせいか少し少ない人数でした。
黄色く色づいた木々と褐色の落ち葉に、冬の柔らかな光線が差し込み、森全体が黄金色です。
 
鳥の声に耳を澄ませ、落ち葉の踏む音を楽しんだり、赤い花(ヤブツバキ)や白い花(ヤツデやチャ)を探したり、種類の違う落ち葉を5枚探したり・・・の「はあもビンゴ」で森を一巡りした後は、
「縁起物の木と冬の花」をテーマに観察です。
DSC_0851-w.JPG←センリョウ
ニシキギ→

DSC_0856-w.JPG
赤い実のなるマンリョウやセンリョウ、ニシキギ。赤は、やはりラッキーを呼び込む色です。そのほか、ツバキやヤツデの花の仕組みを学びました。

巣箱の付け替え

昨年12月に森の中に設置したシジュウカラ用の巣箱3つ、果たして使ってもらえたかな?外してみました。
IMG_0101.JPG
一つに入居あと有り!
外側は棕櫚の皮の繊維、中央の卵の場所にはふわっとした荷物の緩衝材に使うような素材や毛糸などを使っています。親鳥の仕事に感動です。
 
 
 
中身を取りだし、掃除をして再び設置しました。また使ってくれることを願って。
DSC_0873-w.JPG

倉庫のお色直し

午後は、倉庫の壁の絵を塗りなおし作業をしました。
絵を描いたのは5年前、色が落ちたり薄くなってきたので、きれいにしました。
DSC_0879-w.JPG
 
大きなところに絵を描くのは、大人も子どもも楽しいものですね。
夢中になりました。
 
木々は青々と、太陽は赤々と、鳥やテントウムシ、クワガタムシにキノコなど鮮やかによみがえりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSC_0846.JPG
午後からは風が吹き、たくさんの葉がまるで雪が降るように舞っていました。ちょっと幻想的な世界でした。
年内には黄金色から、冬木立のグレーな世界に変わるでしょう。
今年の活動も無事終了。
 
また来年。。
 

Dec 11, 2017 10:26 PM

冬がきた!(続編)

2017年12月 9日

南野川ふれあいの森で見られる紅葉を
紹介します。
今回は黄色や褐色に色づく木の葉も
紅葉の仲間にいれました。
 
カマツカの紅葉12-1.JPG
カマツカの紅葉です。
 
コナラの紅葉12-1.JPG
 
コナラの紅葉12-2.JPG
 
コナラの紅葉12-3.JPG
いずれもコナラです。
 
ゴンズイの紅葉12-1.JPG
ゴンズイの紅葉です。黒光りする
独特の色をしています。
 
ツタの紅葉12-1.JPG
 
ツタの紅葉12-2.JPG
ツタの紅葉です。この森では数少ない
真っ赤になる木です。
 
ハリギリの紅葉12-1.JPG
ハリギリの葉は黄色になります。
 
ムラサキシキブの紅葉12-1.JPG
ムラサキシキブの葉も黄色になります。
 
紅茶 de ブレイク
 
完熟のカラスウリの実です。
森の入り口で見られます。
 
完熟のカラスウリ.JPG

Dec 9, 2017 08:54 PM

冬がきた!

2017年12月 4日

南野川の紅葉12-1.JPG
 
南野川ふれあいの森の冬の到来は、遅いです。
12月に入ってようやくコナラやクヌギの紅葉が
本格的に始まります。
 
この時期は、植物も昆虫やクモも冬に備えての
最後の準備に大忙しです。
 
そんな南野川ふれあいの森を歩いてきました。
(画像をクリックすると拡大します)。
 
ジョロウグモ12-1.JPG
ジョロウグモのメスです。
お腹がパンパンに膨らんでいて、
産卵間近です。
 
ワカバグモ12-1.JPG
ワカバグモがツワブキの花に
来る昆虫を待ち構えていました。
 
モンシロチョウ12-1.JPG
モンシロチョウも花が少ない
この時期は蜜を探すのも大変です。
 
ドングリの芽生え12-1.JPG
ドングリの芽生えです。新しい生命の
息吹きがもう始まっていました。
 
ホトトギスとたね12-1.JPG
秋に花を咲かせるホトトギスは、
冬が間近に迫っているため、
花が終ると、すぐ結実します。
 
ムラサキシキブ12-1.JPG
ムラサキシキブの実です。
野鳥に人気があるのか、すぐに
無くなってしまいます。
 
ニシキギ・種子12-1.JPG
ニシキギの種子は赤い仮種皮に
覆われています。仮種皮は薄く、
ほとんど栄養はありません。
 

ヘェ~知らなかった

性転換する花・ヤツデ
ヤツデ雄花12-2.JPG ヤツデ雌花12-1.JPG
ヤツデの花は、初冬に咲きます。蜜が豊富で、小さな
ハエの仲間などが集まります。
この花は一つの花が、花びらとおしべの花、
おしべもめしべも目立たない花、めしべだけの花と
変化します。
これは自家受粉を避けるための工夫です。
 

Dec 5, 2017 11:06 AM

「きる」楽しさ

2017年11月 9日

 秋の色

11月の活動日は5日でした。
22人で行いました。そのうちの10人は子どもたちです。
 
森の中は、先月に続きどんぐりがたくさん落ちていました。
コナラのどんぐりがずいぶん大きくなって落ちていました。
町では、桜やイチョウが色づき秋の深まりを感じますが、南野川ふれあいの森の木々はまだまだこれからといったところ、
それでも、森の中には秋の色があちこちに見られました。
たとえば、カラフルな実…赤い実はサンショウ(↓)、ニシキギ、シロダモ、ガマズミ、ヤブコウジ、アオキ・・・
サンショウの実.JPG
紫色の実は、ムラサキシキブ。
花は黄色いツワブキ(↓)、セイタカアワダチソウ、点々模様のホトトギス、真っ白なお茶の花など、が見られました。
ツワブキ.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
そんな様々な色を探したはあもビンゴのあとは、キノコの観察です。
キノコらしからぬツチグリがたくさん出ていました。
ツチグリ.JPG
キノコの仲間だけど地味だけど光合成もしちゃう地衣類のことも知りました。

竹と常緑樹、どっちも切るのが楽しかった

さて、本日の作業は

[続きを読む]

Nov 9, 2017 04:26 PM
toTop