ブログ(活動報告)

10月の活動日は快晴でした!

2015年10月 6日

真っ青な空.JPG
 
真っ青な空、少しだけ長くなった子供たちの影、
10月4日の活動日には、25名(そのうち子どもは11名でした)が
参加しました。
 
準備体操の後、岡さんの指導でアイスブレイクを
行いました。自然の中で、子どもたちだけでなく大人も
実に楽しそうでした(画像をクリックすると拡大します)。
 
アイスブレイク1.JPG  アイスブレイク2.JPG
子どもたちは楽しそう     大人だって楽しい!
 

ジョロウグモは綺麗好き

自然観察は、クモ、虫こぶ、木の実などの観察を
行いました。
花と実が同時に観られるお茶の木、触るのに勇気が
いるエゴノキについた虫こぶ、お腹がパンパンになった
産卵が間近のハラビロカマキリ、コセンダングサで
吸蜜中のアゲハチョウやヒョウモンチョウなどが、観察
できました。
 
オチャの花と実.JPG
お茶の木では花と実が同時に
観られました。
 
エゴノキの虫こぶ.JPG
昆虫の卵のようなエゴノキの葉に
ついた虫こぶ。触るのは少し勇気が
いるようです。
 
ハラビロカマキリ.JPG
枯れ枝に擬態したハラビロカマキリ。
お腹はパンパンでした。
 
アゲハチョウ.JPG   ヒョウモンチョウ.JPG
蜜を求めてやってきたアゲハチョウとヒョウモンチョウです。
アゲハチョウは後翅の一部が欠けていました。
 
今回の観察で最も人気があったのは、ジョロウグモ
でした。
クモの網にスプレーで水を吹き付けると、網の輪郭が
鮮やかに浮かび上がりました。
 
また偶然クモの網に引っかかった枯れ葉を一生懸命
取り除くジョロウグモを観ることが出来ました。
意外と清潔好きですね。
 

大きな枝が沢山落ちていました。

先週の記録的な強風の影響で、森の中には沢山の
木の枝が落ちていました。全員で落ち枝と倒れていた
朽ち木を整理しました。
 
落ち枝の撤去.JPG   朽木の撤去.JPG
木の枝が沢山落ちて    1人で運べるわけないよ!
いました。
 
午後からは午前中の作業の続きと、草刈りを行いました。
汗ばむような陽気の中、皆さんの協力で午後3時には、
本日の予定は全て終了しました。
皆さんお疲れさまでした。

Oct 27, 2015 02:59 PM

9月の活動日もムシムシでした

2015年9月 7日

9月6日 台風18号北上中の影響で前線が停滞し、
今にも泣き出しそうな空模様でしたが、
23名(うち子供9名)の皆さんが、元気に
集まってくださいました。

スペシャルフィールドビンゴは手強いぞ!

準備体操をしてから、早速フィールドビンゴです。
今回は野川はあも特製のスペシャル版で、升目が
25個もあり、大人と子供がペアを組み挑戦しました。
 
セミの声、風の音から、揉むと良い香りのする
葉っぱまで、答えを探して森の中を歩き回りました。
(画像をクリックすると拡大します)
 
ビンゴ1 1509.JPG  ビンゴ21509.JPG
 

長柄の鎌が大活躍!

ビンゴゲームの後は、「野草の散策路」の草刈りを
行いました。
夏草やアズマネザサが勢いよく伸びていて、かなりの
作業量になりました。
 
今回も長柄の鎌が威力を発揮し、効率よく作業が
出来ました。
 
草刈り11509.JPG  草刈り21509.JPG
 
まだ夏は去ってくれませんが、森の中では、
カラスウリがスイカのような実をつけ、センニンソウの
花が咲き、近づく秋を感じながら、3時少し前に、今月の
活動は終了しました。
 
アオバハゴロモ1509.JPG
押すなよ、絶対押すなよ!
アオバハゴロモがアオキの枝に
群がっていました。
 
カラスウリの若い実1509.JPG
スイカのような縦じまの入った若い
カラスウリの実です。
もうすぐ真っ赤になります。
 
センニンソウの花1509.JPG
センニンソウの花です。
この花が咲いて、セミの声が静かに
なると、秋です。
 
皆さんお疲れさまでした。
 
次の日曜日は萌芽更新の勉強会です。
皆様のご参加をお待ちしています。

Sep 24, 2015 11:44 AM

溝の口教会の皆さんの来訪

2015年8月11日

ビンゴゲームは楽しかった!

