Home  » ブログ  » 森でみつけたよ!  »  ドクダミの花の咲く頃

ドクダミの花の咲く頃

2017年6月16日 森
どくだみ壁紙.JPG
 
南野川ふれあいの森では、ドクダミの花が
満開です。群生している花は、グランドカバーにも
良さそうです。
 
白い花びらのようなものは、苞(総苞片・そうほうへん)
といって、つぼみや芽を保護する器官です。
花は1~3センチの花穂につき、おしべとめしべだけの
花びらのない花です。
 
苞の枚数は、通常4枚ですが、5枚、6枚、八重のものや、
苞の先端がサクラの花びらのように切れ込んだものも
あります(画像をクリックすると拡大します)。
 
ドクダミ5弁.JPG  ドクダミ6弁.JPG
 
ドクダミ八重.JPG  ドクダミ切れ込み2.JPG
 

最近この森で見つけた植物

クリの花序1.JPG
 
クリの雄花1.JPG  クリの雌花1.JPG
クリの花は雌雄同株で、ハナムグリやマメコガネの
仲間がよく来ます。
雄花の花序は10~15センチで、長いおしべが
沢山あります。
雌花は花序の基部につき、将来イガになる部分の
中に3個入っています。
 
オッタチカタバミ3.JPG  オッタチカタバミ1.JPG
オッタチカタバミです。帰化植物で、花の直径は
14ミリ、地上茎は立ち上がり、高さ50センチに
達することもあります。北米原産です。
 
カタバミ・花1.JPG
カタバミです。花の直径は8ミリ、茎は地を這って
広がります。
 
ニワトコの実1.JPG  ニワトコ 花時1.JPG
ニワトコの果実です。直径4~5ミリの赤い果実を
沢山つけます。
ツグミやムクドリの仲間が食べに来ます。花は4月に
咲きます(2017・4・10撮影)。
 
 

へ~知らなかった

ドクダミの薬効(虫刺され)
ドクダミはセンブリ、ゲンノショウコと共に3大民間薬
として有名です。
様々な薬効が昔から伝えられていますが、虫刺され
にも効果があり、葉の汁を虫に刺されたところに
塗りつければ、痒みがひくそうです。
 
Jun 16, 2017 07:25 PM