ブログ(活動報告)

みどりに囲まれて

2016年5月10日

気持ち良かった!+大事件!

 5月8日(日)は、まさに「はあも日和」。
明るい日差しに若葉が輝き、風も穏やか、こんな日が活動日になるのは年に数回あるかないか。参加したのは25人、そのうちの11人はこどもメンバーでした。
 
DSC_0021.jpg いつもの体操に加えて、「ミラーマン」ゲームで体も気持ちもリラックスしたところで
《ビンゴで生き物探し》のスタート!
 
今回で13回目となる「はあもビンゴ」ですが、いつもに増して五感フル稼働でのビンゴです。
 
 
しゃがんで見えるもの、一番触り心地のいい葉っぱ、50数える間に聞こえる音を言葉にする、タンポポのように飛ぶ種を探して飛ばしてみる、赤いいちごとオレンジのいちごを味わってみる、3種類の白い花、羽がある虫、おもいきり深呼吸して空を見上げる・・・・
DSC_0015.jpg
DSC_0016.jpgDSC_0050.jpg
 
 
 
 
 
 
 
そんな風に森を満喫していたころ、とんでもない事件が発生
森と畑の間の道の切り株から、煙が上がってる!!!
みんなで、水筒の飲み物をかけたり(森には水がないのです)、土をかけたり消火作業にあたるものの煙の勢いは増すばかり、で119番通報です
消防車がやってきて大事にはならずほっとしました。
どうやら、通りがかりの人がたばこを切り株の穴に捨てたようです
絶対にやめてください、たばこの投げ捨て!
 
とんだハプニングで、1時間は無駄になり午後の作業へ。
午後は、先月の作業で作った杭を使って道沿いの柵を作りました。
森の中の落ち枝や伐採した竹や樹木を使って作ります。耐久性はありませんが森の中ではそれが一番なじみます。朽ちたころ、また作り直す。
 
DSC_0031.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
気持ち良い森での時間にとんでもない事件が悔しかったですが、大事にならなかったことに感謝しています。

May 10, 2016 10:10 PM

緑の中の作業は楽し(^^♪

2016年4月17日

 4月の作業日

4月から、月の半ばの土曜日に「作業日」を設けました。
今月は16日。
 
2週間前の活動日は、桜が満開で木々の葉っぱも頼りなげでしたが、
この日はもう元気な若葉色がいっぱいの森でした。
IMG01018-w.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
作業は、3月に伐採した常緑樹を、柵の杭にするために70センチほどに切る作業です。
シラカシ、ヤブツバキなどのしっかりしたものを選び出し、皆さん手際よく切っていきます。
あっという間に、50本ほどの棒が出来上がりました。
IMG01017-w.jpgのサムネール画像
            
人数は6人でしたが、
コジュケイやうウグイスのなく中での作業は、
暑くもなく寒くもなく、まだ虫なども少なく楽しかったです。
 
 
 
 
カラスノエンドウ、ヒメオドリコソウ(下右)、ジュウニヒトエ(下左)、キュウリグサ(二段目左)、つくし(二段目右)、オオイヌノフグリにハルジオン、タンポポと、森の縁にはかわいらしい春の野の花がたくさん見られました。
             
 
                                                                                                                             
        
IMG01020-w.jpgのサムネール画像            
IMG01025-w.jpgのサムネール画像
IMG01030-w.jpgのサムネール画像
IMG01027-w.jpgのサムネール画像
                

Apr 17, 2016 04:38 PM

動き出す。

2016年4月 4日

 28年度、始まりました。

今年度始めの活動日は3日。
天気は曇り…で…参加者は・・・・9人
始まる時刻になっても時々ぱらぱら降っていた雨のせいでしょうか、一回目なのに、残念な滑り出し。
 
それでも気を取り直し、作業から始めました。
 
先月「お社の森」付近の常緑樹を伐採しました。
その伐採した剪定枝を、道沿いに並べ柵にしました。
 
 
「カントリーヘッジ」風?と言えばよいのでしょうか。
 
CIMG2519-w.jpgのサムネール画像
CIMG2573-w.jpgのサムネール画像
          「道以外のところへは入らないでね」という視覚的心理的障害物です。朽ちてゆくので、長い期間は無理ですが、森の雰囲気を壊さず、気に入っています。
   
作業の後は、昨年度の活動報告と今年度の計画を確認しました。
そして本日のメインイベント!?
お花見!
はあもが始まってから、桜の花咲く真下で花見ができたのは初めてです。
 
CIMG2522.JPGCIMG2570-w.jpgコナラが芽吹く枝の間に、ヤマザクラの薄紅色の花が咲くさまは、森の中ならでは。
ちょうど見ごろのサクラを9人で満喫贅沢なひと時でした。
 
CIMG2521-w.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「はあもビンゴ」は、全員では行いませんでしたが、きょうちゃん、みいちゃん姉妹は「むずかしい」と言いながらもちゃんと見つけてきて、春のお花をコレクション。大人も各自ほろ酔い気分で、さまざまな動き始めた生き物の姿に小さな喜びを感じたのでした。
 
CIMG2578.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 雨の止んだ森では、「ホーホケキョ」とウグイスの名調子。
他にも、シジュウカラ、ヒヨドリ、コジュケイ、アオゲラなど、鳥もにぎやかな春の森でした。
 

Apr 4, 2016 04:18 PM

切る。

2016年3月10日

 ストレス発散?!

