Home » ブログ 

ブログ

ウノハナとアワフキムシ

2018年5月25日

ウツギ(ウノハナ).JPG
 
ウノハナ(ウツギ)は、童謡「夏は来ぬ}で歌われるように、
初夏の風物詩とされてきました。
この花が咲くころ、南野川では林縁などで、アワフキムシを
見かけます。
 
アワフキムシは、幼虫が泡を作るカメムシの仲間です。
この泡はとても丈夫で、雨や風で吹き飛ばされることはなく、
幼虫は泡の中に隠れていることで、アリなどの捕食者から
身を守ることができるすぐれものです(画像をクリックすると
拡大します)。
 
アワフキムシ.JPG
 
白い泡は、ビールの泡と同じ原理で、
光を乱反射するので、白く見えます。
 
アワフキムシ1.JPG
 
泡の中で何かが動きました。
 
アワフキムシ2.JPG
 
赤と黒のツートンカラーの幼虫が
見えます。
 
アワフキムシUP.JPG
 
泡の中から幼虫が出てきました。
シロオビアワフキの幼虫のようです。
どうして泡の中から出てきたのか、
理由は判りません。
 

この時期観られた花

スイガズラ.JPG   スイカズラ2.JPG
 
スイカズラの花です。
この花は、受粉が終ると花弁が黄色くなります。
 
ナワシロイチゴ1-1.JPG   ナワシロイチゴ2-1.JPG
 
ナワシロイチゴの花です。
濃いピンクの花が美しい。大部分のイチゴの花は、
白か黄色でピンクの花の咲くイチゴは少ないです。
 
クリの花.JPG   クリの花とハナムグリ.JPG
 
クリの花です。
花は虫媒花で、虫を呼ぶため強くて青臭い匂いを
発散させます。
虫はこの匂いがたまらないらしく、ハナムグリやカツオブシ
ムシ、コメツキムシの仲間が群がってました。
 

May 25, 2018 08:19 AM

野川の里山観察会

2018年5月23日

 いこいの家の観察会が行われます。

5月23日(水)9時45分から正午まで
南野川ふれあいの森で「野川の里山観察会」が行われます。
 
今回で3回目になる「野川いこいの家」主催の観察会。
昨年より1か月ほど遅い時期、しかも今年は何かと早い動きの生き物たち、
今年は何が見られでしょうか。
 
川崎市在住の60歳以上の方が対象です。
お問い合わせ、お申し込みは、「野川いこいの家」(電話044-788-2271)までどうぞ。
 

May 15, 2018 01:34 PM

11月活動日です。

2018年11月 4日

 4日、活動日です。

11月は、どんぐりの植え付けをします。
丸太を使って、スツール(椅子)を作ります。
 
森は実りの季節です。
植物の実、種を観察します。
 
自然素材を使ったクラフトにも挑戦します。

May 15, 2018 11:40 AM

11月活動日です。

2018年11月 4日

 4日、活動日です。

11月は、どんぐりの植え付けをします。
丸太を使って、スツール(椅子)を作ります。
 
森は実りの季節です。
植物の実、種を観察します。
 
自然素材を使ったクラフトにも挑戦します。

May 15, 2018 11:38 AM

12月活動日です。

2018年12月 9日

 9日が活動日です。

12月は、昨年取り付けた巣箱を外します。
使ってくれたかな?
お掃除して、再び取り付ける予定です。
 
森の中、坂道が急になってきました。
そこで階段を作ります。
森の木を利用します。

May 15, 2018 11:33 AM

みどりのなかで

2018年5月 7日

 スペシャルだけにむずかしい!!

