Home » ブログ 

ブログ

カシノナガキクイムシを探せ!

2020年10月 8日

 秋らしい森の中

10月4日日曜日、朝のうちはパラパラと雨が降ってきたりしましたが、一日曇りベースの穏やかなお天気でした。
参加はちょっと少な目、大人10人、子ども3人でしたが、大学生の初めてさんの参加があり、うれしいスタートです。
 
今日も、皆さんマスクをして、「はあもビンゴ」で観察です。
 
IMGP3661 (1).JPGIMGP3685 (1)w.JPGIMGP3672 (1).JPG
 
お茶の花が咲き始め、ジョロウグモは大きくなり、ニシキギは少し葉が赤く染まっています。ビンゴでは、種に注目し、風で飛ぶもの、体にくっついて運んでもらうもの、自ら転がるもの、などを見つけました。

カシノナガキクイムシを探せ!

IMGP3712w.JPG
先月、枯れているコナラが7本あったのですが、カシノナガキクイムシによるナラ枯れでした。カシノナガキクイムシが病原菌を幹内に持ち込み、中で育てるのです。木は身を守るために防御反応で、いろいろな代謝物を作るのですが、これが自らの道管も詰まらせてしまい、枯れてしまう…なんとも悲しい。
で、今回はそのカシノナガキクイムシを探してみようと。
 
 
 

[続きを読む]

Oct 8, 2020 09:47 PM

10月活動日です。

2020年10月 4日

 4日が活動日です。

森には、たくさんの枝が落ちています。
木は、自分で必要なくなった枝を落とすからね。
その落ち枝を拾ったり、倒れたりしている木を短く切ったりという作業を行います。
 
9月、森のコナラの木7本枯れているのがわかりました。
カシノナガキクイムシによるナラ枯れです。
そこで、10月は枯れたコナラからカシノナガキクイムシを探してみようと思います。小さな子ども達にもできる方法で、虫のありかをつきとめたい!
 
いっしょにやってみませんか。
 
朝10時から始めます。
作業以外はマスク着用で、お願いします。
軍手、飲み物、お弁当、ごみ袋、虫除けグッズ、筆記用具 お弁当を食べる時のシートなどお持ちください。
長袖長ズボン着用。黒っぽい服は避けてください。
 
万が一雨の時は、翌週11日になります。

Oct 2, 2020 10:35 PM

お天道様に感謝

2020年9月13日

 延期で今日13日が活動日でした。

第1日曜の6日は、天気予報などで雨と報じられ、早々に中止にしたのですが、
一向に雨は落ちて来ず、結局降らず。ア~やればよかったこれで、今日が雨だったらどうしようと思っていたのです。昨日までは、けっこう微妙な予報だったのですが、良かったです。強烈な暑さはなく、曇りがちの天気は、作業には最高でした。
 
それでもやはり人数は少なく、大人が8人の子どもが6人合わせて14人。参加してくれた皆さま、感謝です。
 

ゆっくりはあもビンゴ

観察会形式の観察は、見合わせています。今回も「はあもビンゴ」で森を探索です。ツクツクボウシやミンミンゼミに交じって秋の虫の声も聞こえる中、あちらこちらにミズヒキやツユクサの可憐な花が見られます。
IMGP3606w.JPG
IMGP3605w.JPG
-こちらは、ヌスビトハギの花と種。種の形はメガネのようです。
 
IMGP3617w.JPGのサムネール画像
IMGP3612.wJPG.JPG
サトキマダラヒカゲやコジャノメ、アカボシゴマダラ、クロアゲハなどチョウもたくさん飛んでいました。