3月6日は、天気予報では雨が降る…ららら・・今年度最後の活動なのに・・・と思っていたのですが、曇り空ではあるものの降られずに予定通りの活動を行うことができました。
 
人数は、20人。半分は子どもたち。
「後出しじゃんけん」と体操で、頭と体を十分ストレッチしてから、はあもビンゴで始まりです。
IMG00954-w.jpg
 
はあもビンゴも、今回で11回目なので、なかなか難問も出てきます。
「お茶の実」なんて、お茶の木がどこにあったか、お茶の木がどれなのかを探さないと見つかりません。
「ブロッコリーみたいな芽」これも想像力を働かせて、アオキの芽、ニワトコの芽、子どもはこういう問題は、得意かな?
「草餅にする草」、ヨモギってわかる人も探し当てるとなると、まだ地面にい這いつくばっている状態なので、ちょっと難問だったよう。でも、おいしい草餅にするには、このぐらいがいいのです。
観察は、ビンゴカードをもとにヤブツバキやウグイスカグラの花を見たり、冬芽と葉痕や作業の予習で、常緑樹の葉っぱについてもさわって頭に入れました。
 
さて、作業は、常緑樹の伐採です。
昨年オオスズメバチが営巣したちょっと見通しが悪くなっていた場所と「お社の森」の常緑樹を切りました。
 
暗かった場所がみるみる明るくなっていきました。
お父さんを含め、「男子」はこういう作業は大好きですね。
日頃の生活のストレス発散?
とにかくみなさん楽しく早くきれいな仕事ぶりでした
IMG00966-w.jpg
IMG00965.jpg-w.jpg

Mar 10, 2016 05:17 PM

落ち葉にまみれ

2016年2月 7日

 風が!!

2月7日の活動日。
森に到着するなり、畑側から猛烈に冷たい風が!!ブルブル
お天気は良いのです・・・人数は少なそうだなあ・・
 
でも、うれしいことに、今回は南野川小から助っ人がたくさん来てくれたのです。
結局、大人が10人子どもが13人。そのうち、南野川小から5年生6人3年生1人、それに先生とお母さん。この助っ人の皆さんが、今回はすごーく頑張ってくれました
 

難問はあもビンゴ

今日のビンゴは、難問が。しもばしら・・・ピンクの小さな蕾・・・
ヒントを頼りに、あっちへ行ったりこっちへ行ったり。
ピンクの蕾は、「ウグイスカグラ」「カワズサクラ」                                                                                                         
IMGP1110-w.jpgIMGP1111-w.jpg

 落ち葉まみれ

作業は「野草を楽しむ散策路」の落ち葉掻きと先月積んだ落ち葉だめの天地返し。
小学生の作業のうまいこと早いこと、この前1回授業でやったとはいえ、みんな慣れた手つきで熊手を使い、メンバーの少なさを十分補ってくれたのでした。
腐葉土づくりのための落ち葉だめは、あまり大きな変化はなかったけど、落ち葉を積んだ下の方は、ほのかに土の匂いがして分解も始まっているようでした。
 
IMGP1115-w.jpgIMGP1116-w.jpg

鳥のお話

午後からは場所をアリーノのグループ室に移して、野鳥のお話を聞きました。
お話は昨年も来てくださいました古田浩行さん。
南野川ふれあいの森でみられる、シジュウカラやヤマガラ、コゲラ、エナガ、コジュケイなどの声を聴きながらその特徴を勉強しました。
また、鳥たちの楽しい子育てのお話も。
葉っぱが落ちた森では、鳥の姿をよく見ることができます。
この時期、耳と目とアンテナを張り巡らして、バードウォッチング楽しみたいと思います。
古田さんありがとうございます。
 
2月も盛りだくさんの楽しい活動となりました。 

Feb 10, 2016 10:33 PM

「生きものの冬越し」と腐葉土作り

2016年1月13日

ナノハナ畑1601.JPG
 
2016年最初の活動日は、ハナアブやハエの仲間も
飛び回るぽかぽか陽気の一日でした(参加者は21名
うち子供8名)。
 
体操の後は、恒例のフィールドビンゴです。答えを求めて、
皆で森の中を歩き回りました。
今回は活動が午後からだったためか、小鳥の声をチェック
出来なかった人が多かったようです(画像をクリックすると
拡大します)。
 
