Home » ブログ 

ブログ

ジュウニヒトエが満開だよ

2006年4月20日

南野川ふれあいの森では、ジュウニヒトエが満開です。
シソ科の花で、幾重にも重なって咲く花の様子を、十二単に
見立ててこの名前があります。花色は淡い紫色で、清楚な
感じがする花です。
                   野川はあも★もり

Mar 18, 2014 10:04 AM

シャガの花が見頃です

2006年4月28日

南野川ふれあいの森では、いまシャガの花が見頃です。シャガはアヤメ科の花で、林の下のようなやや薄暗い場所を好む花です。
この花の「おしべ」と「めしべ」は花のどこにあるかご存知ですか?
南野川ふれあいの森へルーペを持って確かめにきてください。きっと
新たな感動を味わうことができますよ・
                       野川はあも もり

Mar 18, 2014 10:04 AM

シャガの花(その2)

2006年5月 2日

シャガの花のおしべとめしべ、判りましたか?シャガの花の構成は一番
外側の、花びらのように見えるのは(外花被)ガクです。その内側に、
3枚の花びら(内花被)があり、中心部におしべとめしべがあります。
めしべは「花びら状」で、柱頭は3つに分かれています。おしべはその
裏側に1本ずつ計3本ついています。下の写真は右側から外花被・内花
被・めしべとおしべです。(自宅の花を分解しました。ふれあいの森の
花はみんなのものです。とらないで下さい。)
実(み)はできますが、熟して種になることはないそうです。シャガは
根茎を伸ばして、芽を出してふえます。
シャガのように、美しい花を咲かせるのに種を作らない植物は、ほかに
どのようなものがありますか?調べてみて下さい。
  ヒント 根茎や球根を持つ植物に多いですよ

Mar 18, 2014 10:04 AM

サンショウの葉は何枚?

2006年5月12日

サンショウ(山椒 ミカン科)は葉をもむと、さわやかな香りがしま
す。若葉や種子は香辛料として、花も食用に、果皮は胃薬、材はスリ
コギに使われる等、人とのかかわりが大変多い植物です。
南野川ふれあいの森では、今の季節、サンショウの若葉が沢山みられ
ます。是非訪れて、さわやかな葉っぱの香りをお楽しみ下さい。
サンショウとよく似ているものに、イヌザンショウがあります。葉の
香りは少し臭みがあり、トゲは互生(サンショウは対生)であること
で区別できます。(参考書 講談社「樹木見分けのポイント」)

下の写真は、サンショウの葉です。葉っぱは何枚あるでしょうか?
答えは次回の「はあものおはなし」をごらん下さい。

Mar 18, 2014 10:04 AM

サンショウの葉(その2)

2006年5月19日

前回の写真のサンショウの葉は、これで1枚の葉っぱです。このように
小葉(複葉についている1枚1枚の葉)が、中心の軸の両側にならんで
1枚の葉を形成しているものを、羽状複葉と呼んでいます(小葉が羽の
ようにならんでいるので)。
複葉に対し、葉が1枚1枚別々になっているものを、単葉と呼びます。
サクラやツバキの葉が、これにあたります。下の写真は、サクラの葉
です。前回のサンショウの葉と見比べてみて下さい。

                       野川はあも もり

Mar 18, 2014 10:04 AM

6月の活動のお知らせ

2006年6月 1日

次回は6月4日日曜日が定例の活動日です。10時に出会いの広場に集合してください。お社周辺と、できればどんぐり広場も、下草刈りを行いたいと思っています。長袖長ズボン、動きやすい靴で来てください。軍手、汗拭きタオル、飲み物は忘れずに。また、森の中はもう蚊が出ていますので、虫対策をしてきてください。持っている人は、鎌、のこぎり、はさみもお持ちください。
当日、雨の場合は翌週11日に延期になります。もし迷うような天気の場合は、4日の9時から(044-852-9403)の電話番号でご案内いたします。
もう森の中は、いろんな虫が出ています。エゴの花は、そろそろ終わりかな?南野川ふれあいの森でお待ちしております。