ササは刈った後も強いのだ

夏中、皆さんの頑張りでどんぐり広場は、ササが刈られて足を踏み入れることができるようになりました。
刈ったササ、その場に積んでいたりしたのですが、緑色は抜けて枯れていますが、分解されず腐りません。これでは、地面に日が当たらないので、熊手や手で木の根元に移動させました。DSC_3077w.JPGのサムネール画像IMGP3642w.JPGのサムネール画像こんな感じです。
どんぐり広場では、伐採した木の根元から新しい枝が出てきたり、実生苗が育ってきたり、森の若返りに希望が持てる要素が見えてきています。
これからもササとの闘いは続きます。
 
 
 
 
ソーシャルディスタンスを取ってのランチタイム後は、どんぐり広場の残りの草刈りや、道沿いのササ刈などを行いました。
少し蒸しましたが、真夏に比べるととても楽でした。
おつかれさまでした

ちょっと困ったことに

希望の見えてきたところに気がかりなことが発生!!!
森の中のコナラの高木が、ざっと見ただけで7本枯れています。
根元には、たくさんのフラスが積もっています。
おそらくカシノナガキクイムシによるナラ枯れと思われます。
今夏、神奈川県内で多くの被害が出ているという情報を聞きました。
とうとう来たか、やはり来たか・・・
行政と連絡を取って、対処していかなければいけません。

Sep 13, 2020 08:49 PM

9月6日は、中止にいたします

2020年9月 6日

 雨が
 
残念ですが、これから降るようです。来週13日に延期にいたします。
 

Sep 6, 2020 07:55 AM

9月活動日です。

2020年9月 6日

 6日活動日です。

今年は、台風どうなのかな?
あまり大きいのは来てほしくないのだけれど・・・
 
倒木の処理や落ちた枝を拾ったり、という作業の予定でしたが、まだまだ下草が勢いがすごいです。草刈頑張りましょう。
 
観察は
感染症対策のため、観察会形式では行いません。
「はあもビンゴ」で、森の中を歩いてお題に沿ったものを探していきます。
 
そろそろスズメバチが凶暴になってきます。黒っぽい服装や匂いのするものは避けましょう。
 
持ち物は、軍手、飲み物、汗ふきタオル、虫除け対策グッズ、ごみ袋、筆記用具、お弁当などお持ちください。
 
作業時以外は、マスク着用で。暑いので、熱中症予防のため各自の判断でお願いします。
 
10時には始めます。2時には終了予定です。途中下車もありですよ。
雨の場合は翌週13日に延期になります。
 
森では秋が見つけられるかな?

Sep 5, 2020 02:04 PM

アブラゼミは珍しい蝉?

2020年9月 2日

アブラゼミ4.jpg アブラゼミ3.jpg  
 
私たちには、ありふれた蝉に見えるアブラゼミ、しかし
世界的には翅が透明でない蝉は、少ないそうです。
海外の昆虫マニアの中には、日本まで観に来る人も!
 
アブラゼミは、サクラやケヤキの木でよく見かけますが、
翅が保護色となっていて、意外と見つけづらいです。
東京周辺では、個体数が減少気味との報告もあります。
画像をクリックすると拡大します。
 
 
 アブラゼミ1.jpg
 
 アブラゼミ2.jpg
木肌に翅の模様が溶け込んでいます。
 

この時期、南野川ふれあいの森で見つけた花や

昆虫たち

 
トキワハゼ2.jpg
 
トキワハゼ.jpg
トキワハゼ
 
ハエドクソウ2.jpg
 
ハエドクソウ.jpg
ハエドクソウ
 
マンリョウ花 (2).jpg
 
マンリョウ花2.jpg
マンリョウの花
 
クロアゲハ.jpg
クロアゲハ
 
ムラサキシジミ ・拡大.jpg
ムラサキシジミ
 
コミスジ・拡大.jpg
 
コミスジ ⇒ 縄張りをパトロール中でした。
 
その他、アゲハチョウ、サトキマダラヒカゲ、
アカボシゴマダラ、スジグロシロチョウ、
ジャノメチョウ、ヤマトシジミ等を見かけました。
 

紅茶 de  ブレイク

ハイイロチョッキリが切り落としたドングリ付の小枝
 
ハイイロチョッキリ.jpg
 
ハイイロチョッキリ2 -.jpg
 
ハイイロチョッキリが卵を産んだ若いドングリは
見つかりますが、ハイイロチョッキリは
見つかりませんでした。
 
 
 
