ブログ(はあものかつどう)

8月の自主活動は中止しました。

2011年8月 1日

昨夜から小雨が断続的降る状況でしたので、自主活動は中止しました。作業が2ヶ月空くと、草も延び放題になると思います。お時間のある方は、個人的に草刈り等森の整備にご協力下さい。
森の中でヤブハギの実を見つけました。少しずつ秋の気配が感じられます。

Mar 18, 2014 10:04 AM

キノコニョキニョキ・・・汗たらたら

2008年9月 8日

9月7日日曜日、時折お日様が出て、下草刈りの作業には少々きつい蒸し暑さでした。午前中に、出会いの広場とどんぐり広場の下草刈りを行いました。毎年思いますが、7月に刈ってから、1ヶ月と少しでこんなにもぼうぼうとよく伸びるものです。汗をかきました。夏の間、たくさんの虫取り少年が訪れたためでしょうか、森の中の道を仕切る枝や丸太があちらこちらに散らばり、立ち枯れていた木が数本倒れて道をふさいだりしていたのを、手分けして直す作業も行いました。
午後からは、観察タイム。雨が良く降るこの頃、もうキノコの季節到来です。数ミリの傘を広げるホウライタケの仲間から直径24センチの巨大な傘を広げるカラカサタケの仲間、赤や黄色や紫の木材腐朽菌、などなど本当にたくさんのキノコを見ることができました。まさに千差万別の菌類の世界を、この1ヘクタール足らずの森でも実感したしだいです。
いつもの活動後、懇親会を行いました。森からお店へ移動するなり、稲光と雷鳴が!残暑払いならぬ、雷払いの宴会となりました。夏休み後のはあもの子どもたちは、とてもパワーアップしていて、下草刈りで、少々へばった大人を尻目に、終日とても元気でした。

Mar 18, 2014 10:04 AM

5日が活動日です。

2008年10月 1日

10月の活動日は、5日日曜日です。今度の作業は、こもれび広場へ降りる道のルートの見直しと、倒木の整理をしながら道の柵をきれいにする予定です。
観察は、クモとキノコです。先日でかけた南野川ふれあいの森の中は、「3歩歩くとクモの巣に引っかかる」といった具合。いったいどんなクモがどんな網を張っているのか、何を食べているのか、じっくり見てみようと思います。
また、9月には非常にたくさんのキノコを見ることができたので、今月もまた期待しています。どうやら今年はどの森でもキノコが豊作のようです。ここのところの雨続き、そして少し太陽の光が出れば、きっとまた新たなキノコが見つかるでしょう。
朝10時に南野川ふれあいの森へぜひお出かけください。

Mar 18, 2014 10:04 AM

さわやかに汗を流し、秋の訪れを実感

2008年10月 7日

5日は、暑くもなく寒くもなく、さわやかな風と数種の鳥のさえずりが聞こえる中でいつもの活動が始まりました。夏に引き続き、午前中に作業を行いました。いつも作業前には、`体操のお父さん‘のリードで、ストレッチや簡単なゲームをして体と頭をほぐします。今日はお父さんが欠席のため、`体操のお兄さん‘が先頭に立ってくれました。
作業は、倒木の処理と道の整備です。倒木は、背が高い木が多いので、4,5人が横に1列に並んで各自のこぎりを動かします。きっとチェーンソウでやれば、10分ほどで終ってしまう作業ですが、そこははあもが誇る若さとパワーで、1時間ほどの間に約7本処理しました。また、出会いの広場からこもれびの広場に通じる道は、今まで急勾配のヘアピンカーブで、きわめて危険でしたので、これをケーブルカーのようなジグザグ歩行のルートに変えました。
午後の観察では、秋の南野川ふれあいの森に欠かせないジョロウグモの巣をじっくり見ました。クモには迷惑ですが、噴霧器で巣に水滴をつけると、三重構造になっているのが良くわかります。
結実の季節いち早く美しい実を見せてくれたのは、ゴンズイ。ヨウシュヤマゴボウやホウチャクソウの実、そしてどんぐり広場の柿の実も色づいてきました。大きなクヌギのどんぐりも拾えました。
先月ほど目立つ大きなキノコはありませんでしたが、キツネノエフデと見られる不思議な形のキノコも発見。毎回、あらたな姿を見せてくれる森で、本当に気持ちのよい秋の1日を過ごすことができました。

Mar 18, 2014 10:04 AM

11月は実りの季節、2日が活動日です

2008年10月31日

ようやくここのところ「冷え込む」という言葉が出てくるようになりました。11月は2日が活動日となります。今回は、森の中の「実」をテーマに観察をしたいと思っています。木の実、草の実、実といっても、形や色や大きさはさまざまです。どんな実がいくつぐらい探せますか、お楽しみに。
作業は、シュロとヤツデの伐採を行います。どちらの木も、その実を野鳥が食べて、糞として落としてこの森に芽生えたもの・・あまり増えすぎると、雑木林にはちょっと困り者です。どちらも、常緑樹で日が少ししか当たらなくても、大きく成長し、他の植物の生育を妨げます。それに葉っぱが大きく、ちょっと南国を思わせる風情も、南野川ふれあいの森には不似合いかな?特徴的な木ですので、どの木かわからなくても、今回の作業ですぐに覚えられると思いますよ。
午後は、来月の野川こ文のお祭りで売るソーセージのおまけの品作りを行います。おまけが何かは、ここではまだ内緒にしておきましょう。
秋の1日ふれあいの森へぜひお出かけくださいませ。

