Home  » ブログ  » できごと  »  森の香り成分、血中に 旭川医大、リラックス効果解明へ:日本経済新聞

森の香り成分、血中に 旭川医大、リラックス効果解明へ:日本経済新聞

2014年2月 4日 伊藤
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0300N_T00C14A2CR0000/
 
森へ行くと、気分が良くなる、頭が痛いのが治った・・・・
今まで気持ちの問題かな?と思っていましたが、
ちゃんと医学的根拠があるようです。
やっぱり、人間は動物なんですね。
 
南野川ふれあいの森にはマツはありませんが、おそらくコナラやクヌギ、ヤマザクラなどの落葉広葉樹にも、人間を気持ちよくさせる化学物質が存在するはずです。
はあもで、森で1日過ごすと自分にも、森にも、町にも、家族にもいいことがあるはず。
と妙に納得しました。
 
Mar 18, 2014 10:08 AM