8月9日は、野川はあもの自主活動日でした。
この日、溝の口教会の皆さん22名(うち子供
8名)が、サマーキャンプの行事で、南野川
ふれあいの森へ来てくれました。(画像を
クリックすると拡大します)
 
まず大人と子供がペアを組み、野川はあも特製の
ビンゴゲームに挑みました。
この森に棲む生き物や木の実等を、探して森の中を
歩いてもらうのが狙いです。皆さんビンゴの枡を埋める
のに夢中になっていました。
 
DSCN0800.JPG
教会のサマーキャンプに参加の皆さん
 
DSCN0802.JPG
ビンゴゲームの答えを探して、森の
中を歩きました。
 

カナブンに触れた!

続いてミニ観察会です。先ずエゴノキの実を
水の入ったビンに入れ、シェイクすると、シャボンの
ような泡が出来てビックリ。
 
さらに樹液に群がるカナブンを、恐る恐る触ったり、
真っ赤なヒイロタケの堅さを感じたり、カラスウリの
ミニスイカのような若い実を観たり、いろいろ体験しました。
 
森の中では、地面に落ちているコナラやクヌギの若い
ドングリのついた葉を見つけました。そして早すぎる落葉
(らくよう)は、何が原因なのか、皆で考えました。
 
楽しい時間の過ぎるのは早く、予定の30分はあっという間に
終わってしまいました。
 
DSCN0807.JPG
皆さん熱心に何かを観ています。
何を観ているのでしょう?
 
IMG_5086.JPG
樹液に集まるアカボシゴマダラを
観ていました。
このチョウを初めて観た参加者も
いました。
 

森の手入れを体験しました。

本日は野川はあもの自主活動日でもありました。
皆さんにも、常緑樹の伐採や草刈りのお手伝いを、
していただきました。
DSCN0809.JPG
 
溝の口教会の皆さんご協力有難うございました。
今度はぜひご家族で遊びに来て下さいね。
 
 

Aug 11, 2015 09:13 AM

タマムシだ!クワガタだ!カブトムシだ!

2015年7月15日

7月の活動日は雨のため、12日に順延となりました!

 
最高気温は34℃と猛烈な暑さでした。
しかしそれは森の外でのこと、森の中は涼しい風が
通りぬけ、快適な一日でした。
 
しばらく雨の日が続いた後の快晴で、昆虫たちも
嬉しそうでした。タマムシ、クワガタ、カブトムシ、
カナブン、アゲハチョウ等多くの昆虫に出会えました。
 
参加者は15名(うち子供3名)と、少なめでした。
準備体操のあと、早速ビンゴゲームです。
この森にはどんな生き物が棲んでいるか、各人で
見つけてもらうのが狙いです。皆さんそれぞれ収穫が
あったようでした。
画像はクリックすると拡大します。
 
 タマムシ1507.JPG
 
カブトムシ1507.JPG
 
つる植物はチャッカリ者だ!
 
観察会はつる植物を中心に行いました。
つる植物は、自らの茎や幹を作るための
エネルギーの大部分を、つるの成長に回します。
そして他の植物やフェンスなどに絡みついたり、
覆いかぶさるようにして、光を自分のものにして
しまいます。
その方法は様々で、それぞれのつる植物の工夫を
観察しました。
 
観察中1507.JPG
 
カラスウリの若い実1507.JPG
カラスウリの若い実と、スプリング状の
つるです。
 
ツタの吸盤1507.JPG
ツタは吸盤で樹皮などに張り付いて
つるをのばしていきます。
 
マント群落1507.JPG
林縁では多くのつる植物が他の植物に
覆いかぶさっていました。
このような状態をマント群落と呼び、
光が森の中に入るのを遮断したり、森の中が
乾燥するのを防いでいます。
 
新兵器の投入!
 
草刈りは野草の散策路のアズマネザサの
刈り取りを行いました。
今回は堅い草専用の鎌と、長柄の鎌を新たに
購入し、草刈りの効率アップを図りました。
 
冬虫夏草を見つけた!
 
草刈りの最中に、オサムシの幼虫に寄生した、
冬虫夏草を見つけました。
初めて冬虫夏草を見るメンバーもいて、この森の
自然の豊かさを改めて、実感しました。
 
オサムシの冬虫夏草1.JPGオサムシの冬虫夏草2.JPG
 
左はオサムシの幼虫からキノコが生えている
様子です。
右は冬虫夏草の全体像です。
 
今月のおまけ
 
総合学習・南野川小.JPG
 
 
7月13日に、南野川小学校の3年生が、総合学習で
南野川ふれあいの森へ来てくれました。
「ふれあいの森とは何か」とか「、どんな生き物が
いるのか」とかの質問の後、森の中を歩きました。
今度は家族の方と一緒に来て下さいネ。
 
 

Jul 15, 2015 04:03 PM

きれいなチョウの標本を見たよ

2015年6月 9日

6月の活動日は7日でした。

梅雨入り直前にもかかわらず、晴れて活動には最適な一日でした。

参加者は27名(うち子ども12名)で、今月もたくさんの
メンバーの参加がありました。
 
今月の活動は、フィールドビンゴ、生き物の観察と
草刈りでした(画像をクリックすると拡大します)。
なお今回は、東有馬在住のYさん(中3)のご好意により、
南野川ふれあいの森で観られるチョウの標本を見せて
いただきました。子どもたちはその美しさに大興奮
 
