Home  » ブログ  » 活動報告  »  はあも初め2021

はあも初め2021

2021年1月12日 伊藤

 始まりました2021年

1月10日日曜日、天気予報では朝は氷点下、日中も一桁台の気温とのことで、厚めの靴下でお気に入りの、あったかもこもこトレーナーを着こみ、ふれあいの森へ。
青い空を背景に、葉を落とした木々の梢が寒そうです。
風がないせいか、想像していたほどの寒さはなく、元気に活動できそうです。
大人10人、子ども4人が集まりました。
 
朝のあいさつの後、恒例となった初詣を行いました。
DSC_0250.JPG
 
まずは、活動中の安全祈願
そして、やはり新コロナウイルス感染の終息を願わずにはいられません。
 
人も含めこの森が、健やかなる一年を過ごせるよう祈願しました。
 
お社の森のヤブツバキが、日当たりが良くなったせいか、とても多くの花をつけていました。
DSC_0234.JPG
 
 

 
 
 お参り後は、ストレッチをして、「ふれあいの森でのおやくそく」をみんなで読んで確認しました。
 
そして今年最初の「はあもビンゴ」に挑戦です。
  1. 木から出ているキノコ
  2. クヌギの落ち葉を拾う
  3. 赤い花
  4. 鳥の声を聞く
  5. 赤い色の冬芽ふたつ
  6. ゴンズイの葉痕
  7. 枝から枝へ飛ぶ鳥の様子を見る
  8. 赤い実
  9. 深呼吸をして森のにおいを感じよう
9つのお題、皆さんクリアできたようです。冬芽と葉痕は、この季節注目のアイテムです。他の樹木も観察してみましょう。
 

作業は落ち葉掻き…じゃなかった

どんぐり広場の落ち葉掻きをするために、剪定枝やササ刈をして乾いた枝葉を拾って一か所に移動。そのあと熊手を持って……という予定でしたが、コナラやクヌギの高さ30㎝から50㎝といったかわいい苗木がたくさん生えていて、しかも葉を落としているので、よく見ないとわからない・・・・・このまま落ち葉掻きをしたらと思い、急きょ落ち葉掻きはやめ
DSC_0258.JPG
 
 
森の大規模な伐採が行われてから、気になっていた木漏れ日広場におかれている丸太の山。この丸太を使って、道の脇の柵代わりに利用しようという作戦に変更です。
 
しかしこれが、なかなかの重労働。丸太はまだまだけっこう重く、山から適当な太さと長さのの物を選び出し、道まで運ぶのに、マスクを着けながらでは息が上がりました。
DSC_0263.JPGDSC_0261.JPG少し丸太の山も低くなり、道もきれいになりました。
森には、ヤマガラ、メジロ、エナガ、シジュウカラ、ジョウビタキ、といったかわいい野鳥がにぎやかに梢を飛び回っていました。
 
今年も一年、活動が続けられますように。
雪をかぶった富士山にもお願いして、はあも初めの一日終了です。
今年もよろしくお願いします。
DSC_0254.JPG
Jan 12, 2021 05:32 PM