Home  » ブログ  » 活動報告  »  ウレシイ、あったかい、タノシイ!

ウレシイ、あったかい、タノシイ!

2019年2月 4日 伊藤

 青い空、春のような日差しの中で

12月1月は、凍える中での活動日でしたが、
2月3日の活動日は風もなく最高のアウトドア日和となりました。
IMGP3124-w.JPG 真っ青な空に木立のシルエットが映えています。
大人9人、子ども6人が集まりました。
準備体操の後は、「だるまさんがころんだ」のひとひねりバージョンで、頭と体をほぐしました。
「はあもビンゴ」は、虫メガネを持って臨みました。
ツバキの花の咲くお社の森では、シジュウカラやメジロ、ヤマガラ、エナガ、など森ではおなじみの野鳥が、春のような日を浴びて楽しそうでした。
「かわいい冬芽」というお題をクリアするため、虫メガネでいろんな木の芽をじっくり観察しました。お気に入りの「かわいい冬芽」見つけられたかな?
はあもの活動4.JPGムラサキシキブの冬芽.JPGのサムネール画像ニワトコの冬芽.JPGのサムネール画像「どんぐりの芽出し」というお題があったのですが、これは残念ながら誰も見つけられなかった                       いつもはこの時期にたくさん見つけられるのですが、雨が少ないせいかしら?              
ビンゴのあとは、どんぐり広場の落ち葉掻きを行いました。はあもの活動5.JPG例年に比べると、折れた木の伐採などで、落ち葉の量が少なめで、落ち葉ダイブはできませんでした。
 

野川ふれあいの森で

お昼からは、南野川ふれあいの森から歩いて30分ほどの「野川ふれあいの森」へ出かけました。森といっても、こちらはすり鉢状の広場がある、ちょっとおもしろい形の場所です。広場には、たっぷり日が差し込み、ビックリするほどあたたかでした。ここでお昼を食べて・・・まずはごみ拾い・・・そしてこの広い場所でたっくさん遊びました
IMGP3127-w.JPG
縄跳び、木の枝落とし、鬼ごっご、どろけい、ふえオニ、つなひき、だいこんぬき、ブランコ、木登り・・などなど。
IMGP3133-w.JPG
 
IMGP3142-w.JPGIMGP3148-w.JPG
あそびの傍ら、もぐら塚を掘って、モグラの道を探り当てたり、咲き始めたタンポポ(カントウタンポポ)やケヤキについたヤドリギを見たり、枯れ竹の中にコクワガタの幼虫オオミズアオの卵を発見したりと、いろんな生き物がしっかり生きてるのを確かめました。
IMGP3130-w.JPG                                                                                                                                                  
IMGP3139-w.JPG
遊具など何もない場所ですが、思いっきり体を使って遊ぶ子どもたちは本当に楽しそうでした。大人も一緒に遊びましたけど(^^♪
 
あったかいことがうれしくて、たくさん遊んで楽しくて、2月の活動を終えました。
 
Feb 4, 2019 02:32 PM