Home  » ブログ  » 森でみつけたよ!  »  晩秋の植物たち

晩秋の植物たち

2018年11月17日 森
セイタカアワダチソウ.JPG
 
セイタカアワダチソウ
帰化植物で、ススキなどを駆逐し、大量に発生する
嫌われ者でした。
その後、関東地方では一時衰退気味でしたが、
最近また増えてきました。
(画像をクリックすると、拡大します。以下の画像も同じ)
 
イヌタデ
イヌタデ.JPG  イヌタデ拡大.JPG
花に花弁がなく、おしべとめしべだけの花です。
色のついているガク片が花が終っても果実を
包んでいるので、花びらのように見えます。
 
コセンダングサ
コセンダングサ.JPG
熱帯地方が原産地です。筒状花のみの花で、
舌状花はありません。
痩果の先端にはトゲがあり、「ひっつき虫」と
呼ばれています。
 
チャノ花
チャの花.JPG
この花とツバキの交雑種が、茶花として有名な
ワビスケです。
花の時期には、前年の果実が残っていて、花と
実の両方を楽しめます。
 
タイワンホトトギス
(タイワン)ホトトギス.JPG
茎がいくつにも枝分かれし、その先端に
花をつけます。花の色はホトトギスより
明るくやや小ぶりです。
南野川ふれあいの森の花は、園芸品種が
逃げ出したもののようです。
 
ホトトギスの花
ホトトギス.JPG
花は葉腋につき、鳥のホトトギスに似た
まだら模様は、濃くてよく目立ちます。
 

紅茶 de ブレイク

 
サクラの葉の紅葉.JPG  サクラの葉の紅葉2.JPG
紅葉したサクラの葉です。
右の写真の黄色い部分は、他の葉っぱの日影になっていた
部分で、紅くなれずに落ちてしまいました。
美しく紅葉するためには、日当たりの良さが絶対条件です。
 
ちなみに気象庁が発表する「紅葉した日」とは、対象となる
植物の葉の大部分が、色づいた時を指します。
Nov 17, 2018 04:16 PM