ブログ(活動報告)

暑中お見舞い申し上げます

2019年8月 7日

 猛暑です・・・

また今年も暑い夏でしたね。冷夏を期待していましたが・・・
皆さま、熱中症など本当にお気を付けください。
 
8月は定例活動がお休み
でも、7月雨で活動ができなかったもので、草刈り作業はしようかなと8月4日自主作業日にしました。
猛暑日でした。朝から汗だらだらです・・・
やはり、参加は二人でした・・・
 
でも、日陰は風が通り、本当に涼しく感じられました。
木は蒸散作用で、風を起こし、土は照り返しもなく、天然クーラーです。
こういう場所が、あちこちにあると、気温は確実に下がると思うのですがね・・・
 
作業中に見つけた生き物たち
DSC_2022.JPG DSC_2024.JPG 
DSC_2035.JPG

Aug 7, 2019 02:47 PM

ムシムシ 虫むし

2019年6月 3日

 30人は久しぶり〜

6月の活動日は2日(日)。
開始時間前から、にぎやかでした。
たくさんの人が、来てくれたんです!
大人17人、子どもが13人、併せて30人、振り返ってみたら2014(平成26)年7月が31人でしたので、なんと5年ぶりの30人の参加でした。初めてさんも3組もいて、ウレシイ―
天気は曇り。ムシムシはしていましたが、
まだ梅雨入り前ということで不快指数はそれほどではなく、森では快適でした。朝の体操2.JPG
 
いつものように「森でのおやくそく」を確認、体操。今日は後に控えている草刈り作業が大変そうなので、「はあもビンゴ」はお休みにして、観察から行いました。今日のテーマは「林の虫たち」。
そろそろ、大型甲虫(クワガタとかカブトムシとか)が、お出ましになる時期ということで、みんな草むらや枯れた切り株など、熱心に探しました。
コクワガタ1-1.JPGアオスジキンカメムシ.JPG
コクワガタ、アカスジキンカメムシ、アオオサムシ、キノコ虫の仲間のほか、アゲハ、モンシロチョウ、サトキマダラヒカゲ、などの蝶々もひらひら飛んでいました。見つけようと言っても、なかなか見つけられない。何を探す?>それはどういうところにいる?ちゃんと調べてからが肝心なようです。
 
観察の後は、どんぐり広場の草刈です。
なんで草刈りが必要なのか、鎌の使い方などの説明を聞いて、納得してからの作業は、気合が入ったようです?
クサカリ1-1.JPG
伸びているところでは、大人の腿のあたりまであったササやクサイチゴなども、終了時にはほぼ刈り終えました。
大変だったけど、手が痛くなったけど、気持ちよかった、達成感があった
そんな感想が聞けて良かったです。
 
森の中で、道にそれて森の中へ入れてしまいそうなところがあったのですが、こちらは、子どもたちが知恵と力で、いい感じの通せんぼを作ってくれました。
IMGP3307.JPG
終日曇りでしたが、それが幸い、草刈りも捗り、思いのほか広範囲の草が刈れて、良かったです。
やっぱり、一人では微力ですが、集まるとすごいパワーです。実感しました。
参加の皆さま、お疲れ様でした。ありがとう

Jun 3, 2019 03:08 PM

ぐんぐんのびてます

2019年5月26日

 作業日でした。

5月25日土曜日。
良いお天気、良すぎるくらいでしたね。
気温はぐんぐんのびて、30度を超えました!
南野川ふれあいの森の近隣小学校は、どこも運動会でしたが、熱中症など大丈夫でしたか。
 
この日、作業日でした。
下草刈り作業です。
どんぐり広場の予定でしたが、あまりの日差しの強さに、木陰で作業できる出会いの広場に変更です。
まあ、3人でしたので、無理をせず。
それでも3人で何とか、一通り刈れたかなって感じ。
木陰とはいえ、ぐんぐん伸びてました。アズマネザサ、ノゲシ、クサイチゴ、カラスムギなどなど、とっても元気でしたので、大変でした。
 
どんぐり広場の日当たりの良いところは、なんと膝上まで草丈が伸びていました。次の草刈は、覚悟を決めて挑まねば!
 