Mar 18, 2014 10:04 AM

6月4日の活動のご報告

2006年6月 5日

今年度3回目、やっとお天気の心配なく集合できました。朝は曇りがちでしたが、だんだんと晴れ間が広がり、ふれあいの森にも、木々の間からの日差しが差込み、すがすがしい1日でした。
6月の活動は、お社の森周辺の竹やシュロ、アオキなどの伐採を行いました。この場所は、最近竹の進入も見られ、シュロなども大きくなってきていましたので、今回手を入れることにしました。2時間弱の作業でしたが、明るく見通しが利くようになりました。子どもたちも、のこぎりを使って竹きりに大活躍でした。これで、社の隣の大きなケヤキや、アカガシも少し気持ちよくなってくれたかな。
森の中は、そろそろカタバミが咲き始め、ヒカゲチョウのなかまやゴマダラチョウと思われる蝶々が木の間を飛んでいました。

Mar 18, 2014 10:04 AM

南野川ふれあいの森で、「山仕事」を学ぼう

2006年6月21日

宮前市民館と野川はあもの共催で、今年も学級が始まります。今年のテーマは〔親子で学ぶ山仕事ー雑木林の仕組みと管理を学びながら〕です。数十年前には、区内いたるところにあった雑木林も、数少なくなりました。南野川ふれあいの森は、その数少ない一つです。ここで、ちょっと昔まで、行われていた雑木林を雑木林として守っていくための作業をしてみませんか。作業だけではなく、雑木林について仕組みやそこに住む生き物について、学びます。7月から12月まで、第1日曜日を中心に全8回です。途中参加も可能です。初回は7月1日。時間は、各回とも午前10時から正午まで。親子で、ご家族で、またお一人でも、やってみたいと思う方、どなたでも歓迎いたします。費用は、保険料として一人600円。宮前市民館にお申し込みください。(℡044-888-3911)詳しくは、野川はあも宛メールにてお問い合わせください。

Mar 18, 2014 10:04 AM

たけさんの昆虫教室、始まりました。

2006年6月24日

本日午後1時から、南野川ふれあいの森で、昆虫の飼育教室がありました。急に決まったので、お知らせできませんでした。ごめんなさい。先生は虫、特に甲虫類に詳しいお兄さん、たけさんです。今日は、小学校1年生を中心に6人ほど集まりました。わざわざ、ホームセンターなどで飼育キットをそろえなくても、身近なもので十分飼育できると、たけさん。子どもたちも熱心に聴いて、巣に入れる朽木集めをおこないました。次回は、7月1日のお昼から。午前中は自主学級もやっているので、ぜひ参加してみてください。ふれあいの森の掲示板に次回の予定が出ています。これから、ますます面白くなりそうです。お楽しみに。

Mar 18, 2014 10:04 AM

【親子で学ぶ山仕事】始まりました。

2006年7月 5日

7月1日第1回目の自主学級。天気は曇り。何とか午前中はもちました。気温27.5度。森の中でも蒸し暑く、風があまりありませんでした。最初の回は、昔の野川の様子や暮らしについて、野川にお住まいの青木さんからお話を伺いました。50年ぐらい前は、まだ車もなく山から薪となる木をリヤカーで運んだというようなお話やたけのこのお話など、こもれび広場でお聞きしました。40年ほど前の、みどりで覆われた町の写真には、今の住宅街を思うとびっくりさせられます。森の中でのお話は、ちょっと昔にタイムスリップしたような気分でした。
お話の後は、初めて南野川ふれあいの森を訪れた方もいらしたので、森の中を一巡り歩きました。森は、すっかり夏姿で葉っぱも生い茂り濃い緑色に包まれました。大きなナナフシや、アオスジアゲハも発見できました。

Mar 18, 2014 10:04 AM
toTop