チョウの標本を見る.JPG
 
ノイバラにつく虫こぶはピンク色でした
観察会では、虫こぶも観察しました。
 
エゴノネコアシアブラムシが作った虫こぶ、エゴノネコアシ
ノイバラにつくピンクの虫こぶバラハタマフシは、バラハタマバチのしわざ。
アオキの実は、アオキミフクレフシというアオキミタマバエの虫こぶがついていましたが、すでに虫は脱出し、さなぎの殻が実にくっついていました。
 
虫こぶを観察中.JPG
虫こぶを観察中のメンバー
 
ノイバラの虫こぶ1.JPG
ピアスのように見えるノイバラの
虫こぶ
 
ノイバラの虫こぶ2.JPG
きれいなピンク色ノノイバラの
虫こぶ
 
アオキの虫こぶ.JPG
旅立ったアオキミタマバエの
置き土産?さなぎ殻の残った
アオキの実
 
その後ダンゴムシを子供たちが採集し、
棲んでいる場所や、足の数、オス、メスの
違い等を観察しました。
 
大人も子どもも草刈りに汗を流しました
 
草刈り1506.JPG
 
お手伝い.JPG
 
草刈りは、ドングリ広場と出会いの広場の2ヵ所で
主にアズマネザサの刈り取りを行いました。
子どもたちも大人に教わりながら、草刈り体験をし、
刈り取ったササを運んでくれました。
 
皆さんのがんばりで、広場は見違えるようにきれいに
なりました
お疲れさまでした。
 
 
 
 
 

Jun 10, 2015 05:14 PM

クサイチゴをいっぱい食べたよ!

2015年5月12日

クサイチゴ・群生1505.JPG
 
5月の活動日は快晴でした。
 
南野川ふれあいの森は、濃い緑に覆われ、
すでに夏の雰囲気が漂っていました。
 
メンバーの集まりは出足が悪く、集合時間には、
12名でした。
しかしその後どんどん増え、参加者は28名(うち
子供12名)の多きに至りました(画像をクリック
すると拡大します)。
 
エゴノキの白い花が見ごろでした。
 
 エゴノキの花と昆虫.JPG  観察1505.JPG
 
準備体操の後、直ちにビンゴゲームと、「花と
昆虫」の観察会を行いました。
 
観察会では、ナノハナ、ハルジオン、エゴノキ、
スイカズラ等で、受粉の手助けをしてくれる昆虫
に対して、それぞれどのような工夫をしているか、
じっくり観ました。
 
てんとう虫の掲示板が綺麗になりました。
 
 掲示板補修1505.JPG  散策路補修1505.JPG
 
設置してから5年が経過しているてんとう虫の
掲示板の再塗装と、お父さんたちが中心になって
散策路の柵作りに汗を流しました。
 
いちご狩りは楽しかった。
 
 ランチタイム1505.JPG  イチゴの収穫1505.JPG
 
昼食の後には、いちご狩りを予定していたた為、
子供たちは大急ぎで食事を済ませ、いちご狩りに
夢中になっていました。
なかにはたくさん採って、おみやげにする子も!
 
午後からも引き続き掲示板の塗装と、柵作りの
作業を行い、午後3時に5月の活動は終了しました。
皆さんお疲れさまでした。
 

May 12, 2015 07:47 PM

若葉の森でのビンゴゲームとブランコ

2015年4月13日

若葉の雑木林.JPG
   若葉の萌えたつ雑木林
 

今年度第1回目の活動日

5日が雨だったため、12日に変更しました。
雨模様の日が続いていましたが、昨夜の雨も上がり、
参加者は22名(うち子ども8名)と、まずまずのスタート
でした(画像をクリックすると拡大します)。
 
緑陰総会
 
子供たちが「森のおやくそく」を読み、その後「平成27年度
総会を開きました。
「野川はあも」の総会は部屋の中ではなく、森の中で行います。
 
総会では、「南野川ふれあいの森の更新について」の勉強会を
行うことや、「年会費の値上げ」等についても、話し合いました。
 
 森のお約束を読む.JPG    緑陰での総会.JPG
  「森のおやくそく」を読む         総会の様子
 
ビンゴゲーム形式の観察会
 
小鳥の声を聞いたり、白い花や飛んでいるものを探したり、
ビンゴの枡を埋めながら皆で森の中を歩きました。
菜の花を訪れたモンシロチョウや、日向ぼっこ中のカナヘビ
にも遭遇しました。
 
昼食後は恒例の懇親会を開き、親睦を深めました。
 
 自然観察2.JPG
 「これは何だろう?」熱心に
 観察中
 
ブランコは楽しい!
 
