Home »  ブログ »  行事

ブログ(行事)

ミステリー生物を探せ。

2019年7月22日

 森の自然観察会

お日様が恋しい、今日も曇り空の7月21日日曜日 
プロナチュラリスト 佐々木洋さんをお招きして、
IMG_2492.JPG
南野川ふれあいの森で自然観察会を行いました。
大人14名、子ども8名が参加してくれました。
 
カブトムシ、コクワガタなどお馴染みの虫は、早々に見つけることができました。
森の中では、ワラジムシの大群衆に出会ったり、
ワラジムシ1.JPG
佐々木先生大興奮のオオミスジコウガイビルを見つけたり
IMG_2508.JPG
 
 (実は佐々木先生、これが大好きなんだって!)
 
Sちゃんが、カナヘビの卵を見つけたり、
通称あかむし、あだ名明太子の一粒こと本名カベアナタカラダニ を見たり、なかなかミステリーな生き物をたくさん見ることができました。
 
なので、後半もゴキブリ組、オオスズメバチ組、大ゲジ組に分かれて、ミステリーな生き物を3種類探しました。ヤマナメクジ、サツマノミダマシ、オオヒラタシデムシなど、など、ちょっと地味目な虫たちが大集合したのでした。
 
佐々木先生が見つけたコカブトムシの雌とカブトムシの雌を比べて見れたのも面白かったです。
カブトムシ1.JPG
 
佐々木先生のお話は、毎回ほんとにおもしろくて、あっという間の2時間でした。ありがとうございました。
記念撮影1.JPG

Jul 22, 2019 10:21 PM

佐々木洋さんの自然観察会

2019年7月21日

 今年もやりますよ!

プロナチュラリスト 佐々木洋先生をお迎えしての自然観察会、今年もやります!
テレビなどでもおなじみの、佐々木先生の観察会は、お話がとても面白く、毎回大好評です。
 
ぜひご参加ください。
 
日時:7月21日 日曜日 午前10時開始 (受付9時半から)
場所:南野川ふれあいの森
対象:どなたでも。ただし小学生以下のお子さんは、必ず大人の方も一緒にお願いいたします。
参加費: 大人500円 こども200円 ★当日集めます。参加費には当日の保険料も含まれます。
定員:10名。先着順とさせていただきます。
お申込み:こちらのホームページの「お問い合わせ」のメールに参加者全員のお名前、お子さんの年齢、当日連絡可能な携帯電話の番号を記入してお送りください。
 
なお、当日雨天の場合は、屋内で佐々木先生のお話を伺います。
詳細については、参加される方にご連絡いたします。
 
お申込みお待ちしております。
 
 
 
 

Jun 30, 2019 10:15 AM

宮前区「こども自然探検隊」がやってきた!

2018年7月24日

 夏の森を探検

小学生も夏休みに入った7月22日日曜日。
区内各所から、14組の親子が南野川ふれあいの森にやってきました。
猛暑が続く7月。この日も35度を超える暑さでしたが、汗をふきふき元気な顔が集まりました。
 
宮前区の募集では、応募開始からなんと20分で満員になったと聞き、野川はあもとしては大感激でした。
 
探検プログラムは3つ。
 
一つ目は、「サイレントウォーク」
森の中を歩いて、見つけたことや気づいたことを、手ぶりや表情で、親子で伝え合うというゲーム。50mあるかな、という距離でしたが、たくさんの発見があったようでなかなかゴールにならない組がたくさんありました。こども自然探検隊2.JPG
 
そして二つ目
「フィールドビンゴ」野川はあもの活動では、おなじみのビンゴですが、今日は初めてこの森に来た人もたくさんいたので、少し易しめ。
鳥の声、セミの声に耳を傾けたり、チョウやバッタを探したり、青い花や赤い実を見つけたり、20分の制限時間内、くまなく歩いてビンゴを目指しました。こども自然探検隊8.JPG
 
