ブログ(森でみつけたよ!)

冬がきた!(続編)

2017年12月 9日

南野川ふれあいの森で見られる紅葉を
紹介します。
今回は黄色や褐色に色づく木の葉も
紅葉の仲間にいれました。
 
カマツカの紅葉12-1.JPG
カマツカの紅葉です。
 
コナラの紅葉12-1.JPG
 
コナラの紅葉12-2.JPG
 
コナラの紅葉12-3.JPG
いずれもコナラです。
 
ゴンズイの紅葉12-1.JPG
ゴンズイの紅葉です。黒光りする
独特の色をしています。
 
ツタの紅葉12-1.JPG
 
ツタの紅葉12-2.JPG
ツタの紅葉です。この森では数少ない
真っ赤になる木です。
 
ハリギリの紅葉12-1.JPG
ハリギリの葉は黄色になります。
 
ムラサキシキブの紅葉12-1.JPG
ムラサキシキブの葉も黄色になります。
 
紅茶 de ブレイク
 
完熟のカラスウリの実です。
森の入り口で見られます。
 
完熟のカラスウリ.JPG

Dec 9, 2017 08:54 PM

冬がきた!

2017年12月 4日

南野川の紅葉12-1.JPG
 
南野川ふれあいの森の冬の到来は、遅いです。
12月に入ってようやくコナラやクヌギの紅葉が
本格的に始まります。
 
この時期は、植物も昆虫やクモも冬に備えての
最後の準備に大忙しです。
 
そんな南野川ふれあいの森を歩いてきました。
(画像をクリックすると拡大します)。
 
ジョロウグモ12-1.JPG
ジョロウグモのメスです。
お腹がパンパンに膨らんでいて、
産卵間近です。
 
ワカバグモ12-1.JPG
ワカバグモがツワブキの花に
来る昆虫を待ち構えていました。
 
モンシロチョウ12-1.JPG
モンシロチョウも花が少ない
この時期は蜜を探すのも大変です。
 
ドングリの芽生え12-1.JPG
ドングリの芽生えです。新しい生命の
息吹きがもう始まっていました。
 
ホトトギスとたね12-1.JPG
秋に花を咲かせるホトトギスは、
冬が間近に迫っているため、
花が終ると、すぐ結実します。
 
ムラサキシキブ12-1.JPG
ムラサキシキブの実です。
野鳥に人気があるのか、すぐに
無くなってしまいます。
 
ニシキギ・種子12-1.JPG
ニシキギの種子は赤い仮種皮に
覆われています。仮種皮は薄く、
ほとんど栄養はありません。
 

ヘェ~知らなかった

性転換する花・ヤツデ
ヤツデ雄花12-2.JPG ヤツデ雌花12-1.JPG
ヤツデの花は、初冬に咲きます。蜜が豊富で、小さな
ハエの仲間などが集まります。
この花は一つの花が、花びらとおしべの花、
おしべもめしべも目立たない花、めしべだけの花と
変化します。
これは自家受粉を避けるための工夫です。
 

