Home  » ブログ  » 行事  »  多摩三浦丘陵の水と緑をつなぐシンポジウム

多摩三浦丘陵の水と緑をつなぐシンポジウム

2016年2月 5日 伊藤

 ‘緑のコモンズを育む広域連携活動の最前線‘と題して

2月6日(土) 川崎市国際交流センターにて
 
主催:多摩・三浦丘陵の緑と水景に関する広域連携会議
「相模原市・八王子市・日野市・多摩市・稲城市・町田市・横浜市・逗子市・横須賀市・葉山町・三浦市・川崎市」
 
東京都と神奈川にまたがる丘陵地を主とした緑地群の、広域的な(なんと13市町!)緑のネットワーク化を図ろうという目的で、10年前に発足。
詳しくはこちら  http://www.tama-miurahills.com/meeting1.html
 
 
今回は ~市民・企業・行政による行動宣言~ ということで、各市町のみどりの活動団体の紹介パネルの展示、座談会なども当日行われました。
シンポジウムでは、各自治体の市長、副市長も参加し、それぞれの地域の問題点、今後に向けての抱負などもかたられました。
 
 
IMGP1104.JPGIMG00868.jpgのサムネール画像
 
 
                       
IMG00869.jpgのサムネール画像                                     この大きな緑地の中の一エリアである南野川ふれあいの森ですが、野川はあもは一担い手として、今後もしっかり活動を継続していこうと思いました。
次の世代へ向けて。
 
Feb 10, 2016 04:18 PM