ブログ(森でみつけたよ!)

気の毒な名前

2020年8月 3日

植物の名前は、人間の名前同様、余程のことが
ない限り、変更されることはありません。
人間が勝手につけた名前ですが、大変気の毒な
名前の植物があります(画像をクリックすると
拡大します)。
 
ビンボウカズラ
ビンボウカズラは、ヤブガラシの別名です。
つる植物で繁殖力が強く、放置すると植木などを
覆いつくし、枯らしてしまうこともあり、持ち主を
貧乏にするといわれています。
 
ビンボウカズラ.jpg
オレンジ色の部分は、花盤という
花托が変化したもの。
 
ビンボウカズラ2.jpg
花弁は緑色で、開花後すぐに
落下します。
 
ヘクソカズラ
ヘクソカズラもつる植物で、花は白色で、
中心部が赤い可愛い花です。
名前の由来は、葉を揉んだり実をつぶすと、
臭いにおいがするので。
 
ヘクソカズラ1.jpg
 
ヘクソカズラ2.jpg
 
ヘクソカズラ3.jpg
花は釣り鐘状で、先が平開する。
花には白い粒状の細かい毛が密生している。
 
ハキダメギク
ハキダメギクは、白色の舌状花と黄色の
筒状花からなり、花径は1センチにも満たない
小さな花です。熱帯アメリカ原産で、日本では、
ハキダメ(ゴミ捨て場)で最初に見つかったので、
この名が付きました。
 
ハキダメギク1.jpgハキダメギク拡大2 -.jpg
花弁は切れ込みがあり、先端は浅く三つに分かれる。
繁殖力が強く、しばしば雑草化する。
 

今月のおまけ

ワルナスビ
北米原産の多年草で、枝先に淡紫色または
白色の花をつける。
葉柄や葉脈上に細くて鋭いトゲがあり、触ると
かなり痛い。
名前の由来は、繁殖力が強く、トゲもあり、始末の
悪い草だからです。
 
ワルナスビ.jpgワルナスビ2.jpg
 

紅茶 de ブレイク

ツユクサの自家受粉
 
ツユクサ2.jpg
白い糸状のめしべは長く伸びています。
 
ツユクサの自家受粉2.jpg
昆虫が来てくれないときはめしべと長い2本の
おしべはくるくると巻き上がり自家受粉します。
 
 
 
 

Aug 3, 2020 03:24 PM

タシロランが咲いた!

2020年7月 2日

タシロランは、常緑樹林内に生える野生のランです。
このランは葉緑素を持たないため、茎も花も黄白色です。
根が菌と共生していて、菌から養分をもらって生きて
います。
 
タシロランは、準絶滅危惧種に指定されている希少種で、
毎年でるとは限らず、南野川ふれあいの森では、昨年は
見つかりませんでした。
画像をクリックすると拡大します。
 
タシロラン1.jpg
 
タシロラン2.jpg
 
タシロラン3.jpg
 
 
ネジバナ
これもランの仲間の植物です。
まっすぐ伸ばした花茎に、小さなピンクの花を
らせん状に付けます。
らせん状に花をつけるのは、たくさんの花を
つけるのに都合がいいからです。
ネジバナ1.jpg
 
ネジバナ2.jpg
 
ネジバナ拡大1.jpg
 花を拡大しました。
 
ネジバナ拡大2.jpg
花は花茎にらせん状につきます。
 
ムラサキシキブとオオムラサキシキブ
ムラサキシキブは、うす紫色の美しい花をつけます。
秋に熟す果実は紫色でよく目立ちます。
 
 ムラサキシキブ.jpg
 
ムラサキシキブ2.jpg
 
ムラサキシキブ・果実.jpg
2018-11-26  撮影
 
オオムラサキシキブはムラサキシキブの変種とされ、
花も葉もムラサキシキブより大型です。花は葉の
付け根にかたまってつきます。
本来は海岸近くに生育する樹木で、葉は少し堅い
です。
 
オオムラサキシキブ.jpg
 
オオムラサキシキブ・花の拡大.jpg
花の拡大です。
 
.オオムラサキシキブ・葉.jpg
葉も大型で20センチくらいあります。
 

Jul 2, 2020 01:02 PM

野鳥に勝った!

