Home  » ブログ  » 活動報告  »  落ち葉掻きと野鳥の話

落ち葉掻きと野鳥の話

2015年2月 3日 森

冷たい風にもめげず、28人集まった!

南野川ふれあいの森は快晴、しかし
気温は9℃、体感温度は0℃に近く感じた
朝でした。
それでも28名(うち子ども12名)の
参加がありました(画像をクリックすると
拡大します)。
 
森のお隣の畑では、4センチを越える
霜柱が見られました。
 
しもばしら.JPG
 

落ち葉掻きに汗を流しました

 
体操の後、1月に引き続き落ち葉掻きを
行いました。春に咲く草花のためには、
大切な作業です。
 
全員で掻き集めた落ち葉の山は、みるみる
高くなりましたが、前々日の降雪の影響で、
落ち葉は濡れていて、子供たちが楽しみに
していた落ち葉の山での遊びは、残念ながら、
中止しました。
 
皆で落ち葉掻き.JPG
 
ボクもお手伝い.JPG  何が見えたかな.JPG
ボクもお手伝いしているつもり(画像左)
スコープの向こうには何がみえるかな?(画像右)
 

野鳥の話は面白かった

 
午後からは、アリーノに場所を移して、スライドと
鳥の鳴き声の音声を交えて、古田さんに野鳥の
話をしていただきました。
 
スズメはなぜ人里近くに住むのかとか、
シジュウガラは1年に12万5千匹もの虫を
食べるとか、
飛べない鳥「コジュケイ」の話等々
今まで知らなかった数々の鳥の生き方の話に、
全員聞き入っていました。
 
いよいよ始まるぞ.JPG  判りやすかった解説.JPG
いよいよ始まるぞ!(画像左)
丁寧で判りやすかった説明(画像右)
 
都市で減少する雀.JPG
都市部で減少しているスズメ、どうしてかな?
 
終了後も質問が飛び交い、予定時間を30分以上も
オーバーするほど、充実した1日でした。
Feb 3, 2015 04:03 PM