Home  » ブログ  » 森でみつけたよ!  »  ウノハナとアワフキムシ

ウノハナとアワフキムシ

2018年5月25日 森
ウツギ(ウノハナ).JPG
 
ウノハナ(ウツギ)は、童謡「夏は来ぬ}で歌われるように、
初夏の風物詩とされてきました。
この花が咲くころ、南野川では林縁などで、アワフキムシを
見かけます。
 
アワフキムシは、幼虫が泡を作るカメムシの仲間です。
この泡はとても丈夫で、雨や風で吹き飛ばされることはなく、
幼虫は泡の中に隠れていることで、アリなどの捕食者から
身を守ることができるすぐれものです(画像をクリックすると
拡大します)。
 
アワフキムシ.JPG
 
白い泡は、ビールの泡と同じ原理で、
光を乱反射するので、白く見えます。
 
アワフキムシ1.JPG
 
泡の中で何かが動きました。
 
アワフキムシ2.JPG
 
赤と黒のツートンカラーの幼虫が
見えます。
 
アワフキムシUP.JPG
 
泡の中から幼虫が出てきました。
シロオビアワフキの幼虫のようです。
どうして泡の中から出てきたのか、
理由は判りません。
 

この時期観られた花

スイガズラ.JPG   スイカズラ2.JPG
 
スイカズラの花です。
この花は、受粉が終ると花弁が黄色くなります。
 
ナワシロイチゴ1-1.JPG   ナワシロイチゴ2-1.JPG
 
ナワシロイチゴの花です。
濃いピンクの花が美しい。大部分のイチゴの花は、
白か黄色でピンクの花の咲くイチゴは少ないです。
 
クリの花.JPG   クリの花とハナムグリ.JPG
 
クリの花です。
花は虫媒花で、虫を呼ぶため強くて青臭い匂いを
発散させます。
虫はこの匂いがたまらないらしく、ハナムグリやカツオブシ
ムシ、コメツキムシの仲間が群がってました。
 
May 25, 2018 08:19 AM