Home »  ブログ »  活動報告

ブログ(活動報告)

決行、大正解!

2016年9月16日

 クモ、きのこ、バッタ・・・

9月4日の活動日の朝。
かなり降ってる雨…やるかどうか決断のリミットは7時半・・・・
あらゆる天気予報と雨雲レーダーをチェックして
「大丈夫!やろう!」と決めました。
 
決行の知らせに、大人12人に子どもが9人合わせて21人が集まってくれました。
昼過ぎにさあーっと一雨来ましたが、森の中ではほとんどぬれず、無事に行うことができました。かなり蒸し暑かったけどね
 
9月はいつもの「はあもビンゴ」をグレードアップして
スペシャルフィールドビンゴ
お題は25個に、問題付き。これを30分でクリアせねばなりません。
DSC_0263.jpg
 
 
「メガネの形の種」→ヌスビトハギの種
「赤と黒の実」→ゴンズイの実
「自分と同じくらいの高さの木」
「虫の死骸」
などなど
大人も子どももまじめにじっくり探しました。
 
森の中はクモの巣がいっぱいでそれをよけながら、顔より大きいキノコを見つけたり、ミンミンゼミとツクツクボウシの大合唱で鳥の声が聞こえなかったり、もうクヌギの茶色いどんぐりが落ちていたりと、夏と秋が混在している森でした。
 
DSC_0268.jpgDSC_0270.jpg
ビンゴのあとは、落ち枝拾い。台風が来たりして、枯れ枝がたくさん落ちていたので、全員、一つのエリアを3分間できれいにします。
そのあとはお昼を挟んで、草刈りでした。
8月に作業できなかったので、伸び放題でしたが、頑張りました。森の入り口、散策路ともかなりきれいに刈ることができました。
DSC_0273.jpg
DSC_0274.jpg
かなり汗をかきました。サウナ以上かも?
お疲れ様でした。
 

Sep 16, 2016 10:39 PM

遊んだ!草刈った!汗かいた!

2016年7月 8日

 虫も、キノコも、鳥も、たくさん。

7月3日が活動日でした。大人が13人、子どもが9人、併せて21人の参加者でした。
天気は晴れ、最高気温は33度を超える暑い日となりました。
でもいつものように、森の中は木陰でずいぶん涼しい
 
はあもビンゴのあとは、「バット(こうもり)」と「モス(蛾)」ゲームをしました。
目の見えないコウモリは、モスの発する音を頼りに追いかけますが、なかなか捕まらず、ギャラリーも大笑いのゲームでした。
 
続いては、ネイチャーゲーム「カモフラージュ」。
自然の中にはないものを目で探すゲーム。
限られた範囲を目を皿にして探しました。でもなかなか見つからない
子どもの方が、やっぱり目がいい。たくさん見つけられたのはこども達でした。
DSC_0179-w.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゲームのあとは、作業です。
今回も下草刈です。     
しっかり刃物の使い方を復習して、各自鎌を持って、【野草を楽しむ散策路】と畑の境を刈りました。
DSC_0182-w.jpg 刈っていると、大きなミミズがたくさん出てきたり、思わぬところにカブトムシがいたり、かわいいキノコがいっぱい出ていたり…いつもたくさんの生き物でにぎわっている森の地面です!
 
 
 
お昼には、冷たいアイスでしばし涼み、再び作業開始。
森の中には、いろんなチョウが飛んでいました。
 
DSC_0207-w.jpg
DSC_0205-w.jpg
DSC_0200-w.jpg
↑コジャノメ
 
←ミズイロオナガシジミ
 
    キタテハ→
 
 
 
暑かったけど、たくさん汗をかいて、草刈してきれいになって、
 
 
おまけ
こんなものも見つけました。
DSC_0183-w.jpg
たぶんゲジの抜け殻。

Jul 19, 2016 03:24 PM

夜の観察会2016

2016年6月30日

 夜の森はやっぱりワクワク

今年の夜の観察会は、例年よりちょっと早め、6月26日に行いました。
先生のご都合で、予定より1日遅れての開催となりました。予定変更により参加できなかった方にはお詫び申し上げます。
結果的には、前日よりも天気が良く気温も上がり、多くの生き物を観察することができたと思います。
 
講師の先生は、今年もプロナチュラリストの佐々木洋さんが来てくださいました。
参加者は、メンバーに加え一般の方も含めて31人、子どもは小学生低学年を中心に13人でした。
IMGP1494.JPG
 
