ブログ(森でみつけたよ!)

1年に食べる虫は12万5千匹 大食漢のシジュウカラ  

2014年3月 8日

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2605U_R00C14A3000000/
 
シジュウカラのツツピーツツピーというさえずりが聞こえてくる季節です。
野鳥の観察は、耳を鍛えることだと、野鳥大好きな先輩に教わりました。
シジュウカラのいろいろな鳴き方に、注意してみたいと思います。

Mar 18, 2014 10:08 AM

早春の森で(その2)

2014年3月 8日

啓蟄も過ぎ、いよいよ3月も中旬に入ります。
今年は2月が寒かったためか、冬芽のほころびは
遅いですね。
しかし寒くても春の訪れを植物は敏感に感じていて、
南野川ふれあいの森も、これから賑やかになります。
(画像をクリックすると拡大します)
 
ヒイラギナンテン
 
ヒイラギナンテン1.JPG   ヒイラギナンテン2.JPG
 
この花は虫媒花ですが、自家受粉をします。
おしべを小枝の先などで突くと、めしべの方へ
おしべが動く様子が見られます(画像右)。
 
ウグイスカグラ 
 
ウグイスカグラ14.JPG
 
この花も乱開発等で、最近はあまり見かけなく
なってしまいました。
6月頃、赤くて透き通るような実をつけます。
この実は甘くて食べられます。
 
オオイヌノフグリ
 
オオイヌノフグリ14.JPG
 
ヨーロッパ原産の、帰化植物です。
ブルーの小花は、4枚の花びらがあるように
見えますが、花の根元はくっついています。
自家受粉も行うため繁殖力が強く、全国で
見られます。
 
