Home » ブログ 

ブログ

なかなか難しい質問だったよ

2017年6月27日

 6月21日水曜日

川崎市立南野川小学校3年生6人が、南野川ふれあいの森に来てくれました。
「なぜたくさん木が植えてあるの?」「虫がいっぱいいるのはなぜ?」
「どうして森の管理人になったの?」
「どんなことを思いながら仕事をしてるの?」
そんな難問を携えてやってきてくれました。
でも、森に来たら次々と虫を見つけて、質問どころじゃなくなっちゃった場面も。
最後にはわかったこととして「みんなふれあいの森が好きなんだね」って言ってくれたのは、嬉しかったまた来てね
DSC_0051.JPGのサムネール画像sketch-1498189437869.jpgのサムネール画像

Jun 27, 2017 10:53 AM

7月活動日

2017年7月 2日

 7月2日(日)は、活動日です。

虫こぶと夏の花と実の観察
作業は下草刈と、幹折れしているエゴノキの伐採です。
 
持ち物は、軍手、汗ふきタオル、飲み物、筆記用具、お弁当。
服装は、長袖長ズボン、帽子着用。虫除け対策も忘れずに。
 
 

Jun 21, 2017 11:21 PM

木は強し!

2017年6月20日

 倒木処理

6月17日土曜日、作業日でした。
梅雨時の蒸し暑さはあまりなく、よし、頑張るぞ!
 
木漏れ日広場下側、胸高直径40センチ近くあるコナラが、根株腐朽のために倒木。
これを、80センチほどの長さの丸太に切断します。
邪魔にならないよう運びやすくし、倒木の腐朽のスピードを速めるためです。
 
なんだか、丸太切り競争みたいです
 
腐朽しているとはいえ、幹の7割ぐらいはしっかりしているので、手鋸で切るのは大変でした。約2時間、大汗かきながら木と向き合って処理しました。
翌日、案の定、筋肉痛です
 
 
 IMGP2365-w.JPG.JPG

Jun 20, 2017 12:52 PM

ドクダミの花の咲く頃

2017年6月16日

どくだみ壁紙.JPG
 
南野川ふれあいの森では、ドクダミの花が
満開です。群生している花は、グランドカバーにも
良さそうです。
 
白い花びらのようなものは、苞(総苞片・そうほうへん)
といって、つぼみや芽を保護する器官です。
花は1~3センチの花穂につき、おしべとめしべだけの
花びらのない花です。
 
苞の枚数は、通常4枚ですが、5枚、6枚、八重のものや、
苞の先端がサクラの花びらのように切れ込んだものも
あります(画像をクリックすると拡大します)。
 
ドクダミ5弁.JPG  ドクダミ6弁.JPG
 
ドクダミ八重.JPG  ドクダミ切れ込み2.JPG
 

最近この森で見つけた植物

クリの花序1.JPG
 
クリの雄花1.JPG  クリの雌花1.JPG
クリの花は雌雄同株で、ハナムグリやマメコガネの
仲間がよく来ます。
雄花の花序は10~15センチで、長いおしべが
沢山あります。
雌花は花序の基部につき、将来イガになる部分の
中に3個入っています。
 
オッタチカタバミ3.JPG  オッタチカタバミ1.JPG
オッタチカタバミです。帰化植物で、花の直径は
14ミリ、地上茎は立ち上がり、高さ50センチに
達することもあります。北米原産です。
 
カタバミ・花1.JPG
カタバミです。花の直径は8ミリ、茎は地を這って
広がります。
 
ニワトコの実1.JPG  ニワトコ 花時1.JPG
ニワトコの果実です。直径4~5ミリの赤い果実を
沢山つけます。
ツグミやムクドリの仲間が食べに来ます。花は4月に
咲きます(2017・4・10撮影)。
 
 

へ~知らなかった

ドクダミの薬効(虫刺され)
ドクダミはセンブリ、ゲンノショウコと共に3大民間薬
として有名です。
様々な薬効が昔から伝えられていますが、虫刺され
にも効果があり、葉の汁を虫に刺されたところに
塗りつければ、痒みがひくそうです。
 

Jun 16, 2017 07:25 PM

今年も下草刈り、頑張ります!

