ブログ(活動報告)

さむ~~~(*_*;

2016年12月12日

 今年最後の活動日

11日は今年最後の活動日!
空は真っ青、朝から風が強く、まだ落葉前の森は日陰とあって、・・・・・ぶるぶる
そのためか、人数も寒い・・・大人10人、子ども5人はちょっとさびしい・・・
でも森は最高の色付きでした。
IMGP1838.ーwJPG.JPG
「はあもビンゴ」の一こまに「森の中で空を15秒見上げる」という項目があったのですが、背景の青に、まさに錦、冬の柔らかい光が差し込み、それはそれはきれいでした。
 
「違う形の葉っぱを5枚拾う」と、大きさだけでなく色合いや、葉の周りのとげとげ(鋸歯といいます)など、さまざま。落ち葉といえどもそれぞれに美しいのですね。
「落ち葉のにおいをかぐ」と、これまた葉によって微妙ににおいも違う、これも発見でした。
そんななか、マンリョウ、オモト、マユミといった、赤い実が森の中小さなアクセントとなっていました。
IMGP1835ーw.JPG
はあもビンゴのあとは、樹木ウォッチング。
なぜ、葉の色が変わるのか、今緑色の葉はいつ落ちるのか、木の傾きを支える根の話、などを聞きながら、樹木を見ると、木も生き物だなあ、と再認識しました。
途中、コナラの木が樹液を出していました。白く発酵してちょっとぶくぶく、酸っぱいにおい。この時期でも樹液が出ているんですね。
 
それからは、巣箱の取り外しと取り付けです。
昨年3個設置したのに、残念ながらそのうち2個が落下してしまいました。
残る1個を取り外してみると、少し巣作りした様子は残っていましたが、途中でお引越しした様子。今年は、ちょっと寂しい結果となりました。
IMGP1857-w.JPG
 
そこで、今回はしっかり取り付けを行いました。
子ども達も、高い梯子の上で何回も結びなおしながら、
取り付けました。
全部で4個、シジュウカラさん、安心して使って下さいね。                     
IMGP1860-w.JPGのサムネール画像
今日の予定の竹ベンチ作成は、人数が足りずまたもや延期、来年の初仕事になりそうです。
 
とにかく寒かった1日。
お日様の光がどんなに暖かく心地よいか、実感した1日でもありました。
 
寒かったけど、季節の変化をしっかり感じ取れた今年最後の定例活動でした。
 
お疲れ様でした。
IMGP1837ーw.JPG 
 

Dec 12, 2016 01:57 PM

ゆっくりと冬支度

2016年11月 7日

 実りの森で

11月6日の活動日は、
久々に参加してくれたメンバーが何人か、そして初めて参加の方もいて、嬉しい活動日でした。子ども7人、大人13人の参加でした。
お天気も、暑くもなく寒くもなく、快適です。
 
始まりは今回も「はあもビンゴ」です。
 
そろそろ秋も深まり、赤や紫や黒の実が森の中では見られます。
「紫の実」は、その名もムラサキシキブ。
近頃、森では増えてきた樹木です。日当たりが良くなったためか、花も実も観察することができるようになりました。
ムラサキシキブ実1.JPG
 
ビンゴのあとは、早速作業です。
先月残してしまった枯木の処理です。
今月も、切る作業はかわりばんこにのこぎりを手にして、約1時間かけて倒しました。。
 
 
午後は、ちょっと楽しい発見で始まりました。
カブトムシとシロテンハナムグリの幼虫、この時期は土の中ですごしていますが、
地上に出してその歩き方を見てみると・・・
DSC_0460.JPG-w.JPG
 
なんとカブトムシは、普通に足を使ってもぞもぞ前進するのですが、
ハナムグリの方は、なぜか仰向けで背中を使って進むのです。
そう、間寛平さんの「かいーの」のギャグの動きそのままに、しかも早い!!
なんともユーモラス!!!
 
