ブログ(森でみつけたよ!)

秋色が漂う森

2019年10月 3日

森全体が黄色っぽくなってきた。
 
木の影が長くなった。
 
赤とんぼの群れを見た。
 
つくつくぼうしの声がしなくなった。
 
まだまだ日中は夏日が続いていますが、
季節時計は、着実に秋を刻んでいます。
 
時折、爽やかな風が吹きぬける森で見つけた
植物の紹介です(画像をクリックすると拡大します)。
 
 
カラスウリの実10-1.JPG  カラスウリの若い実1-1.JPG
カラスウリの果実です。
赤く熟す頃になると、スイカのような縞模様は
消えます。
 
ダンドボロギク10-1.JPG  ダンドボロギクUP10-1.JPG
ダンドボロギクの花です。
名前の由来は、愛知県の段戸山で最初に見つかった
ことによります。
 
トウネズミモチ・若い実.JPG   トウネズミモチ・葉.JPG
トウネズミモチの若い果実です。熟すとネズミの糞?の
ような色になります。
葉を光にかざすと、葉脈が透けて見えます。
 
ヒヨドリジョウゴの花10-1.JPG   ヒヨドリジョウゴの若い実10-1.JPG
ヒヨドリジョウゴの花です。花弁は強く反り返り、バドミントンの
羽(シャトル)に似ています。
果実は赤く熟すと、超ミニトマトのように見えますが、有毒です。
 
ヤマホトトギス10-1.JPG   ヤマホトトギス拡大.JPG
ヤマホトトギスの花です。花被片は大きく反り返ります。
よく似たヤマジノホトトギスの花被片は、反り返らないので、
区別できます。
 

台風15号による被害

台風15号は、野川ふれあいの森にも大きな被害を
齎しました。
 
台風被害・倒木.JPG
 
台風被害1幹折れ.JPG
 
台風被害1・拡大.JPG

Oct 3, 2019 04:29 PM

晩夏の森を歩く

2019年9月 5日

まだまだ日中は暑い日が続きますが、
朝夕は涼しくなってきました。
ミンミンゼミやツクツクボウシがまだ
鳴いています。
緑色から黄色に変ったサクラの葉が
舞い落ち始めました。
 
秋の気配が漂い始めた南野川ふれあいの
森を歩き、いろいろな植物や昆虫を観ました。
(画像をクリックすると拡大します)
 
ヌスビトハギ・花1-1.JPG  ヌスビトハギ・実1-1.JPG
  ヌスビトハギの花       ヌスビトハギの実
 
 ゴンズイの実1-3.JPG  
   ゴンズイの実
 
ベニバナボロギク1-1.JPG 
   ベニバナボロギクの花
 
 カラスウリ・若い実1-1.JPG
    カラスウリの若い実
 
クロカナブン1-1.JPG
  クロカナブン
 
 
ショウリョウバッタ1-1.JPG
  ショウリョウバッタ
 
キマダラセセリ1-1.JPG
  キマダラセセリ
 
サトキマダラヒカゲ1-1.JPG
  サトキマダラヒカゲ
 
ルリタテハ1-1.JPG
   ルリタテハ
 

紅茶 de ブレイク

羽化する前のセミのつぶやき
 
羽化1・近づき過ぎだよ~.JPG
  近づきすぎ、離れてよ! 
  イヤです!
 
