Home » ブログ 

ブログ

楽しいお風呂と「とりクイズ」

2017年2月 6日

すこーし、春

Feb 6, 2017 09:00 PM

いろいろな冬芽

2017年2月 6日

ハリギリの葉痕.JPG
 
ハリギリの葉痕です。何かの顔に
似ていませんか?
 
立春も過ぎ、一部の気の早い冬芽はもう、
ほころび始めました。
 
今回は、南野川ふれあいの森で見られる
冬芽のうち、比較的大きくて見やすいものを
紹介します(画像をクリックすると拡大します)。
シロダモ.JPG
冬芽は大きく分けると、鱗芽と裸芽に区別され
ます。
鱗芽とは、芽鱗(がりん)と呼ばれるうろこ状の
もので保護されている芽のことです。
裸芽とは、芽鱗などで保護されていない芽の
ことで、細かい毛で被われていることが多いです。
 
シロダモです。タイプは鱗芽で、沢山の芽鱗で
被われています。
 
ハリギリ.JPG
ハリギリです。タイプは鱗芽で、2~3枚の
大きな芽鱗が特徴です。
 
モミジイチゴ.JPG
モミジイチゴです。タイプはこれも鱗芽で、
糖分からアントシアニンという、赤い色素が
作られ、赤い芽鱗になります。
 
アカメガシワ.JPG
アカメガシワです。タイプは裸芽で、細かい
毛で被われています。
 
ムラサキシキブ(側芽).JPG
ムラサキシキブです。タイプは裸芽で、
画像は側芽(枝の途中にある冬芽)です。
 
エゴノキ.JPG
エゴノキです。タイプは裸芽で、副芽という
予備の芽(画像の芽の右下の部分)を
持っています。
 
ニワトコ(混芽).JPG
ニワトコです。この芽は混芽といって、一つの
芽の中に花芽と葉芽の両方が入っています。
 
アオキ(混芽).JPG  アオキ冬芽2.JPG
アオキです。これも混芽で、冬芽は大きくて
見やすいです。右の画像は、冬芽をカット
したもので、まるいつぶつぶが花芽、手前の
細長いものが葉芽です。
 
 
紅茶 de ブレイク
 
テントウムシの集団越冬.JPG  テントウムシの集団越冬拡大.JPG
テントウムシが、樹木名表示板の裏側で
集団越冬中でした。右は拡大画像です。
(県立四季の森公園にて撮影)
 
 
 
 
 
 

Feb 6, 2017 04:44 PM

2月活動日です。

2017年2月 5日

 5日が活動日です。

2月は、どんぐり広場の落ち葉掻きを行います。
昨年の落ち葉だめは、どうなっているかな?
掘り返してみてみます。
 
午後からは、場所をアリーノ2階のグループ室に移動して
野鳥のお話を伺います。
 
お話は、昨年に引き続き古田浩行さんです。
 
森で見られる鳥のお話、楽しみです!
 
いつものように9時45分に出会いの広場に集合です。
温かい服装でおいでください。
 
お天気が良ければ、木々の合間の富士山が見えるかも?
 
野鳥がにぎやかな冬の森で、お待ちしております。
 

Jan 31, 2017 01:40 PM

森のお休み処ができました。

2017年1月16日

 はあも初めは、霜柱を踏みしめて

1週間遅れ15日が今年最初の活動日でした。
日本列島を最大級の大寒波が覆う中、南野川は澄み切った青空が美しく、ピーンとした寒さの中で13人が、参加しました。そのうち5人が子どもたち。
 
森の中は、霜柱がたっていました。お日様が当たって融けてきたので、足元は土がぐちゃぐちゃ・・・こんな感触も舗装が進んだ今では久しぶりです。
 
今年最初ですので、森のお隣に引っ越したお社に安全な活動を願い、一人ひとり手を合わせました。
IMGP1911.JPG-w.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
1月のメインプログラムは「竹ベンチの作成」です。
ベンチ作成のリーダーを買って出てくれたTさんが、事前に模型を作って必要な材料を購入し、組みやすいように細工をし、今日に間に合うよう準備してくれました。
今日は、森の中から竹を切り出すところからスタートです。
IMGP1919.JPG-w.JPGIMGP1923.JPG-w.JPGIMGP1926.JPG-w.JPGのサムネール画像IMGP1934.JPG-w.JPGIMGP1939.JPG-w.JPGIMGP1941.JPG-w.JPG
ちょっと座面が高めですが、親子3人は座れるかな。素敵な竹ベンチが出来上がりました。森に来たときはご利用を
 
