Home  » ブログ  » 森でみつけたよ!  »  2月の南野川の自然

2月の南野川の自然

2019年2月 7日 森
サザンカ.JPG

満開のサザンカ

理由は判りませんが、今冬は例年になく、
沢山の花をつけました。
 
今年の立春は、記録的な暖かさで、横浜では、
20℃超!
これからも寒暖をくり返しながら、春になって
行くでしょう。
 
この暖かさに誘われて、南野川の森の近辺を
歩きました。冬の名残りを探して・・・(画像を
クリックすると拡大します。)
 
カラスの空き巣.JPG

カラスの空き巣

葉がすっかり落ちたこの時期は、カラスの
空き巣がよく見えます。
昨年の初夏、この巣の近くでカラスに頭を
蹴られました。
 
昨秋の台風による倒木等の被害のため、
大木の大部分は伐採されます。
これからはカラスは巣を作る場所に苦労
するかな?
 
クロガネオチ1.JPG  クロガネモチ2.JPG

クロガネモチの実

今年も豊作のようです。
鳥には人気がないのか、いつまでも実は
残っています。
 
ツワブキの冠毛.JPG  ツワブキの冠毛とガク.JPG
 
ツワブキのガク.JPG

ツワブキの冠毛(上段の2枚)とガク

冠毛は少し茶色っぽいです。
種子は大きいので、遠くへは飛べません。
花のようなものは、花が終わり残った苞が
乾燥したもので、天然のドライフラワーです。
 
コセンダングサ・種子.JPG

コセンダングサの果実

果実はガク片にある逆さ向きに生えた
トゲで、衣服や動物の毛にくっついて
運ばれます。衣服にくっつくと、簡単には
取れないやっかい者です。
 
フヨウの種子.JPG  フヨウの種子1.JPG

フヨウの果実と種子

果実の中には、種子がびっしり入っています。
種子は毛に比べ大きく、散布力は弱いので、
遠くへは運ばれません。
 

紅茶 de ブレイク

越冬中のテントウムシ.JPG  越冬中のヨコズナサシガメ.JPG
テントウムシとヨコズナサシガメが、集団で
寒さを防ぎながら、春をまっていました。
Feb 7, 2019 09:11 AM