Home » ブログ 

ブログ

5月活動日

2019年5月12日

 5月活動日

令和最初の活動日は、12日日曜日です。
第二日曜日なのでお間違えの無いように。
緑あふれる5月の森。
大規模な剪定や伐採が行われた後なので、
もう一度、森全体を歩いてゾーンごとに、どんな場所にしていくか、人がどこを歩くのが良いか、土留めが必要な場所は?など確認して、森の地図を作ります。
 
クサイチゴ、モミジイチゴなどが実るころです。
お楽しみのいちご狩り、そして森の中で春の懇親会、この日限りの森のブランコも登場予定。
長いお休みの後の日曜日、近くの森で緑の栄養補給しに来ませんか。
 
10時から始めます。
お飲み物、軍手、筆記用具、ごみ袋、お弁当などお持ちください。
雨の場合は、翌週19日に延期になります。
 
気持ちよい5月の森でお会いしましょう。

Apr 18, 2019 03:26 PM

作業日

2019年4月20日

 4月の作業日

20日土曜日です。
9時半ぐらいから、午前中行います。
シイタケの榾木の水やり
草刈り
など行います。
 
途中参加、早退、OKです。
飲み物、軍手、汗ふきタオルなどお持ちください。
道具は貸貸出用が倉庫にありますが、もちろんマイ道具のある方はお願いします。

Apr 18, 2019 03:12 PM

ホーホケキョ...トントントン

2019年4月 8日

 森を一周できました!

 
天気もまずまず、春の日差しが暖かい
4月7日日曜日。
今年度最初の活動日でした。大人が13人、子どもが8人集まりました。
 
そして、そして!立ち入り禁止が解けまして、半年ぶりに森に入ることができたんです
伐採した木の丸太や枝で、うまーく道の縁に並べられて、とってもいい感じです。
IMGP3199-w.JPG伐採した木や、枝おろしをした木、全部で100本を超えたそうです。(剪定作業をしてくれた業者さん談)
森は明るいです
 
はじめに今年度の総会を開き、昨年度の振り返りと今年の活動計画を決定。
 
そのあとは観察です。春です。。いろんな花が咲き始め、虫も動き始め、そして鳥のさえずりもにぎやかです。春の森は生命力にあふれ、躍動的です。
IMGP3179-w.JPG
 
 
ハナニラのにおいをかいでます。
 
 
 
 
 
IMGP3188-w.JPGヤマザクラもちょうど見ごろ。コナラの雄花は垂れ下がります。

コナラの雄花31-1.JPG午後は作業

あたたかい森での楽しいお弁当タイム。の後は、3月に植えた苗木を移動する作業と、シイタケのコマうち作業でした。
シイタケのコマうちは、はあもでは4回目。
①榾木選び  コナラの直径15センチぐらいのまっすぐであまり傷の無いもの
②種コマの打ち込み個所に印をつける。
➂ドリルで穴をあける。④種コマを打ちこむ。⑤寝かせて水をかける。
IMGP3212.-wJPG.JPG
IMGP3208.JPGのサムネール画像
順調に作業も進み、打ち込むときの「トントントン」がウグイスの鳴き声とともに、森に響きました。シイタケできるといいなあ。
 
 
子どもたちは、切り株の穴にたまった土で、泥団子を作りレストランを開業してました
 
IMGP3215-w.JPGIMGP3217-w.JPG 春になると、人も含め生き物みんな、なんだか楽しそう。
今年度も、楽しく森で過ごしましょう。

Apr 8, 2019 11:51 PM

4月活動日です。

2019年4月 7日

 7日活動日です。

4月7日
新年度最初です。
 
伐採が終わった森で、春を見つけよう。
そして、
椎茸のコマうちやります。
今回は丸太がたくさんあるからね、皆でがんばろう。
いつものように、10時からです。
お弁当、飲み物、軍手、筆記具、お弁当、ゴミ袋などお持ちください。