竹を切り出したので、竹を使ってコップにしたり、笛にしたり、秘密基地に使ったり、竹は木に比べると簡単に細工ができるし、軽いし、子どもでも扱いやすいです。活動の中でも今年はもっと竹を使ってみようかな?
IMGP1925.JPG-w.JPGIMGP1929.JPG-w.JPG
森はすっかり葉を落とし明るくなっています。
木漏れ日広場も落ち葉がいっぱい。落ち葉掻きもやりました。
IMGP1937.JPG-w.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
寒かったけど、風が吹かなかったので動いていると暖かく、ランチタイムには森の喫茶店のマスターMさんが、おいしいミルクティを入れてくれて、体も心もほっこりできました。
IMGP1931.JPG-w.JPG

Jan 16, 2017 11:25 AM

1月の活動は15日に延期です。

2017年1月15日

 1月15日(日)に行います。

予定していた8日は雨が降り出す可能性が高く、気温も低いので15日に延期といたします。
お間違えの無いよう、15日お待ちしています。

Jan 8, 2017 07:39 AM

生きものたちの冬越し(こんなところで越冬?)

2017年1月 7日

タイトル・センリョウ.JPG
 
1月の南野川ふれあいの森は、時折、冬鳥の声が
聞こえるだけで、大変静かです。
 
えさがほとんどないこの時期、生きものたちは、
どのようにして春を待っているのでしょうか?
画像をクリックすると拡大します。
 
イヌツゲの虫こぶ.JPG
イヌツゲの虫こぶです。この虫こぶの中で、
イヌツゲタマバエの幼虫が、越冬中です。
鳥などに襲われる心配は、まず無し!
 
アオキミフクレフシ.JPG
アオキに出来た虫こぶの中では、アオキ
ミタマバエの幼虫が春を待っています。
春までに実の中でさなぎになり、初夏のころ、
成虫となって飛び出します。
 
くもの卵鞘.JPG
ジョロウグモの卵鞘です。卵鞘の中には、
卵がびっしり入っています。
くもは不完全変態といって、さなぎにならず、
卵からいきなり子ぐもに変態します。
 
くもの卵鞘2.JPG
「テントウムシ」の掲示板の裏には、
別のくも?の卵鞘がありました。
 
カマキリの卵鞘2.JPG
ハラビロカマキリの卵鞘です。このカマキリは、
樹上性で、主に樹の上で生活しています。
卵鞘も木の幹や枝先に多く見られます。
 
不完全変態で春には沢山の子カマキリが誕生
しますが、ほとんどは鳥などに食べられてしまいます。
 
カマキリの卵鞘1.JPG
ハラビロカマキリの卵鞘の裏側は、このように
枝にしっかりくっついています。
 
字かき虫.JPG
字かき虫(ハモグリバエ)の食痕です。
ハモグリバエは、葉肉の中に産卵し、幼虫は
葉肉を食べて成長します。そしてさなぎで越冬
します。
どうして葉肉の中をこんなに複雑に動きまわる
のでしょうか?その戦略は?いろいろ想像して
下さい。
 
字かき虫2.JPG
ここでさなぎになったようです(茶色の部分)。
 
 
紅茶 de  ブレイク
 
セミの抜け殻.JPG
夏の名残りのアブラゼミの抜け殻がまだ
ありました。
すく近くにはハラビロカマキリの卵鞘が・・・
季節が夏だったら、ニアミスものです。

Jan 7, 2017 09:50 PM

1月活動日です。

2017年1月 8日

 8日(日)「はあも初め」です。

謹賀新年
今年も始まります。
また1年、よろしくお願いいたします。
 
最初は8日。
南野川ふれあいの森も、ほとんど落葉しました。
ということで、落ち枝を拾い、柵の補修をして、木漏れ日広場の落ち葉掻きを行います。
 
また、11月からやろうと言ってできていない、「竹ベンチ」も作る予定です。
 
8日晴れるといいのですが、
もし雨の場合は、15日に延期になります。
 
葉が落ちて見通しがきくようになりました。
いろんな野鳥が木々の間を飛び回っていますよ・・・今年は酉年・・・何種類の鳥を見ることができるかな?

Jan 6, 2017 08:37 PM

さむ~~~(*_*;

2016年12月12日

 今年最後の活動日

11日は今年最後の活動日!
空は真っ青、朝から風が強く、まだ落葉前の森は日陰とあって、・・・・・ぶるぶる
そのためか、人数も寒い・・・大人10人、子ども5人はちょっとさびしい・・・
でも森は最高の色付きでした。
IMGP1838.ーwJPG.JPG
「はあもビンゴ」の一こまに「森の中で空を15秒見上げる」という項目があったのですが、背景の青に、まさに錦、冬の柔らかい光が差し込み、それはそれはきれいでした。
 
