Home » ブログ 

ブログ

気の毒な名前

2020年8月 3日

植物の名前は、人間の名前同様、余程のことが
ない限り、変更されることはありません。
人間が勝手につけた名前ですが、大変気の毒な
名前の植物があります(画像をクリックすると
拡大します)。
 
ビンボウカズラ
ビンボウカズラは、ヤブガラシの別名です。
つる植物で繁殖力が強く、放置すると植木などを
覆いつくし、枯らしてしまうこともあり、持ち主を
貧乏にするといわれています。
 
ビンボウカズラ.jpg
オレンジ色の部分は、花盤という
花托が変化したもの。
 
ビンボウカズラ2.jpg
花弁は緑色で、開花後すぐに
落下します。
 
ヘクソカズラ
ヘクソカズラもつる植物で、花は白色で、
中心部が赤い可愛い花です。
名前の由来は、葉を揉んだり実をつぶすと、
臭いにおいがするので。
 
ヘクソカズラ1.jpg
 
ヘクソカズラ2.jpg
 
ヘクソカズラ3.jpg
花は釣り鐘状で、先が平開する。
花には白い粒状の細かい毛が密生している。
 
ハキダメギク
ハキダメギクは、白色の舌状花と黄色の
筒状花からなり、花径は1センチにも満たない
小さな花です。熱帯アメリカ原産で、日本では、
ハキダメ(ゴミ捨て場)で最初に見つかったので、
この名が付きました。
 
ハキダメギク1.jpgハキダメギク拡大2 -.jpg
花弁は切れ込みがあり、先端は浅く三つに分かれる。
繁殖力が強く、しばしば雑草化する。
 

今月のおまけ

ワルナスビ
北米原産の多年草で、枝先に淡紫色または
白色の花をつける。
葉柄や葉脈上に細くて鋭いトゲがあり、触ると
かなり痛い。
名前の由来は、繁殖力が強く、トゲもあり、始末の
悪い草だからです。
 
ワルナスビ.jpgワルナスビ2.jpg
 

紅茶 de ブレイク

ツユクサの自家受粉
 
ツユクサ2.jpg
白い糸状のめしべは長く伸びています。
 
ツユクサの自家受粉2.jpg
昆虫が来てくれないときはめしべと長い2本の
おしべはくるくると巻き上がり自家受粉します。
 
 
 
 

Aug 3, 2020 03:24 PM

作業日

2020年8月 2日

 8月2日作業日です。

8月はいつもの活動はお休みです。
が、
作業のみ行います。
 
お時間のある方
汗をかきたい方
達成感を味わい方
 
よろしくお願いいたします。
 
9時ごろから11時過ぎまでの予定です。
主にどんぐり広場のササ刈です。
 
長袖長ズボンの汚れてもよい服装で。
飲み物、軍手、汗ふきタオル、虫除けグッズなどお忘れなく。
 
新コロナウイルスの予防対策も各自でお願いします。
無理はしないでね。
楽しくやりましょう!
 
雨の場合は中止といたします。
 
 

Jul 29, 2020 09:33 PM

汗かいたっ! 

2020年7月25日

 作業日でした

7月24日4連休の真ん中
とはいえ、新コロナウイルスで遊びに行こうという気もあまり起きず
野川はあもの有志8人は、森で下草刈りに奮闘したのでした。
 
今年は長い梅雨ですが、幸運にも雨には降られず日差しもなく、作業するにはまずまずのお天気です。
 
しかし、ササは勢い良く伸びてます
午前9時から、鎌を手に持ちどんぐり広場で作業開始です。
DSC_2978.JPG10分の作業でもう汗がぽたぽた、雨でぬれているササで、ズボンもシャツもしっとり(*_*;
 DSC_2983-w.jpg70㎝ほどあるアズマネザサを刈っていると、あちこちにコナラの実生苗が現れます。(赤丸のところ)この小さな苗を、周囲のササを刈って、日があたるようにして、なんとなく救出したような気分になるのが快感です。(これって私だけ?)たまに誤って、ササと一緒に刈ってしまうこともあるのですが、どんぐりから芽生えた小さな命が、いつかこの森の主役級に育ってくれたらなあと願ってしまうのです。
 
約2時間みんなで黙々とやった甲斐があり、広い面積を刈ることができました。DSC_2986.JPG
_20200725_112824.JPGアカボシゴマダラやカナブンが、コナラの樹液を吸ってました。
作業も終わり、すっきりした気分で森を後にしました。

