Home » ブログ 

ブログ

はあも初め2021

2021年1月12日

 始まりました2021年

1月10日日曜日、天気予報では朝は氷点下、日中も一桁台の気温とのことで、厚めの靴下でお気に入りの、あったかもこもこトレーナーを着こみ、ふれあいの森へ。
青い空を背景に、葉を落とした木々の梢が寒そうです。
風がないせいか、想像していたほどの寒さはなく、元気に活動できそうです。
大人10人、子ども4人が集まりました。
 
朝のあいさつの後、恒例となった初詣を行いました。
DSC_0250.JPG
 
まずは、活動中の安全祈願
そして、やはり新コロナウイルス感染の終息を願わずにはいられません。
 
人も含めこの森が、健やかなる一年を過ごせるよう祈願しました。
 
お社の森のヤブツバキが、日当たりが良くなったせいか、とても多くの花をつけていました。
DSC_0234.JPG
 
 

 
 
 お参り後は、ストレッチをして、「ふれあいの森でのおやくそく」をみんなで読んで確認しました。
 
そして今年最初の「はあもビンゴ」に挑戦です。
  1. 木から出ているキノコ
  2. クヌギの落ち葉を拾う
  3. 赤い花
  4. 鳥の声を聞く
  5. 赤い色の冬芽ふたつ
  6. ゴンズイの葉痕
  7. 枝から枝へ飛ぶ鳥の様子を見る
  8. 赤い実
  9. 深呼吸をして森のにおいを感じよう
9つのお題、皆さんクリアできたようです。冬芽と葉痕は、この季節注目のアイテムです。他の樹木も観察してみましょう。
 

作業は落ち葉掻き…じゃなかった

どんぐり広場の落ち葉掻きをするために、剪定枝やササ刈をして乾いた枝葉を拾って一か所に移動。そのあと熊手を持って……という予定でしたが、コナラやクヌギの高さ30㎝から50㎝といったかわいい苗木がたくさん生えていて、しかも葉を落としているので、よく見ないとわからない・・・・・このまま落ち葉掻きをしたらと思い、急きょ落ち葉掻きはやめ
DSC_0258.JPG
 
 
森の大規模な伐採が行われてから、気になっていた木漏れ日広場におかれている丸太の山。この丸太を使って、道の脇の柵代わりに利用しようという作戦に変更です。
 
しかしこれが、なかなかの重労働。丸太はまだまだけっこう重く、山から適当な太さと長さのの物を選び出し、道まで運ぶのに、マスクを着けながらでは息が上がりました。
DSC_0263.JPGDSC_0261.JPG少し丸太の山も低くなり、道もきれいになりました。
森には、ヤマガラ、メジロ、エナガ、シジュウカラ、ジョウビタキ、といったかわいい野鳥がにぎやかに梢を飛び回っていました。
 
今年も一年、活動が続けられますように。
雪をかぶった富士山にもお願いして、はあも初めの一日終了です。
今年もよろしくお願いします。
DSC_0254.JPG

Jan 12, 2021 05:32 PM

樹皮ウォッチング

2021年1月 2日

樹皮だけで樹木の種類を見分けることは、
専門家でない私たちには難しいことです。
 
しかし樹皮の他、樹形、葉、花、冬芽等を
併せて観察すれば、かなりの樹木を見分ける
ことが可能です。
 
今回は南野川ふれあいの森で、四季を通じて
見慣れている樹皮のうち、代表的なものを
紹介します(画像をクリックすると拡大します)。
 
 
 