Dec 5, 2017 11:06 AM

秋探し

2017年11月 2日

キノコ1.JPGキノコ2.JPGキノコ3.JPG
 
今年の秋は、雨の日が多く、東京では15日連続の
雨となりました。
雨が降ると元気なのが、キノコ達です。南野川ふれあいの
森でも、いたるところにニョキニョキ。
 
雨の合間に、秋を探しにでかけました。
冬がせまってくる中で、森では木の実や草の実が
鈴なりでした(画像をクリックすると拡大します)。
 
ガマズミ・実.JPG
 
ガマズミの実です。赤く熟した実は、
果実酒にすると美しい色になります。
ポリフェノールが豊富に含まれており、
美容にもいいそうです。
 
カラスウリ・完熟の実.JPG カラスウリ・若い実.JPG
 
夏の夜、白いレースのような幻想的な
花をつけまるカラスウリ、赤く熟した実は、
おいしそうに見えますが、味はイマイチです。
若い実には縞模様があります。
 
ゴンズイの実.JPG
 
ゴンズイの種子は赤い半月状の鞘に包まれて
います。この鞘が裂けると、中から黒い光沢の
ある種子が顔をだします。
 
シロダモ・実.JPG
 
シロダモはクスノキの仲間です。この仲間の
大部分は、黒い実をつけますが、シロダモは
赤い実をつけます。
 
ホウチャクソウ・実.JPG
 
ホウチャクソウの実は、熟すと黒くなる液果で、
中には小さなたねがギッシリ入っています。
人間には、目立たない実ですが、鳥には
おいしそうに見えるようです。
 
ムカゴ.JPG
 
ヤマノイモのムカゴです。炊き込みご飯にして
食べます。ヤマノイモは、お株とめ株がありますが、
ムカゴはどちらにも出来ます。
 
紅茶 de ブレイク
 
 イチモンジセセリとヤブマメ.JPG
 
コセンダングサ1.JPG

Nov 2, 2017 10:07 PM

秋のふれあいの森の生きものたち

2017年10月 4日

キンモクセイ.JPG
 
南野川ふれあいの森のご近所の民家では、
キンモクセイの甘い香りが漂っていました。
この花が咲くと、秋を感じます。
 
昭和記念公園では、コスモスが見ごろですし、
奥日光戦場が原では、すでに初霜が観測され、
いよいよ秋も本番です。
 
今回はこの秋ふれあいの森で見かけた生き物を
紹介します(画像をクリックするとかくだいします)。
 
アオバハゴロモ2.JPG アオバハゴロモ・幼虫1-1.JPG
アオバハゴロモは、薄緑色の大きな翅を持つ、
美しい昆虫です。しかし柑橘類やクワなどの汁を
吸うため、農害虫とみなされています。
幼虫は体が白いロウ物質で覆われています。
 
アカスジキンカメムシ・幼虫.JPG アカスジキンカメムシ・幼虫2-1.JPG
アカスジキンカメムシの5齢幼虫です。日本の
カメムシの仲間では、トップクラスの美しさを
誇ります。
 
オオスズメバチ1-1.JPG オオスズメバチのあご.JPG
おなじみのオオスズメバチです。この森では
最強の昆虫です。毒針が恐れられていますが、
顎(あご)の力も強烈で捕らえたほとんどの昆虫は、
噛み砕いてしまいます。
 
ツユクサ1-1.JPG
ツユクサは可憐な花ですが、次から次へと、
秋口まで咲き続けます。
農薬にも強く、かなりしたたかな面を持つ花です。
全草を乾燥させたものは、解毒、利尿などに薬効が
あるといわれています。
 
紅茶 de ブレイク
 
トガリバガの仲間1-1.JPG 
 
トガリバガの仲間2-1.JPG 
 
トガリバガの仲間です。
ヤブガラシに止まっている姿は、十字架の
ペンダントのようです。今年初めて見つけた
「蛾」で、名前が分かりません。
わかる方、教えてください。

Oct 12, 2017 05:42 PM

夏の虫、秋の虫

2017年9月 8日

 虫シーズンは続いてます

 

今年の虫シーズンは終盤の時期となりましたが、

盛夏を彩る虫たちがまだまだ元気な様です。クワカミキリ.JPGクワカミキリ

今年は気候が不安定ではありましたが、平均気温が比較的低かったおかげで命の繋がった昆虫たちも少なくないのではないかと憶測しています。

IMGP2509-w.JPGのサムネール画像

 

さて…一方、バッタやコオロギなどの仲間はこれから良いシーズンとなります。↓ツチイナゴの幼虫

IMGP2499 (2).JPG

この時期ならば盛夏からの生き残りも加わるため、見られる種類も比較的増えるのではないでしょうか。

また晩夏~初秋にかけての少しの間、土壌域ではゴミムシ科や糞虫も幾らか見られる時期です。あまり注目されないのが残念ですが…(まぁ…臭いますからね…)。 

10日は佐々木洋さんをお迎えして観察会を開きます。どんなお話が聞けるのか楽しみです。(昆虫班 T)