まずは、コガネムシとカナブンのちがい。夜活動して葉っぱを食べるコガネムシ、昼樹液や果実を食べるカナブン。実際にカナブンの飛び方も観察。硬い羽根は持ち上げるだけ中の羽だけで飛ぶカナブン・・・・ふむふむ似ていても全く違うのですね。
 
出会いの広場を18時半に出て、どんぐり広場から森を一周しました。
この日の日没はおおよそ19時ということで、木漏れ日広場へ下るころにはとっぷり日が暮れました。
そんな暗い中でも、活動している生き物を次々に見つける先生、子どもたち、すごい!
ゾウムシ、アオバハゴロモの幼虫、オオヒラタシデムシ、ナナフシモドキ、ナナフシ、網を張替え中のオニグモ、サツマノミダマシ、ナガゴマフカミキリ、カマキリの赤ちゃん、クワガタ、カブトムシ、キノコ虫、・・・・
DSC_0138.jpg
 
そして、今回もコウモリ探知機を使って、コウモリの声を聴き、コウモリの姿をキャッチして、夜ならではの観察でした。
 
佐々木先生のお話は子どもにもわかりやすく、あっという間の1時間半でした。
ありがとうございました。
 

Jun 30, 2016 02:56 PM

その気になると

2016年6月13日

 雨の合間の活動日

6月5日が活動予定日でしたが、あいにくの雨のため12日に行いました。
順延になると、人数が少なくて少し寂しいのですが、大人9人子ども5人の14人で行いまた。
梅雨の時期は、活動日に雨が降らないように毎回ドキドキですが、12日は曇りで蒸し暑さもなく、快適な森でした。
 
ストレッチと、じゃんけんで新聞の陣地を確保するゲームで、体と気持ちをほぐしてからスタート。
 
今回のはあもビンゴは、シンプルだったのですが、15分と短い時間で9このクリアは、足も目も耳もフル稼働しないと大変です。
《紫色の花》が難しかったみたい。その名も「ムラサキシキブ」が咲き始めていました。
 
IMG_4875(3).JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
観察は虫。
とにかく自分で見つけて、できたらつかまえてみよう、でも虫はそーっと静かに近づかないとすぐ逃げたり隠れたりなので、そーっと・・・
始めは、なかなか見つからなかったのですが、小さな動きを発見すると不思議と次から次へと見つかるもんです。
 
IMG_4885(2).JPGIMG_4892(2).JPGIMG_4894(2).JPG
補虫網もなく、捕まえるのは大変だったけど、その気になると捕まえることもできました。森のなか、様々な虫が忙しそうでした。
 
作業はどんぐり広場の草刈です。
思ったほど暑くもなく蚊も少なく、気もちの良い作業でした。その気になると、人数が少なくてもかなりの範囲をきれいに刈るることができました。
IMG_4903.JPG

Jun 23, 2016 03:44 PM

草刈りエクササイズ

2016年5月14日

 草刈り始まる。

5月8日の作業日は、「出会いの広場」の草刈でした。
 
植物の生長は早い!
出会いの広場は、背の高いカモジグサ、ヒメジオンなどぐんぐん伸びていました。
5月にしては、夏日を記録する暑い日でしたが、森の中は風があるのでとても涼しく、草刈りには上々のお天気です。
4人ではありましたが約1時間、黙々と鎌を持つ手を動かしました。
 
草刈りは、緑の中のエクササイズ! 
心も体も、そして広場もすっきりリフレッシュしたのです。
 
画像は、作業前→作業中→作業後
 
DSC_0060.jpg
 
 
 
 
 
 
 
DSC_0061.jpgDSC_0064.jpgのサムネール画像
 
 
 
 
 
 

May 14, 2016 10:40 PM

みどりに囲まれて

2016年5月10日

気持ち良かった!+大事件!

 5月8日(日)は、まさに「はあも日和」。
明るい日差しに若葉が輝き、風も穏やか、こんな日が活動日になるのは年に数回あるかないか。参加したのは25人、そのうちの11人はこどもメンバーでした。
 
DSC_0021.jpg いつもの体操に加えて、「ミラーマン」ゲームで体も気持ちもリラックスしたところで
《ビンゴで生き物探し》のスタート!
 