クヌギ・コナラ・ハリギリ

この3種の樹皮は、成木や老木では見分けが
つかないほどよく似ています。
 
クヌギ
クヌギの樹皮 - 202012.jpg
 
クヌギの樹皮は、成木になるにつれ縦に
深く裂け、その断面は山形となり、ごつごつした
手触りになります。
 
コナラ
コナラの樹皮 - 202012.jpg
 
コナラは、樹皮の裂けた部分が黒っぽいので
樹皮は白黒のしま模様に見えます。老木になるに
つれ、クヌギに似てきます。
 
ハリギリ
ハリギリの樹皮 - 202012.jpg
 
 
若い枝や幹には、硬いトゲがありますが、
成木になるとトゲはなくなります。そして
コナラ同様、樹皮はクヌギに似てきます。
 
アオキ
アオキの樹皮 - 202012.jpg
 
若い幹は緑色をしており、幹や枝でも
光合成ができます。
 
ヤマザクラ
ヤマザクラの樹皮 - 202012.jpg ヤマザクラの幼木の樹皮 - 202012.jpg
 
成木の樹皮は、ほぼ滑らかで、横に皮目が
目立ちます。
若い木(画像右)の樹皮は光沢があり
美しいです。
 
エゴノキ
 エゴノキの樹皮 - 202012.jpg
 
樹皮の色は黒っぽく、縦に浅い裂け目が入ります。
成木になるにつれ、樹皮に凸凹が目立ちます。
 
ゴンズイ
ゴンズイの樹皮 - 202012.jpg
 
樹皮は黒地に白い縦の筋が入ります。
これが魚の「ゴンズイ」の模様に似ているので、
この名が付きました。
 
シロダモ
シロダモの樹皮 - 202012.jpg
樹皮は灰褐色で滑らかです。
皮目が目立ち、若い枝には褐色の毛が
生えています。
 
ヤブツバキ
ヤブツバキの樹皮 - 202012.jpg
樹皮は灰白色で、滑らかです。小さなこぶ状の
皮目が見られます。
緑色の地衣類が付着している木もあります。
 
シュロ
シュロの樹皮 - 202012.jpg
樹皮は暗褐色の繊維で包まれていて、
幹が毛皮で包まれているように見えます。
この繊維は水に強く、シュロ縄などに利用
されます。
 

Jan 2, 2021 04:25 PM

黄金色の森で

2020年12月23日

 穏やかな活動日

12月13日日曜日 今年最後の活動日でした。
晴天に恵まれ、風もなく、師走とは思えないほどの穏やかな日となりました。
参加は、大人9人子ども5人と少なかったですが、初めての参加者もあり、
加えて、野川社会福祉協議会の方々が見学にいらしたので、
にぎやかなスタートとなりました。
森は、冬の低い日差しに、
コナラを中心に黄金色に変わった木々がまぶしくとてもきれいでした。DSC_0121 (480x640).jpg
 

木の拓本

 いつもの「はあもビンゴ」ではなく、今回は樹皮に注目して木の拓本を取ってみました。拓本と言っても、樹皮に半紙を添わせてクレヨンで写し取りました。
クレヨンでは、違いが今一つはっきりしませんでしたが、いつもはあまり気にしていない樹皮の凸凹や色、肌触りなどしっかり観察できました。
落ち葉を同じよう写し取ったら、こちらは葉脈がきれいに出ました。
DSC_0136 (640x480).jpg
DSC_0137 (640x480).jpg

 作業は下草刈り

師走になっても、まだ下草刈りです。
倉庫の裏や、「野草を楽しむ散策路」、「未開の地」を行いました。
堅くなったササ刈はなかなか大変でしたが、頑張りました。
 
子どもたちは、木に張り付いたキヅタを取ってもらいました。キヅタは、そのままにしておくと、巻きつかれた木はだんだん衰えてきますので、今のうちに。
取ったツルで、リースを作りました。森の中のセンリョウやヒヨドリジョウゴの黄色や赤の実を上手くあしらい、素敵なリースができました。
DSC_0145 (480x640).jpg IMG_9863 (480x640).jpgのサムネール画像
 
今年は、思いもよらない感染症の流行で、はあもの活動も6月からとなり、再開後もいつものような活動とはいきませんでした。
それでも、メンバーみんなでできることをやってきました。無事に今年の活動を終えられたことに感謝したいと思います。
 
コマうちした榾木から収穫!
IMG_9857 (480x640).jpgIMG_9858 (480x640).jpg

Dec 24, 2020 03:20 PM

12月活動日です。

2020年12月13日

 13日が活動日です。

12月は第2日曜日ですので、お間違えの無いように。
今年最後の活動日です。
 
今まで森の中にかけていた巣箱が、何者かにかじられてしまい使えなくなってしまったので、新しく作り直します。居心地の良い巣箱ができるよう、頑張ろう!
と、言う予定でしたが、巣箱作りはお互いの距離を保つのがムズカシイということで、残念ながらお預けとします。
 
観察は、樹皮。木の幹の肌って、よく見たことある?さわり心地は?
と言うことで、木の拓本を取ります。
どんなになるかな?
 