 羽化2・乗らないで~.JPG
   キケンですから上に
   乗らないで下さい。

Sep 5, 2019 09:02 AM

「ハキダメギク」に「ヘクソカズラ」

2019年8月 4日

誰が名づけ親か知りませんが、
ひどい名前ですね。
よ~く見ると、可愛い花なのに・・・
画像をクリックすると拡大します。
 
ハキダメギク
年数回発芽するため、繁殖力は抜群です。
頭花は5枚の白い舌状花と、多数の管状花から
なります。
 
大正時代に東京世田谷のごみ捨て場で発見
されたため、このような名前が付けられました。
 
ハキダメギク1-2.JPGハキダメギク1.JPG
 
ヘクソカズラ
つる植物で、他の木や草にからまって伸びます。
花は釣鐘型で、先は浅く裂けます。
 
草全体が、嫌な匂いを放つのが、名前の由来です。
しかしこの匂いは、昆虫にはたまらないようです。
 
ヘクソカズラ1-1.JPGヘクソカズラ1-2.JPG
 
オニドコロ
つる植物で、他の植物にからみついて伸びます。
オニドコロは雌雄異株です。
 
よく似たヤマノイモとの最もわかり易い区別法は、
オニドコロにはムカゴができないことです。
 
オニドコロ・雄花.JPG  オニドコロ・雄花拡大.JPG
オニドコロの雄花です     雄花の拡大
 
オニドコロ雌花2-4.JPG  オニドコロ・葉.JPG
  雌花の拡大       オニドコロの葉です
 
ミズヒキ
茎は細くて針金のように硬いです。
花は上から見ると赤く、下から見ると白く見えることから、
水引に例えられ、この名があります。
 
ミズヒキ1-1.JPG  ミズヒキ1-2.JPG
ミズヒキには花弁が    花弁状のものはガク片
ありません          です
 
ヤブガラシ
やぶをも枯らすほど繁殖力が強いので、この名が
つきました。
 
花弁は地味な緑色で、一見ガク片のように見えます。
関東のヤブガラシはほとんどが3倍体で結実しません。
まれに2倍体が見つかるようで、これは結実します。
 
ヤブガラシ1-1.JPG  ヤブガラシ・拡大1-1.JPG
ヤブガラッシの花です  花弁は緑色で開花後
                すぐに落ちます
 
ヤブガラシの葉1-2.JPG
葉は鳥足状複葉という特殊な形をしています。
葉柄の途中から別の葉柄が出ます。
 

紅茶deブレイク

ある日の樹液酒場
 
先着お二人様まで.JPG
先着お二人様まで無料!
 
ひとり酒手酌酒~♪.JPG
ひとり酒、手酌酒~♪
 
 

Aug 4, 2019 09:36 AM

ツユクサは可憐な花ですか

2019年7月 4日

ツユクサ
ツユクサ1-1.JPG
 
ツユクサ1-拡大.JPG
 
ツユクサ2段花.JPG
よく探すと、2段花が見つかります。
 
 
ツユクサは青い大きな2枚の花弁が美しい
花です。この花は朝開き午後には萎れてしまいます。
 
おしべは6本あり、上方の3本は花粉を出さない
仮おしべで、昆虫を誘う役目をしています。
中央の1本と下方の2本が花粉を出します。
 
ツユクサの芽は、地中深くから延びてくるため、
除草剤が効きにくく、また地面を這う茎からも
発根し、発芽するため、農業などでは邪魔者
扱いにされるほど、しぶとい植物です。
画像をクリックすると拡大します。
 
 
ハエドクソウ
ハエドク1-1.jpg
 
ハエドクソウ1-2.JPG
薄暗い林の中などに生えます。
果実は下向きに茎に圧着してつき、
衣服などにくっついて運ばれます。
 
花は幅5~6ミリの白い小花で、茎に
まばらに付きます。
1科1属1種の珍しい花です。
 
ヒメジョオン
ヒメジョオン1.JPG
 
ヒメジョオン1-2.JPG
 
ヒメジョオン1-3.JPG
舌状花は、白または淡紫色で、花びらは
60枚前後あり、ハルジオンよりは少なく、
花びらの幅はハルジオンより広いです。
 
横から見ると、花びらはやや下向きについている
のが、わかります。但し咲き始めでは、花びらは
少し上向になっています。
 
エゴノネコアシとエゴノキの果実
エゴノネコアシアブラムシ.JPG
 
エゴノキの果実.JPG
ネコの足先に似ていることから、エゴノネコアシと
呼ばれるエゴノキに付く虫コブです。
 
花の後にできる果実は、つぶしてペットボトルに
水とともに入れ、ジャバジャバするとあわ立ち、石鹸の
変わりになります。
 

紅茶 de  ブレイク 

カマキリの幼体.JPG   キタテハ.JPG
  カマキリの幼体            キタテハ
 
 

