Home  » ブログ  » 森でみつけたよ!  »  夏終る!

夏終る!

2015年8月24日 森
セミの抜け殻1508.JPG
 
いつまでも残暑厳しく、巷ではまだ秋の
気配は感じられず。
 
しかし季節時計は暑さ関係なし。着々と
秋に向かって時を刻んでいます。
 
落ちセミが目立つようになった。
日暮が早くなってきた。
コナラやクヌギのどんぐりが大きくなってきた。
サクラの落葉(らくよう)が始まった。
カラスウリの実が大きくなった。
ツクツクボウシの鳴き声が目立つようになった。
 

セミの一生

 
セミの地上での平均的な寿命は、羽化後3週間
~1ヵ月と云われてますが、天敵が多く、大部分の
セミの生存期間は、1週間~10日位です。
 
アブラゼミの幼虫としての地下での生活は
5~6年で、通算するとセミは昆虫の中でも
長寿です。
 
地上にいる1週間超の間に、子孫を残し(産卵)、
寿命を迎えます。
 
セミの人生は年金なし、介護不要と実にすっきり
した人生です。
画像をクリックすると拡大します。
 
落ちセミ1508.JPG
天寿を全うしたアブラゼミです。
このようなセミを落ちセミと呼びます。
 
アブラゼミ1508.JPG
翅が茶色のセミは世界的にも珍しく、
海外からアブラゼミを観にくる人も
いるそうです。
 
ヘェ~知らなかった
 
セミなどの抜け殻に残された白い
ひも状のものは、幼虫時代の「気管}の
跡です。
セミは幼虫のときは、これを使って、空気を
体内に送り込んでいます。
 
セミの気管1508.JPG
 
 
Aug 24, 2015 02:05 PM