Home  » ブログ  » 森でみつけたよ!  »  タシロランが咲いた!

タシロランが咲いた!

2020年7月 2日 森
タシロランは、常緑樹林内に生える野生のランです。
このランは葉緑素を持たないため、茎も花も黄白色です。
根が菌と共生していて、菌から養分をもらって生きて
います。
 
タシロランは、準絶滅危惧種に指定されている希少種で、
毎年でるとは限らず、南野川ふれあいの森では、昨年は
見つかりませんでした。
画像をクリックすると拡大します。
 
タシロラン1.jpg
 
タシロラン2.jpg
 
タシロラン3.jpg
 
 
ネジバナ
これもランの仲間の植物です。
まっすぐ伸ばした花茎に、小さなピンクの花を
らせん状に付けます。
らせん状に花をつけるのは、たくさんの花を
つけるのに都合がいいからです。
ネジバナ1.jpg
 
ネジバナ2.jpg
 
ネジバナ拡大1.jpg
 花を拡大しました。
 
ネジバナ拡大2.jpg
花は花茎にらせん状につきます。
 
ムラサキシキブとオオムラサキシキブ
ムラサキシキブは、うす紫色の美しい花をつけます。
秋に熟す果実は紫色でよく目立ちます。
 
 ムラサキシキブ.jpg
 
ムラサキシキブ2.jpg
 
ムラサキシキブ・果実.jpg
2018-11-26  撮影
 
オオムラサキシキブはムラサキシキブの変種とされ、
花も葉もムラサキシキブより大型です。花は葉の
付け根にかたまってつきます。
本来は海岸近くに生育する樹木で、葉は少し堅い
です。
 
オオムラサキシキブ.jpg
 
オオムラサキシキブ・花の拡大.jpg
花の拡大です。
 
.オオムラサキシキブ・葉.jpg
葉も大型で20センチくらいあります。
 
Jul 2, 2020 01:02 PM