ブログ(はあものかつどう)

7月は5日です、下草刈りやります。

2009年7月 3日

7月5日が活動日です。いつものように出会いの広場に、10時集合です。草は、今ぐんぐん伸びています。ここでしっかり刈っておかないと、次回の作業が大変になります。頑張りましょう。
主に「野草を楽しむ散策路」の下のほうの道沿いのエリアを行う予定です。この場所は、いろんな種類が生えている場所ですので、今回は「ササ」だけ切るよう注意しましょうね。
お天気が雨の場合は、翌週12日です。

Mar 18, 2014 10:04 AM

夜の観察会を企画しました。

2009年7月 3日

夜の雑木林・・・・聞いただけでなんかワクワクドキドキ★
毎年企画はしているのですが、ここ2年ほど天候に恵まれず残念な思いをしています。今年こそ!今回は、メンバー以外の一般の方もご参加いただけます。
7月19日日曜日 夕方6時集合8時半ごろまで。南野川ふれあいの森のてんとう虫の掲示板のところに集合です。
持ち物は、懐中電灯(赤いランプは生き物を刺激しません。お持ちの方は持参下さい。)筆記用具、軍手、飲み物、タオル、保険料一人につき50円 、虫除けと虫さされの薬(観察に支障をきたすため蚊取り線香はご遠慮ください。)
服装は長袖・長ズボン・歩きやすい靴で。
夜ですので、小学生以下の子どもは必ず保護者同伴でご参加下さい。雨天の場合は、中止とさせていただきます。
申し込みは、7月12日までにホームページのお問い合わせメールから参加者全員のお名前と連絡先を記入して送ってください。お願いします。
お申し込みお待ちしています!

Mar 18, 2014 10:04 AM

達人!Mさん本領発揮!

2009年7月 3日

6月の活動日のご報告がまだでした。
6月7日、前の日の雨がうそのような強い日差し・・・でも森の中は作業をしていても、暑いというほどではなく快適なのです。
この日は、見晴台近くの背の高いコナラの倒木が、周りの木に引っかかったままになっている(これをかかり木といいます。)のを下ろしました。と、言葉ではかんたんですが、込み入った林のしかも斜面地ではなかなか手ごわい作業の一つです。しかし!野川はあもには頼りになる達人Mさんがいるのです。この日も、お手製の縄梯子を木に引っ掛け、かかり木の上に跨ったと思うや巧みなロープワークで不用意に木が落下しないように準備後、ぐらつく高い木の上で上半分のかかり木を切断したのでした。これを見ていた大人も子どもも拍手喝采。Mさんが、はあもにいてくれてよかった!感謝です。
午後はどんぐり広場の草刈りも、こちらは全員参加で頑張りました。

Mar 18, 2014 10:04 AM

6月の活動のお知らせ

2009年6月 6日

6月の第1日曜日は、7日です。予定では、見晴らし台の近くのコナラが倒れているので、その処理と下草刈りを行います。
そのほか、昨年観察した【わたしの木】の兄弟を今年は探すことになっていますので、その兄弟探しも行います。
そろそろ入梅の声が聞かれるのでしょうか。雨が降らないことを祈ります。
森の中は、虫たちが活発に活動しています。蚊や蜂といった人間にはちょっと困りものの虫たちも元気です。各自対策してお出かけください。でも、あまり気にしすぎると、美しい蝶や愛らしい形の虫たちも近寄ってこないので、ほどほどに。長袖、長ズボン、帽子、軍手の着用は身を守ってくれます。
では朝10時出会いの広場でお待ちしています。

Mar 18, 2014 10:04 AM

掲示板、堂々完成!

2009年5月11日

5月10日は、朝から「夏?」というほど日差しが強く、気温も高い日でした。
 掲示板の作業は、午前中に行いました。塗装、控え柱の設置、ロゴマークとプレートの作成と設置。中には、日頃のはあもの作業ではありえない細かい手先の作業もあり、暑さで少々だれ気味のところもありましたが、一人ひとりがんばって、できましたっ!早速、今年の予定表とふれあいの森の地図を掲示しました。みんなで記念撮影する予定だったのに・・・できたことで安心してしまったのかなあ、忘れてしまいました。デザインの原案作者のあきおくんには、賞状と森の手入れ道具の副賞が手渡され、あきおくんは「友だちに自慢するんだあ。」と。顔の部分は、あきおくんが筆を入れました。
 お昼休みにはイチゴ狩りに子どもたちは、熱中!お弁当も後回しにして、男の子チームと女の子チームで、どちらがたくさん取れるか競っていました。大きい熟したのは、たいがい虫の先客が入っていたようですね。でもたくさん取れました。ちなみに我が家では今朝ジャムにしてヨーグルトにかけて食べました。3人分で終っちゃったけど、おいしかった!
 お弁当の後は、草刈りです。笹を中心にどんぐり畑とお社の森を行いました。植樹した木も、切り株からの新芽も今のところ順調に成長しています。
 それから、これホントは内緒にしたいのですが、駒打ちしたホダ木からしいたけが出たんです。今年の秋からと思っていましたが、せっかちなのがもうニョキニョキ。秋が楽しみです。
 1日盛りだくさんでしたが、掲示板の完成、イチゴ、新メンバー、シイタケと嬉しいこと満載の5月の活動でした。

