Home  » ブログ  » 行事  »  「水鳥を見に行こう!」

「水鳥を見に行こう!」

2018年1月28日 伊藤

 新横浜公園に行きました。

1月28日日曜日 いつものフィールドである「南野川ふれあいの森」を飛び出して、新横浜公園へ、バードウォッチングに出かけました。
いつもの活動でもお世話になっている古田さんに、観察リーダーをお願いして、大人8人、小学生2人、とても楽しい時間を過ごしてきました。
IMGP2803-w.JPG
 
小机駅から公園へ行く道でも、白菜を夢中でついばむヒヨドリや、赤褐色の羽がきれいなツグミを発見、なんか今日はたくさん鳥を見られそうな予感です。
 
今日のメインは水鳥、
ということで、公園奥の大きな池へ。
いました、いました!
IMGP2804-w.JPG
 
黒っぽい鳥がたくさん、双眼鏡や望遠鏡を使って観ると、鼻筋ではなくくちばしが白いオオバン、クイナの仲間で水草だけでなく草や虫も食べると説明を聞いているうちに、群れで草原に上がり始め、忙しそうに草をついばみ始めました。
だんだん目が慣れてくると、違う色や形をした水鳥もいる!
オカヨシガモ、ホシハジロ、くちばしが大きくプランクトンを食べるハシビロガモ(メスが多いハーレム状態でした)
IMGP2814-w.JPG
 
キンクロハジロ、カンムリカイツブリ、コガモ、バン、どれも羽の色がきれいですが、たくさん見ているうちに、どれがなんだかわからなくなってきた
ミコアイサのメスは潜水がうまかった!パンダガモと言われるオスは残念ながら見られなかったです。
これらのカモは、どれも渡り鳥で冬の時期だけに見られる鳥です。何千キロも移動するというのですから、この小さな体のどこにそんなエネルギーがあるのかと驚きです。
そんな中、じっと岸辺にたたずむアオサギは、なんとも哀愁漂うたたずまい?
IMGP2812-w.JPG
 
IMGP2808-w.JPG かなり寒かったのですが、双眼鏡をのぞいていると寒さも忘れるくらい、鳥の世界に引き込まれました。結局2時間余りで、27種類もの鳥を見たり声を聞いたりすることができました。
カワセミを見ることができなくて残念でしたが、ハイタカと思われる猛禽類の舞う姿やかわいらしいエナガの群れも見ることができました。
 
最後に公園の隣にある鶴見川流域センターにも行ってみました。
南野川ふれあいの森は、有馬川の斜面緑地、有馬川は矢上川へそして鶴見川に合流します。この新横浜公園も、鳥の目から見れば、ふれあいの森と同じ地域です。時々、鳥の気分になって大空から私たちの住む町を考えてみるのも面白いなあと思いました。IMGP2821-w.JPG流域センターには、鶴見川にいるアメリカザリガニや淡水魚を見ることができました。
 
水場のない南野川ふれあいの森を飛び出して、水場を生活の場所とする鳥たちをたくさん見ることができて、とても楽しかったです。
 
古田さん、ありがとうございました。
Jan 28, 2018 09:53 PM