ホソヒラタアブ1601.JPG  ビンゴ11601.JPG
 
観察会は、生きものの冬越しの様子を観ました。
冬の森は一見何もないように見えますが、朽木の中や
倒木の下などで、春の訪れを待っているハサミムシやキセルガイ、
クワガタの幼虫などを見つけました。
 
カブトムシの幼虫1601.JPG  朽木の中の幼虫1601.JPG
 
キセルガイ1601.JPG  ハラビロカマキリの卵鞘1601.JPG
 
その後何年も前から企画していた、腐葉土作りに挑戦
しました。
木枠作り班と落ち葉掻き班に分かれて作業し、立派な
落ち葉溜めが出来上がりました。
 
木枠作1601.JPG  落ち葉かき21601.JPG
 
腐葉土作1601.JPG  落葉溜完成1601.JPG
 
夕方からは、近くの中華料理店「大天海」で新年会を
行い、大いに盛り上がりました。
 
新年会1601.JPG
 
今年も南野川ふれあいの森を楽しみましょう!
 

Jan 13, 2016 08:37 PM

今年最後の活動日は、雨でした!

2015年12月16日

朝から小雨が降ったりやんだりの、
寒い1日でした。
活動日としては悪条件の中、それでも13名
(うち子供5名)が参加してくれました。
 
先ず恒例のビンゴゲーム形式の自然観察です。
9個のマスをうめるため、それぞれ森の中へ!
五感を使っていろいろなものを探しました。
 
ビンゴの観察.JPG
 
 ビンゴの観察1.JPG
 

久しぶり(10年位ご無沙汰)にT昆虫博士も参加

本日のために持参していただいた、チョウや甲虫の
標本に子供たちは興味津々でした。
おみやげにオニグルミをたくさん頂きました。
これからも参加をお願いします。
 
竹内さん2.JPG
 

巣箱の清掃と取り付け

森の中に設置していた2個の巣箱を取り外すと、
両方の巣箱に、使用済みの巣が残っていました。
来年も子育てに利用されることをねがいながら、
巣箱を綺麗に清掃して、再設置しました。
 
巣箱の取り外しや取り付けには、子供たちが
中心になって行いました。
この経験は、将来必ず役に立つことでしょう。
 
巣箱の中身2.JPG
 
巣箱の取り付け2.JPG
取り付けは親子の共同作業でした
 

落ち枝拾い

午後からは、森の中に散乱している落ち枝を、
全員で拾いました。森の落ち葉かきを効率よく
行うためには大切な作業です。
 
森の紅葉はピークをやや過ぎていましたが、
晴れていれば、黄金色に輝いたクヌギやコナラの
黄葉が観られたのに、チョッピリ残念でした。
 
紅葉3.JPG
 
紅葉2.JPG
晴れた日の黄葉です。
 
その後もお天気は回復せず、気温も下がって
きたので、早めに作業を切り上げ、解散しました。
皆様寒い中、お疲れ様でした。
 

来年も南野川ふれあいの森で会いましょう。

Dec 16, 2015 10:37 AM

木の葉でしおりを作ったよ

2015年11月 2日

紅葉の柿の木.JPG
 
朝から快晴、しかし冷たい風が時折吹く、寒~い
一日でした。
参加者は14名(うち子供5名)と少なく、チョッピリ
淋しかったです。
森の入り口にある柿の木は、紅葉が進み、秋が
深まってきたと感じました。
画像をクリックすると拡大します
 
ツマグロヒョウモン.JPG
ツマグロヒョウモンです。コセンダングサの
蜜を求めてやってきました。
 
オオハナアブ.JPG
オオハナアブです。この後、セイタカ
アワダチソウの花へ移動しました。
 
ジョロウグモ・獲物.JPG
ジョロウグモがナミテントウをゲット。
お腹が大きく膨らんでいます。
 

秋の自然を探すビンゴ

野川はあも特製のビンゴの答えを求めて、森の
中を歩き回りました。
自分の眼で、自然の移り変わりを観察するのが、
狙いです。今回は紫色の花を探すのが、難しかった
ようです。
 
IMG_6228.JPG
 

木の葉で作るしおり

森の中にある葉っぱを利用して、皆でしおりを
作ました。12月に予定されている、風の子まつりの
おまけとして使います。
子供たちも一緒になって、流れ作業で120枚が
出来上がりました。皆さんのセンスが光るしおりです。
IMG_6248.JPG
 
IMG_6246.JPG
 
IMG_6249.JPG
 
午後からは、24日に吹いた木枯らし1号の影響で、
散乱した落ち枝の片付けと、どんぐり拾いを行い
ました。
どんぐりは、皆さんに持ち帰って鉢植えにして育てて
もらい、1年後には森に戻してもらう予定です。
 
IMG_6232.JPG
 
今回の活動日は、寒かったこともあって、作業も
早めに切り上げ、2時30分に解散しました。
皆さま、お疲れさまでした。
 

Nov 2, 2015 11:10 AM

10月の活動日は快晴でした!

