Home  » ブログ  » 森でみつけたよ!  »  眼がさがす秋

眼がさがす秋

2015年10月26日 森

木枯らし1号が吹いた!

どんぐりが沢山落ちている。
森全体が黄色っぽくなってきた。
太陽が横から差し込むようになった。
 
ジョロウグモのお腹がパンパン
ムラサキシキブの実が色づき始めた。
ツワブキが咲いた。
 

セイタカアワダチソウの侵入

森の周囲は住宅地ですが、南野川
ふれあいの森にもセイタカアワダチソウが
侵入してきました。
 
まだ草丈50センチくらいの背低アワダチソウ
です。
繁殖力の強さは折り紙つき、地下茎から
アレロパシーという物質を出して、他の植物を
排除し、やがて大群落を作ります。
 
 
今、南野川ふれあいの森で観られる植物を
紹介します(画像をクリックすると拡大します)。
 
セイタカアワダチソウ1510.JPG  セイタカアワダチソウ拡大1510.JPG
セイタカアワダチソウ
花は筒状花と舌状花からなるキク科の花です。
花粉症の元凶といわれたこともありますが、この花は
風媒花ですので誤解です。
 
ハキダメギク1510.JPG
ハキダメギク
世田谷区の掃き溜めで発見されたので、気の毒な
名前がつけられました。
白い舌状花が3つに分かれています。アメリカ原産の
1年草です。
 
カタバミ1510.JPG
カタバミ
ほぼ1年中見かけます。シュウ酸を貯えており、
葉を噛むとすっぱい味がします。
この葉で10円玉を磨くとピカピカになります。
 
イヌタデ群生.JPG  イヌタデ1510.JPG
イヌタデ
食べてもおいしくなく、役に立たないタデと
いうのが名前の由来です。
花びらを持たず、ガクが花びらの役目をして
います。
 
紅茶 de ブレイク
 
フウセンカズラ
フウセンカズラ1510.JPG
果皮が風船のように膨らむ、めずらしい特徴を
もった植物です。
たねは黒色で、白いハート形の模様があります。
 
前回の「何かいる」の答え
答え コジャノメ.JPG  答え シオカラトンボ♀.JPG
コジャノメ(左)とシオカラトンボ♀(右)でした。
Oct 26, 2015 10:03 AM