Apr 6, 2019 12:59 PM

春を告げる花「シュンラン」

2019年4月 1日

シュンランは、人里近くの雑木林などに
自生する野生のらんです。
蜜は出しません。
 
花びらは、左右に側花弁各1枚と、下部に
白い唇弁1枚の3枚です。
唇弁は、大きく反り返ります。外側にある
緑色の大きな花びら状のものは、ガク片です。
 
おしべとめしべは合着し、「ずい柱」と呼ばれる
器官となっており、その先端には、花粉のつまった
「花粉塊」があります。
 画像をクリックすると拡大します。
 
シュンラン31-1.JPG
 
シュンラン拡大31-2.JPG
 
ニワトコ
ニワトコのつぼみは、ブロッコリーにそっくりです。
4月になると、枝先に淡黄色の小花を多数つけ、
遠くからでもよく目立ちます。
 
ニワトコのつぼみ31-1.JPG
ニワトコのつぼみです。
 
ニワトコの花(昨年)31-1.JPG
ニワトコの花です(昨年4月の撮影です)。
 
ホトケノザ
昆虫の訪花による受粉のほか、閉鎖花による
自家受粉でも種子を作るため、繁殖力は非常に
旺盛です。
 
ホトケノザ31-3.JPG
 
ホトケノザの閉鎖花31-1.JPG
濃い色のつぼみ状のもの(画像では中央に
2個あります)が、閉鎖花です。
 
ヒサカキ
雌雄異株ですが、両性花の株もあるそうです
(未確認です)
画像の花は、雄花です。めしべは退化して、
おしべのみの花です。
花には異臭があります。
 
ヒサカキの花31-1.JPG
ヒサカキの雄花です。
 
ヒサカキ拡大31-1.JPG
花を拡大しました。
 
 

Apr 1, 2019 10:07 PM

大きく育て!

2019年3月11日

 穏やかな森で

3日が冷たい雨で、10日に延期となった3月の活動。
集まったのは、大人10人子ども5人です。
終始曇り空でしたが、それでも朝のうちは薄日も刺し、風がほとんどない穏やかな森でした。IMG_2019.JPG 
今日の体操は口伴奏での「ラジオ体操第一」
ラジオ体操は、子どもより大人の方が、得意なんですよね
 
人数も少ないので、みんな一緒に森で春探し。
IMG_2025.JPG
春先は、何で小さな花が多いのだろう?と考えたり、ヒサカキの花の匂いに、「トイレ臭い」「青臭い」「いいにおい」と各自の感想を言い合い、クサイチゴの花のめしべの数に驚いたり、ニワトコの柔らかいブロッコリー似の花芽に食欲がそそられたり。
 
 
 
DSCN9488.JPGハコベ31-1.JPG
本日の作業は三つ。
一つ目は、「出会いの広場裸地化を止めよう作戦」
伐採で出た丸太を埋め込みました。
 二つ目は、「どんぐりの木おおきくなれ作戦」。森のどんぐりから育った7年物のコナラの苗木を3本、どんぐり広場に植えました。
大きくなってほしいなあ そして三つめは、お昼の後、「木の地図作り」どんぐり広場のコナラとクヌギとミズキについて、幹回りと位置を測定しました。みんなの歩幅を利用して、位置を割り出しました。
IMG_2053.JPGのサムネール画像

IMG_2047.JPGのサムネール画像  
DSC_1716.JPG
                      お昼から子どもたちのリクエストに応えて、森のブランコも登場しました。
 
高木の枝が切られたり、更新のために伐採されたりで、森の中はかなり明るくなりました。バードウォッチング初心者には、この時期がいいですね。シジュウカラやメジロ、それに今日はモズまで見ることができましたし、アオゲラは声だけでしたが聴くことができました。
 
春、生き物が動き出す季節。今年の南野川ふれあいの森は、木が切られたことで、大きな変化が起こりそうです。楽しみです。

Mar 11, 2019 04:26 PM

星の瞳という名の花

2019年3月 3日

オオイヌノフグリ壁紙.JPG
 
オオイヌノフグリは、「星のひとみ」という別名が
あります。
ヨーロッパ原産の越年草で、コバルトブルーの
美しい花です。
 
朝開き、夕方には散る一日花ですが、次々と
咲くことにより、訪れる昆虫にアピールしています。
ハナアブの仲間が蜜を求めてやってきますが、
受粉に至ることは少なく、ほとんどの花は夕方、
自家受粉をします。
 
オオイヌノフグリは、おしべ2本、めしべ1本という
シンプルな花で、花びらは4枚あるように見えます。
しかしこの花は合弁花で、花びらはくっついていて、
バラバラにはなりません(花の裏側の画像参照)。
 