DSC_1911.JPG 
DSC_1912.JPG
  

May 26, 2019 02:33 PM

きもちいい―

2019年5月13日

 鳥のこえがいっぱい。

第1日曜日が10連休中だったので、5月は第2日曜日の12日が活動日。
森は、若葉が出そろって、思わず深呼吸したくなる。
鳥の声もにぎやかです。何種類?ガビチョウがちょっとにぎやかすぎ
IMGP3253-w.JPG
集まったのは、大人が14人、子どもが8人。
 
準備体操の後、2か月ぶりの「はあもビンゴ」です。
やっぱり森の中へ入って探すのが、タノシイね。
IMG_2261.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日は、「森の地図作り」が一つ目の作業。
伐採後の森は、日当たりが良くなったり、道が広がっていたり、開けた場所ができたりと、以前とは違っています。そこで、みんなで森を巡って、エリアごとにどういう場所にしていきたいか、考えました。
「ここは今までどおりがいい」
「広場にしたい」
「休むところが欲しい」「暗い場所も残しておかなと」
IMG_2277.JPGおぼろげながら、これからの森のイメージができてきました。
作業も増えそうです。しっかり計画を立てて、森がうまく若返るよう、育て守っていきましょう。
 
2つ目の作業は、どんぐり広場と野草の散策路の畑側の道の下草刈りです。
IMGP3244-w.JPG
 
 
明るくなった分、下草の生長の早いこと!
木陰がなくなったので、日を浴びての作業は大変、夏になると…あまり考えるのはやめましょう。 
 
 
IMG_2282.JPGIMG_2283.JPG
お昼からは、懇親会…そしてお待ちかねのブランコ!に加えてスラックライン。
晴れていても暑くなく、緑の下で元気に遊ぶ子どもたちを見ていると、幸せな気持ちになりました。
IMGP3271-w.JPG
IMGP3275-w.JPG

May 13, 2019 03:44 PM

若葉が萌えて

2019年4月20日

 4月の作業日

4月20日 作業日でした。
淡い緑から、まさに若葉という明るい黄緑色で覆われてきた南野川ふれあいの森。
ウグイスやアオゲラのさえずりが聞こえています。
 
4月にコマうちした榾木に水をかけました。
 
移植したコナラの苗木の一本はやや元気がなかったので、こちらにもたっぷり水やりをしました。
 
倉庫の上にかぶさっていたエゴノキの枝を剪定して、ついでに倉庫の屋根の上に積もっていた落ち葉などを掃除して。IMGP3227-w.JPG
 
木漏れ日広場には、剪定後の丸太や小枝が積まれていましたので、
できる範囲で、竹林との境の柵のところへ移動しました。
 
森の中では、チゴユリやジュウニヒトエが咲き始めていました。
IMGP3231-w.JPG
 
IMGP3233-w.JPG
いつ訪れても、森は楽しいですが、春は全てのものが動き出しこちらも元気をもらえます。とても美しい季節を迎えました。

Apr 20, 2019 04:25 PM

ホーホケキョ...トントントン

2019年4月 8日

 森を一周できました!

 
天気もまずまず、春の日差しが暖かい
4月7日日曜日。
今年度最初の活動日でした。大人が13人、子どもが8人集まりました。
 
そして、そして!立ち入り禁止が解けまして、半年ぶりに森に入ることができたんです
伐採した木の丸太や枝で、うまーく道の縁に並べられて、とってもいい感じです。
IMGP3199-w.JPG伐採した木や、枝おろしをした木、全部で100本を超えたそうです。(剪定作業をしてくれた業者さん談)
森は明るいです
 
はじめに今年度の総会を開き、昨年度の振り返りと今年の活動計画を決定。
 
そのあとは観察です。春です。。いろんな花が咲き始め、虫も動き始め、そして鳥のさえずりもにぎやかです。春の森は生命力にあふれ、躍動的です。
IMGP3179-w.JPG
 
 
ハナニラのにおいをかいでます。
 
 
 
 
 
IMGP3188-w.JPGヤマザクラもちょうど見ごろ。コナラの雄花は垂れ下がります。

コナラの雄花31-1.JPG午後は作業

あたたかい森での楽しいお弁当タイム。の後は、3月に植えた苗木を移動する作業と、シイタケのコマうち作業でした。
シイタケのコマうちは、はあもでは4回目。
①榾木選び  コナラの直径15センチぐらいのまっすぐであまり傷の無いもの
②種コマの打ち込み個所に印をつける。
➂ドリルで穴をあける。④種コマを打ちこむ。⑤寝かせて水をかける。
IMGP3212.-wJPG.JPG
IMGP3208.JPGのサムネール画像
順調に作業も進み、打ち込むときの「トントントン」がウグイスの鳴き声とともに、森に響きました。シイタケできるといいなあ。
 
 
子どもたちは、切り株の穴にたまった土で、泥団子を作りレストランを開業してました
 
IMGP3215-w.JPGIMGP3217-w.JPG 春になると、人も含め生き物みんな、なんだか楽しそう。
今年度も、楽しく森で過ごしましょう。

Apr 8, 2019 11:51 PM

大きく育て!