Jul 4, 2019 09:36 AM

レディ ファースト

2019年6月15日

オオバコ
オオバコ1-1.JPG  オオバコ1-3雄性期の花.JPG
 
オオバコの葉は強靭で、踏み固められた道路などでも
生育できます。
真っ直ぐ伸びた花茎に、小さな花を沢山つけます。
 
花は下から上へ咲き上がります。
先ずめしべが受精し、そのめしべが萎れてから、
未成熟だったおしべが伸びてきます。
 
これは、自家受粉を避けるための巧みな戦略です。
このようにめしべが先に開くタイプの花は、
「めしべ先熟型」と呼ばれています。
植物の世界にも、レディ ファーストがあるのですね。
(画像をクリックすると拡大します)
 
ドクダミの花
ドクダミ1-1.JPG  ドクダミ1-2.JPG
 
ドクダミ5弁1-1.JPG
 
おしべが3本、先端が3裂しためしべが1本の花で、
花びらやガクはありません。
まれに総苞片が5枚の花も見つかります。
 
ネズミモチの花
ネズミモチ1-1.JPG  ネズミモチ花の拡大.JPG
 
花は白色で、芳香があります。
果実が、ねずみの糞に似ているので、この名がつきました。
 
ムラサキシキブの花
ムラサキシキブ1-1.JPG  ムラサキシキブ・果実1-1.JPG
                   2,018.11、26 撮影
 
花は筒状花で、先端が4裂します。
果実は秋に紫色に熟します。
 
アワフキムシ
アワフキムシ1-1.JPG  アワフキムシ2018.5.12.JPG
                   2018。05。12 撮影
 
泡は丈夫で、強風にも吹き飛ばされません。
泡の中には幼虫がいます。時々泡の外へ出てきます。
 

紅茶 de ブレイク

コマルハナバチ.JPG  ホシホウジャク.JPG
  コマルハナバチ          ホシホウジャク

Jun 15, 2019 09:14 AM

実らなくても頭を垂れるハルジオン

2019年5月22日

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
           詠み人知らず
 
ハルジオンのつぼみは、茎が柔らかく、
且つ中空のため、垂れ下がります。
花が咲くころには、茎も堅くなるので
花は上向きになります。
 
ハルジオンの花は、舌状花と筒状花からなり、
舌状花は150枚以上の花弁を持っているそうです。
(画像をクリックすると拡大します)
 
ハルジオン.JPG
白い舌状花と黄色い筒状花
 
ハルジオン2.JPG
花はつぼみのうちは垂れさがります
 
ハルジオン1個の花.JPG
1個の花のつくりです
 
フタリシズカ
 
静御前とその霊がとりついた菜摘み女が、
二人で舞を舞う姿にたとえてこの名が
つきました
フタリシズカ.JPG
花の茎は、2本立つことが多いですが、
1本や3本のものもあります。
 
フタリシズカ拡大.JPG
花びらはなく、3個のおしべが目立つ
花です。
 
フタリシズカ拡大2.JPG
1個の花を茎の側から見ると、ジャンケンの
「グー」のような形をしたおしべが見えます。
 
ニワトコ
 
果実は5~6月頃、赤く熟します。
この時期は木の実が少ないためか、熟すと
たちまち鳥に食べつくされてしまします。
 
ニワトコの果実.JPG
 
 
ニワトコ花時(2019.04.03).JPG
花時(2019.4.3)
 
ゴンズイ
 
一つの花は径3~4ミリ小さく、平開しません。
花の色は淡黄緑色で、ガク片,花弁、おしべは
5個、めしべは1個です。
秋には、赤く熟した長さ1センチほどの袋果を
つけます。
 
