Home  » ブログ  » 活動報告  »  タマムシだ!クワガタだ!カブトムシだ!

タマムシだ!クワガタだ!カブトムシだ!

2015年7月15日 森

7月の活動日は雨のため、12日に順延となりました!

 
最高気温は34℃と猛烈な暑さでした。
しかしそれは森の外でのこと、森の中は涼しい風が
通りぬけ、快適な一日でした。
 
しばらく雨の日が続いた後の快晴で、昆虫たちも
嬉しそうでした。タマムシ、クワガタ、カブトムシ、
カナブン、アゲハチョウ等多くの昆虫に出会えました。
 
参加者は15名(うち子供3名)と、少なめでした。
準備体操のあと、早速ビンゴゲームです。
この森にはどんな生き物が棲んでいるか、各人で
見つけてもらうのが狙いです。皆さんそれぞれ収穫が
あったようでした。
画像はクリックすると拡大します。
 
 タマムシ1507.JPG
 
カブトムシ1507.JPG
 
つる植物はチャッカリ者だ!
 
観察会はつる植物を中心に行いました。
つる植物は、自らの茎や幹を作るための
エネルギーの大部分を、つるの成長に回します。
そして他の植物やフェンスなどに絡みついたり、
覆いかぶさるようにして、光を自分のものにして
しまいます。
その方法は様々で、それぞれのつる植物の工夫を
観察しました。
 
観察中1507.JPG
 
カラスウリの若い実1507.JPG
カラスウリの若い実と、スプリング状の
つるです。
 
ツタの吸盤1507.JPG
ツタは吸盤で樹皮などに張り付いて
つるをのばしていきます。
 
マント群落1507.JPG
林縁では多くのつる植物が他の植物に
覆いかぶさっていました。
このような状態をマント群落と呼び、
光が森の中に入るのを遮断したり、森の中が
乾燥するのを防いでいます。
 
新兵器の投入!
 
草刈りは野草の散策路のアズマネザサの
刈り取りを行いました。
今回は堅い草専用の鎌と、長柄の鎌を新たに
購入し、草刈りの効率アップを図りました。
 
冬虫夏草を見つけた!
 
草刈りの最中に、オサムシの幼虫に寄生した、
冬虫夏草を見つけました。
初めて冬虫夏草を見るメンバーもいて、この森の
自然の豊かさを改めて、実感しました。
 
オサムシの冬虫夏草1.JPGオサムシの冬虫夏草2.JPG
 
左はオサムシの幼虫からキノコが生えている
様子です。
右は冬虫夏草の全体像です。
 
今月のおまけ
 
総合学習・南野川小.JPG
 
 
7月13日に、南野川小学校の3年生が、総合学習で
南野川ふれあいの森へ来てくれました。
「ふれあいの森とは何か」とか「、どんな生き物が
いるのか」とかの質問の後、森の中を歩きました。
今度は家族の方と一緒に来て下さいネ。
 
 
Jul 15, 2015 04:03 PM