Home  » ブログ  » 森でみつけたよ!  »  一気に春が!

一気に春が!

2018年3月14日 森
フキノトウ.JPG
 
サンシュユ、ネコヤナギ、トサミズキ、アセビ、ジンチョウゲ、
ホトケノザ、ヒメオドリコソウ、ハコベ、オランダミミナグサ、
早春の花が一斉に咲き始めました。ソメイヨシノの開花も、
例年になく早くなりそうな予感がします。
 
南野川ふれあいの森でも、春の花が次々と咲き始め
ました(画像をクリックすると拡大します)。
 
ヒサカキ1.JPG  ヒサカキ2.JPG
 
ヒサカキの花です。匂いが強烈で、お世辞にも良い匂い
とは云えません。しかし昆虫にはこの匂いはたまらない
らしく、花には小さなハエの仲間が群がっていました。
 
ハコベ1.JPG  ハコベ2.JPG
 
ハコベの花です。花弁は5枚ですが、10枚あるように見えます。
これは個々の花弁が深くきれこんでいるからです。ガクやその
周辺には、うぶ毛のような細かい毛が生えています。
 
ホトケノザ1.JPG  ホトケノザ2.JPG
 
ホトケノザです。名前の由来は、花を取り巻く葉を、
仏像の台座に見立てたもの。
唇形の花で、よく目立つ赤い斑点は、蜜標といって
訪花昆虫のための目印です。
 
ヒメオドリコソウ1.JPG  ヒメオドリコソウ2.JPG
 
ヒメオドリコソウです。ホトケノザとよく似た花で、この花も
蜜標が目立ちます。上部の葉が紫紅色をおびることが
あります。花はホトケノザより小さいです。
 
オオイヌノフグリ1.JPG  オオイヌノフグリ2.JPG
 
オオイヌノフグリです。一日花で、昆虫が来てくれないときは、
おしべがめしべの方に動き、自家受粉をします。
受粉の終った花はツバキのように花ごとポロリと落ちます。
 
 

紅茶 de ブレイク

シュンラン.JPG
 
シュンランの花です。
Mar 14, 2018 11:41 AM