ゴンズイの花1-1.JPG
 
 ゴンズイの花拡大.JPG
1個の花を拡大しました。
 

紅茶 de ブレイク

 
ハルジオンとハナムグリ1-1.JPG
ハルジオンとハナムグリ
 
ハルジオンとホソヒラタアブ1-2.JPG
ハルジオンとホソヒラタアブ

May 22, 2019 09:01 PM

ジュウニヒトエ

2019年5月 1日

ジュウニヒトエ31-2.JPG
ジュウニヒトエは、キランソウと同じ仲間の花で、
日当たりの良い林や丘陵地に咲きます。
 
花が沢山重なりあって咲く様子を、平安朝の
女官が着た十二単に見立てたことから、この名が
つきました(画像をクリックすると拡大します)。
 
この花は、全国的にも減少しており、栃木県や
山口県では、準絶滅危惧種に指定されています。
 
ジュウニヒトエ31-1.JPG
上唇2裂、下唇3裂の唇形の花を多数
輪生状につけます。
 
ジュウニヒトエ拡大.JPG
茎にも葉にも白い毛がいっぱいはえています。
この毛には何か役割があるのでしょうか?
 
アオキ
アオキ雄花31-1A.JPG  アオキ雌花31-1A.JPG
アオキは雌雄異株といって、雄株と雌株が
あります。画像左が雄花、右が雌花です。
 
サンショウ
サンショウ雄花A.JPG  サンショウ雌花A.JPG
この花も雌雄異株です。左が雄花、右が雌花です。
若葉は「木の芽」といい、日本料理には欠かせない、
香辛料です。
 
カラスノエンドウ
カラスノエンドウ31-1A.JPG  カラスノエンドウ・蜜腺A.JPG
この花は花外蜜腺といって花の中以外にも蜜腺を
持っています。ありがよく集まっています。
花の付け根の黒い部分から蜜が出ます。
 
ホウチャクソウ
ホウチャクソウ31-1.JPG
1~3個の花が枝先に垂れ、薄暗い林の縁などに
生えます。
 
ホウチャクソウ拡大.JPG
ユリの仲間ですが、花はこれ以上開きません。
 
ホウチャクソウおしべ.JPG
花の中の状態です。おしべ6本めしべ1本が
ひとかたまりになっています。
 
 
 

May 1, 2019 01:55 PM

春を告げる花「シュンラン」

2019年4月 1日

シュンランは、人里近くの雑木林などに
自生する野生のらんです。
蜜は出しません。
 
花びらは、左右に側花弁各1枚と、下部に
白い唇弁1枚の3枚です。
唇弁は、大きく反り返ります。外側にある
緑色の大きな花びら状のものは、ガク片です。
 
おしべとめしべは合着し、「ずい柱」と呼ばれる
器官となっており、その先端には、花粉のつまった
「花粉塊」があります。
 画像をクリックすると拡大します。
 
シュンラン31-1.JPG
 
シュンラン拡大31-2.JPG
 
ニワトコ
ニワトコのつぼみは、ブロッコリーにそっくりです。
4月になると、枝先に淡黄色の小花を多数つけ、
遠くからでもよく目立ちます。
 
ニワトコのつぼみ31-1.JPG
ニワトコのつぼみです。
 
ニワトコの花(昨年)31-1.JPG
ニワトコの花です(昨年4月の撮影です)。
 
ホトケノザ
昆虫の訪花による受粉のほか、閉鎖花による
自家受粉でも種子を作るため、繁殖力は非常に
旺盛です。
 
ホトケノザ31-3.JPG
 
ホトケノザの閉鎖花31-1.JPG
濃い色のつぼみ状のもの(画像では中央に
2個あります)が、閉鎖花です。
 
ヒサカキ
雌雄異株ですが、両性花の株もあるそうです
(未確認です)
画像の花は、雄花です。めしべは退化して、
おしべのみの花です。
花には異臭があります。
 
ヒサカキの花31-1.JPG
ヒサカキの雄花です。
 
ヒサカキ拡大31-1.JPG
花を拡大しました。
 
 