最後のプログラム・・・これが一番難関だったかな?
「森の木でコースターづくり」
コナラやエゴノキの伐採枝を利用して、のこぎりを使って木のスライスを作ってポスカで絵を付けるというもの。こども自然探検隊4.JPG こども自然探検隊7w.JPG
初めてのこぎりを持つという子がほとんどでしたので、頑張る割には、なかなかうまく切れず、という子。ここが腕の見せ所と頑張ったお父さん。お母さんも苦戦してましたが、皆さん、自分で切った物を持ち帰ることができました。
 
暑い夏、いつもならばもっと涼しいはずの森も、風があまりなく、暑い森になってしまいましたが、気分が悪くなる人も出ずに、虫がいっぱいの森を楽しんでくれたようでした。
 
また、ぜひ森に遊びに来てほしいなあ。
 

Jul 24, 2018 12:52 PM

佐々木洋先生の自然観察会

2018年6月10日

 自然観察会、開催します!

テレビやラジオ、そして野川はあもでもすっかりおなじみとなった
プロナチュラリスト、佐々木洋先生
今年も自然観察会にやってきてくれます。
 
今まで「夜の自然観察会」を行ってきましたが、
今年は、昼間の森の自然観察会をおこないます。
 
6月10日日曜日 10時から12時 9時半から受付
場所は、南野川ふれあいの森
講師:プロナチュラリスト 佐々木洋さん
参加費:大人500円、子ども200円(保険料を含みます。)
どなたでも参加できますが、小学生以下のお子様は大人が必ず同伴してください。
定員:30人
少雨決行の予定ですが、外で行うのが難しい場合は、アリーノ(有馬野川生涯学習支援施設)にて、佐々木先生におはなしをしていただきます。
 
 
お申し込みは、こちらのサイトの「お問い合わせ」ページから。
申し込み者のお名前、人数、大人子どもの別と、当日連絡のつく電話番号を明記してください。
 
夏の森、どんな発見があるでしょうか?たくさんの方のお申し込みをお待ちしております。
 
 
 
 

Jun 6, 2018 03:36 PM

野川の里山観察会

2018年5月23日

 いこいの家の観察会が行われます。

5月23日(水)9時45分から正午まで
南野川ふれあいの森で「野川の里山観察会」が行われます。
 
今回で3回目になる「野川いこいの家」主催の観察会。
昨年より1か月ほど遅い時期、しかも今年は何かと早い動きの生き物たち、
今年は何が見られでしょうか。
 
川崎市在住の60歳以上の方が対象です。
お問い合わせ、お申し込みは、「野川いこいの家」(電話044-788-2271)までどうぞ。
 

May 15, 2018 01:34 PM

「水鳥を見に行こう!」

2018年1月28日

 新横浜公園に行きました。

1月28日日曜日 いつものフィールドである「南野川ふれあいの森」を飛び出して、新横浜公園へ、バードウォッチングに出かけました。
いつもの活動でもお世話になっている古田さんに、観察リーダーをお願いして、大人8人、小学生2人、とても楽しい時間を過ごしてきました。
IMGP2803-w.JPG
 
小机駅から公園へ行く道でも、白菜を夢中でついばむヒヨドリや、赤褐色の羽がきれいなツグミを発見、なんか今日はたくさん鳥を見られそうな予感です。
 
今日のメインは水鳥、
ということで、公園奥の大きな池へ。
いました、いました!
IMGP2804-w.JPG
 
黒っぽい鳥がたくさん、双眼鏡や望遠鏡を使って観ると、鼻筋ではなくくちばしが白いオオバン、クイナの仲間で水草だけでなく草や虫も食べると説明を聞いているうちに、群れで草原に上がり始め、忙しそうに草をついばみ始めました。
だんだん目が慣れてくると、違う色や形をした水鳥もいる!
オカヨシガモ、ホシハジロ、くちばしが大きくプランクトンを食べるハシビロガモ(メスが多いハーレム状態でした)
IMGP2814-w.JPG
 