2020年6月11日

今の時期、完熟する木の実は種類が少ないためか、
ニワトコの実は野鳥に人気があります。
完熟すると、たちまち食べつくされ、花柄だけに
なってしまいます。
 
完熟したニワトコの実の撮影は、タイミングが
難しく、野鳥との競争になってしまいます。
しかし今年は勝った!
以下画像をクリックすると拡大します。
 
ニワトコ・果実.jpg
ニワトコの果実
 
ニワトコ花柄.jpg
花柄だけになったニワトコの枝
 
 ニワトコの花2020-3.jpg
ニワトコの花です(2020-3撮影)
 
ドクダミの花
ドクダミの花.jpg
白い花びら状の総苞片は4枚が原則ですが・・・
 
ドクダミ5弁.jpg
よく探せば5枚の花も見つかります。
 
ドクダミ3弁.jpg
総苞片が3枚の花です。
1枚欠落?あるいは遺伝子の関係?
原因は不明です。
 
ゴンズイの花
ゴンズイ花.jpg
 
ゴンズイ花拡大.jpg
秋には真っ赤な鞘を持つ実をつけます。
 
サイハイラン
サイハイラン2020-5.jpg
 
サイハイラン拡大.jpg
最近減少しています。
いずれ神奈川県でも準絶滅危惧種に仲間入り?
 
トウネズミモチの花
トウネズミモチ.jpg
 
トウネズミモチ・葉.jpg
葉は日にかざすと、葉脈が透けて見えます。
 

紅茶 de ブレイク

アオキの虫こぶ
アオキミフクレフシ.jpg
 
アオキミフクレフシ2.jpg
アオキの虫こぶは、アオキミフクレフシと呼ばれて
います。実の中にはアオキミタマバエの幼虫がいます。
虫こぶとなった実は、色がまだらであったり、いびつな
形をしています。

Jun 15, 2020 08:18 AM

ふ~わふわ

2020年5月24日

 
タンポポの冠毛 2020-5.jpg ノゲシの冠毛 2020-5.jpgハルジオンの冠毛.jpg ハルジオンの冠毛2.jpg
キク科の冠毛3種です(上段左セイヨウタンポポ 同中央ノゲシ
同右及び下段ハルジオン)。
ふわふわで綿あめのようです。
小さなタネはそれぞれ専用のパラシュートを持っていて、
風に吹かれて旅立ちます。
 
ちなみにセイヨウタンポポでは、一つの花が約200個の
タネを作るそうです。
 
ナガミヒナゲシの知恵  
 
ナガミヒナゲシ・花.JPG ナガミヒナゲシ・実.JPG ナガミヒナゲシ・実の拡大.JPG ナガミヒナゲシ実-2.jpg
ナガミヒナゲシのタネは、「傘状のふた」のついた実の中で、
雨風からしっかりと保護されています。
 
タネが熟してくると、実の上部にある「ふた」が持ち上がり、
その隙間からタネがこぼれ落ちる仕組みです。
一つのタネには、約1,600粒のタネが入っているとのことです。
 画像をクリックすると拡大します。

この時期見られた植物

カタバミ2020-5.JPG  イモカタバミ2020-5.JPG
カタバミ(左)とイモカタバミ(右)です。
カタバミの仲間は、葉にシュウ酸を含んでいます。
この葉で硬貨を磨くとピカピカになります。
 
 
ニシキギ・花2020-5.JPG  ニシキギ・花UP2020-5.JPG
 
ニシキギ果実 2020-5.jpg
ニシキギの花と果実です。
果実は11月下旬ころ、真っ赤に熟しよく目立ちます。
 
 
クサイチゴ果実2020-5.JPG  ヘビイチゴ果実2020-5.jpg
クサイチゴ(左)とヘビイチゴの果実です。
並べてみるとかなり違いますね。
 
クサイチゴは。沢山あるめしべの一つずつが果実〈液果)に
なり、その集合体です。
ヘビイチゴの果実は、花床が肥大たもので、その表面にある
沢山のつぶつぶが本来の果実(痩果)です。
 