 

Sep 8, 2017 10:11 AM

爽やかな風が吹いてきたら

2017年9月 2日

カラスウリの花.JPG

 
朝夕は、涼しくなってきました。
木々の影も少し長くなり、ツクツクボウシの
元気な声で、秋が近づいていることを感じます。
 
カラスウリも花が終わり、縞模様の実が増えて
きました。やがて真っ赤な完熟の実が、見られます。
 
今回は、この夏撮り溜めた、昆虫や植物の紹介
です(画像をクリックすると拡大します)。
 
オオカマキリ.JPG
オオカマキリです。
主に草原などに生息しています。
度重なる草刈り等の影響か、最近数が
減っています。
 
落ちセミ.JPG
力尽きて、地上に落ちたセミです。
再び空を飛ぶことは、ありません。
落ち蝉は、俳句の季語になっています。
 
羽化に失敗.JPG
羽化に失敗しました。
約7年、地中でがんばってきたのに
くやしいでしょうねえ。
 
ハエドクソウ1.JPG  ハエドクソウ3.JPG
ハエドクソウです。
1科1属1種という、珍しい植物で
白または薄桃色の小さな花をまばらに
つけます。
 
ブルーベリーの果実.JPG
ブルーベリーの果実です。
森の入り口の畑で、食べごろになって
いました。
 
マンリョウの花.JPG  マンリョウの花2.JPG
マンリョウは、小枝の先に花冠が
5裂した白い花をつけます。
実は冬に赤く熟します。この森には、
白い実をつけるものも見られます。
 
ヤブガラシ1.JPG  ヤブガラシ2.JPG
ヤブガラシです。花弁とおしべは、
開花後すぐに散りますが、花盤には
蜜があふれ、昆虫がよく集まっています。
東日本には3倍体、西日本には2倍体の
個体が多く、3倍体の個体は、実をつけ
ません。
 

紅茶 de ブレイク

 
侵入禁止.JPG
カラス侵入禁止
ある公園の管理棟の2階バルコニーの
光景です。カラスに通じるか?
 
ヤマホトトギス.JPG
ヤマホトトギスです。
生育場所が年々減っているのが、
気がかりです。

Sep 2, 2017 01:07 PM

真夏の森の生きものたち

2017年8月 6日

セミの抜け殻.JPG
 
街中では30度を超す暑さでも、森の中は
意外と涼しく、適度に湿気もあって、生きもの
たちには、快適な環境のようです。
 
南野川ふれあいの森には、沢山の種類の
生きものが棲んでいます。
これらの中には、滅多に見ることができなく
なった生きものもいます。
 
今回紹介する生きものの中には、関東では
保護が必要となっている生きものもいます
(画像をクリックすると拡大します)。
 
アカボシゴマダラ
 
アカボシゴマダラ.JPG
 
黒白のごまだら模様と、後翅のすそに
並んでいる、赤い斑点が特徴的な
チョウです。春に羽化するタイプは、
赤い斑点がありません。
住宅地では、ほとんど見かけません。
 
エゴヒゲナガゾウムシ
 
エゴヒゲナガゾウムシ・オス.JPG  エゴヒゲナガゾウムシ・メス.JPG
 
エゴヒゲナガゾウムシ・ペア.JPG
 
大きさは5ミリ前後、茶褐色で顔面が白い。
オス(上段左)は頭部側面が突き出ている。
メス(上段右)はエゴノキの果皮の内側にある
硬いタネの中に産卵します。
千葉県の絶滅危惧種Ⅱ類です。
 
エノキハツノフシ
 
エノキハツノフシ.JPG
 
エノキカイガラキジラミにより形成される
虫こぶです。
この森では今年初めて見つかりました。
遠くへの移動ができなくて、分布は局地的に
とどまるようです。
 
ニホントビナナフシ
 
ニホントビナナフシ.JPG
 
大きさは35~55ミリ、短い翅を持っていて、
飛ぶことができます。
栃木県の準絶滅危惧種です。
 
ノコギリカミキリ
 
ノコギリカミキリ.JPG
 
大きさは40ミリ前後、黒褐色で光沢が
あり、ややずんぐりしています。
触角のぎざぎざが特徴的です。
東京都の準絶滅危惧種です。
 

へぇ~知らなかった

葉っぱの温度(葉温)調節
 
ヒトは体温が上昇すると、汗をかくことにより、
体温を調節しています。
植物はどうしているでしょうか?
 