「違う形の葉っぱを5枚拾う」と、大きさだけでなく色合いや、葉の周りのとげとげ(鋸歯といいます)など、さまざま。落ち葉といえどもそれぞれに美しいのですね。
「落ち葉のにおいをかぐ」と、これまた葉によって微妙ににおいも違う、これも発見でした。
そんななか、マンリョウ、オモト、マユミといった、赤い実が森の中小さなアクセントとなっていました。
IMGP1835ーw.JPG
はあもビンゴのあとは、樹木ウォッチング。
なぜ、葉の色が変わるのか、今緑色の葉はいつ落ちるのか、木の傾きを支える根の話、などを聞きながら、樹木を見ると、木も生き物だなあ、と再認識しました。
途中、コナラの木が樹液を出していました。白く発酵してちょっとぶくぶく、酸っぱいにおい。この時期でも樹液が出ているんですね。
 
それからは、巣箱の取り外しと取り付けです。
昨年3個設置したのに、残念ながらそのうち2個が落下してしまいました。
残る1個を取り外してみると、少し巣作りした様子は残っていましたが、途中でお引越しした様子。今年は、ちょっと寂しい結果となりました。
IMGP1857-w.JPG
 
そこで、今回はしっかり取り付けを行いました。
子ども達も、高い梯子の上で何回も結びなおしながら、
取り付けました。
全部で4個、シジュウカラさん、安心して使って下さいね。                     
IMGP1860-w.JPGのサムネール画像
今日の予定の竹ベンチ作成は、人数が足りずまたもや延期、来年の初仕事になりそうです。
 
とにかく寒かった1日。
お日様の光がどんなに暖かく心地よいか、実感した1日でもありました。
 
寒かったけど、季節の変化をしっかり感じ取れた今年最後の定例活動でした。
 
お疲れ様でした。
IMGP1837ーw.JPG 
 

Dec 12, 2016 01:57 PM

紅(黄)葉とウラギンシジミの越冬

2016年12月10日

ふれあいの森・遠景.JPG
 
12月に入り、朝夕の冷え込みが増すと、紅葉は
より鮮やかになります。
 
南野川ふれあいの森は、今が最も紅葉の美しい
時期です。ぜひふかふかの落ち葉のカーペットを
踏みしめながら、紅葉をお楽しみ下さい。
画像をクリックすると、拡大します。
 
カマツカの紅葉.JPG
カマツカの紅葉です。
 
コナラの紅葉1.JPG
コナラも見事に色づきました。
 
コナラの紅葉2.JPG
これもコナラです。
 
どんぐり広場の落ち葉.JPG
どんぐり広場に降り積もった落ち葉です。
この上を歩くと、ふかふかのカーペットの
上を歩いているようです。
 
ウラギンシジミ
 
ウラギンシジミ・1.JPG
この蝶は、成虫で越冬します。
翅の裏は白銀色で、翅を閉じてとまります。
越冬する場所は、ピカピカ光る葉を持つ
照葉樹の葉の裏です。
 
照葉樹の葉は、光を反射して白く光るため、
なかなか見つかりません。鳥に襲われない
工夫でしょうか?
 
ウラギンシジミ・拡大.JPG
拡大すると、しっかり葉にしがみついて
いるのが判ります。
 
ウラギンシジミ・拡大2.JPG
さらに拡大すると、太い脚が見えます。
吸着力も強く、強風にも簡単には吹き
飛ばされません。
 
ウラギンシジミ・拡大3.JPG
5月に撮影したものです。太くて丈夫な
脚がよく見えます。人の汗を吸水中でした。
 
 
紅茶 de ブレイク
 
シオデのたね
シオデのたね.JPG
前回紹介しました、シオデのたねです。
黒い液果のなかには、ルビーのような
美しいたねが入っていました。
 
 

Dec 10, 2016 11:21 AM

12月活動日です。

2016年12月11日

 12月は11日が活動日です。

12月の作業は
 
森の中に取り付けてある巣箱を外し、また、お掃除して新たに付け直します。
今回は巣ができているかなあ?近年入居率が良いので今年も期待しちゃいます。
 
それから、先月できなかった竹のベンチを作ります。
森の中のお休みどころ、無事完成できるといいのだけど。
 
そして、おなじみ「はあもビンゴ」
観察は、樹木ウォッチング
 
紅葉の遅いふれあいの森も、ようやく黄色く色づいてきました。
晴れれば、キラキラ輝く森での活動となることでしょう。
 
2016年最後の活動日、ぜひご参加ください。
9時45分に森に集合です。
 
持ち物は、軍手、飲み物、お弁当、筆記用具、ごみ袋、その他各自必要なものお持ちください。服装は、脱ぎ着ができるような調節の利く服装で。
 
では、11日お待ちしております。

 

 

Dec 5, 2016 11:50 AM
toTop