Home  » ブログ  » 活動報告  »  春だね、ポカポカ陽気の日曜日

春だね、ポカポカ陽気の日曜日

2018年3月 5日 伊藤

 気持ちよかった

3月4日日曜日、強い風は吹くものの一気にポカポカ陽気となりました。集まったのは大人が11人、子どもが6人でした。
IMGP2878-w.JPG
 
森のはずれにある河津桜も、ちょうど見ごろとなりました。
 
はあもビンゴでも、「小さな春を探そう」という観察の時間でも
たくさんの春を見つけることができました。ミニブロッコリーみたいなニワトコやアオキの芽、ハコベの白い花、モミジイチゴの赤い芽出し、ウグイスカグラのピンクの花、どんぐりの芽出し、ヨモギの柔らかそうな葉・・・
DSCN2895.JPG

IMGP2874.JPG-w.JPG

ニワトコ芽吹き.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
ランチタイムのあとは、子どもたちの遊び企画「宝探し」のゲームで楽しみました。なかなか難問で、全部クリアとはいきません。企画実行してくれたKくんYくん(KYコンビ)また次回よろしくね
 

重かった~

今回の作業は、かなり無謀なチャレンジをしました。
伐採されたミズキが、太さ140センチほど、長さ約6メートルの丸太にされて、お社の森に置かれていたのですが、これを散策路のベンチにしたーい!と、お社の森から散策路まで移動させようという作業です。
IMG_0296.JPG
 
もちろん、重機があるわけでもなく、あるのは人の手とロープ。
みんなであれこれ手を動かし頭をひねり、丸太の下に細めの丸太をかまし、てこの原理で丸太を浮かしながら、ロープで引っ張り後ろから押す。
この極めて原始的なやり方で、最初はびくともしなかった丸太が、少しずつ少しずつ動いたのです。と言っても散策路までは程遠く、約2時間余りの作業で3メートルの移動に終わったのですが・・・(*_*;
でも、楽しかったです。誰か言ってました「究極の遊び。」
木の重さを実感し、力を合わせ、無理と思っていたことができた驚きを味わいました。
「いつか、散策路にある丸太のベンチに座りたい」と、思って作業を終えたのでした。
Mar 5, 2018 11:28 PM