2019年3月11日

 穏やかな森で

3日が冷たい雨で、10日に延期となった3月の活動。
集まったのは、大人10人子ども5人です。
終始曇り空でしたが、それでも朝のうちは薄日も刺し、風がほとんどない穏やかな森でした。IMG_2019.JPG 
今日の体操は口伴奏での「ラジオ体操第一」
ラジオ体操は、子どもより大人の方が、得意なんですよね
 
人数も少ないので、みんな一緒に森で春探し。
IMG_2025.JPG
春先は、何で小さな花が多いのだろう?と考えたり、ヒサカキの花の匂いに、「トイレ臭い」「青臭い」「いいにおい」と各自の感想を言い合い、クサイチゴの花のめしべの数に驚いたり、ニワトコの柔らかいブロッコリー似の花芽に食欲がそそられたり。
 
 
 
DSCN9488.JPGハコベ31-1.JPG
本日の作業は三つ。
一つ目は、「出会いの広場裸地化を止めよう作戦」
伐採で出た丸太を埋め込みました。
 二つ目は、「どんぐりの木おおきくなれ作戦」。森のどんぐりから育った7年物のコナラの苗木を3本、どんぐり広場に植えました。
大きくなってほしいなあ そして三つめは、お昼の後、「木の地図作り」どんぐり広場のコナラとクヌギとミズキについて、幹回りと位置を測定しました。みんなの歩幅を利用して、位置を割り出しました。
IMG_2053.JPGのサムネール画像

IMG_2047.JPGのサムネール画像  
DSC_1716.JPG
                      お昼から子どもたちのリクエストに応えて、森のブランコも登場しました。
 
高木の枝が切られたり、更新のために伐採されたりで、森の中はかなり明るくなりました。バードウォッチング初心者には、この時期がいいですね。シジュウカラやメジロ、それに今日はモズまで見ることができましたし、アオゲラは声だけでしたが聴くことができました。
 
春、生き物が動き出す季節。今年の南野川ふれあいの森は、木が切られたことで、大きな変化が起こりそうです。楽しみです。

Mar 11, 2019 04:26 PM

ウレシイ、あったかい、タノシイ!

2019年2月 4日

 青い空、春のような日差しの中で

12月1月は、凍える中での活動日でしたが、
2月3日の活動日は風もなく最高のアウトドア日和となりました。
IMGP3124-w.JPG 真っ青な空に木立のシルエットが映えています。
大人9人、子ども6人が集まりました。
準備体操の後は、「だるまさんがころんだ」のひとひねりバージョンで、頭と体をほぐしました。
「はあもビンゴ」は、虫メガネを持って臨みました。
ツバキの花の咲くお社の森では、シジュウカラやメジロ、ヤマガラ、エナガ、など森ではおなじみの野鳥が、春のような日を浴びて楽しそうでした。
「かわいい冬芽」というお題をクリアするため、虫メガネでいろんな木の芽をじっくり観察しました。お気に入りの「かわいい冬芽」見つけられたかな?
はあもの活動4.JPGムラサキシキブの冬芽.JPGのサムネール画像ニワトコの冬芽.JPGのサムネール画像「どんぐりの芽出し」というお題があったのですが、これは残念ながら誰も見つけられなかった                       いつもはこの時期にたくさん見つけられるのですが、雨が少ないせいかしら?              
ビンゴのあとは、どんぐり広場の落ち葉掻きを行いました。はあもの活動5.JPG例年に比べると、折れた木の伐採などで、落ち葉の量が少なめで、落ち葉ダイブはできませんでした。
 

野川ふれあいの森で

お昼からは、南野川ふれあいの森から歩いて30分ほどの「野川ふれあいの森」へ出かけました。森といっても、こちらはすり鉢状の広場がある、ちょっとおもしろい形の場所です。広場には、たっぷり日が差し込み、ビックリするほどあたたかでした。ここでお昼を食べて・・・まずはごみ拾い・・・そしてこの広い場所でたっくさん遊びました
IMGP3127-w.JPG
縄跳び、木の枝落とし、鬼ごっご、どろけい、ふえオニ、つなひき、だいこんぬき、ブランコ、木登り・・などなど。
IMGP3133-w.JPG
 
