Home  » ブログ  » 森でみつけたよ!  »  コセンダングサの花が咲く頃

コセンダングサの花が咲く頃

2015年10月11日 森

コセンダングサ1510.JPG

 
コセンダングサは、北米原産の帰化植物です。
上部の枝先に、径1センチ位の黄色い頭花を
つけます。
 
南野川周辺では、この花が咲く頃、カラスウリや
サンショウの実が真っ赤になり、お茶の花も
見ごろを迎え、秋が深まっていきます(画像を
クリックすると拡大します)。
 
この時期観察できた植物や昆虫を、紹介します。
 
ツユクサ 2段花1510.JPG
ツユクサの2段花です。
南野川ふれあいの森で今年も見つけました。
他の場所でも時々見かけます。
どうして2段に咲くのか不思議ですね。
 
ゴンズイの実1510.JPG
ゴンズイの実です。
実は半月状の朔果で、熟して裂けると、
中から黒い種が覗きます。
 
ヌスビトハギの種1510.JPG
ヌスビトハギの実です。
サングラスのように見えます。
名前の由来は盗人がつま先で
歩く足に見立てたもの。
ひっつき虫です。
 
ワルナスビ1510.JPG
ワルナスビの花です。
ジャガイモの花に似ていますが、
大変なワル者です。
うっかり触ると、鋭いトゲが刺さります。
 
シロオビノメイガ1510.JPG
シロオビノメイガという蛾です。
濃い褐色の翅に白い帯が目立ちます。
主に夜に活動する蛾ですが、昼間
アズマネザサの葉にいました。
 
このほか昆虫では、アゲハチョウ、ヒョウモンチョウ、
ハラビロカマキリ、キバラヘリカメムシ等を
見かけました。
 

何かいる(パート2)

 
何かいる11510.JPG  何かいる21510.JPG
何かがいます。探してください。
答えは次回に掲載します。
 
前回の答え
なにかいる答え・画像左.JPG  なにかいる答え・画像右.JPG
アカボシゴマダラの幼虫(左)とツチイナゴ(右)
でした。
Oct 11, 2015 10:21 AM