真夏の直射日光を受ける葉の表面温度は、
ヒトの体温を超えるといわれています。
植物はこの高温を下げるために、葉にある
気孔という孔から、盛んに水分を放出
します(蒸散作用)。
 
この時、気化熱が奪われるため、葉の温度の
上昇をおさえることができるというわけです。
 
 
 
 

Aug 6, 2017 10:06 AM

濃緑の森

2017年7月16日

7月の森.JPG
 
すっかり緑が濃くなった、南野川ふれあいの森です。
1haにも満たない小さな森ですが、植物を始め、
豊富な生きものたちが棲んでいます。
 
パートナーを見つけることができなかったウグイスが、
まださえずっています。
 
この時期の森では、昆虫少年垂涎の的である
カブトムシ、クワガタ、カミキリムシ等様々な
昆虫にも出会えます(画像をクリックすると拡大します)。
 
カナブン.JPG  カブトムシ.JPG
 

最近見られた植物やその他の生きもの

ツユクサ.JPG  ツユクサ・2段花.JPG
ツユクサ
早朝に開花、午後には萎んでしまう1日花です。
受粉のための昆虫が着てくれなかったときは、
自家受粉をして子孫を残します。右の画像のような
2段花もあります。
 
アオバハゴロモ・幼虫.JPG  アオバハゴロモ.JPG
アオバハゴロモの幼虫です(右は成虫)。
からだは白い綿のようなロウ物質で、被われて
います。体で軽く触れるとピョンと飛び跳ねます。
 
ネジバナ.JPG  ホタルガ.JPG
ネジバナ(左)とホタルガ(右)です
ネジバナは、小さな花が花茎の周りにらせん状に
つきます。ラン科の植物で、南野川ふれあいの森では、
初めて見つけました。
 
ホタルガは、昼間活動する蛾です。赤い頭部と翅の
白帯が目立ちます。幼虫はヒサカキの葉を食べます。
なお幼虫は毒のある分泌物を出し、触れると皮膚が
炎症を起こすことがあります。
 
エゴノキハツボフシ.JPG  エゴノネコアシ2.JPG
エゴノキハツボフシ(左)とエゴノネコアシ(右)です。
エゴノキハツボフシは、葉の主脈や葉柄などにできる
虫こぶで、南野川ふれあいの森では、初めて見つけ
ました。
右はお馴染みのエゴノネコアシです。バナナのような
形をした房室の中に卵を産みます。
 

ヘぇ~知らなかった

活性酸素と抗酸化物質
紫外線は生きもののからだに当たると、活性酸素が
発生します。
活性酸素は人間にとっても老化やガン等の原因になる
恐ろしい物質です。
そのため、私たちは様々な方法で、紫外線を防ぐ対策を
とります。
 
植物はどうしているでしょうか?
植物は光合成により、活性酸素を消去する物質「抗酸化
物質(ポリフェノールやビタミンC、E等)」を生成して、
自分達の体を紫外線から守っているのです。
光合成により、栄養分のみならず、抗酸化物質まで自家
製造できる植物たちは、すごいですね。
 

Jul 16, 2017 07:33 PM

ドクダミの花の咲く頃

2017年6月16日

どくだみ壁紙.JPG
 
南野川ふれあいの森では、ドクダミの花が
満開です。群生している花は、グランドカバーにも
良さそうです。
 
白い花びらのようなものは、苞(総苞片・そうほうへん)
といって、つぼみや芽を保護する器官です。
花は1~3センチの花穂につき、おしべとめしべだけの
花びらのない花です。
 
