Home  » ブログ  » 活動報告  »  カシノナガキクイムシを探せ!

カシノナガキクイムシを探せ!

2020年10月 8日 伊藤

 秋らしい森の中

10月4日日曜日、朝のうちはパラパラと雨が降ってきたりしましたが、一日曇りベースの穏やかなお天気でした。
参加はちょっと少な目、大人10人、子ども3人でしたが、大学生の初めてさんの参加があり、うれしいスタートです。
 
今日も、皆さんマスクをして、「はあもビンゴ」で観察です。
 
IMGP3661 (1).JPGIMGP3685 (1)w.JPGIMGP3672 (1).JPG
 
お茶の花が咲き始め、ジョロウグモは大きくなり、ニシキギは少し葉が赤く染まっています。ビンゴでは、種に注目し、風で飛ぶもの、体にくっついて運んでもらうもの、自ら転がるもの、などを見つけました。

カシノナガキクイムシを探せ!

IMGP3712w.JPG
先月、枯れているコナラが7本あったのですが、カシノナガキクイムシによるナラ枯れでした。カシノナガキクイムシが病原菌を幹内に持ち込み、中で育てるのです。木は身を守るために防御反応で、いろいろな代謝物を作るのですが、これが自らの道管も詰まらせてしまい、枯れてしまう…なんとも悲しい。
で、今回はそのカシノナガキクイムシを探してみようと。
 
 
 
カシノナガキクイムシは、全長4ミリほど。まずは、侵入した1ミリ程度の穴を探してみました。みんなでやれるような場所の枯木を調査対象に決めて、たくさん出ているフラスとよばれる木くずを払い、楊枝を指しました。
IMGP3693w.JPGIMGP3695w.JPGIMGP3702w.JPG
IMGP3698w.JPG指した楊枝の数190本!そのあと、穴の数が多かったところをのこぎりで切って虫を探しました。残念ながら、うまく削ることが出きず、虫は見つけられませんでしたが、それらしき死骸は発見できました。
とにかく穴の多さには驚きでした。
森の中、もう一度巡って、枯れている木、葉は緑でもフラスが出ている木を調べたところ、それぞれ13本、17本もありました。葉がまだ緑の木が枯れないで頑張ってくれることを願います。
 

午後は落ち枝拾い

午後は、落ち枝を拾ったり、竹を切ったり、ツルが巻き付いているもの取ったりして、森の中を一周しました。
IMGP3708w.JPG
 
数年後、この森はどんな姿になるのだろうかと、不安になりながらも、人の手ではなく自然に起きたことは、時間さえあればゆっくり戻っていくのかなと思いました。私たち野川はあもは、良い形で自然の移り代わりのお手伝いをしていけばいいのかな。
IMGP3684 (1).JPG
Oct 8, 2020 09:47 PM