Home » ブログ 

ブログ

冬越しの生きものたち

2020年1月13日

寒くて乾燥した日の多い冬の季節は、
昆虫たちや植物にとっても試練の季節です。
 
この厳しい冬を、彼らはどのようにして過ごして
いるのでしょうか。
南野川ふれあいの森で、それらを観察しました。
画像をクリックすると拡大します。
 

昆虫たちのそれぞれの冬越し

 
ハラビロカマキリの卵鞘2-1.JPG
ハラビロカマキリの卵鞘です。
この中に卵が100個以上は入っていると
云われていますが、数えたことはありません。
 
オオカマキリの卵鞘2-1.JPG
オオカマキリの卵鞘です。
このカマキリは草地で生息していますが、
草地が年々減少していて、このカマキリを
見る機会も減っています。
 
ハサミムシ2-1.jpg
ハサミムシです。風雨に晒されてボロボロに
なった丸太の中にいました。
寒いのか、すぐにまた丸太の中に潜り込んで
行きました。
 
チャバネフユエダシャク・メス.JPG
チャバネフユエダシャクのメスです。
メスは翅が退化していて飛べません。
冬でも成虫がコンクリートの壁でひなた
ぼっこをしていました。
 

いろいろな冬芽

冬芽は大きく分けて裸芽と鱗芽に
分けることができます。
 
アカメガシワの冬芽2-1.JPG
アカメガシワの冬芽です。裸芽です。
細かい毛(星状毛)が密集していて、
寒さを防いでいます。
 
ムラサキシキブの冬芽2-1.JPG
ムラサキシキブの冬芽です。裸芽です。
2枚の葉が向かい合って丸まっているような
形をしています。
細かい毛が芽全体を覆っています。
 
エゴノキの冬芽2-1.JPG
エゴノキの冬芽です。裸芽です。
この芽の特徴は予備芽(副芽)が
主芽のすぐ下についていることです。
主芽が枯れたり、鳥や虫に食べられた場合、
予備芽が成長し主芽の代わりをします。
 
サルトリイバラの冬芽2-1.JPG
サルトリイバラの冬芽です。鱗芽です。
この冬芽は親の葉柄の一部が残っていて、
新しい芽を保護しています。
かなり過保護な冬芽です。
 
ゴンズイの冬芽2-1.JPG
ゴンズイの冬芽です。鱗芽です。
大きな2枚の芽鱗でしっかりと寒さを
防いでいます。
 
ニワトコの冬芽2-1.JPG
ニワトコの冬芽です。鱗芽です。
ニワトコの冬芽は混芽と呼ばれ、一つの
芽の中に花芽と葉芽が一緒に入っています。

Jan 13, 2020 08:48 AM

1月活動日

2020年1月 5日

 1月5日 活動日です。

令和二年の「はあも初め」は、5日です。
例年よりもちょっと早めですが。
 
生き物の冬越しの観察
落ち枝拾いと落ち葉掻き
旗づくり
シイタケの収穫
 
などなどを予定しております。
 
新年最初の南野川ふれあいの森は、どんな顔を見せてくれるでしょうか。
 
脱ぎ着のできるあたたかい服装で。
軍手、飲み物、お弁当、ごみ袋、などをお持ちください。
9時45分集合です
 
葉の落ちた明るい森で、お待ちしております。

Jan 4, 2020 04:37 PM

12月の活動日

2019年12月 8日

 12月8日 活動日です。

令和元年最後の活動日。
台風の影響で、入れないところもありますが、いつものようにやりますよ。
 
虫の冬越しの場所を作ります。→木にこもを巻きます。
今年は、草刈りを頑張りましたが、最後の活動日も草刈り予定。
そのほか、ビンゴはいつものとおり。
子どもたちがたくさん来てくれれば、旗づくりも行いますよ。
 
毎年色づくのが遅いふれあいの森の木々たち・・・
今年もようやく少しだけ色づいてきました。
一年でもとりわけ美しい時を迎えようとしています。
 
お出かけください。お待ちしております。
10時から始めます。
脱ぎ着のできる暖かい服装で、軍手、飲み物、お弁当、ごみ袋、筆記用具などお忘れなく。
 

Dec 7, 2019 08:21 PM

番外編・実りの秋を迎えた東高根森林公園

2019年12月 3日

10月に到来した台風19号は、南野川ふれあいの森にも、
大きな被害をもたらしました。
まだ当局による、立入禁止が解除されていません。
 
そのため今回のブログは番外として、東高根森林公園と
その周辺における植物の紹介です(画像をクリックすると
拡大します)。
 
ケヤキの紅葉
ケヤキの紅葉11-1.JPG
公園入り口の駐車場脇の
ケヤキの紅葉です。
このほかにも、沢山の落葉樹の
紅(黄)葉が見られました。
 
サネカズラの果実
サネカズラの実とカマキリの卵鞘11-1.JPG
中心の球状のものは、花床で、
ヘビイチゴを大きくしたような
集合果をつけます。
 
ムラサキシキブとヤブムラサキの果実
ムラサキシキブの実11-1.JPG  ヤブムラサキの実11-1.JPG
よく似ていますが、ヤブムラサキ(右)の果実は、
立派なガク片が目立つので、区別できます。
 