Mar 18, 2014 10:04 AM

11月2日のはあもの活動

2008年11月 3日

朝方は少し涼しかったですが、元気に17名の親子が参加しました。
午前中はシュロの刈り取りと、観察会を行いました。シュロは鳥が種を運んでくるので、いたるところで芽を出し、森を占領しそうな勢いです。全員で刈り取りましたが、全てを刈ることはできませんでした。
その後行った観察会では、種の行方としての「ヒッツキ虫}といわれる、ヌスビトハギ、チヂミザサ、イノコヅチの種の衣服や動物へくっつく巧みな仕組みや、ドングリはコロコロ転がらない!理由などを観察しました。またホトトギス、ツワブキ、コウヤボウキ等、秋の花がきれいに咲いていました。
午前中の最後は、子供達が柿もぎをしました。柿は残念ながら、渋柿でしたが、干し柿の作り方を教わり、おみやげにしました。
午後は12月の「風の子まつり」に使う、ペンダントの材料として、木の枝を輪切りにしてドリルで穴をあける作業を行いました。子供達もガンバッテ合計100個の材料ができました。
今日も盛り沢山の内容でしたが、楽しい1日を過ごすことができました。
画像はクリックすると拡大します。

Mar 18, 2014 10:04 AM

黄金色の林と富士山

2008年12月10日

12月の活動は、7日に行いました。この冬一番の冷え込みの朝、空には雲ひとつありません。南野川ふれあいの森は、黄金色の季節を迎えていました。クヌギやコナラ、イヌシデ、エゴノキなど、ここの落葉樹はほとんどが黄色く色づきます。そこに冬のやわらかな太陽の光が射し込みます。そして、その林の向こうには雪をかぶった富士山がくっきりと望めました。
さて、この日は、まず樹木ウォッチング。ここで見慣れている樹木を、再度見直してみました。その後は、今回で3回目となる木の伐採を行いました。昨年は手ノコで大変な苦労をしての伐採でしたので、今年はチェーンソウを利用して行いました。午前中に5日の強風で幹が裂けてしまったコナラの処理。午後は、お社の森手前のところで、コナラを2本、合計3本の伐採を完工。高さ20メートル近くにもなった木を倒すのは、込み入った林の中では至難の業。しかしこれも、3回目となると悲壮感はなく、無駄な労力なしに知恵と技で乗り切りました。倒した木を短く切っていくのはもっぱら人力で、子どももおとなもがんばりました。

Mar 18, 2014 10:04 AM

炭焼きソーセージはいかが?

2008年12月10日

12月13日(土)14日(日)の2日間、野川こども文化センターのお祭り「風の子まつり」が開かれます。毎年、焼きそばなどの食べ物の売店やゲームコーナーなどが設けられ、にぎわいます。
野川はあもは、今年も炭焼きソーセージを14日に販売します。ながーい竹串に刺したソーセージを、セルフサービスで炭にかざして焼いてもらいます。この時期、炭火のそばはあったかく気持ちよいです。ぜひ、おでかけくださいませ。11時ごろからの販売となります。1本80フレンズ(フレンズとはこの日限り有効の金券です。20フレンズ=20円で当日換金できます)限定100本、南野川ふれあいの森の木で作ったちょっといい感じのペンダントがおまけにつきますよ。お待ちしています。

Mar 18, 2014 10:04 AM

風の子まつり

2008年12月15日

ソーセージのお店のお知らせをしましたが、日曜日は朝からあいにくの雨・・・したがって外での炭焼きソーセージは残念ながら今年は中止となりました。ごめんなさい。
でも風の子まつりは、子ども文化センターの建物の中や入り口で行われ、寒い天気が感じられないほど、たくさんの子どもたちで賑わいを見せていました。カレーライスに、ポップコーン、どれもおいしかったです!(^^)!
紙芝居のおじさんも来ていて、臨場感あふれる話術に感動でした!
また来年、はあものお店が出せたらいいなと思っています。

Mar 18, 2014 10:04 AM

一富士二鷹三なすび

2009年1月11日

今年最初の活動は、見晴らし台から一望出来る富士山で始まりました。観察会後、「落ち葉かきチーム」と、「丸太切りチーム」に分かれて作業しました。落ち葉かきチームは、熊手に枝が引っかかり、「ああ、もう!」を繰り返しつつスタート。道が落ち葉でうまるほどはけて早速ダイブ!もちろん、子供達だけでしたが・・・。一方丸太切りチームは、木を一本切り倒しましたが、それが「掛り木」になり一本橋状態に・・・子供達はマンションにしてあそんでいました。来月は一日の活動です。10時からですのでぜひきてください!

Mar 18, 2014 10:04 AM
toTop