Home  » ブログ  » できごと  »  シダの調査

シダの調査

2014年9月 6日 伊藤
 暑さがもどってきた9月5日
特定非営利活動法人 かわさき自然調査団のシダ班の6人のみなさんが
川崎市自然環境調査の一環で、シダの調査に来られました。
 
「シダ」あまり今まで目に止めて来ませんでした。
 
でも1時間ちょっとでしたが、一緒に森を歩きながら少しだけお勉強させていただきました。
 
シダは、湿地など水に近いところに生えるので、南野川ふれあいの森のような雑木林には少ないそうです。
それでも、こもれび広場の下側竹林に近いエリアで何種類か生えていました。
 
ベニシダ、トウゴクベニシダ、ヤマイタチシダ、リョウメンシダ、イヌワラビ・・・・
 
同定と標本作成のために採集して、新聞紙に丁寧に挟んで持ち帰られました。
IMG00207.jpg
 
 
 
 
 
 
 
「未開の地」には、あるかも?と、クモの巣をよけながら蚊の猛襲に会いながら奥までご案内したのですが、ここにはありませんでした。日陰でも、水はけのよい土地なんですね。
 
「野草を楽しむ散策路」の下側の道に沿ってベニシダが生えていました。
ここだけです。
ここは地層が周りと違うのか、地下水位が浅いのか、なるほどシダの生育場所でそういったこともわかるのですね。
 
私は午前中で失礼しましたが、シダ班のみなさんは「お社の森」へ向かい、まだまだ発見があるかもしれないですね。
南野川ふれあいの森以外の市内の主だった緑地や公園を調査中とのことで、まとまりしだいご報告いただけるようです。
 
森の中は、キノコがむくむく、青いどんぐりがポットン、ツクツクボウシの鳴き声にミンミンゼミが混じり、まさに季節の移行中。
7日の活動日が楽しみになりました。
 
Sep 6, 2014 10:21 AM