作業は、野草を楽しむ散策路の手入れをします。
 
10時からはじめます。
軍手、ゴミ袋、飲み物、お弁当、マスクなどお忘れないように。
体調の悪い方は、参加を見合わせてくだ
 さい。
 
今年最後の活動日、お待ちしています。気持ち良さ
 

Dec 11, 2020 11:21 PM

ヤツデの花の不思議

2020年11月30日

桜や梅は、1個の花におしべとめしべがあります。
シロダモは雄花と雌花の咲く株が別々です。
 
ヤツデはどうでしょうか?
ヤツデは1個の花で先ずおしべが発達し、
おしべが枯れると、同じ花にめしべが出て成熟
します。
 
おしべとめしべの成熟する時期をずらすことで、
 自家受粉を避けているのです。
ヤツデの蜜は、糖度が非常に高く、約50度あると
いわれています(完熟のバナナでも糖度は23度位
です)。
花の少ないこの時期、ハエやアブには貴重な食糧に
なります。
画像をクリックすると拡大します。
 
ヤツデの花(つぼみ)2011.jpg
ヤツデの花の蕾が開きかけています。
 
ヤツデの花2011-2.jpg
つぼみが開くとこのようになります。
 
ヤツデの雄花2011.jpg
ヤツデの雄花です。おしべがめだちます。
 
ヤツデの雌花2011.jpg
ヤツデの雌花です。おしべは枯れ落ち、
無くなっています。
 

この時期見つけたいろいろな植物

シロダモ
上述の如く雄株と雌株があり、それぞれ雄花と
雌花を咲かせます。
なおシロダモは、花の咲く1年後に果実がなるため、
花と果実を同時に楽しむことができます。
 
シロダモ雄花2011.jpg
シロダモの雄花です。
 
シロダモ雌花2011.jpg
シロダモの雌花です。
 
シロダモ・実2011.jpg
シロダモの果実です。
 
オオムラサキシキブ
オオムラサキシキブはムラサキシキブの
変種といわれています。
ムラサキシキブに比べ、果実も沢山つき、
果実や葉は少し大きいように見えます。
 
オオムラサキシキブ2011-2.jpg
 
 
オオムラサキシキブ2011.jpg
オオムラサキシキブの果実です。
 
ムラサキシキブ2011.jpg
ムラサキシキブの果実です。オオムラサキシキブより
果実は小粒で少しまばらにつきます。
 
ニシキギ
種子が仮種皮と呼ばれる薄い朱赤の果皮に
包まれています。
 
ニシキギ種子2011^2.jpg
 
コセンダングサ
果実(痩果)の先端にはトゲがあり、触ると
チクチクします。
このトゲは刺さるとなかなか抜けません。
花は11月下旬でもまだ咲いています。
 コセンダングサの果実2011.jpg
コセンダングサの果実です。
 
コセンダングサ・花2011.jpg
コセンダングサの花です。
 
ケヤキの着果短枝
ケヤキの果実は、一本の木に10万~20万個も
できるといわれていますが、数えたことはありません。
ケヤキには普通の葉の他、葉と果実がつく小枝が
あり着果短枝と呼ばれています。
強い風が吹くと果実は小枝ごと飛んでいきます。
 
ケヤキの葉2種2011.jpg
 
ケヤキの着果短枝2011.jpg
 

Nov 30, 2020 01:28 PM

穏やかに、鮮やかに、秋が深まって。

2020年11月 4日

 11月の活動日

11月に入りました。1日の日曜日、天気は晴れ時々曇り、風はありません。
集まったのは、大人が10人子どもが4人。
※写真をクリックすると拡大します。
 
今回新調した幟を森の入り口の畑のところに立てさせていただきました。
DSC_0057~2.JPG 
 
森のあちらこちらで、秋を感じられた日でした。
「はあもビンゴ」では、さまざまな色に注目しました。
IMGP3747-w.JPG
IMGP3761-w.JPGジョロウグモ                     ムラサキシキブ
 
