Home  » ブログ  » 森でみつけたよ!  »  エゴノキの花が咲くころ

エゴノキの花が咲くころ

2017年5月21日 森
エゴノキの花.JPG
 
エゴノキの花2.JPG  エゴの花ロード.JPG
 
南野川ふれあいの森では、エゴノキの花が満開です。
花は白色で、下向きに咲きます。
甘い香りに誘われて見上げると、シャンデリアのような
花が鈴なりになっていました。
 
花は一日花ですが、次々と咲くので、いつまでも
咲いているように見えます。
花の落ちた地面は、白いカーペットを敷いたようです。
 
この時期に南野川ふれあいの森に咲く花を、紹介
します(画像をクリックすると拡大します)。
 
ウツギの花.JPG ウツギの花2.JPG
ウツギの花です。別名ウノハナといわれ、卯月
(旧暦4月)の頃に咲くことからこの名があります。
 
この花の咲く頃、田植えを行う地域では、田植え花
とも呼ばれています。
花色は白で、小さなハナアブの仲間が群がっていました。
 
ナワシロイチゴ.JPG ナワシロイチゴ3.JPG ナワシロイチゴ2.JPG 
ナワシロイチゴの花です。名前の由来は、イネの苗を
育てる頃(苗代)に花が咲くからです。
 
花びらは、全開せず、花の先端にめしべがまとまって顔を
覗かせます。右の写真は花びらが落下した後の様子です。
 
ゴンズイの花.JPG ゴンズイの花2.JPG
ゴンズイの花です。この花をじっくり見る機会は、
あまりないかも知れません。
 
花色は淡黄緑色で、直径1センチにも満たない花ですが、
大変可愛い花です。
 
ガマズミ1.JPG ノイバラ.JPG
ガマズミ(左)とノイバラ(右)の花です。
 
この時期に咲く花は、白い花が多いです。緑が濃くなると
白い色が受粉のためにやってくる昆虫にとっては、目立つ
色だからといわれています。
 
スイカズラ.JPG
スイカズラの花です。花は2個づつ咲きます。
 
花の色は白色ですが、受粉が終ると黄色に
変るため、白と黄色の2色の花が咲いている
ように見えます。
 
 
紅茶 de ブレイク
 
オドリコソウ.JPG オドリコソウ2.JPG
 
オドリコソウの花です(29-5-5 東高根森林公園にて)。
この花の姿が、花笠を被った踊り子が、大勢で踊っている
ように見えることから、この名がつきました。
 
May 21, 2017 11:00 PM