オオイヌノフグリ31-2.JPG
おしべが2本、めしべが1本あります。
 
オオイヌノフグリ31-3.JPG
 
オオイヌノフグリ31-1.JPG
花の裏側の画像です。
 
以下に南野川や近くの公園で観られた、
植物とオオカマキリの卵鞘を紹介します。
画像をクリックすると、拡大します(昨年の
台風24号による、倒木等の処理がまだ
終らず、南野川ふれあいの森は、引き続き
立ち入り禁止です)。
 
ウグイスカグラ.JPG
ウグイスカグラの花
 
ノゲシ31-2.JPG
ノゲシの花
 
ヒメオドリコソウ31-1.JPG
ヒメオドリコソウの花
 
ヒメオドリコソウ31-2.JPG
花を拡大しました
 
コウヤボウキの冠毛.JPG
 コウヤボウキの冠毛
 
ドングリの芽生え.JPG
ドングリの芽生え
 
オオカマキリの卵鞘.JPG
オオカマキリの卵鞘

Mar 3, 2019 09:45 PM

3日の活動延期にします。

2019年3月 3日

 3月3日、活動中止にします。
 
3日、雨のため10日に延期といたします。
よろしくお願いいたします。

Mar 3, 2019 07:36 AM

3月の活動日です

2019年3月 3日

 3月の活動日

3日(日)が活動日です。
残念ながら、まだ、森の中へは立ち入りができません。
今、伐採作業の真っ最中。
かなりの木が切られています。
切った丸太がゴロゴロ・・・
すごく日当たりが良くなっています。
春の日を浴びて、どんな植物が顔を出すでしょうか。
 
いつものように10時から始めます。
お弁当、飲み物、ごみ袋、筆記用具、軍手などお持ちください。

Mar 2, 2019 03:08 PM

ウレシイ、あったかい、タノシイ!

2019年2月 4日

 青い空、春のような日差しの中で

12月1月は、凍える中での活動日でしたが、
2月3日の活動日は風もなく最高のアウトドア日和となりました。
IMGP3124-w.JPG 真っ青な空に木立のシルエットが映えています。
大人9人、子ども6人が集まりました。
準備体操の後は、「だるまさんがころんだ」のひとひねりバージョンで、頭と体をほぐしました。
「はあもビンゴ」は、虫メガネを持って臨みました。
ツバキの花の咲くお社の森では、シジュウカラやメジロ、ヤマガラ、エナガ、など森ではおなじみの野鳥が、春のような日を浴びて楽しそうでした。
「かわいい冬芽」というお題をクリアするため、虫メガネでいろんな木の芽をじっくり観察しました。お気に入りの「かわいい冬芽」見つけられたかな?
はあもの活動4.JPGムラサキシキブの冬芽.JPGのサムネール画像ニワトコの冬芽.JPGのサムネール画像「どんぐりの芽出し」というお題があったのですが、これは残念ながら誰も見つけられなかった                       いつもはこの時期にたくさん見つけられるのですが、雨が少ないせいかしら?              
ビンゴのあとは、どんぐり広場の落ち葉掻きを行いました。はあもの活動5.JPG例年に比べると、折れた木の伐採などで、落ち葉の量が少なめで、落ち葉ダイブはできませんでした。
 

野川ふれあいの森で

お昼からは、南野川ふれあいの森から歩いて30分ほどの「野川ふれあいの森」へ出かけました。森といっても、こちらはすり鉢状の広場がある、ちょっとおもしろい形の場所です。広場には、たっぷり日が差し込み、ビックリするほどあたたかでした。ここでお昼を食べて・・・まずはごみ拾い・・・そしてこの広い場所でたっくさん遊びました
IMGP3127-w.JPG
縄跳び、木の枝落とし、鬼ごっご、どろけい、ふえオニ、つなひき、だいこんぬき、ブランコ、木登り・・などなど。
IMGP3133-w.JPG
 
IMGP3142-w.JPGIMGP3148-w.JPG
あそびの傍ら、もぐら塚を掘って、モグラの道を探り当てたり、咲き始めたタンポポ(カントウタンポポ)やサクラについたヤドリギを見たり、枯れ竹の中にコクワガタの幼虫オオミズアオの卵を発見したりと、いろんな生き物がしっかり生きてるのを確かめました。
IMGP3139-w.JPG
遊具など何もない場所ですが、思いっきり体を使って遊ぶ子どもたちは本当に楽しそうでした。大人も一緒に遊びましたけど(^^♪
 
あったかいことがうれしくて、たくさん遊んで楽しくて、2月の活動を終えました。
 

Mar 2, 2019 03:04 PM
toTop