ナズナ
 
ナズナ14.JPG
 
白い小さな花が、まとまって咲きます。
花には4枚の花びらがあり、ナノハナの
仲間です。
 
果実は三味線のバチに似ているので、
ペンペン草の別名があります。
 
紅茶 de ブレイク
 
ミノムシ14.JPG
 
これはミノムシです。野鳥に見つからず、
無事冬を過ごすことができました。
 

Mar 18, 2014 10:08 AM

早春の森で

2014年2月24日

雪の散策路.JPG
 
2月14日の残雪が、日陰ではまだたくさん
残る南野川ふれあいの森、しかし植物は
着実に春を感じているようです。
画像をクリックすると拡大します。
 
アオキの芽吹き.JPG
 
アオキが芽吹きました。この森では、多分
最も芽吹きが早い植物だと思います。
 
アオキは混芽といって、一つのつぼみの中に
花芽と葉芽が一緒に入っています。
 
ニワトコの芽吹き14.JPG
 
ニワトコも芽吹きが早いですね。
この植物も冬芽は混芽で、花のつぼみが
ギュットつまっている様子は、
ブロッコリーとそっくりです。
 
ハコベ14.JPG
 
このハコベは、白い花柱が3本ですので、
ミドリハコベですね。
花びらは5弁ですが、切れ込みが深く、
10弁花のように見えます。
 
 紅茶 de  ブレイク
 
ホソハリカメムシ.JPG
 
ホソハリカメムシの越冬個体です。

Mar 18, 2014 10:08 AM

寒さ対策バッチリ!冬芽いろいろ

2014年2月10日

2月8日に関東地方は、記録的な大雪に見舞われ、
都心でも積雪が26センチに達しました。
これは20年ぶりのことだそうです。
 
この寒さに、冬芽はどのような対策をしている
のでしょうか?
南野川ふれあいの森で見られる冬芽の一部を
紹介します(画像をクリックすると拡大します)。
 
冬芽にはさまざまなタイプがありますが、
大別すると鱗芽と裸芽に分けられます。
 
コナラの冬芽・鱗芽.JPG
 
コナラの冬芽で鱗芽です。
芽は幾重にも芽鱗で覆われています。
 
ヤマザクラの冬芽・鱗芽.JPG
 
ヤマザクラの冬芽で鱗芽です。
やはり芽鱗で覆われています。
 
ムラサキシキブの冬芽・裸芽.JPG
 
ムラサキシキブの冬芽です。
裸芽で二枚の葉が向き合っています。
細かい毛で覆われています。
 
アカメガシワの冬芽・裸芽.JPG
 
アカメガシワの冬芽です。
裸芽で細かい毛が密生し
ルーペで見ると葉脈のシワが見えます。
 
ニワトコの冬芽・混芽2.JPG
 
 ニワトコの冬芽で鱗芽です。
混芽といって、一つの芽の中に
花芽と葉芽の両方が入っています。
 
紅茶 de ブレイク
 
ドングリの発根・2.JPG   ドングリの発芽14.JPG
 
コナラのどんぐりが芽を出しました。
寒くても植物は春の到来を予知できるのですね。
 
芽は二本出ます。最初の芽は地中に潜り根になります。

Mar 18, 2014 10:08 AM

初詣

2014年1月31日

 旧正月に初詣

今日1月31日は、旧暦で元旦です。
それでというわけでもありませんが、
南野川ふれあいの森にあるお稲荷さんに、手を合わせて今年の活動の安全を祈念して参りました。
ヤブツバキが赤い花をつけていました。
今日は思わぬ暖かさですね。 ヤブツバキ咲くお稲荷さん
 
森のはずれにある河津桜が一輪開花していました。桜開花

Mar 18, 2014 10:08 AM

寒い朝

2014年1月24日

すっかり葉を落とし、シーンと静まり返った南野川ふれあいの森の朝は、
寂しい。
モノトーンの寒々とした木々の間から見える空は、
その青さがいっそう目立ちます。
画像をクリックすると拡大します。
 
冬の南野川ふれあいの森.JPG
 
北風にふるえているコナラの枝で、モズが一羽
じっとこちらを見ていました。
 
モズ.JPG
 
森のお隣にある畑では、ブロッコリーの葉に霜が
一面ついて、観葉植物のようでした。
 
霜のついたブロッコリーの葉.JPG
 
ヒメオドリコソウの葉も、一面霜がついていました。
 
霜のついたヒメオドリコソウの葉.JPG
 
森の散策路もたくさんの霜柱で、踏みつけると、
サクサクと乾いた音がしました。
 
霜柱・1.JPG   霜柱・2.JPG
 
紅茶 de ブレイク
 
野鳥に食べられた卵鞘.JPG
 
やられましたね!
野鳥に食べられたハラビロカマキリの卵鞘です。
食うか食われるかの自然の厳しさをここでも
見せつけられました。

Mar 18, 2014 10:08 AM

新春の南野川ふれあいの森

2014年1月10日

新しい年がスタートしました。今年も「野川はあも」を
よろしくお願いいたします。
 
富士山.JPG
 
南野川ふれあいの森から見る富士山です。
 
マンリョウの実
 
この森には、いたるところにマンリョウが生えて
います。
マンリョウはおめでたい植物として、お正月に
人気があります。
この森では、紅白のマンリョウを見ることができます。
 
 
万両・赤.JPG    万両・白.JPG
 
マンリョウの葉は、縁に小さなこぶ状の突起が沢山あります。
これは、葉瘘(ようりゅう)と呼ばれ、ちっ素化合物を作り出す
バクテリアを蓄えているとの説もあります。
皆さんはどう思われますか?
 
 万両・葉瘘.JPG
 
 
冠毛を持つ植物
 
左がツワブキ、右がコウヤボウキです。
これらの植物のたねは、タンポポやノゲシに比べると、
大きくて思いため、あまり遠くへ飛べません。
それでも少しでも遠くへ運んでもらいたくて、かなり強い
風が吹くまで飛ばないようがまんしています。
 
