Home  » ブログ  » 活動報告  »  はあも初めは、落ち葉まみれ

はあも初めは、落ち葉まみれ

2018年1月17日 伊藤

 1月14日 今年最初の活動日

寒波襲来で、各地で大雪のニュースが伝えられる週末、南野川ふれあいの森はよく晴れて真っ白な富士山を望むことができました。
でも、冷たい風が強かった~
で、少しでも体を温めようと、念入りな準備体操後は、「こすれ~こすれ~こすこすれ~」の歌とともに背中をこすりあいました。
アイスブレイク.JPG はあもの初詣.JPGのサムネール画像
 
14日と今年は遅い「はあも初め」となりましたが、まずは森のお社に活動の安全を祈願してから、いつものように「はあもビンゴ」で始まりです。
すっかりと葉を落とした木々の姿をじっくり見たり、気に入った木に抱き着いてみたり、どんぐりの芽出しも見つけました。
そのあとの観察では、木や草がどんなふうに寒い冬を乗り切っているか、観察しました。
IMGP2763-1.JPG←ヤツデの花を観察中。
作業は、木漏れ日広場の落ち葉掻きを行いました。熊手を持つ前に、落ちている枝を拾います。熊手を壊さないための大切な作業です。そのあと、熊手で落ち葉を集めました。毎年のことですが、落ち葉の量が半端ではありません!
落葉カキ3.JPG
落ち葉の下には、芽を出したどんぐりを見つけました。大きくなあれ。IMGP2775-1.JPG落ち葉の山ができれば、当然始まるのは落ち葉ダイブ!今回はダイブのために、高さ1500mmの「落ち葉山(おちばさん)」を子どもたちが製作しました。
 
今年も、楽しく活動して行けそうです
 
Jan 17, 2018 05:15 PM