Home  » ブログ  » 森でみつけたよ!  »  大暑、酷暑、夏真っ盛り!

大暑、酷暑、夏真っ盛り!

2015年7月22日 森
大暑は暦の上では、暑さが最高になる時節のことです。
(実際には、もう少し後が最も暑くなります)
梅雨が明けると、すぐ猛暑の連続、皆さん熱中症には
十分ご注意を!
 
出会いの広場を歩いていると、突然カブトムシが
落ちてきました。よく見るとお腹がありません。
多分カラスの仕業でしょう。翅だけになったタマムシも
見つけました。
貴重なタマムシは食べないでと、カラスに云いたい!
 
この時期、南野川ふれあいの森で見られる生物の
一部を紹介します(画像をクリックすると拡大します)。
 
カラスに食べられたカブト虫1507.JPG
カブトムシ~上述のカブトムシです。
おなかがなくなってもしばらく動いていました。
 
コミスジ1507.JPG
コミスジ~黒い翅に3本の白いすじが
特徴的なチョウです。
なわばり意識が強く、他のチョウが近づくと
追い払います。
 
ホタルガ1507.JPG
ホタルガ~1本の白い帯が目立つ
蛾です。この蛾は昼間活動します。
捕らえると悪臭を出すので、要注意です。
 
ハエドクソウ1507.JPG
ハエドクソウ~根の汁からハエトリ紙を
作ったので、この名があります。
花色は白または薄いピンクで、筒状の
花の先端は5つに裂けています。
1科1属1種で仲間のいない花です。
 
ミズヒキ1507.JPG
ミズヒキ~花びらはなく、ガク片が
4つに裂けて花びらのように見える花です。
花穂を上から見ると赤、下から見ると白で
紅白に見えることから、水引に見たてました。
 
ミョウガ・花1507.JPG
ミョウガの花~野菜として栽培されて
いたものが逃げ出したもの。ショウガの
仲間で密集して生え、その根元に淡い
クリーム色の1日花をつけます。
 
ヘェ~知らなかった
 
働きアリの7割は働いていない。
私たちが最もよく見かけるアリは「働きアリ」
です。毎日忙しそうに働いています。
しかし実は7割の働きアリは、働いていないのです。
働いていないアリは、巣が襲われた時とか、大物の
えさが見つかったときの応援等に備えて待機して
いるのだそうです。
これは知りませんでした。
Jul 22, 2015 10:02 AM