 

5月6日 G.W最終日は、はあもの活動日です。
木々も、草も、ササも、ぐんぐんと葉を伸ばしています。
お天気も上々。集まったのは大人12人、子ども10人。。
いつものように、体操ではじまります。
体のストレッチに加え、今日は人間知恵の輪で頭も柔らかくしてから、準備が整いました。
 
まずは、ビンゴから。
でも今回は、いつものビンゴより数倍難しいスペシャルでした。
升目は25個。目だけではなく、味わったり、嗅いだり、さわったり、五感をフル稼働して、森の中を巡りました。
IMG_0659.JPG
モミジイチゴやクサイチゴを味わい、
 
森の中に増えてきた白い花、ガマズミ、マユミ、スイカズラを探したり、
 
お茶の新葉の柔らかさを確かめました。
 
アカボシゴマダラやシジミチョウの仲間もひらひら木の間を飛んでいました。
DSCN3230.JPGIMG_0611.JPGDSCN3229.JPGIMG_0642.JPG

作業もはかどりました

ビンゴのあとは、草刈り班、看板取り付け班、木の輪切り班に分かれて作業開始。
草もササも、畑との境の道は特に繁茂していました。
看板は、伐採した木に萌芽更新チャレンジ中の旨を表示しました。
木の輪切りは、夏に予定されているイベントの準備です。子どもたちが伐採した枝の中から適当な太さのものを選び、切りました。最初は苦戦していましたが、そのうちコツを覚えて、小さな子もしっかり切ることができました。

IMG_0666.JPGIMG_0674.JPG

ブランコ最高!!

午後からは、恒例森のブランコ。
今年はいつもの枝が剪定されたので、できるか不安でしたが、今年もうまくできました。子どもはもちろん支える大人も、見守る大人もみんないい顔してました。
年に一度なのですが、とても楽しい時間でした。DSC_1201.JPG
 
 
 
 
 

May 7, 2018 04:50 PM

5月活動日です。

2018年5月 6日

 6日が活動日です。

連休最終日、森で過ごしませんか。
みどりがまぶしい、南野川ふれあいの森です。
 
スペシャルフィールドビンゴ
で、緑の中を探検し、
 
草刈り、木の輪切り、看板着け
で、軽く汗を流し
 
木いちご狩り、もりのぶらんこ、懇親会
で、森をあそび、親睦を深め
 
いつもよりややゆったりの活動にしようと思っています。
 
9時45分、出会いの広場にお集まりください。
軍手、ごみ袋、飲み物、お弁当、筆記用具、などお忘れなく。
 
連休疲れの体と心、森でリフレッシュいたしましょう。
 
 
 
 

May 5, 2018 02:23 PM

初夏の生きものたち

2018年5月 4日

モッコウバラ.JPG
 
暦の上では初夏とはいえ、毎日真夏の陽射しが続き、
生きものたちも面食らっているようです。
 
南野川ふれあいのも森でも、すでに草いちごが食べごろに
なっています。
この森で、活発に飛び回る虫たちを追っかけてみました。
画像をクリックすると拡大します。
 

花外蜜腺

植物は子孫を残すため、花を咲かせ、花粉を媒介して
くれる生き物へ、報酬として蜜を用意しています。
 
しかし花以外の部分(葉柄、葉身、托葉付近など)にも、
蜜腺をもつ植物があります。
ここにアリを誘引して、花や葉を食べる害虫からの食害を
防ぐ戦略です。
 
この森で見つけた、初夏の生きものたちのいくつかを
紹介します。
 

花外蜜腺を持つ植物たち

 
アカメガシワ2.JPG     カラスノエンドウ2.JPG
アカメガシワ            カラスノエンドウ
葉身の付け根に蜜腺が     托葉の近くに蜜腺があり、
あり、アリが常駐しています。  アリが集まります。
 
サクラ1.JPG     サクラ2.JPG
ソメイヨシノ
葉柄の葉身近くに蜜腺があり、やはりアリがよく集まって
います。ヤマザクラも蜜腺があります。
 

森でみかけた生き物たち

 
ナナフシモドキ2.JPG   ホソヒラタアブ.JPG
ナナフシモドキ         ホソヒラタアブ
 
クロハナムグリ.JPG   ガザミグモ.JPG
クロハナムグリ         ガザミグモ
 
シロジュウシホシテントウ.JPG        ナミハナアブ.JPG
シロジュウシホシテントウ   ナミハナアブ
 
紅茶 de ブレイク
 
ホウチャクソウ
薄暗い林内などに生育、茎の先に淡緑色の筒状の
花を2~3個つける。
 
ホウチャクソウ1.JPG   ホウチャクソウ2.JPG

May 4, 2018 10:24 AM

南野川の春

2018年4月14日

タンポポ.JPG
 
今年はソメイヨシノの開花が、例年になく早かったです。
 
ソメイヨシノ以外の花でも街中では、
ハナミズキ、シラン、ノダフジ、オオムラサキ、モッコウバラ等、
森の中やその周辺でも、
ナガミヒナゲシ、ジュウニヒトエ、ホウチャクソウ、ニシキギ等が
すでに開花しています。
 
