Home »  ブログ »  行事

ブログ(行事)

市民活動ふれあいフェア―

2015年11月18日

 アリーノで開催中!

11月18日から22日まで、有馬・野川生涯学習支援施設(アリーノ)2階で、三回目となる市民活動ふれあいフェア―を開催中です。
 
IMG00787.jpgのサムネール画像
 
野川はあもは、活動を紹介しているパネルを展示しています。
お出かけください。
 
土日は、他団体の体験コーナーや発表の舞台もありますので、ご家族連れでどうぞ。
 
 

Nov 18, 2015 03:42 PM

夜の観察会のお知らせ

2015年8月23日

 おまちかね!夜の観察会やりますよ~

今年はいつもの年よりちょっと遅い時期になりますが、
夜の観察会行います。
昨年に引き続き、プロナチュラリスト佐々木洋先生をお迎えします。
 
 
日にち:8月23日(日)
受付開始:午後6時  開始時刻:午後6時30分 終了は午後8時頃を予定しています。
場所:南野川ふれあいの森
 
参加費:大人¥500-/人 中学生以下¥200-/人
※参加費には保険料¥50-を含みます。
 
小学生以下のお子さんは、必ず大人が同伴してください。
 
お申込みには、
①参加希望者全員のお名前と年齢、
②当日連絡のつく電話番号
をお知らせください。
このサイトのお問合せ先のメール、もしくは☎044-856-5201(伊藤)まで。
先着20人までとさせていただきます。
 
持ち物は、参加費、汗拭きタオル・虫刺されの薬・懐中電灯・のみものなど。
森の中です。長袖長ズボン、歩きやすい靴でお願いします。
当日雨の場合は、中止といたします。迷うような天気の場合は、当日の午後3時ごろまでにご連絡をいたします。
 
夏休みも終盤を迎えるころ、
夜の森では何が発見できるでしょう?
今年も一緒にわくわくドキドキ体験しませんか?
お申込みお待ちしております。
 
 
 

Aug 5, 2015 05:28 PM

風の子まつり

2014年12月 7日

 野川こ文(野川こども文化センター)のおまつりです。

 
12月7日(日)行われました。
 
今年も野川はあもは、自分で焼く炭焼きソーセージのお店を出しました。
お天気よし、風なし、でも寒い・・これって炭焼きにはもってこいの天候でした。
 
ふれあいの森で切った竹の枝を、80センチぐらいの長さの串にして、これにソーセージを刺し、炭火で自分で焼いてもらうという趣向です。
 
平成19年から始めたこのスタイル、雨で中止の年もありましたので、今年で7回目になります。
クレープやコーンポタージュ、綿あめ、などのお店が並ぶ中、「はあも」だなあ!というこのお店、野川こぶんのプレーパークだからできるお店。これからも続けたいなと思います。
 
約120本のソーセージは、今年も3時間足らずで売り切れごめんとなりました。
来てくださったみなさんありがとうございます。
ソーセージ焼き
 
 

Dec 14, 2014 08:57 PM

10周年記念写真展 第5弾!

2014年11月 7日

 「森のたからもの」写真展 今年最終です。

宮前市民館2階 ギャラリーにて開催します。
 
11月7日(金)から11月12日(水)まで
時間は、10時から午後5時までの予定です。
 
写真展示のほか、自然素材を使ったクラフトづくりや、スライドショーの上映なども行いたいと、ただいま企画中です。
 
野川はあもの10年の歩みの中から、
 
見つけたこと
楽しかったこと
びっくりしたこと
大変だったこと・・・
 
そんなあれこれを写真などを通じて、お伝えできたらうれしいです。
 
会場でお待ちしております。
お問い合わせなどは、このサイトからのメールでお気軽にどうぞ。
 
 

Nov 3, 2014 01:10 PM

ヒガンバナが満開でした

2014年9月24日

遠足楽しかったよ

野川はあも10周年記念事業の一環として、
東高根森林公園へ遠足に行ってきました。
参加者は27名(うち子ども11名)と大盛況でした。
(画像をクリックすると拡大します)
 
午前10時にパークセンターへ集合(全員
定刻に集合)。
 
午前中は自然観察です。南野川ふれあいの森には
ないものをということで、満開のヒガンバナや、水辺、
湿地等の植物を中心に観察しました。
 
ツリフネソウ、カリガネソウ、フジバカマ等、絶滅が
心配されている植物や、神奈川県指定天然記念物の
シラカシ林をじっくり観ました。
 
 ヒガンバナ・1.JPG  ツリフネソウ・1.JPG  
   満開のヒガンバナ         ツリフネソウ
 
 フジバカマ・1.JPG  シラヵシ林.JPG
   フジバカマ              昼でも暗いシラカシ林
 
午後からは、子どもたちを中心に「宝さがし」と、
「コウモリと蛾」というゲームを行い、大人も子供も
夢中になってしまいました。このような素晴らしい
企画をしてくださった岡さん、ありがとうございました。
 