今回で13回目となる「はあもビンゴ」ですが、いつもに増して五感フル稼働でのビンゴです。
 
 
しゃがんで見えるもの、一番触り心地のいい葉っぱ、50数える間に聞こえる音を言葉にする、タンポポのように飛ぶ種を探して飛ばしてみる、赤いいちごとオレンジのいちごを味わってみる、3種類の白い花、羽がある虫、おもいきり深呼吸して空を見上げる・・・・
DSC_0015.jpg
DSC_0016.jpgDSC_0050.jpg
 
 
 
 
 
 
 
そんな風に森を満喫していたころ、とんでもない事件が発生
森と畑の間の道の切り株から、煙が上がってる!!!
みんなで、水筒の飲み物をかけたり(森には水がないのです)、土をかけたり消火作業にあたるものの煙の勢いは増すばかり、で119番通報です
消防車がやってきて大事にはならずほっとしました。
どうやら、通りがかりの人がたばこを切り株の穴に捨てたようです
絶対にやめてください、たばこの投げ捨て!
 
とんだハプニングで、1時間は無駄になり午後の作業へ。
午後は、先月の作業で作った杭を使って道沿いの柵を作りました。
森の中の落ち枝や伐採した竹や樹木を使って作ります。耐久性はありませんが森の中ではそれが一番なじみます。朽ちたころ、また作り直す。
 
DSC_0031.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
気持ち良い森での時間にとんでもない事件が悔しかったですが、大事にならなかったことに感謝しています。

May 10, 2016 10:10 PM

緑の中の作業は楽し(^^♪

2016年4月17日

 4月の作業日

4月から、月の半ばの土曜日に「作業日」を設けました。
今月は16日。
 
2週間前の活動日は、桜が満開で木々の葉っぱも頼りなげでしたが、
この日はもう元気な若葉色がいっぱいの森でした。
IMG01018-w.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
作業は、3月に伐採した常緑樹を、柵の杭にするために70センチほどに切る作業です。
シラカシ、ヤブツバキなどのしっかりしたものを選び出し、皆さん手際よく切っていきます。
あっという間に、50本ほどの棒が出来上がりました。
IMG01017-w.jpgのサムネール画像
            
人数は6人でしたが、
コジュケイやうウグイスのなく中での作業は、
暑くもなく寒くもなく、まだ虫なども少なく楽しかったです。
 
 
 
 
カラスノエンドウ、ヒメオドリコソウ(下右)、ジュウニヒトエ(下左)、キュウリグサ(二段目左)、つくし(二段目右)、オオイヌノフグリにハルジオン、タンポポと、森の縁にはかわいらしい春の野の花がたくさん見られました。
             
 
                                                                                                                             
        
IMG01020-w.jpgのサムネール画像            
IMG01025-w.jpgのサムネール画像
IMG01030-w.jpgのサムネール画像
IMG01027-w.jpgのサムネール画像
                

Apr 17, 2016 04:38 PM

動き出す。

2016年4月 4日

 28年度、始まりました。

今年度始めの活動日は3日。
天気は曇り…で…参加者は・・・・9人
始まる時刻になっても時々ぱらぱら降っていた雨のせいでしょうか、一回目なのに、残念な滑り出し。
 
それでも気を取り直し、作業から始めました。
 
先月「お社の森」付近の常緑樹を伐採しました。
その伐採した剪定枝を、道沿いに並べ柵にしました。
 
 
「カントリーヘッジ」風?と言えばよいのでしょうか。
 
CIMG2519-w.jpgのサムネール画像
CIMG2573-w.jpgのサムネール画像
          「道以外のところへは入らないでね」という視覚的心理的障害物です。朽ちてゆくので、長い期間は無理ですが、森の雰囲気を壊さず、気に入っています。
   
作業の後は、昨年度の活動報告と今年度の計画を確認しました。
そして本日のメインイベント!?
お花見!
はあもが始まってから、桜の花咲く真下で花見ができたのは初めてです。
 
CIMG2522.JPGCIMG2570-w.jpgコナラが芽吹く枝の間に、ヤマザクラの薄紅色の花が咲くさまは、森の中ならでは。
ちょうど見ごろのサクラを9人で満喫贅沢なひと時でした。
 
CIMG2521-w.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「はあもビンゴ」は、全員では行いませんでしたが、きょうちゃん、みいちゃん姉妹は「むずかしい」と言いながらもちゃんと見つけてきて、春のお花をコレクション。大人も各自ほろ酔い気分で、さまざまな動き始めた生き物の姿に小さな喜びを感じたのでした。
 
CIMG2578.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 雨の止んだ森では、「ホーホケキョ」とウグイスの名調子。
他にも、シジュウカラ、ヒヨドリ、コジュケイ、アオゲラなど、鳥もにぎやかな春の森でした。
 

Apr 4, 2016 04:18 PM

切る。

2016年3月10日

 ストレス発散?!