春は足早に去り、森の中は初夏の装いに変わりつつあります。
今、南野川ふれあいの森で観られる花の一部を紹介します。
(画像をクリックすると拡大します)
 
アオキ雌花.JPG  アオキ雄花.JPG
 
アオキの花です。アオキは、雌雄異株の植物で、雌株(左)は
めしべが、雄株(右)はおしべが発達しています。
赤い実が大変美しく、ヨーロッパでも人気があるそうです。
 
 サンショウ雌花.JPG  サンショウ・雄花.JPG
 
サンショウの花です。地味な花で、注意して観ないと、
見落としそうです。
サンショウも雌雄異株(左は雌花右は雄花)で、若い芽は
「木の芽」といって、日本料理に使われます。
 
ムラサキケマン1.JPG  ムラサキケマン2.JPG
 
ムラサキケマンです。細長い花弁の奥に蜜腺があり、
昆虫が花に潜り込むと、その背中に花粉がつく仕組みに
なっています。
全草有毒で、誤って食べると、嘔吐、呼吸困難等になると
いわれています。
 
ジュウニヒトエ3.JPG  ジュウニヒトエ4.JPG
 
ジュウニヒトエは花穂に小さな花が幾重にも重なって咲き、
その様子を平安時代の衣装である「十二単」にたとえました。
この花は最近少なくなっています。
 
シャガ18.JPG  ニワトコ花18.JPG
 
シャガ(左)は、花も美しく、おしべもめしべもありますが、
種子はできません。アヤメの仲間ですが、常緑の葉を
持っています。
ニワトコ(右)の花は、3~5ミリの小さな花で、群がるように
咲きます。葉は揉むと独特の臭気があります。
 

紅茶 de ブレイク

モンシロチョウ.JPG  ヤブキリ幼体.JPG

Apr 14, 2018 01:26 PM

まぶしい新緑のなかで

2018年4月10日

 今年度もよろしくね!

4月、平成30年度の始まりです。
新年度最初の活動日は8日でした。晴れ時々曇り。
4月にしては暑いくらいの日が続いていたのが、本来の陽気に戻り少し肌寒く感じられました。
大人が14人、子どもが9人集まりました。
 
毎年4月は、木々が芽吹き始めたとはいえ、印象派の絵のようにちょっとスモーキーな淡い緑色をしているのですが、今年はもう、まぶしいくらいの若葉色。。。
すでに桜は散り、クサイチゴの花も盛りを過ぎていました。
今はシャガの花がきれいです。
シャガ.JPG
はあもビンゴと観察の時間では、たくさんの春を見つけました。
IMGP2941-w.JPGクヌギの雄花.JPGIMGP2947-w.JPGIMGP2962-w.JPG
そして平成30年度の総会を行い、新年度の活動内容や予算が決まりました。今年も楽しいこといっぱいできるといいな。今年もよろしく!
総会の様子.JPG
 
午後は、KYコンビによる宝探しゲームで始まりです。大人チームも子どもチームも、楽しみました。
作業は、看板の補修と丸太運び。
IMGP2954-w.JPGIMGP2951-w.JPG
丸太は、森の中に階段を作るために乾燥させようと手ごろなものを井桁に組みました。
 
看板は、女子たちがきれいな看板を作ってくれました。
最後は、先月の続きで太い長いエノキの丸太を移動させる作業。今回は30分ほどで、4mほど移動!この丸太がベンチになる日はやってくるのでしょうか⁈
来月に、つ・づ・く。
 

Apr 10, 2018 11:51 PM
toTop