May 24, 2020 10:06 AM

森は元気いっぱい

2020年5月17日

 
 

白い花が目立ちます。

人間の暮らしは、新コロナウイルスの影響で、どこか重い空気が漂い、いつもに比べて控えめな静かな毎日ですが、森はエネルギーにあふれています。
 
例年この時期は、下草が茂り、ツル植物が上に横に勢力を広げ、樹木は葉を広げ、我先に、より多くの太陽光を求めて成長しています。
 
森は元気いっぱいです
 
そんな明るい緑の中に、今はあちらこちら白い花が見られます。
マユミ、
ノイバラ、
ヤブジラミ、
ガマズミ、スイカズラ、エゴノキ緑に映えて目立ちます。DSC_2767.JPGDSC_2771.JPGDSC_2773.JPGDSC_2768.JPGDSC_2776.JPGDSC_2783.JPG
 
 
(画像を選択すると拡大します)
 
 
 
 
 
 

May 17, 2020 04:34 PM

ジュウニヒトエという名の花

2020年4月25日

この優雅な名前の由来は、花が幾重にも
重なって咲く様を、宮中の女官などが着る
十二単にたとえたものです。
 
この花の生育地は、丘陵地や林の中などですが、
最近は宅地化の影響等で、減少しています。
なお栃木県では、準絶滅危惧種です。(画像を
クリックすると拡大します)
 
ジュウニヒトエ
ジュウニヒトエ1 - 2020-4.jpg ジュウニヒトエ2-2020-4.jpg
 
ジュウニヒトエ3 - 2020-4.jpg 
 
キランソウ2020-4.jpg
キランソウです。ジュウニヒトエの近縁種です。
(宮前区土橋一丁目にて)
 

この時期南野川ふれあいの森で見られた花

 
カラスノエンドウ
カラスノエンドウ2020-4.jpg
 
ソラマメヒゲナガアブラムシ2020-4.jpg
ソラマメヒゲナガアブラムシがびっしりついた
カラスノエンドウの茎
 
ゴヨウアケビの雄花
アケビの雄花 - 2020-4.jpg
 
ゴヨウアケビの雌花
アケビの雌花-2020-4.jpg
 
ムラサキケマン
ムラサキケマン - 2020-4.jpg
 
ムラサキケマン2 - 2020-4.jpg
帰化植物で有毒です。
 
ナガミヒナゲシ
 ナガミヒナゲシ - 2020-4.jpg
地中海沿岸が原産地の帰化植物です。
 
ヒメツルソバ
 ヒメツルソバ - 2020-4.jpg
中国南部~ヒマラヤ地方が原産地です。
 
ハルジオンとホソヒラタアブ
 ホソヒラタアブ2020-4.JPG
 

紅茶 de ブレイク

新緑の南野川ふれあいの森
 新緑の森 - 2020-4.jpg
 
新緑の森2 - 2020-4.jpg
 
スズメノエンドウ
スズメノエンドウ2020-4.jpg
 
スズメノエンドウ2-2020-4.jpg
宮前区宮崎3丁目にて

Apr 25, 2020 02:36 PM

スミレの花が沢山咲いたよ

2020年4月 3日

南野川ふれあいの森で今年目立つのは、
スミレの花が多くなったことです。
 
倒木や枝折れの大木の処理が進み、
森の中が明るくなったことが影響して
いるのでしょうか。
 
これからどんな山野草が顔を見せて
くれるのか、ワクワクしています。
 
今回のブログは、タチツボスミレのほか、
ノゲシ、タンポポ及びアカメガシワの
芽吹きの紹介です。
画像をクリックすると拡大します。
 
タチツボスミレ
タチツボスミレ2020-3-1.jpg タチツボスミレ・葉.JPG
タチツボスミレ・距2.JPG タチツボスミレ・距.JPG
5枚の花弁の奥に、距というつぼ状のふくらみが
あり、この中に蜜が入っています。
この蜜にありつけるのは、ビロードツリアブのように
長い口吻を持った特定の昆虫だけです。
ただ距を花の外からかじり、蜜を盗むチャッカリさんも
いるようです。
 