2015年10月 6日

真っ青な空.JPG
 
真っ青な空、少しだけ長くなった子供たちの影、
10月4日の活動日には、25名(そのうち子どもは11名でした)が
参加しました。
 
準備体操の後、岡さんの指導でアイスブレイクを
行いました。自然の中で、子どもたちだけでなく大人も
実に楽しそうでした(画像をクリックすると拡大します)。
 
アイスブレイク1.JPG  アイスブレイク2.JPG
子どもたちは楽しそう     大人だって楽しい!
 

ジョロウグモは綺麗好き

自然観察は、クモ、虫こぶ、木の実などの観察を
行いました。
花と実が同時に観られるお茶の木、触るのに勇気が
いるエゴノキについた虫こぶ、お腹がパンパンになった
産卵が間近のハラビロカマキリ、コセンダングサで
吸蜜中のアゲハチョウやヒョウモンチョウなどが、観察
できました。
 
オチャの花と実.JPG
お茶の木では花と実が同時に
観られました。
 
エゴノキの虫こぶ.JPG
昆虫の卵のようなエゴノキの葉に
ついた虫こぶ。触るのは少し勇気が
いるようです。
 
ハラビロカマキリ.JPG
枯れ枝に擬態したハラビロカマキリ。
お腹はパンパンでした。
 
アゲハチョウ.JPG   ヒョウモンチョウ.JPG
蜜を求めてやってきたアゲハチョウとヒョウモンチョウです。
アゲハチョウは後翅の一部が欠けていました。
 
今回の観察で最も人気があったのは、ジョロウグモ
でした。
クモの網にスプレーで水を吹き付けると、網の輪郭が
鮮やかに浮かび上がりました。
 
また偶然クモの網に引っかかった枯れ葉を一生懸命
取り除くジョロウグモを観ることが出来ました。
意外と清潔好きですね。
 

大きな枝が沢山落ちていました。

先週の記録的な強風の影響で、森の中には沢山の
木の枝が落ちていました。全員で落ち枝と倒れていた
朽ち木を整理しました。
 
落ち枝の撤去.JPG   朽木の撤去.JPG
木の枝が沢山落ちて    1人で運べるわけないよ!
いました。
 
午後からは午前中の作業の続きと、草刈りを行いました。
汗ばむような陽気の中、皆さんの協力で午後3時には、
本日の予定は全て終了しました。
皆さんお疲れさまでした。

Oct 27, 2015 02:59 PM

9月の活動日もムシムシでした

2015年9月 7日

9月6日 台風18号北上中の影響で前線が停滞し、
今にも泣き出しそうな空模様でしたが、
23名(うち子供9名)の皆さんが、元気に
集まってくださいました。

スペシャルフィールドビンゴは手強いぞ!

準備体操をしてから、早速フィールドビンゴです。
今回は野川はあも特製のスペシャル版で、升目が
25個もあり、大人と子供がペアを組み挑戦しました。
 
セミの声、風の音から、揉むと良い香りのする
葉っぱまで、答えを探して森の中を歩き回りました。
(画像をクリックすると拡大します)
 
ビンゴ1 1509.JPG  ビンゴ21509.JPG
 

長柄の鎌が大活躍!

ビンゴゲームの後は、「野草の散策路」の草刈りを
行いました。
夏草やアズマネザサが勢いよく伸びていて、かなりの
作業量になりました。
 
今回も長柄の鎌が威力を発揮し、効率よく作業が
出来ました。
 
草刈り11509.JPG  草刈り21509.JPG
 
まだ夏は去ってくれませんが、森の中では、
カラスウリがスイカのような実をつけ、センニンソウの
花が咲き、近づく秋を感じながら、3時少し前に、今月の
活動は終了しました。
 
アオバハゴロモ1509.JPG
押すなよ、絶対押すなよ!
アオバハゴロモがアオキの枝に
群がっていました。
 
カラスウリの若い実1509.JPG
スイカのような縦じまの入った若い
カラスウリの実です。
もうすぐ真っ赤になります。
 
センニンソウの花1509.JPG
センニンソウの花です。
この花が咲いて、セミの声が静かに
なると、秋です。
 
皆さんお疲れさまでした。
 
次の日曜日は萌芽更新の勉強会です。
皆様のご参加をお待ちしています。

Sep 24, 2015 11:44 AM
toTop