さて、午後は「こも巻き」です。
本来マツの害虫駆除のために、冬を迎える前に行う作業です。
こもを幹に巻き付けて、寒さを避ける虫がこの中に入って越冬し、春にこのこもごと焼いて虫を駆除します。最近は、害虫のみならずすべての虫を駆除してしまうことになるためにあまり行われてはいません。
 
はあもでは、どんな虫がいるのかを調べるために、今年初めて行うことにしました。
ヤマザクラ、コナラ、クヌギ、エノキ、サワラ、の5本です。来春、あけてみるのが楽しみです。
DSC_0470.JPG-w.JPG
 
こも巻きをしながら、どんぐり探しも。DSC_0467.JPG-w.JPG
このどんぐり、来月の風の子まつりに使います。
何になるかはお楽しみ。
 
周辺の町の木は、紅葉が始まっていましたが、森の中の木々はまだまだ。
柿木が色づいたぐらいでした。来月の活動日は、黄色くなっている頃でしょうか。ヤマノイモの黄葉.JPG

Nov 21, 2016 10:01 PM

クモ王国

2016年10月15日

 今日は作業日、というか調査日でした。

今日は、アボイド調査をしました。
 
森の危険な樹木の調査です。
 
危険・・・つまり枯れている木や、太い枯れ枝のある木、折れた枝が引っ掛かっている木、
キノコが出ている木など、森とは言っても公園と同じように誰でも入れる場所なので、注意しておくべき樹木です。
 
DSC_0383-w.JPG
 
よく見ると結構ありました。
いつの間にか枯れてしまっていたものが何本か見つかりました。
 
それにしても改めて背高のっぽの木が多いこと!
森の中では光を求めて、上へ上へと伸びるのですね。
 
 
しかし、今日はなんといってもクモの巣に驚きました。
ジョロウグモの巣が、あちらこちらに。
しかも、畳2畳分ぐらいある大きなものがあって、どんぐり広場は、クモ包囲網状態!!!
高いところでは、地上3mぐらいのところにも。
 
 
DSC_0385.JPGのサムネール画像
 
ジョロウグモの色彩の美しさ、精巧な網の張り方に魅了されたのでした
 
 

Oct 15, 2016 09:31 PM

2016秋号~でました。

2016年10月12日

 4コマ漫画登場!

1年に4回発行している一般の方向けのレター‘四季報‘今年の秋号ができました。
 
今年の春号から、今までのモノクロA3判から、カラー印刷A4両面となりました。
 
そして今号からは、
4コマ漫画のコーナーができました。
メンバーの絵の上手な虫屋さんオリジナル漫画です。
 
なので、出てくるのも虫。
今号は「ヤママユガ」です。
 
四季報は、川崎市の宮前図書館、アリーノ、野川こ文、野川いこいの家、JAセレサ川崎鷺沼支店店頭
などに置かせていただいております。
 
ぜひ手に取ってご覧ください。
 
またこのホームページの「四季報」をクリックしていいただくと、今号はもちろんバックナンバーもご覧いただけます。
 
 

Oct 12, 2016 01:15 PM

木を倒す

2016年10月 3日

力を合わせて。。

10月2日日曜日 。
前日がはっきりしないお天気だったので、順延で運動会が行われたり、
秋祭りがあったり
のせいでしょうか、お天気はまずまずだったのですが参加者は13人。
そのうち子どもは3人と、はあもとしては珍しく「大人の活動日」になってしまったかな。
 
でもね、「はあもビンゴ」は年齢関係なしですので、全員でトライ。
前回25マスという難関にチャレンジしたせいか、今回はいつもの9マスなので、楽勝?だったようで、全員ビンゴ!!
 
そこで、ビンゴのお題を解きながら、【野草を楽しむ散策路】を観察して歩きました。
 
2年越しで実ったクヌギの丸いどんぐり
タマバエによって作られた虫こぶ、エゴノキハウラタマフシ
ツバキにそっくりなお茶の花と実
木の上が好きな外来種の大きな声?で鳴くアオマツムシ
後ろ羽の突起を頭に見せかけて逃げる作戦のウラナミシジミ
実はゴキブリに近いカマキリ
それにきのこでは、煙(胞子)をはくフクロツチガキに、さわるとかさの色が青くなるイグチの仲間・・・・と、いろいろ見つけたのでした。
 
 ↓アオマツムシ             ↓ウラナミシジミ
IMGP1660-w.JPGIMGP1661.JPG↓フクロツチガキ
IMGP1657-w.JPGのサムネール画像
 
 
 
 
 
 
 
 
 
作業は枯れの木の処理。
 
道沿いのコナラが、枯れてから何年か経ちキノコだらけになっていたので、そろそろ危険と思い、倒すことにしました。
枯れているし、それほど切るのは大変ではないだろうと思っていたら、大間違い
 
みんなでかわりばんこに、のこぎりを持ちがんばったのですが、お昼までに倒すことができず、
午後再開し、やっと倒しました。
やっぱり樹木は強い。改めて、木の強さを思い知りました。

[続きを読む]

Oct 3, 2016 09:52 PM

決行、大正解!

