Home » ブログ 

ブログ

エゴノキの花が咲くころ

2017年5月21日

エゴノキの花.JPG
 
エゴノキの花2.JPG  エゴの花ロード.JPG
 
南野川ふれあいの森では、エゴノキの花が満開です。
花は白色で、下向きに咲きます。
甘い香りに誘われて見上げると、シャンデリアのような
花が鈴なりになっていました。
 
花は一日花ですが、次々と咲くので、いつまでも
咲いているように見えます。
花の落ちた地面は、白いカーペットを敷いたようです。
 
この時期に南野川ふれあいの森に咲く花を、紹介
します(画像をクリックすると拡大します)。
 
ウツギの花.JPG ウツギの花2.JPG
ウツギの花です。別名ウノハナといわれ、卯月
(旧暦4月)の頃に咲くことからこの名があります。
 
この花の咲く頃、田植えを行う地域では、田植え花
とも呼ばれています。
花色は白で、小さなハナアブの仲間が群がっていました。
 
ナワシロイチゴ.JPG ナワシロイチゴ3.JPG ナワシロイチゴ2.JPG 
ナワシロイチゴの花です。名前の由来は、イネの苗を
育てる頃(苗代)に花が咲くからです。
 
花びらは、全開せず、花の先端にめしべがまとまって顔を
覗かせます。右の写真は花びらが落下した後の様子です。
 
ゴンズイの花.JPG ゴンズイの花2.JPG
ゴンズイの花です。この花をじっくり見る機会は、
あまりないかも知れません。
 
花色は淡黄緑色で、直径1センチにも満たない花ですが、
大変可愛い花です。
 
ガマズミ1.JPG ノイバラ.JPG
ガマズミ(左)とノイバラ(右)の花です。
 
この時期に咲く花は、白い花が多いです。緑が濃くなると
白い色が受粉のためにやってくる昆虫にとっては、目立つ
色だからといわれています。
 
スイカズラ.JPG
スイカズラの花です。花は2個づつ咲きます。
 
花の色は白色ですが、受粉が終ると黄色に
変るため、白と黄色の2色の花が咲いている
ように見えます。
 
 
紅茶 de ブレイク
 
オドリコソウ.JPG オドリコソウ2.JPG
 
オドリコソウの花です(29-5-5 東高根森林公園にて)。
この花の姿が、花笠を被った踊り子が、大勢で踊っている
ように見えることから、この名がつきました。
 

May 21, 2017 11:00 PM

かわさきの森づくり 実践編

2017年7月22日

 「里山ボランティア育成講座」が行われます。

「かわさきの森づくり 実践編」の今年度第6回が、7月22日(土)9時半から12時まで、南野川ふれあいの森で行われます。
野川はあもと一緒に、森の整備をしませんか。
大人はもちろん、小中学生も一緒にどうぞ。
 
(公財)川崎市公園緑地協会主催のイベントですので、詳細、お問い合わせは
電話044-711-9931 までどうぞ。
 
 

May 20, 2017 04:06 PM

7月活動日

2017年7月 2日

 7月2日(日)は、活動日です。

夏の花とツル植物の観察
作業は下草刈です。
 
持ち物は、軍手、汗ふきタオル、飲み物、筆記用具、お弁当。
服装は、長袖長ズボン、帽子着用。虫除け対策も忘れずに。
 
 

May 20, 2017 03:48 PM

6月作業日

2017年6月17日

 6月17日(土)作業日です。

下草刈りを行います。
朝9時半から11時半ぐらいまでの予定です。
 
途中参加、途中退出、OKです。
汗ふきタオル、飲み物忘れずに。
 
雨の場合は中止です。

May 20, 2017 03:42 PM

6月活動日

2017年6月 4日

 6月4日日曜日が活動日です。

生き物探しゲーム やります。

大人と子どもペアでやります。
どんなゲームかな~?
 
作業は、下草刈り。
今年も始まります、大変な作業です。
でも達成感はひとしお がんばろう!!
 
10時に始められるように出会いの広場に来てください。
軍手、汗ふきタオル、飲み物、筆記用具、お弁当などおお持ちください。
 
雨の場合は11日に延期になります。
延期の場合は、ゲームではなく「梅雨時の花と、木の実草の実」の観察になります。

May 20, 2017 03:34 PM

森のエネルギーもらったよ!

2017年5月 8日

 みどりに包まれて

テントウムシ.jpg
ゴールデンウイーク最終日の7日。天気はうす曇り。
5月の活動日には、大人が15人、子どもが10人参加しました。
4月の柔らかな春の森から、緑いっぱいの生命力あふれる森に変わっていました。
 
 
朝には、近年この時期に渡りの途中によってくれるキビタキのさえずりやアオゲラ、シジュウカラ、コゲラの声も聞こえていました。
 
いつものように、準備体操。
上を向いてぐんと伸びると、若葉の緑が降ってきそうでした。
 
はあもビンゴでは、
目を皿にして、イモムシを見つけ、にょきにょき生えてるタケノコ黄色い花を3種類(6種類ぐらいあったけど)探し、上を見上げてはカラスの巣を探し、
サンショウの葉をもんで良い匂いに包まれて、森の中では深呼吸
赤い実(クサイチゴ)を見つけて味わい、シロダモの新葉をスリスリ
体全部を使って、森の中を探し回りました。
 
観察は「花と昆虫」をテーマでした。
観察中2.JPG
白い花を咲かせているミズキに大きな補虫網でごそごそ・・・・すると、背中に黄色いハートのついたエサキモンキツノカメムシがいました。
大人は嬉々として観察したのですが、あれ?子どもたちは?
クサイチゴの赤い実に夢中でした。やっぱり食べられるものがいいよね
作業は、看板づくりと柵作り。
看板作成中のサムネール画像小学生女子が、デザイン描画担当。立てるのはお父さんと小学生男子。きれいな色の看板ができました。森で見つけてね。
 
柵は、Mさん考案の侵入禁止柵が、男性陣の手で出来上がりました。
柵作りのサムネール画像みどりに包まれて、生き物のエネルギーを感じ、こちらもそのエネルギーをおすそ分けいただいたような楽しい活動日の一日となりました。

May 20, 2017 03:20 PM

5月活動日です。

2017年5月 7日

 5月活動日です。

ゴールデンウイーク最終日。7日が5月の活動日です。
 
観察は、「花と昆虫」
作業は、看板づくりと柵作り。
もちろんはあもビンゴもありますよ。
いちご狩りの予定ですが、まだちょっと実りには早いかも?
 