Mar 18, 2014 10:04 AM

キイチゴ狩りもしますよ~

2009年5月 9日

5月は、第1日曜日は連休中でしたので、第2日曜日の10日が活動日となります。天気も良く暑くなりそうですね。
いよいよ、掲示板が完成する予定です。あっと驚く掲示板の姿をこちらでもご紹介できると思います。お楽しみに!
あと少し、色塗りと控えの柱をつけたりという作業が残っています。引き続きのご協力お待ちしています。
4月は、モミジイチゴとクサイチゴの白い花がたくさん咲いていた、南野川ふれあいの森ですが、5月はもう実っているはず・・・あれだけ花が咲いていたのでと期待もふくらみます。果たしてジャムが作れるほど収穫なるか?これもお楽しみ。
そして、もう森は緑いっぱい。ということで、植樹をしたあたりの場所とどんぐり畑の草刈りも行います。どうぞ汚れてもかまわない服装でいらしてください。飲み物も忘れずに!

Mar 18, 2014 10:04 AM

ペンキ塗りやりました。

2009年4月30日

4月29日昭和の日は、ゴールデンウイークにもってこいのいい天気でした。南野川ふれあいの森には、掲示板の塗装作業にメンバー12人が集まりました。
まずは下地塗りをして、次は「足」6本と「触覚」2本の取り付けです。掲示板から、たちまち動き出しそうな(ちょっと言いすぎ?)かわいい虫の雰囲気になりました。この触覚がまた、最高です!これは完成の暁に全貌をお見せしたいと思います。
お弁当をはさんで、いよいよ色塗りです。色を決めるのには、みんなでいろいろ悩みましたが、結局デザインの発案者のあきおくんの意見を重視して、決めました。主に子どもたちが服や手を染めながら、がんばってくれました。後は最後の色塗りと目などを入れる作業が残りました。5月の完成が待ち遠しいです。
 森は今本当に新緑で美しく輝いています。お休みの日とあって、お散歩に訪れる人も多く、とても嬉しかったです。途中犬のお散歩にいらしたペンキ屋さん(?)のアドバイスも頂いて、助かりました。ありがとうございます。

Mar 18, 2014 10:04 AM

掲示板作業はつづく・・・

2009年4月25日

4月19日は、天候にも恵まれ、掲示板の作成にたくさんの方が参加してくれました。作成中の掲示板は、ある虫の姿をデザインしたものなので、当然直線部分は少なく、まっすぐな板材を、日頃のノコギリの腕前を発揮し、うまくアールに切ったりして、なかなか大変です。といっても肝心なところは、糸ノコとやすりを駆使したのですが。10時から始めた作業ですが、立ち上がったのは午後5時。皆さんお疲れ様でした。
さて、まだ立ち上がっただけで、今度は色を塗らなければなりません。次回は29日の10時からです。またまた、ご協力いただける方よろしくご参加ください。

Mar 18, 2014 10:04 AM

その後・・・&掲示板作成のお知らせ

2009年4月17日

3月に、どんぐり畑からお社の森手前の明るい場所にお引越しをしたどんぐりの苗木は、しっかりと根付いたようです。植えつけたすべての木が、若葉を展開し、大きく伸びようとしていました。それから、12月に萌芽更新を目的に伐採したコナラも、切り口の下から新しい枝を出していました。まずは一安心。でも、気がかりなのは日当たりです。見上げると、何本かの間伐により、空が広く見えていたところは、周りの背高ノッポの木の枝が四方から伸びてきて、思ったほど空が広くありません。これから周りの枝がもっと葉を広げると、新しい木や、芽を出した枝に、十分な日の光が当たるかどうかちょっと心配です。
森の中は、この季節とてもエネルギッシュ!です。いつもは植物が動く気配は感じないのですが、どんどん草丈を伸ばし、葉を広げ、瞬く間にみどりに変わっていく森にいると、生きる力を感じます。
 さて、19日の日曜日野川はあもの掲示板作りを、南野川ふれあいの森で行います。10時ごろから出会いの広場で行います。メンバーによるコンペで選ばれた楽しい掲示板ができる予定です。日曜大工の得意な方、お手伝い大歓迎です。シジュウカラさえずる新緑の下で一汗かきにいらっしゃいませんか。

Mar 18, 2014 10:04 AM

お花見日和

2009年4月16日

21年度は4月5日から始まりました。今年は開花が早くて、4月までもつかと危ぶまれていたソメイヨシノもちょうど満開。しかし、南野川ふれあいの森には、ソメイヨシノはありません。日本の里の春を知らせてくれるのはヤマザクラです。株立ちのヤマザクラが、森には数本あります。思わず抱きつきたくなる(?)ようながっしりした美しい幹肌の持ち主です。花は少し赤みががかった葉とともに開きます。森のヤマザクラは、大きくて、見上げなければ花は見えませんが、春風に時折花びらが舞う森は、本当にきれいです。桜ではありませんが、地上では同じバラ科のモミジイチゴとクサイチゴが、たくさん白い花を咲かせてていて、こちらの花見もいいものです。
そんなうきうきしてくる森の中を、大人と子どものペアで樹木探しを行いました。今まで見てきた樹木の復習みたいなもので、みんなオールクリアできたようです。
その後は、今年の計画を決める総会を行い、あとは和やかにお花見の宴となりました。

Mar 18, 2014 10:04 AM
toTop