キンクロハジロ、カンムリカイツブリ、コガモ、バン、どれも羽の色がきれいですが、たくさん見ているうちに、どれがなんだかわからなくなってきた
ミコアイサのメスは潜水がうまかった!パンダガモと言われるオスは残念ながら見られなかったです。
これらのカモは、どれも渡り鳥で冬の時期だけに見られる鳥です。何千キロも移動するというのですから、この小さな体のどこにそんなエネルギーがあるのかと驚きです。
そんな中、じっと岸辺にたたずむアオサギは、なんとも哀愁漂うたたずまい?
IMGP2812-w.JPG
 
IMGP2808-w.JPG かなり寒かったのですが、双眼鏡をのぞいていると寒さも忘れるくらい、鳥の世界に引き込まれました。結局2時間余りで、27種類もの鳥を見たり声を聞いたりすることができました。
カワセミを見ることができなくて残念でしたが、ハイタカと思われる猛禽類の舞う姿やかわいらしいエナガの群れも見ることができました。
 
最後に公園の隣にある鶴見川流域センターにも行ってみました。
南野川ふれあいの森は、有馬川の斜面緑地、有馬川は矢上川へそして鶴見川に合流します。この新横浜公園も、鳥の目から見れば、ふれあいの森と同じ地域です。時々、鳥の気分になって大空から私たちの住む町を考えてみるのも面白いなあと思いました。IMGP2821-w.JPG流域センターには、鶴見川にいるアメリカザリガニや淡水魚を見ることができました。
 
水場のない南野川ふれあいの森を飛び出して、水場を生活の場所とする鳥たちをたくさん見ることができて、とても楽しかったです。
 
古田さん、ありがとうございました。

Jan 28, 2018 09:53 PM

耳を澄まして、目を凝らして。

2017年9月11日

 夜の観察会 2017年9月の巻

9月10日日曜日 いいお天気。
今年の夜の観察会は、初めての9月開催でした。
まだ明るい午後5時半、大人と子ども16人ずつの32人が南野川ふれあいの森に集まりました。
本日の先生は、プロナチュラリスト佐々木洋さんです。かっこいいカブトムシのT シャツを着てご登場。
P1020949-w.JPGのサムネール画像
まだ明るいうちに、ショウリョウバッタ、クルマバッタモドキ、キマワリ、サビキコリなどここで捕まえた虫をみんなで見ました。
まだまだ、セミの合唱がにぎやかです。
アブラ、ミンミン、カナカナ、ツクツク・・・
 
 
 
ゆっくりと虫を見つけながら歩いていくと、だんだん日が落ちて暗くなってきました。するとセミの大合唱から今度は秋の虫の声が聞こえてきました。
木の上からりーりーと力強くなく、アオマツムシ。
 
P1020962.-wJPG.JPG暗い森の中で、懐中電灯を消して静かにしゃがんでみました。そのうち暗さに目も慣れてきて、ちょっと森の生き物の仲間に入れてもらった感じがしました。
先生には、カンタンの声も聞こえたそうです。
 
 
 
ジョロウグモや大きなコクワガタなどを見つけながら、森を抜けて畑のある方に出ました。ここでは、アブラコウモリの飛ぶのを見ました。なぜか、子どもにはよく見える・・・大人は必死で目を凝らしました。と、ここで先生がとりだしたのは超音波探知機。コウモリの出す超音波をキャッチして、人にも聞こえるようにカチカチと知らせてくれます。音が大きくなる=近くを飛んでる…みんな目と耳をフル稼働して、コウモリの飛行を追いました。
IMGP2527-w.JPG
 
 
 
 
 
 
 
畑沿いの切り株には、エンマコオロギやユミアシゴミムシダマシやニジイロゴミムシダマシなど、小さな虫がたくさんいました。先生曰く、切り株は虫の貯金箱!!
P1020977-w.JPG
あっという間の1時間半でした。
暑くもなく、蚊に追い回されることもなく、気持ちよい夜の森探検でした。
 