3月6日は、天気予報では雨が降る…ららら・・今年度最後の活動なのに・・・と思っていたのですが、曇り空ではあるものの降られずに予定通りの活動を行うことができました。
 
人数は、20人。半分は子どもたち。
「後出しじゃんけん」と体操で、頭と体を十分ストレッチしてから、はあもビンゴで始まりです。
IMG00954-w.jpg
 
はあもビンゴも、今回で11回目なので、なかなか難問も出てきます。
「お茶の実」なんて、お茶の木がどこにあったか、お茶の木がどれなのかを探さないと見つかりません。
「ブロッコリーみたいな芽」これも想像力を働かせて、アオキの芽、ニワトコの芽、子どもはこういう問題は、得意かな?
「草餅にする草」、ヨモギってわかる人も探し当てるとなると、まだ地面にい這いつくばっている状態なので、ちょっと難問だったよう。でも、おいしい草餅にするには、このぐらいがいいのです。
観察は、ビンゴカードをもとにヤブツバキやウグイスカグラの花を見たり、冬芽と葉痕や作業の予習で、常緑樹の葉っぱについてもさわって頭に入れました。
 
さて、作業は、常緑樹の伐採です。
昨年オオスズメバチが営巣したちょっと見通しが悪くなっていた場所と「お社の森」の常緑樹を切りました。
 
暗かった場所がみるみる明るくなっていきました。
お父さんを含め、「男子」はこういう作業は大好きですね。
日頃の生活のストレス発散?
とにかくみなさん楽しく早くきれいな仕事ぶりでした
IMG00966-w.jpg
IMG00965.jpg-w.jpg

Mar 10, 2016 05:17 PM

落ち葉にまみれ

2016年2月 7日

 風が!!

2月7日の活動日。
森に到着するなり、畑側から猛烈に冷たい風が!!ブルブル
お天気は良いのです・・・人数は少なそうだなあ・・
 
でも、うれしいことに、今回は南野川小から助っ人がたくさん来てくれたのです。
結局、大人が10人子どもが13人。そのうち、南野川小から5年生6人3年生1人、それに先生とお母さん。この助っ人の皆さんが、今回はすごーく頑張ってくれました
 

難問はあもビンゴ

今日のビンゴは、難問が。しもばしら・・・ピンクの小さな蕾・・・
ヒントを頼りに、あっちへ行ったりこっちへ行ったり。
ピンクの蕾は、「ウグイスカグラ」「カワズサクラ」                                                                                                         
IMGP1110-w.jpgIMGP1111-w.jpg

 落ち葉まみれ

作業は「野草を楽しむ散策路」の落ち葉掻きと先月積んだ落ち葉だめの天地返し。
小学生の作業のうまいこと早いこと、この前1回授業でやったとはいえ、みんな慣れた手つきで熊手を使い、メンバーの少なさを十分補ってくれたのでした。
腐葉土づくりのための落ち葉だめは、あまり大きな変化はなかったけど、落ち葉を積んだ下の方は、ほのかに土の匂いがして分解も始まっているようでした。
 
IMGP1115-w.jpgIMGP1116-w.jpg

鳥のお話

午後からは場所をアリーノのグループ室に移して、野鳥のお話を聞きました。
お話は昨年も来てくださいました古田浩行さん。
南野川ふれあいの森でみられる、シジュウカラやヤマガラ、コゲラ、エナガ、コジュケイなどの声を聴きながらその特徴を勉強しました。
また、鳥たちの楽しい子育てのお話も。
葉っぱが落ちた森では、鳥の姿をよく見ることができます。
この時期、耳と目とアンテナを張り巡らして、バードウォッチング楽しみたいと思います。
古田さんありがとうございます。
 
2月も盛りだくさんの楽しい活動となりました。 

Feb 10, 2016 10:33 PM
toTop