Jul 25, 2020 04:44 PM

雨にも負けず

2020年7月 6日

 梅雨真っただ中の7月活動日

7月5日日曜日
午後から降られちゃうかなあ?と思いながらも、太陽が出て暑いよりも涼しくていいかも、と森へ出かけました。
森へ着くと、どんぐり広場のササの伸び具合に驚愕
まあ夏だからね、日当たりいいしね…頑張りましょ!
人数がいれば、作業も進む。
そうです、今回も参加は20人とたくさん来てくれました。そのうちの8人は子どもたち。元気いっぱいの子どもたちのエネルギーをもらえたよ。
 
_MG_3375 - コピー.jpg
体操をしている頃、ぽつぽつ雨が
通り雨かな
 
それほど気にするほどではなかったので、
続行です。
 

ビンゴで観察

マスクをしながら、人との距離を保って、ということで今回も観察は、「はあもビンゴ」をしながら、一人ひとりお題を解きながら、森を歩きました。
ツユクサ - コピー.jpgのサムネール画像
「青い花」と言えば、この季節ツユクサですが、じっくり見ると意外と知らない花弁の数(実は3枚)おしべやめしべ、どれがどれ?
 
ツル植物の体の支え方の違いを見たり
 
「葉のゆりかご」を探したり
 
ハエドクソウ1 - コピー.jpgのサムネール画像
 
「白い花」ヒメジオン、ハエドクソウ、ヌスビトハギ、などなどを見つけたりする合間に、
「目を閉じて耳を澄ます」
「空を見上げて深呼吸」
など、緑の森の中で、今日の森を感じることができました。
 
 

もやかき

ビンゴの後は、「もやかき」をしました。
もやかき?  伐採した切り株から萌芽した枝を整理します。
今回は、クヌギとお社の森のアカガシの2本を行いました。
もやわけ2- コピー.jpgもやわけ - コピー.jpg
 
                                                
このまま、太い枝になってやがて幹となって、若返り成功となるよう見守りましょう。
 
先月、苗木を移植した場所も、苗木の生長の妨げになるようなササや樹木を整理しました。こちらも順調に根付いています。大きくなあれ
 

下草刈り

どんぐり広場の下草刈りも行いました。
でも、雨がかなり降ってきました。雨粒が大きい。
にもかかわらず、皆さん黙々と鎌を振るう・・・すごいなあ感動です。
ササと闘っているようでした
確かに目前に広がるササには挑みたくなります(笑)
_MG_3400 - コピー.jpg
 
 
とは言っても、雨はやみそうもなく、これではお昼のお弁当も食べられません。
 
残念ながら、午前中で終了といたしました。
 
家に帰って着替えて、持って行ったおにぎりを家で食べていると、あら?雨やんだ?
よくあることです。
短時間でしたが、けっこう内容の濃い活動になったのではないかと。
 
まだまだササとの闘いは続く
 
 
 
 

Jul 6, 2020 10:03 PM

タシロランが咲いた!

2020年7月 2日

タシロランは、常緑樹林内に生える野生のランです。
このランは葉緑素を持たないため、茎も花も黄白色です。
根が菌と共生していて、菌から養分をもらって生きて
います。
 
タシロランは、準絶滅危惧種に指定されている希少種で、
毎年でるとは限らず、南野川ふれあいの森では、昨年は
見つかりませんでした。
画像をクリックすると拡大します。
 
タシロラン1.jpg
 
タシロラン2.jpg
 
タシロラン3.jpg
 
 
ネジバナ
これもランの仲間の植物です。
まっすぐ伸ばした花茎に、小さなピンクの花を
らせん状に付けます。
らせん状に花をつけるのは、たくさんの花を
つけるのに都合がいいからです。
ネジバナ1.jpg
 
ネジバナ2.jpg
 
ネジバナ拡大1.jpg
 花を拡大しました。
 
ネジバナ拡大2.jpg
花は花茎にらせん状につきます。
 
ムラサキシキブとオオムラサキシキブ
ムラサキシキブは、うす紫色の美しい花をつけます。
秋に熟す果実は紫色でよく目立ちます。
 
 ムラサキシキブ.jpg
 
ムラサキシキブ2.jpg
 
ムラサキシキブ・果実.jpg
2018-11-26  撮影
 
オオムラサキシキブはムラサキシキブの変種とされ、
花も葉もムラサキシキブより大型です。花は葉の
付け根にかたまってつきます。
本来は海岸近くに生育する樹木で、葉は少し堅い
です。
 
オオムラサキシキブ.jpg
 
オオムラサキシキブ・花の拡大.jpg
花の拡大です。
 
.オオムラサキシキブ・葉.jpg
葉も大型で20センチくらいあります。
 

Jul 2, 2020 01:02 PM

野鳥に勝った!