Apr 1, 2019 10:07 PM

星の瞳という名の花

2019年3月 3日

オオイヌノフグリ壁紙.JPG
 
オオイヌノフグリは、「星のひとみ」という別名が
あります。
ヨーロッパ原産の越年草で、コバルトブルーの
美しい花です。
 
朝開き、夕方には散る一日花ですが、次々と
咲くことにより、訪れる昆虫にアピールしています。
ハナアブの仲間が蜜を求めてやってきますが、
受粉に至ることは少なく、ほとんどの花は夕方、
自家受粉をします。
 
オオイヌノフグリは、おしべ2本、めしべ1本という
シンプルな花で、花びらは4枚あるように見えます。
しかしこの花は合弁花で、花びらはくっついていて、
バラバラにはなりません(花の裏側の画像参照)。
 
オオイヌノフグリ31-2.JPG
おしべが2本、めしべが1本あります。
 
オオイヌノフグリ31-3.JPG
 
オオイヌノフグリ31-1.JPG
花の裏側の画像です。
 
以下に南野川や近くの公園で観られた、
植物とオオカマキリの卵鞘を紹介します。
画像をクリックすると、拡大します(昨年の
台風24号による、倒木等の処理がまだ
終らず、南野川ふれあいの森は、引き続き
立ち入り禁止です)。
 
ウグイスカグラ.JPG
ウグイスカグラの花
 
ノゲシ31-2.JPG
ノゲシの花
 
ヒメオドリコソウ31-1.JPG
ヒメオドリコソウの花
 
ヒメオドリコソウ31-2.JPG
花を拡大しました
 
コウヤボウキの冠毛.JPG
 コウヤボウキの冠毛
 
ドングリの芽生え.JPG
ドングリの芽生え
 
オオカマキリの卵鞘.JPG
オオカマキリの卵鞘

Mar 3, 2019 09:45 PM

2月の南野川の自然

2019年2月 7日

サザンカ.JPG

満開のサザンカ

理由は判りませんが、今冬は例年になく、
沢山の花をつけました。
 
今年の立春は、記録的な暖かさで、横浜では、
20℃超!
これからも寒暖をくり返しながら、春になって
行くでしょう。
 
この暖かさに誘われて、南野川の森の近辺を
歩きました。冬の名残りを探して・・・(画像を
クリックすると拡大します。)
 
カラスの空き巣.JPG

カラスの空き巣

葉がすっかり落ちたこの時期は、カラスの
空き巣がよく見えます。
昨年の初夏、この巣の近くでカラスに頭を
蹴られました。
 
昨秋の台風による倒木等の被害のため、
大木の大部分は伐採されます。
これからはカラスは巣を作る場所に苦労
するかな?
 
クロガネオチ1.JPG  クロガネモチ2.JPG

クロガネモチの実

今年も豊作のようです。
鳥には人気がないのか、いつまでも実は
残っています。
 
ツワブキの冠毛.JPG  ツワブキの冠毛とガク.JPG
 
ツワブキのガク.JPG

ツワブキの冠毛(上段の2枚)とガク

冠毛は少し茶色っぽいです。
種子は大きいので、遠くへは飛べません。
花のようなものは、花が終わり残った苞が
乾燥したもので、天然のドライフラワーです。
 
コセンダングサ・種子.JPG

コセンダングサの果実

果実はガク片にある逆さ向きに生えた
トゲで、衣服や動物の毛にくっついて
運ばれます。衣服にくっつくと、簡単には
取れないやっかい者です。
 
フヨウの種子.JPG  フヨウの種子1.JPG

フヨウの果実と種子

果実の中には、種子がびっしり入っています。
種子は毛に比べ大きく、散布力は弱いので、
遠くへは運ばれません。
 

紅茶 de ブレイク

越冬中のテントウムシ.JPG  越冬中のヨコズナサシガメ.JPG
テントウムシとヨコズナサシガメが、集団で
寒さを防ぎながら、春をまっていました。

Feb 7, 2019 09:11 AM
toTop