昼間だと虫を見てキャーと言っている人も、夜だとなぜかじっくりしっかり観察してましたね。
 
佐々木先生、楽しい観察会をありがとうございました。
 

Sep 11, 2017 09:13 PM

夜の観察会

2017年9月10日

 佐々木洋さんが今年も来てくれますよ

恒例の夜の観察会
今年は9月10日(日)開催です。
 
 
そして今年も、プロナチュラリスト佐々木洋さんが、南野川ふれあいの森に来てくれます!!!
日没ちょっと前の午後5時半から7時ぐらいまでの予定で行います。
 
 
こちらは、野川はあものメンバーでなくても一般の方の参加ができます。
住所年齢など問いませんが、小学生以下の方は大人と一緒に参加してください。
 
参加費として、大人ひとり500円子どもひとり200円を、当日集めさせていただきます。
当日1日限りの保険に入りますので、参加費には保険料も含まれています。
 
定員は、30人です。
8月1日(火)から先着順で受け付けます。
お申し込みは、このホームページの「お問い合わせ」をクリックして参加希望者の人数とお名前、大人子どもの別を記入してメールを送信してください。
 
なお、当日雨や荒天の場合は中止といたします。
 
9月の夜の森はどんなでしょう?
初めての9月開催の観察会です。
お申込みお待ちしております。
 
 
 

Jul 29, 2017 11:38 AM

かわさきの森づくり 実践編

2017年7月22日

 「里山ボランティア育成講座」が行われます。

「かわさきの森づくり 実践編」の今年度第6回が、7月22日(土)9時半から12時まで、南野川ふれあいの森で行われます。
野川はあもと一緒に、森の整備をしませんか。
大人はもちろん、小中学生も一緒にどうぞ。
 
(公財)川崎市公園緑地協会主催のイベントですので、詳細、お問い合わせは
電話044-711-6631 までどうぞ。
 
 

Jun 6, 2017 08:20 PM

紅(黄)葉とウラギンシジミの越冬

2016年12月10日

ふれあいの森・遠景.JPG
 
12月に入り、朝夕の冷え込みが増すと、紅葉は
より鮮やかになります。
 
南野川ふれあいの森は、今が最も紅葉の美しい
時期です。ぜひふかふかの落ち葉のカーペットを
踏みしめながら、紅葉をお楽しみ下さい。
画像をクリックすると、拡大します。
 
カマツカの紅葉.JPG
カマツカの紅葉です。
 
コナラの紅葉1.JPG
コナラも見事に色づきました。
 
コナラの紅葉2.JPG
これもコナラです。
 
どんぐり広場の落ち葉.JPG
どんぐり広場に降り積もった落ち葉です。
この上を歩くと、ふかふかのカーペットの
上を歩いているようです。
 
ウラギンシジミ
 
ウラギンシジミ・1.JPG
この蝶は、成虫で越冬します。
翅の裏は白銀色で、翅を閉じてとまります。
越冬する場所は、ピカピカ光る葉を持つ
照葉樹の葉の裏です。
 
照葉樹の葉は、光を反射して白く光るため、
なかなか見つかりません。鳥に襲われない
工夫でしょうか?
 
ウラギンシジミ・拡大.JPG
拡大すると、しっかり葉にしがみついて
いるのが判ります。
 
ウラギンシジミ・拡大2.JPG
さらに拡大すると、太い脚が見えます。
吸着力も強く、強風にも簡単には吹き
飛ばされません。
 
ウラギンシジミ・拡大3.JPG
5月に撮影したものです。太くて丈夫な
脚がよく見えます。人の汗を吸水中でした。
 
 
紅茶 de ブレイク
 
シオデのたね
シオデのたね.JPG
前回紹介しました、シオデのたねです。
黒い液果のなかには、ルビーのような
美しいたねが入っていました。
 
 

Dec 10, 2016 11:21 AM
toTop