2020年6月11日

今の時期、完熟する木の実は種類が少ないためか、
ニワトコの実は野鳥に人気があります。
完熟すると、たちまち食べつくされ、花柄だけに
なってしまいます。
 
完熟したニワトコの実の撮影は、タイミングが
難しく、野鳥との競争になってしまいます。
しかし今年は勝った!
以下画像をクリックすると拡大します。
 
ニワトコ・果実.jpg
ニワトコの果実
 
ニワトコ花柄.jpg
花柄だけになったニワトコの枝
 
 ニワトコの花2020-3.jpg
ニワトコの花です(2020-3撮影)
 
ドクダミの花
ドクダミの花.jpg
白い花びら状の総苞片は4枚が原則ですが・・・
 
ドクダミ5弁.jpg
よく探せば5枚の花も見つかります。
 
ドクダミ3弁.jpg
総苞片が3枚の花です。
1枚欠落?あるいは遺伝子の関係?
原因は不明です。
 
ゴンズイの花
ゴンズイ花.jpg
 
ゴンズイ花拡大.jpg
秋には真っ赤な鞘を持つ実をつけます。
 
サイハイラン
サイハイラン2020-5.jpg
 
サイハイラン拡大.jpg
最近減少しています。
いずれ神奈川県でも準絶滅危惧種に仲間入り?
 
トウネズミモチの花
トウネズミモチ.jpg
 
トウネズミモチ・葉.jpg
葉は日にかざすと、葉脈が透けて見えます。
 

紅茶 de ブレイク

アオキの虫こぶ
アオキミフクレフシ.jpg
 
アオキミフクレフシ2.jpg
アオキの虫こぶは、アオキミフクレフシと呼ばれて
います。実の中にはアオキミタマバエの幼虫がいます。
虫こぶとなった実は、色がまだらであったり、いびつな
形をしています。

Jun 15, 2020 08:18 AM

やっぱり、みんなと一緒が楽しいね

2020年6月 8日

 3か月ぶりの定例活動

6月7日日曜日
2月の活動以来3か月ぶり、そしてはあもの活動として森の中ぜーんぶ歩けるようになったのは、昨年10月以来なので、なんと8か月ぶりでした。
天気予報では、曇りの予定が良いお天気になりました
 
久しぶりだったし、新コロナウイルスのこともあり、たくさん来_MG_3315-2.jpgのサムネール画像
てくれるか不安でしたが、子どもが9人、大人が14人、合わせて23人もの参加がありました。
いつものように、体操をして、「体じゃんけん」でマスク越しに笑顔が広がりました。
 
「はあもビンゴ」も久しぶり。
森の中までゆっくりぐるっと回って、白い花を見つけてにおいをかいだり、ルーペで見たり(←ドクダミ)、黄色い5弁花(←カタバミ)や落ちている赤い実(←ヤマザクラ)を探したりしました。あちらこちらに咲いていたのは、紫色の小さな、木の花、ムラサキシキブでした。葉の着き方を見たり、葉を触っったりして毛の多さを確認したりしました。
DSCN0895-2 - ムラサキシキブ.jpg作業は、①コナラの移植 ②草刈り ③ごみ拾いです。
①どんぐり広場のササの中から、コナラの赤ちゃんを救出し、倒木でぽっかり陽だまりができた場所へ植え付けました。大きくなってほしいです。
_MG_3333-2.jpg_MG_3339-2-コナラの移植完了.jpg
 
②草刈りは、出会いの広場、どんぐり広場、畑沿いの道を行いました。
草もササも、まあどうしよう!というくらい森のここかしこ伸びていて、途方にくれました。_MG_3340-2.jpg
しかし救世主登場。先週とこの日2週にわたってご近所の若い男性二人が、森の中の道沿いをきれいに草払機で刈って下さいました。これがなければ、草刈りもこの日だけではこんなにはかどりませんでした。
それに、いつも自宅から草払機を担いできてくれるTさんのおかげで、畑沿いの道もきれいになりました!!!_MG_3350-2.jpg
ありがとうございます
 
