Home  » ブログ  » 森でみつけたよ!  »  秋のふれあいの森の生きものたち

秋のふれあいの森の生きものたち

2017年10月 4日 森
キンモクセイ.JPG
 
南野川ふれあいの森のご近所の民家では、
キンモクセイの甘い香りが漂っていました。
この花が咲くと、秋を感じます。
 
昭和記念公園では、コスモスが見ごろですし、
奥日光戦場が原では、すでに初霜が観測され、
いよいよ秋も本番です。
 
今回はこの秋ふれあいの森で見かけた生き物を
紹介します(画像をクリックするとかくだいします)。
 
アオバハゴロモ2.JPG アオバハゴロモ・幼虫1-1.JPG
アオバハゴロモは、薄緑色の大きな翅を持つ、
美しい昆虫です。しかし柑橘類やクワなどの汁を
吸うため、農害虫とみなされています。
幼虫は体が白いロウ物質で覆われています。
 
アカスジキンカメムシ・幼虫.JPG アカスジキンカメムシ・幼虫2-1.JPG
アカスジキンカメムシの5齢幼虫です。日本の
カメムシの仲間では、トップクラスの美しさを
誇ります。
 
オオスズメバチ1-1.JPG オオスズメバチのあご.JPG
おなじみのオオスズメバチです。この森では
最強の昆虫です。毒針が恐れられていますが、
顎(あご)の力も強烈で捕らえたほとんどの昆虫は、
噛み砕いてしまいます。
 
ツユクサ1-1.JPG
ツユクサは可憐な花ですが、次から次へと、
秋口まで咲き続けます。
農薬にも強く、かなりしたたかな面を持つ花です。
全草を乾燥させたものは、解毒、利尿などに薬効が
あるといわれています。
 
紅茶 de ブレイク
 
トガリバガの仲間1-1.JPG 
 
トガリバガの仲間2-1.JPG 
 
トガリバガの仲間です。
ヤブガラシに止まっている姿は、十字架の
ペンダントのようです。今年初めて見つけた
「蛾」で、名前が分かりません。
わかる方、教えてください。
Oct 12, 2017 05:42 PM