ヒヨドリジョウゴの果実
ヒヨドリジョウゴの実11-1.JPG
液果の中には、多数の種子が入っています。
おいしそうですが、有毒です。
 
トキリマメの果実
トキリマメの実11-1.JPG
赤いサヤの中には、黒光りする固いタネが
入っています。
赤と黒の二色効果で鳥を誘います。
 
タラヨウの果実
タラヨウの実11-1.JPG
果実は球形の核果です。
葉に文字が書けることがヒントになって、
ハガキ(葉書)が生まれました。
 
シロダモの果実
シロダモの実11-1.JPG
黒い果実が多いクスノキ科の中では、
珍しく果実は赤い色をしています。
 
クロガネモチの果実
クロガネモチの実11-1.JPG
ヒヨドリやツグミの類の大好物の実です。
12月には、たちまちなくなりそうです。
 
イシミカワの果実
イシミカワの実11-1.JPG
ブルーの果実のように見えるものは、
ガクが多肉化したもので、中には
黒くて固い痩果が入っています。

Dec 3, 2019 09:27 PM

風の子まつり

2019年12月 1日

 風の子まつり

今年も、野川こ文のおまつり「風の子まつり」に参加します。
12月1日日曜日
ソーセージ売ります!
今回は、プレーパークが工事中ということで、外の炉が使えません。
そこで
今までとちょっと違った、「自分で焼くソーセージ
お楽しみに。
みなさんのご来店、お待ちしていますよ~

Nov 18, 2019 10:58 PM

お久しぶり!ありがとう(^^)/

2019年11月18日

写真展と同窓会

11月3日(祝) 晴れの得意日だというのに曇り空…晴れてほしかったな。
だってこの日は、同窓会だったから。
いつもの活動日に加えて、この日は同窓会というスペシャルな日。
野川はあもの活動が始まってから、今年で15年になりますが、その間とてもたくさんの人が活動に参加してくれました。子どもが成長したり、お仕事が忙しくなったりで、なかなか参加できなかくなった皆さんに、遊びに来ませんか?とお便りを出し、6人の方が都合をつけて参加してくれました。
小学生だったM&S姉弟は、高校生に!  もうそれだけで感動です(*'▽')
 
同窓会に加え、森での写真展も同時開催。
IMG_2809.JPG
 
IMG_2810.JPG
なかなかいい感じの森のギャラリーです。
 
ちょっと残念だったのは、現役メンバーの参加が少なかったこと(10人…三連休のまんなかだったからね)と
台風19号により倒木や枝折れが発生していて、森の中までみんなで入ることができなかったこと
 
それでも予定通り、ビンゴと草刈りや倒木の処理などの作業も行いました。高校生二人は、一人前の働きをしてくれました。
IMG_2832.JPG
IMG_2838.JPG
 
森では、ホトトギスやツワブキ、チャの花が咲き、秋を感じました。IMG_2780.JPG

Nov 18, 2019 10:50 PM

台風19号による森の被害

2019年11月 4日

台風19号は、16号の後片付けがまだ終っていない
南野川ふれあいの森に、再び大きな被害をもたらし
ました。
 
大木の倒壊や大枝折れ等で、森の中は大荒れの
状態です。
 
現在は行政当局により、立入禁止のロープが張られて
います。その為今回のブログは、森の林縁で見られた
もので作成しました(画像をクリックすると拡大します)。
 
19号の被害1.JPG  19号の被害2.JPG
 
19号の被害3.JPG  立ち入り禁止の表示.JPG
大木の倒壊や大枝の折れ以外に、野川はあものシンボルで
ある「てんとう虫」の看板も根元から折れてしまいました。
 

イヌタデ

イヌタデ11-1.JPG  草もみじ.JPG
花のように見えるものは、色の付いたガクで、イヌタデは
花弁のない花です。
秋に紅葉するものが多く、草もみじと呼ばれています。
 

コセンダングサ

コセンダングサ2.JPG  コセンダングサ11-2.JPG
管状花が、沢山集まった花です。まれに白い舌状花が
付いている花もあります。
伐採で明るくなったお社の森付近で、増えています。
 

