Home  » ブログ  » 活動報告  »  春遠からじ、ふれあいの森

春遠からじ、ふれあいの森

2018年2月 7日 伊藤

 2月4日、立春

巷では、インフルエンザが史上最多の患者数を記録し、最低気温が0度を下回る日も珍しくない今冬、はあものメンバーも体調を崩してしまった人、多かったようです。参加者は、大人が9人、子どもが6人でした。
晴れ時々曇り,ここ数日の冷え込みからは少しだけ暖かさを感じられる日となりました。
IMGP2851-w.JPG
 
お社の森では、ヤブツバキが咲き、春を待っているようです。
木漏れ日広場では、ウグイスカグラが咲き始めていました。
今回のはあもビンゴでは、「ピンク色の花」で、ウグイスカグラを見つけてほしかったのですが、残念ながら見つけられた人はいませんでした
 
今日の観察は、「木材としての樹木」と題し、森にある樹木を、木材として利用する際にはどんな特徴があるのかを勉強しました。
木工作が得意なメンバーが、自作の標本などを作って説明してくれて、とても面白かったです。
枝を輪切りして磨いたものは、まるでコーティングしたような光沢。アカガシとシラカシ、材の色も名前の通り赤と白。
桜は、桜色っぽいし、桑は少し黄みがかっています。IMGP2853-w.JPG  IMGP2844-w.JPG IMGP2854-w.JPG 剪定された枝を持って重さを感じたり、切ってみて硬かったり柔らかかったり。葉を茂らせている樹木も、人の暮らしの中で適材適所で利用されてきたんですね。
 
そのあとは、昨年度落ち葉を積んでおいた所がどうなっているか、少し掘り返してみました。そうしたら、出てきたのはおっきなカブトムシの幼虫、夏には立派な成虫になって、出てきてくれるのでしょうか。楽しみです。IMGP2860-w.JPG
 
今日の落ち葉掻きは、「野草を楽しむ散策路」です。
枝を拾って、熊手で掻いて、落ち葉を集めて、落ち葉だめへ。
その先は、いつものように落ち葉ダイブ!
IMGP2870.-wJPG.JPG
 
心持暖かくなった立春の森では、いつもよりたくさんの野鳥の声や姿を発見しました。野鳥ももうすぐ恋の季節ですね
春遠からじ、ふれあいの森。
Feb 11, 2018 09:59 AM