 

Sep 2, 2020 03:53 PM

気の毒な名前

2020年8月 3日

植物の名前は、人間の名前同様、余程のことが
ない限り、変更されることはありません。
人間が勝手につけた名前ですが、大変気の毒な
名前の植物があります(画像をクリックすると
拡大します)。
 
ビンボウカズラ
ビンボウカズラは、ヤブガラシの別名です。
つる植物で繁殖力が強く、放置すると植木などを
覆いつくし、枯らしてしまうこともあり、持ち主を
貧乏にするといわれています。
 
ビンボウカズラ.jpg
オレンジ色の部分は、花盤という
花托が変化したもの。
 
ビンボウカズラ2.jpg
花弁は緑色で、開花後すぐに
落下します。
 
ヘクソカズラ
ヘクソカズラもつる植物で、花は白色で、
中心部が赤い可愛い花です。
名前の由来は、葉を揉んだり実をつぶすと、
臭いにおいがするので。
 
ヘクソカズラ1.jpg
 
ヘクソカズラ2.jpg
 
ヘクソカズラ3.jpg
花は釣り鐘状で、先が平開する。
花には白い粒状の細かい毛が密生している。
 
ハキダメギク
ハキダメギクは、白色の舌状花と黄色の
筒状花からなり、花径は1センチにも満たない
小さな花です。熱帯アメリカ原産で、日本では、
ハキダメ(ゴミ捨て場)で最初に見つかったので、
この名が付きました。
 
ハキダメギク1.jpgハキダメギク拡大2 -.jpg
花弁は切れ込みがあり、先端は浅く三つに分かれる。
繁殖力が強く、しばしば雑草化する。
 

今月のおまけ

ワルナスビ
北米原産の多年草で、枝先に淡紫色または
白色の花をつける。
葉柄や葉脈上に細くて鋭いトゲがあり、触ると
かなり痛い。
名前の由来は、繁殖力が強く、トゲもあり、始末の
悪い草だからです。
 
ワルナスビ.jpgワルナスビ2.jpg
 

紅茶 de ブレイク

ツユクサの自家受粉
 
ツユクサ2.jpg
白い糸状のめしべは長く伸びています。
 
ツユクサの自家受粉2.jpg
昆虫が来てくれないときはめしべと長い2本の
おしべはくるくると巻き上がり自家受粉します。
 
 
 
 

Aug 3, 2020 03:24 PM

作業日

2020年8月 2日

 8月2日作業日です。

8月はいつもの活動はお休みです。
が、
作業のみ行います。
 
お時間のある方
汗をかきたい方
達成感を味わい方
 
よろしくお願いいたします。
 
9時ごろから11時過ぎまでの予定です。
主にどんぐり広場のササ刈です。
 
長袖長ズボンの汚れてもよい服装で。
飲み物、軍手、汗ふきタオル、虫除けグッズなどお忘れなく。
 
新コロナウイルスの予防対策も各自でお願いします。
無理はしないでね。
楽しくやりましょう!
 
雨の場合は中止といたします。
 
 

Jul 29, 2020 09:33 PM

汗かいたっ! 