2017年6月 6日

 森は気持ちいいなあ。

6月4日(日)ここのところ夏日が続いていましたが、夏日一歩手前、梅雨入り前ということもあり、森はとても快適子どもが10人大人が11人集まりました。170604- (1).JPG
準備体操をしっかりして、活動スタートです。
本日の「はあもビンゴ」では、
白い花(これはドクダミを見つけた人が多かった)紫色の花(これはムラサキシキブ)虫の食べあと(けっこう葉っぱが食べられてた)、鳥の鳴き声(ウグイスやカラスほかにも・・)、風が運ぶ種をよく見る(ノゲシの種をルーペでみた)、ふわふわの紐みたいな白い花(ちょっと難問クリの雄花)、チョウ(モンシロチョウシジミチョウの仲間など)、緑色の実(ゴンズイエゴなどいろいろあった)、クモ(クモの巣)を見つけたよ。
170604- (10).JPG
 
 
  
 
 
 
 
ビンゴのあとは、ちょっとしたゲームで遊びました。
大人の背中に森の生き物の写真を張ります。大人はその生き物が何かわかりません。子どもたちに質問をして、自分が何の生き物かを当てるゲームです。
「動くことができますか」「何本脚がありますか」「何色ですか」
170604- (12).JPG
 

下草刈り楽しかった

今年最初の下草刈りなので、しっかり鎌の使い方を学びます。子どもたちも刃物を持つので、真剣に聞きました。
170604- (9).JPG
 どんぐり広場と出会いの広場の、主にササを刈ります。
170604- (13).JPG
    毎年、子どもたちには人気のない草刈りの作業ですが、今回は「意外と簡単だった」「楽しかった」という思いもかけない感想が出て、ちょっとびっくり 大人も負けずに頑張りました。
 

ススキバッタ

昼休みにTさんから、
バッタづくりを教わりました。Tさんの指は滑らかに動き、瞬く間にバッタが完成。教わる側は、何回も聞きながら四苦八苦で何とか完成しました。
DSC_0014-w.JPG                            

Jun 6, 2017 09:41 PM

かわさきの森づくり 実践編

2017年7月22日

 「里山ボランティア育成講座」が行われます。

「かわさきの森づくり 実践編」の今年度第6回が、7月22日(土)9時半から12時まで、南野川ふれあいの森で行われます。
野川はあもと一緒に、森の整備をしませんか。
大人はもちろん、小中学生も一緒にどうぞ。
 
(公財)川崎市公園緑地協会主催のイベントですので、詳細、お問い合わせは
電話044-711-6631 までどうぞ。
 
 

Jun 6, 2017 08:20 PM

エゴノキの花が咲くころ

2017年5月21日

エゴノキの花.JPG
 
エゴノキの花2.JPG  エゴの花ロード.JPG
 
南野川ふれあいの森では、エゴノキの花が満開です。
花は白色で、下向きに咲きます。
甘い香りに誘われて見上げると、シャンデリアのような
花が鈴なりになっていました。
 
花は一日花ですが、次々と咲くので、いつまでも
咲いているように見えます。
花の落ちた地面は、白いカーペットを敷いたようです。
 
この時期に南野川ふれあいの森に咲く花を、紹介
します(画像をクリックすると拡大します)。
 
ウツギの花.JPG ウツギの花2.JPG
ウツギの花です。別名ウノハナといわれ、卯月
(旧暦4月)の頃に咲くことからこの名があります。
 
この花の咲く頃、田植えを行う地域では、田植え花
とも呼ばれています。
花色は白で、小さなハナアブの仲間が群がっていました。
 
ナワシロイチゴ.JPG ナワシロイチゴ3.JPG ナワシロイチゴ2.JPG 
ナワシロイチゴの花です。名前の由来は、イネの苗を
育てる頃(苗代)に花が咲くからです。
 