子どもたちは、池の魚やカルガモにえさを与える体験も
しました。
 
ゲームに夢中.JPG  カルガモにえさをやる.JPG
 大人も子どももゲームに熱中    カルガモにエサをやる
 
楽しい時は、時間の経つのが早いもので、たちまち
解散予定の午後2時になってしまいました。
子どもたちも楽しい思い出をいっぱい持って帰って
行きました。
皆さん大変お疲れさまでした。
 
 
 

Sep 29, 2014 04:39 PM

遠足に行ってきます!

2014年9月23日

 県立東高根森林公園へ行ってきます。

10年の記念に、メンバー希望者で遠足に行くことにしました。
秋分の日、晴れて良い日になるといいなあ

Sep 18, 2014 05:06 PM

7月26日夜・・・観察会やりました!

2014年7月27日

雨が降らなくてよかった(^^♪

午後5時半 2日連続の猛暑日でしたが、森を抜ける風はこの時間少し爽やかに感じました。
親子10組のほか大人も含め30人が集まりました。
今年は、10周年講演会でもお話しいただいた佐々木洋さんが講師ということで、
いつにもまして、わくわくドキドキ 
 
佐々木さん到着するなり、虫をゲット!
IMG_5124-w.jpg
何やらダンゴ虫に似た黒くちょっと平べったい虫、森の地面をよく歩いています。
正体は、オオヒラタシデムシの幼虫
でも触ると臭い虫や動物の死骸を食べてるからだって!
これがいるってことはこの森にたくさんの虫が生きているってことにもなるわけです。
 

出会いの広場からどんぐり広場へ

みんなで虫などを探しながら歩きました。
コナラの幹にはアリが忙しく歩いていました。
アリは24時間営業だそうで、まったく働き者です。
 
カナカナカナとヒグラシの声が聞こえました。夕暮れまじかに鳴くことが多いですね。
一匹の鳴き声が聞こえたと思ったら、次々と鳴きだしました。
セミはオスだけしか鳴きません。なぜならお嫁さんを探して鳴いているから。
だから、1匹が鳴くとほかのオスも負けてはならぬ、後れを取ってはならぬと、鳴きはじめるのだそうです。
森の中では、ヒグラシを捕まえてくれた人がいたので、ヒグラシの後ろから懐中電灯を照らしてみたら、おなかは空っぽ!この空っぽが、セミの大きな声の秘密でした。
夜ならではの、観察でした
ヒグラシは昔からある森にすむそうで、近年都会では減ってきているとか。
いつまでもこの森でカナカナカナと、聞かせてほしいね。
IMG_5133-w.jpg
 
コナラやクヌギの木に次々「なんかいる!」「みつけた!」の声、
佐々木さんはその声にすぐに反応してその生き物についてのお話が始まる。
ゴキブリ、アオバハゴロモ、コオロギの赤ちゃん、、、、
コナラの幹にとまっていたヤガの仲間にはびっくりまるで木の肌と同じ模様でじっとしているので、よーく見ないとわからない。
見つけた人はすごいと佐々木さんにお褒めの言葉をもらいました。
 
カミキリムシもいろいろ。
カタジロゴマフカミキリ、触角が長くて木の幹によく似ていてあまり目立たない。
一方トラカミキリの仲間は、触角が短いし、黄色と黒の模様はハチにそっくり、こちらはわざとハチに似せて目立つことで身を守る。
ノコギリカミキリもいました。夜行性のカミキリです。
そろそろ夜なのでお出ましになったようです。カミキリに耳を近づけるとキリキリと音がする。これは胸をすり合わせて出している音だそう。
クワカミキリもいました。ちなみに カミキリ=「髪切り」≠「紙切り」 だそうです。
 
ナブンも樹液に来ていました。
夏も中ごろに出てくるという佐々木さんお気に入りのクロカナブンもいました。
ちょっと早いけど佐々木さんに会いに出てきたのかな?
カナブンは固い羽根は上に持ち上げるだけで、硬い羽根の下にある薄い羽根を広げて飛びます。
 
こもれび広場に向かう道にはアズマモグラの通った後がありました。
こんもりと土を持ち上げていました。
 
オオカマキリと少し後ろがでっぷりしたハラビロカマキリも同時に見ることができました。
もう暗くなってきたので、カマキリの目の色は黒に変わっていました。
IMG_5151-w.jpg
 