③ごみ拾いは、こどもたち。でもありがたいことに、あまり落ちていなかったので、隅々まで探して拾いました。
 
日差しは暑かったですが、森を抜ける風は爽やかで、作業もここちよい汗をかきました。
 
何と言っても、またみんなでこの森で、楽しく活動ができたことが本当にうれしく楽しく幸せでした。
森では、アオゲラの声が響き渡り、いろいろな蝶々も飛び回っていましたよ。
まだまだ、下草刈りを頑張らねばなりませんが、やっぱりみんなと一緒でやるのが楽しいね

Jun 8, 2020 10:46 PM

6月活動日です。

2020年6月 7日

 7日(日)活動再開します。

3月から3か月定例活動はお休みしましたが、6月7日(日)再開します。
 
ただし、まだ新コロナウイルスの感染はおさまっていませんので、次にあげることをご理解の上、参加される方一人ひとりが気を付けてください。
  1. 当日、体調がすぐれない方、平熱より体温が高い方は、参加を見合わせてください。
  2. 森には、手を洗える水場はありません。お手拭き、アルコール消毒液、など感染を防ぐための備品は各自ご用意ください。
  3. 作業をするとき以外は、マスクを着用してください。
  4. 活動中は、人との距離を概ね2m以上あけるように意識してください。昼食時も、この距離は守ってください。
  5. 終了時間は、通常より早くします。(午後2時ごろ)
 
森は、お休みしている間に見晴台や境界柵が新品になったり、管理用駐車場ができたり、倒木の処理で様子がだいぶ変わりました。
ですので、「はあもビンゴ」では違った様子の森を探検し、9つのお題をクリアしてもらいます
 
作業は、いろいろやりたいところですが、
①どんぐり広場からコナラの赤ちゃんを掘り出して、木漏れ日広場へ植え付けます。
②勢い良く伸びているササなどの下草を刈ります。
 
頑張りましょう。
 
 
いつものように、10時から始めますので9時45分にはお集まりください。
長袖、長ズボン、帽子、マスク着用。虫も元気な季節になりましたので、虫除け対策も忘れずに。
持ち物は、飲みもの、軍手、ごみ袋、お弁当、汗ふきタオル、
加えて、植え付けに必要なお水(ひとり500ml)と移植ごて(小さいスコップ)
 
暑くなってきましたね。熱中症対策も各自怠りなく!
 
久しぶりに、森で皆さんとお会いできると思うと、うれしくてタマリマセン
 

 

Jun 2, 2020 03:44 PM

今年の予定

2020年6月 1日

 今年の活動始めます。

今年の春は、始まるというウキウキした気持ちもなく、早かったような長かったような、どこか普段の生活に上から蓋をされたようなそんな気持ちで過ごしました。
 
振り返ってみれば、昨年の台風15,19号で高木が数本倒れたり、大枝が折れたりして、森の中へは立ち入りが禁止され、ようやくその処理の工事が終わり全面森に入れるようになったのが今年3月でした。
さあ、4月からはこれをしようあれをしようと、活動予定も固まったところへ、COVD-19の感染拡大。結局、3,4,5月と活動をお休みすることになりました。
 
それでも、森はいつものように動き出していました。
ウグイスカグラ、タチツボスミレ、ヤマザクラとおなじみの春の花が咲き、倒木や伐採などにより、日当たりがとてもよくなったところは、見る見るうちに草やササが茂り、クサイチゴは赤い実を着けました。
 
まだまだ、感染症の終息には時間が必要のようですが、できうる対策を各自がしっかり行って、6月7日から活動を再開したいと思います。
これからの予定は、サイトの「年間予定表」のところをクリックしてください。
 
自然から学ぶことはとてもたくさんあります。今回のウイルス禍についても、あまりにも人間だけの豊かな暮らしを追求し過ぎた結果とも言えるようです。
http://www.huffingtonpost.jp/entry/sustainable-coronavirus_jp_5ecde178c5b6ed2bae792204
参考に読んでみてください。
 
南野川ふれあいの森で、野川はあもができること、みんなの力でできることを、コツコツ楽しく、続けていきたいと思います。
よろしくお願いします。
DSC_2801.JPG
 
 

Jun 1, 2020 05:26 PM

7月活動日です。

2020年7月 5日

 5日が活動日です。

毎年感じますが、植物の伸びる勢いはすごいです。
たくさんの雨と、たくさんの日の光とでぐんぐん植物はエネルギーを作り出します。
 
森の下草もすごいです。
ということで、作業はもちろん下草刈りです。
熱中症対策を万全にして、蚊対策も万全にして、頑張りましょう。
終わったあとの達成感は、たまりません!
 
観察は、
夏の虫や草花を観察します。

Jun 1, 2020 04:48 PM
toTop