花びらは、全開せず、花の先端にめしべがまとまって顔を
覗かせます。右の写真は花びらが落下した後の様子です。
 
ゴンズイの花.JPG ゴンズイの花2.JPG
ゴンズイの花です。この花をじっくり見る機会は、
あまりないかも知れません。
 
花色は淡黄緑色で、直径1センチにも満たない花ですが、
大変可愛い花です。
 
ガマズミ1.JPG ノイバラ.JPG
ガマズミ(左)とノイバラ(右)の花です。
 
この時期に咲く花は、白い花が多いです。緑が濃くなると
白い色が受粉のためにやってくる昆虫にとっては、目立つ
色だからといわれています。
 
スイカズラ.JPG
スイカズラの花です。花は2個づつ咲きます。
 
花の色は白色ですが、受粉が終ると黄色に
変るため、白と黄色の2色の花が咲いている
ように見えます。
 
 
紅茶 de ブレイク
 
オドリコソウ.JPG オドリコソウ2.JPG
 
オドリコソウの花です(29-5-5 東高根森林公園にて)。
この花の姿が、花笠を被った踊り子が、大勢で踊っている
ように見えることから、この名がつきました。
 

May 21, 2017 11:00 PM

6月作業日

2017年6月17日

 6月17日(土)作業日です。

下草刈りを行います。
朝9時半から11時半ぐらいまでの予定です。
 
途中参加、途中退出、OKです。
汗ふきタオル、飲み物忘れずに。
 
雨の場合は中止です。

May 20, 2017 03:42 PM

6月活動日

2017年6月 4日

 6月4日日曜日が活動日です。

生き物探しゲーム やります。

大人と子どもペアでやります。
どんなゲームかな~?
 
作業は、下草刈り。
今年も始まります、大変な作業です。
でも達成感はひとしお がんばろう!!
 
10時に始められるように出会いの広場に来てください。
軍手、汗ふきタオル、飲み物、筆記用具、お弁当などおお持ちください。
 
雨の場合は11日に延期になります。
延期の場合は、ゲームではなく「梅雨時の花と、木の実草の実」の観察になります。

May 20, 2017 03:34 PM

森のエネルギーもらったよ!

2017年5月 8日

 みどりに包まれて

テントウムシ.jpg
ゴールデンウイーク最終日の7日。天気はうす曇り。
5月の活動日には、大人が15人、子どもが10人参加しました。
4月の柔らかな春の森から、緑いっぱいの生命力あふれる森に変わっていました。
 
 
朝には、近年この時期に渡りの途中によってくれるキビタキのさえずりやアオゲラ、シジュウカラ、コゲラの声も聞こえていました。
 
いつものように、準備体操。
上を向いてぐんと伸びると、若葉の緑が降ってきそうでした。
 
はあもビンゴでは、
目を皿にして、イモムシを見つけ、にょきにょき生えてるタケノコ黄色い花を3種類(6種類ぐらいあったけど)探し、上を見上げてはカラスの巣を探し、
サンショウの葉をもんで良い匂いに包まれて、森の中では深呼吸
赤い実(クサイチゴ)を見つけて味わい、シロダモの新葉をスリスリ
体全部を使って、森の中を探し回りました。
 
観察は「花と昆虫」をテーマでした。
観察中2.JPG
白い花を咲かせているミズキに大きな補虫網でごそごそ・・・・すると、背中に黄色いハートのついたエサキモンキツノカメムシがいました。
大人は嬉々として観察したのですが、あれ?子どもたちは?
クサイチゴの赤い実に夢中でした。やっぱり食べられるものがいいよね
作業は、看板づくりと柵作り。
看板作成中のサムネール画像小学生女子が、デザイン描画担当。立てるのはお父さんと小学生男子。きれいな色の看板ができました。森で見つけてね。
 
柵は、Mさん考案の侵入禁止柵が、男性陣の手で出来上がりました。
柵作りのサムネール画像みどりに包まれて、生き物のエネルギーを感じ、こちらもそのエネルギーをおすそ分けいただいたような楽しい活動日の一日となりました。

May 20, 2017 03:20 PM
toTop