     ホトトギス
IMGP3759-w.JPG紫、赤、白、黄色・・・様々な花や実など森では、秋が深まっていました。
茶の白い花、コウヤボウキのはかなげな花、ツワブキの目が覚めるような黄色の花も咲き始めていました。
 
          クサギ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
はあもビンゴの後は、「野草を楽しむ散策路」のエリアの手入れでした。
ササを刈ったり、ツルを除去したり、少人数でしたがきれいになったね。
                                                                
IMGP3806-w.JPG
IMGP3808-w.JPGIMGP3804-w.JPG

Nov 4, 2020 03:55 PM

木や草の実の行方は?

2020年11月 3日

木や草の実の種子は、いろいろな方法で散布
されますが、今回は南野川ふれあいの森で見られる
植物のうち、
動物や衣服に付着して散布されるタイプと、
動物に食べられて(体内を通過して)散布される
タイプの紹介です。
画像をクリックすると拡大します。
 
イノコズチ
 
イノコヅチ.jpg
 
クリップ状のトゲ(苞)が動物の毛や衣服に
絡まって散布されます。
 
チヂミザサ
 
チジミザサ2.jpg
 
ノギから粘液がでて、動物の毛や衣服に
付着して散布されます。ノギに触ると、
ネバネバしているのが分かります。
 
ミズヒキ
 
ミズヒキ.jpg
 
ミズヒキ2.jpg
 
めしべの花柱の先端が鉤状に発達して、
動物の毛や衣服に引っ掛かり散布されます。
 
ガマズミ
 
ガマズミ・実.jpgガマズミ・虫こぶ.jpg
 
赤く色づいた実は、鳥に食べられ、鳥の体内を
通過して、散布されます。
虫こぶ(画像右)となった実は白い短毛で
覆われています。(2019-10-27 撮影)
 
 
シロダモ
 
シロダモ・実.jpg
 
実はヒヨドリやツグミなどに食べられて
散布されます。
 
ヒヨドリジョウゴ
 
ヒヨドリジョウゴ.jpg
 
ヒヨドリジョウゴ・花.jpg
 
毒がありますが、ヒヨドリやジョウビタキに
食べられて散布されます。
 
ヤブツバキ
 
ヤブツバキ・実.jpg
 
ポトリと落ちる重力散布です。一部は
アカネズミなどにより、貯食されますが
食べ忘れられたものが発芽します。
 
ヤマノイモ
 
ヤマノイモ・種子.jpg
 
ヤマノイモ・ムカゴ.jpg
 
風散布の他、ムカゴでも増えます。
ムカゴによる発芽は風散布より確率は
高いようです。
 

紅茶 de ブレイク

ノブドウ
 
ノブドウ1.jpg
 
ノブドウ2.jpg
 
赤や青の実は、宝石のように美しいですが、
ノブドウミタマバエの幼虫が入っていることが
多いです。
実は熟すにつれ、白っぽくなります。

Nov 3, 2020 10:37 AM

カシノナガキクイムシを探せ!

2020年10月 8日

 秋らしい森の中

10月4日日曜日、朝のうちはパラパラと雨が降ってきたりしましたが、一日曇りベースの穏やかなお天気でした。
参加はちょっと少な目、大人10人、子ども3人でしたが、大学生の初めてさんの参加があり、うれしいスタートです。
 
今日も、皆さんマスクをして、「はあもビンゴ」で観察です。
 
IMGP3661 (1).JPGIMGP3685 (1)w.JPGIMGP3672 (1).JPG
 
お茶の花が咲き始め、ジョロウグモは大きくなり、ニシキギは少し葉が赤く染まっています。ビンゴでは、種に注目し、風で飛ぶもの、体にくっついて運んでもらうもの、自ら転がるもの、などを見つけました。

カシノナガキクイムシを探せ!