IMGP3142-w.JPGIMGP3148-w.JPG
あそびの傍ら、もぐら塚を掘って、モグラの道を探り当てたり、咲き始めたタンポポ(カントウタンポポ)やサクラについたヤドリギを見たり、枯れ竹の中にコクワガタの幼虫オオミズアオの卵を発見したりと、いろんな生き物がしっかり生きてるのを確かめました。
IMGP3139-w.JPG
遊具など何もない場所ですが、思いっきり体を使って遊ぶ子どもたちは本当に楽しそうでした。大人も一緒に遊びましたけど(^^♪
 
あったかいことがうれしくて、たくさん遊んで楽しくて、2月の活動を終えました。
 

Mar 2, 2019 03:04 PM

2019活動開始。

2019年1月 9日

 今年のはあも初めは

新春の富士31-1.JPG
1月6日 小寒 そのままの寒さでした。前日は暖かく青空だったのに・・・
雲の多い寒空のもと、17人が集まりました。そのうち子どもは7人です。
因みにこの日、この時間、部分日食が起きていました。雲が多かったのですが、一瞬、欠けた太陽を見ることができました。
 
初詣31-1.JPG
さてまずは、今年も安全に活動できますようにとみんなで初詣。
そのあとは、はあもビンゴ、観察と、寒さに対峙している虫や植物を観察しました。
観察31-1.JPG観察31-2.JPG ノゲシの花、
カマキリの卵、字書き虫、クワコ
の卵などなど
中でも、カブトムシの幼虫は、大きくてびっくりでした。寒いのに掘り起こしてごめんね。観察してから戻しました。
     カブトムシの幼虫31-1.JPG
 
そのあとは作業。枝拾い、腐葉土の枠の撤去、倉庫の掃除を行いました。
森の中へはまだ入れないので、ちょっと物足りないですが。
作業後は、新年会。
野川住宅の集会所をお借りして、ビンゴ大会(ほんとのビンゴです)もやりました。
今年も楽しく活動していこうと思います。よろしくおねがいいたします。
誰でも参加できるので、ぜひ森に遊びに来てください。

Jan 10, 2019 12:34 AM

風が、ぅぅー冷たいっ!

2018年12月13日

 寒い朝

12月9日、今年最後の定例活動の日でした。
12月は第一日曜日に野川こ文のお祭りに参加するので、第二日曜日です。
天気は曇り。今年は暖冬という予報通り、12月に入っても厳しい寒さはなかったのに、なぜにこの日に当てて寒くなるの?
とにかく風が冷たかった!いつもなら、風が強い冬の活動日は、木漏れ日広場に集合して風から逃れるのですが、今回は依然として森の中へは立ち入り禁止のため、出会いの広場で風に耐えるしかありません・・・・・
で、集まったのは・・・大人5人…子どもふたり…合わせて7人…寒さが増します
午後までいられる人若干名だったので、午前中のみの活動としました。
師走です、寒いです、こんな時もあります。
 

冬を迎えた植物

落葉が遅い南野川ふれあいの森、12月に入ってもまだ、秋が残っています。
はあもビンゴと観察では、秋と冬の植物の様子を観察しました。
IMG_1792.JPGIMG_1833.JPGムラサキシキブがたっくさんの実を着けていました。
IMGP3082-w.JPG
 
 
冬越しのためにロゼットの形になるノゲシ
 
 
 
 
 

巣箱をかじったのは誰だ?

昨年の12月につけた巣箱を取り外しました。高い場所でしたがEちゃん頑張って取り外しました。森の中に取り付けたものは取れないので、2個です。
 
名称未設定3.JPG
今年は残念ながら巣箱の利用は有りませんでした。
 
この巣箱、シジュウカラ用なので出入りの穴は2,8センチで作ってあるのですが、穴が広げられています。2個とも!いったい誰が?
歯でかじったような傷跡です。
ネズミ?ハクビシン?アライグマ?
 
 
IMGP3087-w.JPG
IMGP3091-w.JPG
最後は、どんぐり広場に落ちているたくさんの枝を拾って、活動終了となりました。ちょっと寂しい活動日となってしまいました。
森は年末に向けてさらに黄色い輝きを増し、落葉を迎えます。また来年楽しく活動できますように。そして早く立ち入り禁止が解除されますように。
 

Dec 13, 2018 09:58 PM
toTop