2016年9月16日

 クモ、きのこ、バッタ・・・

9月4日の活動日の朝。
かなり降ってる雨…やるかどうか決断のリミットは7時半・・・・
あらゆる天気予報と雨雲レーダーをチェックして
「大丈夫!やろう!」と決めました。
 
決行の知らせに、大人12人に子どもが9人合わせて21人が集まってくれました。
昼過ぎにさあーっと一雨来ましたが、森の中ではほとんどぬれず、無事に行うことができました。かなり蒸し暑かったけどね
 
9月はいつもの「はあもビンゴ」をグレードアップして
スペシャルフィールドビンゴ
お題は25個に、問題付き。これを30分でクリアせねばなりません。
DSC_0263.jpg
 
 
「メガネの形の種」→ヌスビトハギの種
「赤と黒の実」→ゴンズイの実
「自分と同じくらいの高さの木」
「虫の死骸」
などなど
大人も子どももまじめにじっくり探しました。
 
森の中はクモの巣がいっぱいでそれをよけながら、顔より大きいキノコを見つけたり、ミンミンゼミとツクツクボウシの大合唱で鳥の声が聞こえなかったり、もうクヌギの茶色いどんぐりが落ちていたりと、夏と秋が混在している森でした。
 
DSC_0268.jpgDSC_0270.jpg
ビンゴのあとは、落ち枝拾い。台風が来たりして、枯れ枝がたくさん落ちていたので、全員、一つのエリアを3分間できれいにします。
そのあとはお昼を挟んで、草刈りでした。
8月に作業できなかったので、伸び放題でしたが、頑張りました。森の入り口、散策路ともかなりきれいに刈ることができました。
DSC_0273.jpg
DSC_0274.jpg
かなり汗をかきました。サウナ以上かも?
お疲れ様でした。
 

Sep 16, 2016 10:39 PM

遊んだ!草刈った!汗かいた!

2016年7月 8日

 虫も、キノコも、鳥も、たくさん。

7月3日が活動日でした。大人が13人、子どもが9人、併せて21人の参加者でした。
天気は晴れ、最高気温は33度を超える暑い日となりました。
でもいつものように、森の中は木陰でずいぶん涼しい
 
はあもビンゴのあとは、「バット(こうもり)」と「モス(蛾)」ゲームをしました。
目の見えないコウモリは、モスの発する音を頼りに追いかけますが、なかなか捕まらず、ギャラリーも大笑いのゲームでした。
 
続いては、ネイチャーゲーム「カモフラージュ」。
自然の中にはないものを目で探すゲーム。
限られた範囲を目を皿にして探しました。でもなかなか見つからない
子どもの方が、やっぱり目がいい。たくさん見つけられたのはこども達でした。
DSC_0179-w.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゲームのあとは、作業です。
今回も下草刈です。     
しっかり刃物の使い方を復習して、各自鎌を持って、【野草を楽しむ散策路】と畑の境を刈りました。
DSC_0182-w.jpg 刈っていると、大きなミミズがたくさん出てきたり、思わぬところにカブトムシがいたり、かわいいキノコがいっぱい出ていたり…いつもたくさんの生き物でにぎわっている森の地面です!
 
 
 
お昼には、冷たいアイスでしばし涼み、再び作業開始。
森の中には、いろんなチョウが飛んでいました。
 
DSC_0207-w.jpg
DSC_0205-w.jpg
DSC_0200-w.jpg
↑コジャノメ
 
←ミズイロオナガシジミ
 
    キタテハ→
 
 
 