IMGP3712w.JPG
先月、枯れているコナラが7本あったのですが、カシノナガキクイムシによるナラ枯れでした。カシノナガキクイムシが病原菌を幹内に持ち込み、中で育てるのです。木は身を守るために防御反応で、いろいろな代謝物を作るのですが、これが自らの道管も詰まらせてしまい、枯れてしまう…なんとも悲しい。
で、今回はそのカシノナガキクイムシを探してみようと。
 
 
 

[続きを読む]

Oct 8, 2020 09:47 PM

10月活動日です。

2020年10月 4日

 4日が活動日です。

森には、たくさんの枝が落ちています。
木は、自分で必要なくなった枝を落とすからね。
その落ち枝を拾ったり、倒れたりしている木を短く切ったりという作業を行います。
 
9月、森のコナラの木7本枯れているのがわかりました。
カシノナガキクイムシによるナラ枯れです。
そこで、10月は枯れたコナラからカシノナガキクイムシを探してみようと思います。小さな子ども達にもできる方法で、虫のありかをつきとめたい!
 
いっしょにやってみませんか。
 
朝10時から始めます。
作業以外はマスク着用で、お願いします。
軍手、飲み物、お弁当、ごみ袋、虫除けグッズ、筆記用具 お弁当を食べる時のシートなどお持ちください。
長袖長ズボン着用。黒っぽい服は避けてください。
 
万が一雨の時は、翌週11日になります。

Oct 2, 2020 10:35 PM

お天道様に感謝

2020年9月13日

 延期で今日13日が活動日でした。

第1日曜の6日は、天気予報などで雨と報じられ、早々に中止にしたのですが、
一向に雨は落ちて来ず、結局降らず。ア~やればよかったこれで、今日が雨だったらどうしようと思っていたのです。昨日までは、けっこう微妙な予報だったのですが、良かったです。強烈な暑さはなく、曇りがちの天気は、作業には最高でした。
 
それでもやはり人数は少なく、大人が8人の子どもが6人合わせて14人。参加してくれた皆さま、感謝です。
 

ゆっくりはあもビンゴ

観察会形式の観察は、見合わせています。今回も「はあもビンゴ」で森を探索です。ツクツクボウシやミンミンゼミに交じって秋の虫の声も聞こえる中、あちらこちらにミズヒキやツユクサの可憐な花が見られます。
IMGP3606w.JPG
IMGP3605w.JPG
-こちらは、ヌスビトハギの花と種。種の形はメガネのようです。
 
IMGP3617w.JPGのサムネール画像
IMGP3612.wJPG.JPG
サトキマダラヒカゲやコジャノメ、アカボシゴマダラ、クロアゲハなどチョウもたくさん飛んでいました。

ササは刈った後も強いのだ

夏中、皆さんの頑張りでどんぐり広場は、ササが刈られて足を踏み入れることができるようになりました。
刈ったササ、その場に積んでいたりしたのですが、緑色は抜けて枯れていますが、分解されず腐りません。これでは、地面に日が当たらないので、熊手や手で木の根元に移動させました。DSC_3077w.JPGのサムネール画像IMGP3642w.JPGのサムネール画像こんな感じです。
どんぐり広場では、伐採した木の根元から新しい枝が出てきたり、実生苗が育ってきたり、森の若返りに希望が持てる要素が見えてきています。
これからもササとの闘いは続きます。
 
 
 
 
ソーシャルディスタンスを取ってのランチタイム後は、どんぐり広場の残りの草刈りや、道沿いのササ刈などを行いました。
少し蒸しましたが、真夏に比べるととても楽でした。
おつかれさまでした

ちょっと困ったことに

希望の見えてきたところに気がかりなことが発生!!!
森の中のコナラの高木が、ざっと見ただけで7本枯れています。
根元には、たくさんのフラスが積もっています。
おそらくカシノナガキクイムシによるナラ枯れと思われます。
今夏、神奈川県内で多くの被害が出ているという情報を聞きました。
とうとう来たか、やはり来たか・・・
行政と連絡を取って、対処していかなければいけません。

Sep 13, 2020 08:49 PM
toTop