コクワガタも見つけたね。
カブトムシは良く鳥に食べられてしまうけど、クワガタはあまり食べられない。
がっしりと、木につかまってるカブトムシは攻撃されやすいからだそうで、クワガタはすぐに落ちてしまうので逃げられる

 樹液大好きな虫が大集合

森の中を通って、反対側の入り口に行くと、虫達のための大型レストランが大繁盛していました。
カナブン、カブトムシ、オスもメスも、ケシキスイほか小さなものも、クヌギの木の上の方までとにかくたくさんの虫たちが来ていました。
カブトムシのオス同士の争いも目撃
IMG_5180.jpg
IMG_5178.jpg
 
 
レストラン見学後、もうだいぶ暗くなってきた空には、ひらひらと何やら飛んでいます。
アブラコウモリです。
時刻は午後7時8分。
コウモリにとっては朝ごはんの時間です。
住宅などのちょっとした隙間(パチンコ玉ぐらい!!)から出てきて、口から出す超音波によって蚊などの虫を見つけて食べます。
さて、ここで佐々木さんが取り出したのは、
四角くて黒いダイヤルのつまみが付いた物体、なんとコウモリ探知機。
これを持って高く掲げると、コウモリが近づくとカチカチカチと、コウモリの出す超音波を拾ってくれます。コウモリの直角飛行にみんな釘づけ
IMG_5196.jpg
 
 
 
コウモリを追っていた目を森に転じると、きれいなレースを広げたような白い花が暗闇に浮かんでいました。
カラスウリの花です。夜行性の虫などを相手に夜に花を咲かせます。カラスウリ、実は鳥のカラスとは関係がないそうで、書道で使う朱い墨の色と形から来ている名前のようです。
 
佐々木さんと森を1周すると、もうすっかり森は夜になっていました。
IMG_5199.jpg
でもすぐそこには住宅や道の明かりが見えて、なかなか真っ暗にはなりません。
その影響は、セミにも。夜も最近セミが鳴いています。佐々木さん名づけて「夜鳴きゼミ」。人間の生活が他の生きものにも影響しているんですね。
 
そろそろ、終わりの時間です。佐々木さんと歩いた夜の森。
ワクワクドキドキの連続でした。
佐々木さん、そして参加されたみなさん、ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 

[続きを読む]

Jul 28, 2014 06:19 AM

夜の観察会 やります!

2014年7月26日

 お待ちかね、夜の観察会のお知らせです。

夜の森って、どんなだろう?
昼間とどう違うのだろう?
ドキドキだね。
今年は、10周年記念講演会で「わくわくドキドキ」なお話をしてくださった、佐々木洋さんが先生です!
 
時:7月26日(土) 午後5時半集合 8時ぐらいまで。
場所:南野川ふれあいの森
講師:プロナチュラリスト 佐々木 洋 氏
参加費: 大人500円 子ども200円 ※1日保険に入ります。その費用を含みます。
 
どなたでも参加できます。小学生以下のお子さんは、保護者同伴でお願いします。
先着10組までとさせていただきますので、ご了承ください。
 
お申し込み、お問合せは、このホームページの「お問合せ」のメールからどうぞ。
 
お申し込みの方は
参加者のお名前
年齢
人数
当日連絡できる電話番号
をご記入ください。
 
お申込み受け付け後、確認メールを差し上げます。
お待ちしています
 
 

Jul 7, 2014 08:20 PM

10周年記念写真展 第2弾開催

2014年6月12日

 「森のたからもの」写真展

6月13日(金)から18日(水) 朝9時から夜9時まで.
(ただし、16日月曜日は、アリーノ休館日のためお休みです。)
アリーノ2階のギャラリーにて開催。
 
内容は、2月に行った第1弾と同じですが、見逃した方、もう一度見たいという方
ぜひぜひ、ご来場ください。
 
 詳細はこちら
http://www.ari-no.jp/kouza.html#harmo

Jun 3, 2014 03:40 PM

2月の展示テーマは「川崎のみどり」です!

2014年2月23日

http://kankyou2008.blog36.fc2.com/blog-entry-209.html
 
高津市民館の11階、エレベーター前に、
川崎市地球温暖化防止活動推進センター(長い名前だ!)はあります。
 
今月と言っても今週いっぱいですが、「川崎のみどり」の展示が行われています。
野川はあものパネルも展示しています。
 
この場所、よく見ると水、緑、エネルギー、ごみ、などの環境関連のお知らせなどの情報がいっぱい詰まったところです。
溝口の丸井にお買い物に行ったついでに11階まで足を延ばしてみてください。
気になるセミナーなんかもやっていますよ。川崎市地球温暖化防止活動推進センター温暖化防止センター2月の展示

Mar 18, 2014 10:08 AM
toTop