2020年7月25日

 作業日でした

7月24日4連休の真ん中
とはいえ、新コロナウイルスで遊びに行こうという気もあまり起きず
野川はあもの有志8人は、森で下草刈りに奮闘したのでした。
 
今年は長い梅雨ですが、幸運にも雨には降られず日差しもなく、作業するにはまずまずのお天気です。
 
しかし、ササは勢い良く伸びてます
午前9時から、鎌を手に持ちどんぐり広場で作業開始です。
DSC_2978.JPG10分の作業でもう汗がぽたぽた、雨でぬれているササで、ズボンもシャツもしっとり(*_*;
 DSC_2983-w.jpg70㎝ほどあるアズマネザサを刈っていると、あちこちにコナラの実生苗が現れます。(赤丸のところ)この小さな苗を、周囲のササを刈って、日があたるようにして、なんとなく救出したような気分になるのが快感です。(これって私だけ?)たまに誤って、ササと一緒に刈ってしまうこともあるのですが、どんぐりから芽生えた小さな命が、いつかこの森の主役級に育ってくれたらなあと願ってしまうのです。
 
約2時間みんなで黙々とやった甲斐があり、広い面積を刈ることができました。DSC_2986.JPG
_20200725_112824.JPGアカボシゴマダラやカナブンが、コナラの樹液を吸ってました。
作業も終わり、すっきりした気分で森を後にしました。

Jul 25, 2020 04:44 PM

雨にも負けず

2020年7月 6日

 梅雨真っただ中の7月活動日

7月5日日曜日
午後から降られちゃうかなあ?と思いながらも、太陽が出て暑いよりも涼しくていいかも、と森へ出かけました。
森へ着くと、どんぐり広場のササの伸び具合に驚愕
まあ夏だからね、日当たりいいしね…頑張りましょ!
人数がいれば、作業も進む。
そうです、今回も参加は20人とたくさん来てくれました。そのうちの8人は子どもたち。元気いっぱいの子どもたちのエネルギーをもらえたよ。
 
_MG_3375 - コピー.jpg
体操をしている頃、ぽつぽつ雨が
通り雨かな
 
それほど気にするほどではなかったので、
続行です。
 

ビンゴで観察

マスクをしながら、人との距離を保って、ということで今回も観察は、「はあもビンゴ」をしながら、一人ひとりお題を解きながら、森を歩きました。
ツユクサ - コピー.jpgのサムネール画像
「青い花」と言えば、この季節ツユクサですが、じっくり見ると意外と知らない花弁の数(実は3枚)おしべやめしべ、どれがどれ?
 
ツル植物の体の支え方の違いを見たり
 
「葉のゆりかご」を探したり
 
ハエドクソウ1 - コピー.jpgのサムネール画像
 
「白い花」ヒメジオン、ハエドクソウ、ヌスビトハギ、などなどを見つけたりする合間に、
「目を閉じて耳を澄ます」
「空を見上げて深呼吸」
など、緑の森の中で、今日の森を感じることができました。
 
 

もやかき

ビンゴの後は、「もやかき」をしました。
もやかき?  伐採した切り株から萌芽した枝を整理します。
今回は、クヌギとお社の森のアカガシの2本を行いました。
もやわけ2- コピー.jpgもやわけ - コピー.jpg
 
                                                
このまま、太い枝になってやがて幹となって、若返り成功となるよう見守りましょう。
 
先月、苗木を移植した場所も、苗木の生長の妨げになるようなササや樹木を整理しました。こちらも順調に根付いています。大きくなあれ
 

下草刈り

どんぐり広場の下草刈りも行いました。
でも、雨がかなり降ってきました。雨粒が大きい。
にもかかわらず、皆さん黙々と鎌を振るう・・・すごいなあ感動です。
ササと闘っているようでした
確かに目前に広がるササには挑みたくなります(笑)
_MG_3400 - コピー.jpg
 
 
とは言っても、雨はやみそうもなく、これではお昼のお弁当も食べられません。
 
残念ながら、午前中で終了といたしました。
 
家に帰って着替えて、持って行ったおにぎりを家で食べていると、あら?雨やんだ?
よくあることです。
短時間でしたが、けっこう内容の濃い活動になったのではないかと。
 
まだまだササとの闘いは続く
 
 
 
 

Jul 6, 2020 10:03 PM
toTop