苞の枚数は、通常4枚ですが、5枚、6枚、八重のものや、
苞の先端がサクラの花びらのように切れ込んだものも
あります(画像をクリックすると拡大します)。
 
ドクダミ5弁.JPG  ドクダミ6弁.JPG
 
ドクダミ八重.JPG  ドクダミ切れ込み2.JPG
 

最近この森で見つけた植物

クリの花序1.JPG
 
クリの雄花1.JPG  クリの雌花1.JPG
クリの花は雌雄同株で、ハナムグリやマメコガネの
仲間がよく来ます。
雄花の花序は10~15センチで、長いおしべが
沢山あります。
雌花は花序の基部につき、将来イガになる部分の
中に3個入っています。
 
オッタチカタバミ3.JPG  オッタチカタバミ1.JPG
オッタチカタバミです。帰化植物で、花の直径は
14ミリ、地上茎は立ち上がり、高さ50センチに
達することもあります。北米原産です。
 
カタバミ・花1.JPG
カタバミです。花の直径は8ミリ、茎は地を這って
広がります。
 
ニワトコの実1.JPG  ニワトコ 花時1.JPG
ニワトコの果実です。直径4~5ミリの赤い果実を
沢山つけます。
ツグミやムクドリの仲間が食べに来ます。花は4月に
咲きます(2017・4・10撮影)。
 
 

へ~知らなかった

ドクダミの薬効(虫刺され)
ドクダミはセンブリ、ゲンノショウコと共に3大民間薬
として有名です。
様々な薬効が昔から伝えられていますが、虫刺され
にも効果があり、葉の汁を虫に刺されたところに
塗りつければ、痒みがひくそうです。
 

Jun 16, 2017 07:25 PM

エゴノキの花が咲くころ

2017年5月21日

エゴノキの花.JPG
 
エゴノキの花2.JPG  エゴの花ロード.JPG
 
南野川ふれあいの森では、エゴノキの花が満開です。
花は白色で、下向きに咲きます。
甘い香りに誘われて見上げると、シャンデリアのような
花が鈴なりになっていました。
 
花は一日花ですが、次々と咲くので、いつまでも
咲いているように見えます。
花の落ちた地面は、白いカーペットを敷いたようです。
 
この時期に南野川ふれあいの森に咲く花を、紹介
します(画像をクリックすると拡大します)。
 
ウツギの花.JPG ウツギの花2.JPG
ウツギの花です。別名ウノハナといわれ、卯月
(旧暦4月)の頃に咲くことからこの名があります。
 
この花の咲く頃、田植えを行う地域では、田植え花
とも呼ばれています。
花色は白で、小さなハナアブの仲間が群がっていました。
 
ナワシロイチゴ.JPG ナワシロイチゴ3.JPG ナワシロイチゴ2.JPG 
ナワシロイチゴの花です。名前の由来は、イネの苗を
育てる頃(苗代)に花が咲くからです。
 
花びらは、全開せず、花の先端にめしべがまとまって顔を
覗かせます。右の写真は花びらが落下した後の様子です。
 
ゴンズイの花.JPG ゴンズイの花2.JPG
ゴンズイの花です。この花をじっくり見る機会は、
あまりないかも知れません。
 
花色は淡黄緑色で、直径1センチにも満たない花ですが、
大変可愛い花です。
 
ガマズミ1.JPG ノイバラ.JPG
ガマズミ(左)とノイバラ(右)の花です。
 
この時期に咲く花は、白い花が多いです。緑が濃くなると
白い色が受粉のためにやってくる昆虫にとっては、目立つ
色だからといわれています。
 
スイカズラ.JPG
スイカズラの花です。花は2個づつ咲きます。
 
花の色は白色ですが、受粉が終ると黄色に
変るため、白と黄色の2色の花が咲いている
ように見えます。
 
 
紅茶 de ブレイク
 
オドリコソウ.JPG オドリコソウ2.JPG
 
オドリコソウの花です(29-5-5 東高根森林公園にて)。
この花の姿が、花笠を被った踊り子が、大勢で踊っている
ように見えることから、この名がつきました。
 

May 21, 2017 11:00 PM
toTop