 
ツワブキの冠毛・14.JPG   コウヤボウキ・冠毛14.JPG
 
 
紅茶 de ブレイク
 
 開花寸前の白梅.JPG
 
森の入り口の白梅が、ひころび始めました。
寒くても、確実に春が近づいていることを、
実感しました。
 
画像をクリックすると拡大します。

Mar 18, 2014 10:08 AM

黒の魅惑、そしてヤツデ

2013年12月25日

前回のブログで、「赤い色は鳥の好む色」と説明しました。
しかし鳥の好む色は、黒(濃い紫や濃紺)の方が勝っている
かも知れません。
 
黒色系の果実は、紫外線を反射し、鳥はその反射光を
簡単に感知できるのです。
画像をクリックすると、拡大します。
 
イヌツゲ・実.JPG   ヤブラン・実.JPG
 
イヌツゲ(左)とヤブラン(右)の実です。
ヒヨドリやツグミのような、比較的大きな野鳥が好んで食べます。
 
イヌツゲは、雌雄異株で、雌株に実はなります。
ヤブランは、たねの表皮が色づいているのであって、果肉は
ありません。
 
 
ヤツデの花は、まず雄花が咲き、やがて花びらとおしべが落下
します。そして中性の時期を経てめしべが発達し、雌花へと
変化して行きます。
 
これは巧妙な自家受粉を避ける仕組みです。
 
ヤツデ・雄花13.JPG   ヤツデ・雌花13.JPG
 
左が雄花で右が雌花です。
 
雄花にはおしべが5本、花びらも5枚あります。
雌花の時期には、発達しためしべのみの花になります。
 
ヤツデとハエ13.JPG   盛んに蜜を出すお花.JPG
 
冬は昆虫の少ない時期ですが、この時期に活動する
ハエやハナアブなどが、蜜を求めてやって来ます。
 
蜜の糖度は、果物の2倍以上もあります。
右の画像の光っているのが蜜です。
 
紅茶 de ブレイク
 
        コナラ・紅葉1.JPG
 
     南野川ふれあいの森では、まだコナラが
      美しく色づいています。
 
         皆さま良いお年をお迎えください。

Mar 18, 2014 10:08 AM

12月の赤

2013年12月 9日

南野川ふれあいの森では、ややピークを過ぎましたが、まだまだ紅(黄)葉は美しいです。また木の実も完熟で真っ赤になり、運が良ければ小鳥たちが、夢中になって木の実をついばんでいる姿を、見ることができます。
赤い色は、鳥にとって目立つ色です。その為、たねの散布を鳥に依存する植物は、赤い色の実をつけるものが多いです(画像をクリックすると拡大します)。
 
赤い葉っぱ
秋が深まり気温が下がると、落葉樹は糖分や水分などの供給をストップします。すると葉緑素が壊れ、葉に取り残された糖分によって、アントシアニンという赤い色素が出来て、葉が赤くなります。
 
   ツタ.JPG   カキの葉.JPG
 
   真っ赤に紅葉したツタの葉と柿の葉です。
 
赤い果実
果実はアントシアニンと紫外線により、赤くなります。そして果肉は次の世代の発芽のため、鳥や獣に食べられることにより、種を運んでもらうための植物からの報酬といえます。果実が赤くなるのは、食べごろの合図です。なお黒っぽい果実(濃い紫色や濃いブルー)も完熟の合図です。
 
   ナンテン.JPG   マンリョウ.JPG
 
   ナンテンの実は鳥に人気があり、実はたちまち食べられてしまいますが、
   人間が見ればおいしそうに見えるマンリョウの実は、不思議なことにかなり
   遅くまで食べられずに残っています。
 
 
   トキリマメ.JPG    クサギの実.JPG
 
   トキリマメ(左)やクサギ(右)はサヤやガクが赤くなりますが、実は黒っぽい
   色をしています。これらの植物は、鳥の好む色である赤と黒の両方の色で、
   鳥をひきつけるので、その魅力は倍増します。これを「二色効果」といいます。

Mar 18, 2014 10:08 AM

何のたまご?

2013年11月27日

 南野川小の帰りに森へ寄りました。
 
地面にはたくさんのどんぐりと、赤や黄色に染まった落ち葉がたくさん。
まだ、コナラやクヌギは緑の葉がまだ多いようですが、ヤマザクラはだいぶもう葉を落としていました。
今は、カキ、ムラサキシキブ、サンショウ、ハリギリ、カマツカ、キヅタなどが黄色や赤に変化し、秋の柔らかい日差しに照らされて、きれいでした。
柿の葉
柿の木の下であるものを発見
キノコかなと思ってよく見ると、卵の殻。
茶色で白い丸い模様があります。鶏の卵より大きめで6センチくらい。
鳥の卵だとは思いますが?カラスは確か青っぽい色でしたし・・・
どなたか教えてください
卵の殻卵の殻 内側

Mar 18, 2014 10:08 AM
toTop