Home  » ブログ  » 活動報告  »  雨は雨なりに

雨は雨なりに

2018年9月 7日 伊藤

 えっ、やるの?

9月の活動日は2日。
前日から雨予報。でも小雨、午後には上がるとの予報。
2日朝、どんよりと雲っている。でも降っていない。予報でも10時から11時に1mmの降雨あとは曇り、「よし、やろう」とメンバーに7時半にメールを入れる。
が、それから30分後けっこうな雨が降り出した・・・・・
早く止んでと祈りながら、森に向かう・・・傘をさしたまま・・・
やるとはいったものの、これではみんな来ないなあと森で待つ。
 
さすがです、野川はあものメンバーは。
なんと大人8人小学生2人が来てくれました カッパを着て。
でも、みんな思ったようです。メールを見て「えっ!マジ?やるの?」
 

雨の中、ハナムグリ

でも、始まる時間には小雨になって、空と相談しながら活動開始。
はあもビンゴ観察9-2.JPG 森は静か…蝉も鳥も鳴いていません。
ビンゴ終了と同時に、暗くなったと思ったら
激しい雨が!!
木の下に入れば、少しは違う?違いません!そのくらい強い雨でしたが、みんなじっと耐えました 
でも少し雨がやわらいできたので、今日の学習「かわさきのハナムグリ」について標本を見ながら、カナブンとアオカナブンの違いとか、雄雌の見分け方とかみんな雨の中でも熱心に耳を傾けたのでした。観察9-3.JPG
 

作業も頑張ったのだ

ハナムグリのお話を聞いているうちに、雨も気にならないほどになり。
今日はまず、落ち枝拾いの作業をしました。
いつも思いますが、ほんとにたくさんの枝が落ちています。小枝も大枝も!作業9-1.JPG
お昼の時間には、雨の心配なくいつものようにブルーシートの上でお弁当を広げることができました
 
そして午後は、草刈り。草は濡れていましたが、みんなとてもがんばりました。
DSC_1441.JPGDSC_1443.JPG
クワコの繭.JPG終わってみれば、
結局予定のすべてのプログラムを終了。
 
「やる」と決めた張本人は、とても心苦しかったのですが、活動後、雨の中も面白かったとか、雨と雨があがった後の森の様子の違いが面白かったとか、とても前向きな感想を言ってくれたメンバーに、感謝感謝の活動でした。
Sep 7, 2018 01:04 AM