午後からは、子どもたちが楽しみにしていた「森のブランコ
遊び」です。
世界で一つしかない、お父さんたちの手作りブランコです。
 
今回は初めて体験する子どもたちもいて、最初は緊張して
いましたが、すぐに慣れ、順番待ちになるほどの盛況でした。
お父さん達お疲れさまでした。
 
 初めてのブランコ.JPG  初めてのブランコ2.JPG
 初めてのブランコで緊張、     頼もしいお姉さんに
 でも、がんばった           助けられて初体験
 
楽しい時間の経つのは早く、たちまち解散予定の3時になって
しまいました。
今年も楽しみながら、森での活動を続けて行きたいと思って
います。

Apr 13, 2015 02:13 PM

春が来る!

2015年3月 2日

3月1日の活動日は、朝から雨が降ったり止んだり

あいにくのお天気でした。
参加者も6名(うち子ども1名)と少なかったです。
 
体操のあと、春を迎える生き物を探して森の中へ。
土鳩らしき鳥の羽が散乱していたり、野鳥に
食べられたハラビロカマキリの卵鞘の残骸を見て、
改めて食うか食われるかの自然界の厳しさを
見せ付けられました。
 
ニワトコのつぼみが膨らみ、河津桜や菜の花、
ヒイラギナンテンも咲き始め、春が着々と近づいて
いるのを実感しました。
 
天気はその後も回復が望めず、参加者も少人数で
あったため、作業はコナラの倒木の処理と若干の
常緑樹の伐採を行い12時に解散しました。
画像をクリックすると拡大します。
 
観察中1503.JPG  常緑樹の伐採1503.JPG
 
ハラビロカマキリの卵鞘1503.JPG  猛禽にやられた1503.JPG
完璧に食べられてしまったハラビロカマキリの卵鞘(画像左)。
猛禽に襲われたのか羽毛が散乱していました(画像右)。
 
チラホラ咲きの河津桜1503.JPG  ナノハナ1503.JPG
咲き始めた河津桜を観る、はあものメンバー(画像左)。
森のお隣の畑では、菜の花が咲き始めました(画像右)。

Mar 2, 2015 05:33 PM

見つけやすい冬鳥

2015年2月 3日

2月1日にアリーノで野鳥のお話を
していただいた古田さんから、
「見つけやすい冬鳥」の画像を送っていただき
ました。
本件は古田さんのご好意により提供された
画像ですので、無断での転載や利用はご遠慮
下さい。
 画像をクリックすると拡大します
 
アオジ2.jpg ツグミ2.jpg
    アオジ             ツグミ
 
ジョウビタキ♂.jpg ジョウビタキ♀.jpg
   ジョウビタキ♂        ジョウビタキ♀

Feb 4, 2015 10:19 AM

落ち葉掻きと野鳥の話

2015年2月 3日

冷たい風にもめげず、28人集まった!

南野川ふれあいの森は快晴、しかし
気温は9℃、体感温度は0℃に近く感じた
朝でした。
それでも28名(うち子ども12名)の
参加がありました(画像をクリックすると
拡大します)。
 
森のお隣の畑では、4センチを越える
霜柱が見られました。
 
しもばしら.JPG
 

落ち葉掻きに汗を流しました

 
体操の後、1月に引き続き落ち葉掻きを
行いました。春に咲く草花のためには、
大切な作業です。
 
全員で掻き集めた落ち葉の山は、みるみる
高くなりましたが、前々日の降雪の影響で、
落ち葉は濡れていて、子供たちが楽しみに
していた落ち葉の山での遊びは、残念ながら、
中止しました。
 
皆で落ち葉掻き.JPG
 
ボクもお手伝い.JPG  何が見えたかな.JPG
ボクもお手伝いしているつもり(画像左)
スコープの向こうには何がみえるかな?(画像右)
 

野鳥の話は面白かった

 
午後からは、アリーノに場所を移して、スライドと
鳥の鳴き声の音声を交えて、古田さんに野鳥の
話をしていただきました。
 
スズメはなぜ人里近くに住むのかとか、
シジュウガラは1年に12万5千匹もの虫を
食べるとか、
飛べない鳥「コジュケイ」の話等々
今まで知らなかった数々の鳥の生き方の話に、
全員聞き入っていました。
 
いよいよ始まるぞ.JPG  判りやすかった解説.JPG
いよいよ始まるぞ!(画像左)
丁寧で判りやすかった説明(画像右)
 
都市で減少する雀.JPG
都市部で減少しているスズメ、どうしてかな?
 
終了後も質問が飛び交い、予定時間を30分以上も
オーバーするほど、充実した1日でした。

Feb 3, 2015 04:03 PM
toTop