10時には始められるように来てください。
15分前から準備をしますので、早く来れる人は来てくださいね。
早く来ると、いつもよりたくさん鳥のさえずりを聞けたり、いいことありますよ。
 
軍手、ごみ袋、筆記用具、お弁当、飲み物、汗ふきタオルなど忘れずに。
今回、アクリル絵の具など使います。汚れてもよい服装で。
暑くても長袖長ズボン着用のこと。
 
森は、今が一番きれいな緑です。連休の最後、森でリフレッシュしましょう!お待ちしています。
 

May 17, 2017 02:15 PM

山笑う頃

2017年5月 1日

新緑の森.JPG
 
山笑うとは、俳句の春の季語です。
山の草木が一斉に芽吹き、(山が)明るい
感じになる様子をいいます。
 
南野川ふれあいの森でも、新しい生命が
生まれ、色々な草や木の花が咲き、一年で
最も華やかなシーズンを迎えました。
この時期の森で咲く、花や生きものの営みを
紹介します(画像をクリックすると拡大します)。
 
コナラの発芽.JPG  ハリギリの発芽.JPG
新しい生命の誕生(コナラハリギリ
発芽)です。
 
シャガ.JPG
シャガの花です。シャガはたねが出来ない
植物ですが、おしべもめしべもあります。
 
ジュウニヒトエ.JPG  キランソウ.JPG
ジュウニヒトエの花です。右はキランソウで、
同じ仲間の花です(キランソウは、東高根森林公園にて
撮影)。
 
タンポポとハナアブ?.JPG  クサイチゴとハナアブ.JPG
タンポポクサイチゴです。これらの花には、色々な
昆虫が花粉や蜜を求めてやってきます。
 
エゴツルクビオトシブミ.JPG    エゴツルクビオトシブミ2.JPG
エゴツルクビオトシブミが揺籃(ゆりかご)を作って
いました。
 
オトシブミ.JPG  オトシブミ2.JPG
エゴツルクビオトシブミが作った揺籃です。
この中に卵が入っています。卵から孵った
幼虫はこのゆりかごを作っていた葉を食べて、
成長します。
 
 
紅茶 de ブレイク
 
 イカリソウ.JPG
イカリソウの花です。名前の由来は、花の形が
錨に似ているからです(東高根森林公園にて)。
 

May 17, 2017 02:15 PM

里山観察会

2017年4月26日

 みどりのなかで

4月24日月曜日 野川老人いこいの家主催の里山観察会が行われました。
 
昨年に引き続き今年も春に開催です。
穏やかな春の日差しの中、13人の方が南野川ふれあいの森を歩きました。
森は、新しい葉っぱの緑でいっぱいです。
タンポポやハルノノゲシ、ジュウニヒトエやホウチャクソウなどたくさんの野草の花を観察したり、気もちよい肌触りのシロダモの新葉を触ったり、参加された皆さんは、体いっぱい森の空気を吸い込んで、楽しく半日を過ごされたようでした。観察会.JPG
 

May 17, 2017 02:14 PM

コナラの苗木を移植しました

2014年11月 3日

秋の一日、楽しかったよ

明け方まで降っていた雨も止み、青空が見えるころ、
11月の活動はスタートしました。
予定通りの第1日曜日2日に行うことができ、ほっとしました。
参加者は24名(うち子ども10名)でした。
 
南野川ふれあいの森も少しづつ秋色になって
きました。森のお隣の畑では、ブロッコリーが
大きく育っています。
 
準備体操をしてから、「秋の木の実や花とクモの
観察」を行いました。
 
木の実ではガマズミ、ムラサキシキブ、シロダモ、
花ではツワブキやホトトギスが目を楽しませて
くれました。
ジョロウグモは産卵を間近にひかえ、お腹が
パンパンになっていました。
 
ムラサキシキブの実1411.JPG
 
ツワブキ1411.JPG
 
ホトトギス1411.JPG
 
 ジョロウグモ・10.JPG
 
 
観察の後は、ドングリ広場を中心に、
強風で落ちた枝や折れた枝の整理を
行いました。
落ち葉掻きのシーズンを控え、これらの
枝の除去は、大切な作業です。
 
午後からは、ドングリ畑で育てた苗木を
堀取り、こもれび広場に移植しました。
掘り取った畑には、子どもたちが中心になって
ドングリを植え付けました。
 
なお苗木の一部は、11月7日から始まる
市民館での写真展の会場で頒布します。
 
その後、親子でドングリのコマを沢山作り
ました。これは12月の「風の子まつり」の
おまけに使います。
 
 
移植1411.JPG
親子でドングリの移植を行いました。
 
 
移植1411-2.JPG
力仕事はお父さん達にがんばって
もらいました。
 
ドングリのコマ1411.JPG
皆でドングリのコマを沢山作りました。
 
今回も盛りたくさんな一日でしたが、予定通り
午後3時には終了できました。
皆さんお疲れさまでした。

May 17, 2017 12:39 PM
toTop