Home  » ブログ  » 森でみつけたよ!  »  新春の南野川ふれあいの森

新春の南野川ふれあいの森

2018年1月 3日 森
富士山1-1.JPG
 

明けましておめでとうございます。

今年もいいことイッパイありますように。

 画像をクリックすると拡大します。
マンリョウ赤1-1.JPG
マンリョウ(万両)・赤
マンリョウは常緑の小低木で、冬に美しい
赤い果実をつけます。
後述のセンリョウと共にお正月飾りに利用される
縁起の良い木です。
 
マンリョウ白1-1.JPG
マンリョウ・白
南野川ふれあいの森には、白い果実をつける
マンリョウもあります。
白い果実は、野鳥に人気があるのか、年末には
ほとんど食べられてしまいました。
 
センリョウ赤1-1.JPG
センリョウ(千両)・赤
マンリョウと共にお正月飾りに利用されますが、
センリョウは切花で使われることが多いようです。
 
センリョウ黄色1-1.JPG
この森には、黄色い果実のものもあります。
 
ヤブコウジ1-1.JPG
ヤブコウジです。別名は十両。万両、千両と共に、
縁起の良い木といわれています。
茎の上部に、数個の赤い果実をつけます。
 
カラスウリ1-1.JPG
カラスウリの果実がまだ残っていました。
朱色に大きな果実は、冬枯れのこの時期、
よく目立ちます。
画像のカラスウリの果実には、食痕がありますが、
この果実を食べている野鳥を見たことがありません。
ご存知の方、教えてください。
 
ジャノヒゲ1-1.JPG
ジャノヒゲの実(植物学的には、種子です)は、
美しいブルーの宝石のような種子です。
種子は薄い皮で覆われていて、栄養分はほとんど
ありませんが、野鳥は色に騙されて、捕食します。
 
ヘクソカズラ1-1.JPG
ヘクソカズラの果実です。名前の由来は、葉を揉むと
くさい匂いがすることによります。
果実は冬の陽をあびて、黄金色に光っていました。
 
紅茶 de ブレイク
 
ハラビロカマキリの卵鞘1-1.JPG    ハラビロカマキリの卵鞘1-2.JPG
ハラビロカマキリの卵鞘です。右の画像は、裏側から
見たものです。
この森では、残念ながら、カマキリの卵鞘を見ることは、
少なくなりました。
森の周辺の宅地造成の影響でしょうか?
 
 
 
 
 
Jan 3, 2018 04:03 PM