タンポポ
カントウタンポポ2020-3-25.JPG    カントウタンポポ(2)2020-3-25.JPG
 カントウタンポポ・花   カントウタンポポ・総苞
セイヨウタンポポ・花 - 2020-4-2.jpg    セイヨウタンポポ・総苞片 - 2020-4-2.jpg
 セイヨウタンポポ・花   セイヨウタンポポ・総苞
 
花はよく似ていて、ほとんど見分けがつきません。
見分けのポイントは、総苞片にあります。
カントウタンポポの総苞片は、反り返らず,且つ小さな
突起があります。
セイヨウタンポポは、総苞片が反り返ります。
両者の交雑種もあり、見分けの難しいものもあります。
 
オニノゲシとノゲシ
オニノゲシの花2020-3-22.jpg  ノゲシの花.jpg
 オニノゲシ・花        ノゲシ・花       
オニノゲシの葉2020-3-22.jpg  ノゲシの葉.jpg
 オニノゲシ・葉        ノゲシ・葉
 
こちらも花はよく似ています。オニノゲシの舌状花のほうが、
やや細いですが、ほとんど見分けは尽きません。
最も分かり易い見分け方は、「葉のトゲ」です。
ノゲシのトゲは触っても痛くありませんが、オニノゲシのトゲは
硬くて鋭く、触るとかなり痛いです。
 
アカメガシワの新葉
 アカメガシワの新葉.jpg  アカメガシワの新葉2.jpg
 
葉が赤いのが、アカメガシワの名前の由来ですが、赤い色の
正体は、葉の表面に生えている細かい毛です。
葉を擦って表面の毛をとると、緑色が現れます。
 

紅茶 de ブレイク

新しい見晴らし台2020-3-22.jpg  修理前2020-2-23.jpg
 新しくなった見晴台    以前の見晴台
 
ムラサキシジミとビークマーク
ムラサキシジミ - ビークマーク.jpg
 
翅の後ろの部分が欠けています。
これはビークマークと言われているもので、
鳥がパクリとやったくちばしの跡です。
このチョウは、厳しい冬を成虫で越冬しますので、
その他の理由でも翅がボロボロになることも
あります。

Apr 3, 2020 09:08 AM

南野川で春を見つけたよ

2020年3月14日

今年は暖冬だったためか、野草の生育が早く、
昆虫たちも戸惑っているのでは…
 
南野川ふれあいの森への立ち入り禁止は、
まだ解除されず、今回も森の林縁や近隣の
畑の畔等で、見つけた春の野草の紹介です。
(画像をクリックすると拡大します)
 

