Home  » ブログ  » 森でみつけたよ!  »  森を歩けば(その2)

森を歩けば(その2)

2014年11月 9日 森
秋本番を迎えた南野川ふれあいの森では、
多くの植物や昆虫などが、冬支度の準備に
入ります。彼らにとっては、一番忙しい時期と
云えます。
 
高木はコナラやクヌギが中心で、中低木には
常緑樹が多いこの森は、一見何の変哲もない
森のように見えます。しかし森を歩いて見ると、
冬に備えるさまざまな植物や昆虫などの生態を
見ることが出来ます。
それらの中の一部を紹介します。画像をクリックすると
拡大します。
 
コセンダングサ1411-2.JPG  コセンダングサとアシブトハナアブ1411-2.JPG
 
コセンダングサの花です。北米原産の一年草です。
この花は管状花(筒状花)のみで、タンポポやツワブキのように
舌状花を持つ花のような華やかさはありません。
しかし花の少ないこの時期には、様々な昆虫がやってきます。
 
産卵直前?.JPG  共食い・1411-2.JPG
 
左は産卵を間近にひかえ、お腹がパンパンになった
ジョロウグモのメスです。
右は理由は判りませんが、ジョロウグモの巣に引っかかった
別のジョロウグモのメスです(手前のクモ)。すでに体液を吸い
採られ、干乾びて茶色に変色しています。
 
シロダモの花・雄花1411-2.JPG  シロダモの花・雌花1411-1.JPG
 
左はシロダモの雄花です。おしべが目立ち、めしべは退化して
います。
右は雌花です。花の中央に白っぽくみえるのがめしべです。
シロダモは雌雄異株で雌株には真っ赤な実が実ります。
 
ヤブツバキの実1411-2.JPG  ワカバグモ・1411-2.JPG
 
左はヤブツバキの実です。すでに実が開き、中のタネを落とし
初めています。ヤブツバキのタネからは、良質な油がとれます。
右はツワブキの花びらの上で、小さなアブなどの昆虫を待ち伏せる
ワカバグモのメスです。このクモは成体で越冬します。
 
完熟のカラスウリ1411-2.JPG  完熟のゴンズイの実1411-2.JPG
 
完熟のカラスウリ(画像左)とゴンズイの実(画像右)です。
鳥たちによりタネを散布してもらうのを待っています。
Nov 9, 2014 10:36 PM