Home  » ブログ  » 森でみつけたよ!  »  木や草の実の行方は?

木や草の実の行方は?

2020年11月 3日 森
木や草の実の種子は、いろいろな方法で散布
されますが、今回は南野川ふれあいの森で見られる
植物のうち、
動物や衣服に付着して散布されるタイプと、
動物に食べられて(体内を通過して)散布される
タイプの紹介です。
画像をクリックすると拡大します。
 
イノコズチ
 
イノコヅチ.jpg
 
クリップ状のトゲ(苞)が動物の毛や衣服に
絡まって散布されます。
 
チヂミザサ
 
チジミザサ2.jpg
 
ノギから粘液がでて、動物の毛や衣服に
付着して散布されます。ノギに触ると、
ネバネバしているのが分かります。
 
ミズヒキ
 
ミズヒキ.jpg
 
ミズヒキ2.jpg
 
めしべの花柱の先端が鉤状に発達して、
動物の毛や衣服に引っ掛かり散布されます。
 
ガマズミ
 
ガマズミ・実.jpgガマズミ・虫こぶ.jpg
 
赤く色づいた実は、鳥に食べられ、鳥の体内を
通過して、散布されます。
虫こぶ(画像右)となった実は白い短毛で
覆われています。(2019-10-27 撮影)
 
 
シロダモ
 
シロダモ・実.jpg
 
実はヒヨドリやツグミなどに食べられて
散布されます。
 
ヒヨドリジョウゴ
 
ヒヨドリジョウゴ.jpg
 
ヒヨドリジョウゴ・花.jpg
 
毒がありますが、ヒヨドリやジョウビタキに
食べられて散布されます。
 
ヤブツバキ
 
ヤブツバキ・実.jpg
 
ポトリと落ちる重力散布です。一部は
アカネズミなどにより、貯食されますが
食べ忘れられたものが発芽します。
 
ヤマノイモ
 
ヤマノイモ・種子.jpg
 
ヤマノイモ・ムカゴ.jpg
 
風散布の他、ムカゴでも増えます。
ムカゴによる発芽は風散布より確率は
高いようです。
 

紅茶 de ブレイク

ノブドウ
 
ノブドウ1.jpg
 
ノブドウ2.jpg
 
赤や青の実は、宝石のように美しいですが、
ノブドウミタマバエの幼虫が入っていることが
多いです。
実は熟すにつれ、白っぽくなります。
Nov 3, 2020 10:37 AM