暑かったけど、たくさん汗をかいて、草刈してきれいになって、
 
 
おまけ
こんなものも見つけました。
DSC_0183-w.jpg
たぶんゲジの抜け殻。

Jul 19, 2016 03:24 PM

夜の観察会2016

2016年6月30日

 夜の森はやっぱりワクワク

今年の夜の観察会は、例年よりちょっと早め、6月26日に行いました。
先生のご都合で、予定より1日遅れての開催となりました。予定変更により参加できなかった方にはお詫び申し上げます。
結果的には、前日よりも天気が良く気温も上がり、多くの生き物を観察することができたと思います。
 
講師の先生は、今年もプロナチュラリストの佐々木洋さんが来てくださいました。
参加者は、メンバーに加え一般の方も含めて31人、子どもは小学生低学年を中心に13人でした。
IMGP1494.JPG
 
まずは、コガネムシとカナブンのちがい。夜活動して葉っぱを食べるコガネムシ、昼樹液や果実を食べるカナブン。実際にカナブンの飛び方も観察。硬い羽根は持ち上げるだけ中の羽だけで飛ぶカナブン・・・・ふむふむ似ていても全く違うのですね。
 
出会いの広場を18時半に出て、どんぐり広場から森を一周しました。
この日の日没はおおよそ19時ということで、木漏れ日広場へ下るころにはとっぷり日が暮れました。
そんな暗い中でも、活動している生き物を次々に見つける先生、子どもたち、すごい!
ゾウムシ、アオバハゴロモの幼虫、オオヒラタシデムシ、ナナフシモドキ、ナナフシ、網を張替え中のオニグモ、サツマノミダマシ、ナガゴマフカミキリ、カマキリの赤ちゃん、クワガタ、カブトムシ、キノコ虫、・・・・
DSC_0138.jpg
 
そして、今回もコウモリ探知機を使って、コウモリの声を聴き、コウモリの姿をキャッチして、夜ならではの観察でした。
 
佐々木先生のお話は子どもにもわかりやすく、あっという間の1時間半でした。
ありがとうございました。
 

Jun 30, 2016 02:56 PM

その気になると

2016年6月13日

 雨の合間の活動日

6月5日が活動予定日でしたが、あいにくの雨のため12日に行いました。
順延になると、人数が少なくて少し寂しいのですが、大人9人子ども5人の14人で行いまた。
梅雨の時期は、活動日に雨が降らないように毎回ドキドキですが、12日は曇りで蒸し暑さもなく、快適な森でした。
 
ストレッチと、じゃんけんで新聞の陣地を確保するゲームで、体と気持ちをほぐしてからスタート。
 
今回のはあもビンゴは、シンプルだったのですが、15分と短い時間で9このクリアは、足も目も耳もフル稼働しないと大変です。
《紫色の花》が難しかったみたい。その名も「ムラサキシキブ」が咲き始めていました。
 
IMG_4875(3).JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
観察は虫。
とにかく自分で見つけて、できたらつかまえてみよう、でも虫はそーっと静かに近づかないとすぐ逃げたり隠れたりなので、そーっと・・・
始めは、なかなか見つからなかったのですが、小さな動きを発見すると不思議と次から次へと見つかるもんです。
 
IMG_4885(2).JPGIMG_4892(2).JPGIMG_4894(2).JPG
補虫網もなく、捕まえるのは大変だったけど、その気になると捕まえることもできました。森のなか、様々な虫が忙しそうでした。
 
作業はどんぐり広場の草刈です。
思ったほど暑くもなく蚊も少なく、気もちの良い作業でした。その気になると、人数が少なくてもかなりの範囲をきれいに刈るることができました。
IMG_4903.JPG

Jun 23, 2016 03:44 PM

草刈りエクササイズ

2016年5月14日

 草刈り始まる。

5月8日の作業日は、「出会いの広場」の草刈でした。
 
植物の生長は早い!
出会いの広場は、背の高いカモジグサ、ヒメジオンなどぐんぐん伸びていました。
5月にしては、夏日を記録する暑い日でしたが、森の中は風があるのでとても涼しく、草刈りには上々のお天気です。
4人ではありましたが約1時間、黙々と鎌を持つ手を動かしました。
 
草刈りは、緑の中のエクササイズ! 
心も体も、そして広場もすっきりリフレッシュしたのです。
 
画像は、作業前→作業中→作業後
 
DSC_0060.jpg
 
 
 
 
 
 
 
DSC_0061.jpgDSC_0064.jpgのサムネール画像
 
 
 
 
 
 

May 14, 2016 10:40 PM
toTop