セイタカアワダチソウ

セイタカアワダチソウ11-1.JPG  セイタカアワダチソウUP11-2.JPG
花粉症の元凶のように云われることがありますが、
この花は虫媒花ですので、花粉症とは無関係です。
一時少なくなっていましたが、最近また勢いを盛り返して
います。
 

タイワンホトトギス

タイワンホトトギス11-1.JPG  タイワンホトトギス11-2.JPG
花が終るやいなや、大急ぎで種子を作ります。
冬の寒さと乾燥を種子の状態で耐えて、春を
待ちます。
画像の緑色の棒状のものが若い種子の鞘です。
 

紅茶 de ブレイク

ハナアブ11-1.JPG  ホシホウジャク11-1.JPG
ハナアブ(左)とホシホウジャクです。

Nov 4, 2019 10:57 AM

あれ?雨...

2019年10月 9日

 秋の雨は、冷たいのだ

10月6日(日)前日の暑さはなく、作業日和!になるはずでした。
集まったのは、子どもふたりを入れて12人。
ちょっと寂しいけど、始めましょう、と
いつものように、朝の体操をしていると、ポツポツ。
すぐに止むかなあと木の下で雨宿りしていたのですが、止む気配はなく木の下では間に合わなくて、ブルーシートを雨よけにして待つこと10分、小降りになっったので、こういう時のためにと購入していたテントを出しました。
 

テント登場

テント.JPG軽い割には、かなり広いし組み立ても簡単、なかなかの優れもの EちゃんとRちゃんは、気に入っちゃって「ずっとこの下でいいじゃん」それでは、活動にならないので、「はあもビンゴ」から始まりました。
 
森の中には、9月もいっぱいいたけどジョロウグモが大きくなってあちこちに巣を張っています。

[続きを読む]

Oct 9, 2019 03:55 PM

10月活動日

2019年10月 6日

 10月の活動日は6日です。

10月だというのに、まだ夏日・・・
10月は、台風15号の影響で少し作業が多めになるかもしれませんが、頑張りましょう。
 
はあもビンゴ
草刈り
落ち枝や倒木の整理
 
を行う予定です。
 
森の中は、秋の花が咲き、どんぐりがコロコロ、キノコがニョキ
秋を感じられますよ。
 
いつものように、9時45分に南野川ふれあいの森出会いの広場に、お集まりください。
持ち物は、軍手、飲み物、お弁当、ごみ袋、筆記用具
鎌やのこぎりなどお持ちの方は持参してください。
それと、虫除けの対策はお忘れなく。
長袖、長ズボンでお願いします。
 
では、秋の森でお会いしましょう。
 
 
 

Oct 5, 2019 10:32 AM

秋色が漂う森

2019年10月 3日

森全体が黄色っぽくなってきた。
 
木の影が長くなった。
 
赤とんぼの群れを見た。
 
つくつくぼうしの声がしなくなった。
 
まだまだ日中は夏日が続いていますが、
季節時計は、着実に秋を刻んでいます。
 
時折、爽やかな風が吹きぬける森で見つけた
植物の紹介です(画像をクリックすると拡大します)。
 
 
カラスウリの実10-1.JPG  カラスウリの若い実1-1.JPG
カラスウリの果実です。
赤く熟す頃になると、スイカのような縞模様は
消えます。
 
ダンドボロギク10-1.JPG  ダンドボロギクUP10-1.JPG
ダンドボロギクの花です。
名前の由来は、愛知県の段戸山で最初に見つかった
ことによります。
 
トウネズミモチ・若い実.JPG   トウネズミモチ・葉.JPG
トウネズミモチの若い果実です。熟すとネズミの糞?の
ような色になります。
葉を光にかざすと、葉脈が透けて見えます。
 
ヒヨドリジョウゴの花10-1.JPG   ヒヨドリジョウゴの若い実10-1.JPG
ヒヨドリジョウゴの花です。花弁は強く反り返り、バドミントンの
羽(シャトル)に似ています。
果実は赤く熟すと、超ミニトマトのように見えますが、有毒です。
 
ヤマホトトギス10-1.JPG   ヤマホトトギス拡大.JPG
ヤマホトトギスの花です。花被片は大きく反り返ります。
よく似たヤマジノホトトギスの花被片は、反り返らないので、
区別できます。
 

台風15号による被害

台風15号は、野川ふれあいの森にも大きな被害を
齎しました。
 
台風被害・倒木.JPG
 
台風被害1幹折れ.JPG
 
台風被害1・拡大.JPG

Oct 3, 2019 04:29 PM
toTop