ホトケノザ

茎は角張っています。これはシソ科の植物の
特徴でもあります。
 
上部の葉には柄(葉柄)がなく、葉は茎を
取り囲んでいます。
花の付け根にあるガクの中には、結実した種が
残りますが、すぐにこぼれ落ちます。
 
花の上唇はヘルメット状で、その内側には
おしべが4本隠れてます。
 
下唇にある赤い斑点は、訪花昆虫に蜜の在りかを
教えるガイドマークです。
 
ホトケノザUP(2)2020-3-9.jpg
上唇の内側に4本のおしべが見えます。
 
ホトケノザUP2(1)2020-3-9.jpg
下唇には赤いガイドマークがはっきり
見えます。
 
ホトケノザUP(3)2020-3-6.JPG
花の付け根にはガクがあり、結実後には
ここに種が残ります。
 
ホトケノザ群生2020-3-7.JPG
ホトケノザの群生です。
 

この時期見られる植物

クサイチゴ
クサイチゴUP2020-3-7.JPG
クサイチゴの花です。おしべもめしべも
沢山あります。名前は草いちごですが、
木の仲間です。
 
クサイチゴ群生2020-3-7 (2).JPG
今年も豊作の予感がします
 
モミジイチゴ
モミジイチゴUP2020-3-7.JPG
モミジイチゴの花です。
 
モミジイチゴ群生2020-3-7 (2).JPG
果実のおいしさは、野生のイチゴの中では、
トップクラスです。
 
フキ
 フキノトウ2020-3--7.JPG
フキの花です。
 
フキノトウ群生2020-3-7.JPG
この花の若い花茎がフキノトウで、
人気のある山菜です。
 
ドウダイグサ
トウダイグサ2020-3-3(2).jpg
盛んに蜜を出しています。この植物は
有毒です。
 
トウダイグサ2020-3-3.jpg
茎を切ると乳液がでますが、これに触れると
かぶれます。種子も有毒で、食べると下痢や
腹痛を起こすことがあるそうです。
 

紅茶 de ブレイク

オオイヌノフグリ2020-2-23.jpg  コゴメイヌノフグリ2020-3-3 (2).jpg
オオイヌノフグリ(左)とコゴメイヌノフグリ(右)です。
コゴメイヌノフグリの花色は白で、花の大きさはオオイヌノフグリより
少し小さめです。
 

Mar 20, 2020 04:39 PM

にぎやかになってきましたよ。

2020年3月16日

 森はもう春っ。

3月16日、森へ出かけました。
 
出会いの広場の見晴台が!! 木製で数か所ガタが来ておりましたが、なんと擬木でできた新しいものに。DSC_2601.JPG
 
見晴台から下ったところに、大木が2本根から倒れていたのですが、きれいに処理され、木漏れ日広場が丸見えに。しかも境界の杭が、こちらも新しい金属製のものに変わっています。今まで見てきた森の風景とあまりに違って、これまたびっくり。DSC_2600.JPG 処理された木の残骸からは、何本も木がくっついていたことがわかります。DSC_2599.JPG
 
今日は、風が強く寒かったですが、森の中はすでに春でした。
DSC_2594.JPG
ゴンズイの芽もコナラの芽もニワトコの芽も青い空に伸びをしてます。DSC_2598.JPG
 
アオキの花、タチツボスミレの花も。他にもウグイスカグラ、クサイチゴ、ヤマザクラ、ヒサカキ、ハナニラ、ノゲシ、オオイヌノフグリ……などなど咲きだしてましたよ。
DSC_2607.JPGDSC_2606.JPGDSC_2604.JPG

Mar 16, 2020 10:46 PM

早春の南野川

2020年2月24日

2月は暖かい日が多かったため、越冬昆虫が早くも
動き始めています。ゾウムシの仲間や、クモの
仲間を見かけました。
 
植物も様々な春の野草の開花が始まり、アオキや
ニワトコのつぼみも大きくなってきました。
子の神側の森の入り口近くにある民家では、カワズザクラや
ギンヨウアカシアの花が満開です。
 
カワズザクラ
伊豆の河津に原木があり、これを増殖したものです。
オオシマザクラ系とカンヒザクラ系の自然交配種と
いわれています。
このサクラは、早咲きで、1月下旬~約1か月咲き続け
ます。
カワズザクラ.JPG
 

今、南野川で観られる植物を紹介します。

画像をクリックすると、拡大します。
 
ギンヨウアカシヤ
ギンリョウアカシア.JPG
 
森の入り口に鎮座しています。
怪獣のお出迎え.JPG
 
立ち入り禁止中
当局による森への立ち入り禁止は
まだ続いています。
立ち入り禁止中1-1.JPG
 
タネツケバナ
タネツケバナ1-1.JPG
 
ヒイラギナンテン
ヒイラギナンテン1-1.JPG
 
オオイヌノフグリ
オオイヌノフグリ.JPG
 
ヒメオドリコソウ
ヒメオドリコソウ1-1.JPG
 
ニワトコのつぼみ
ニワトコ・つぼみ1-1.JPG
 
アオキのつぼみ
アオキ・つぼみ.JPG
 
シュンラン
シュンラン1-1.JPG

Feb 24, 2020 04:12 PM
toTop