Home  » ブログ  » 活動報告  »  樹木ウォッチングと落ち葉掻き

樹木ウォッチングと落ち葉掻き

2014年2月 2日 森

人数が少なくてさびしかったなあ

天気予報は9時過ぎから弱い雨、南野川ふれあいの森は、
今にも泣き出しそうな空模様、さすがに参加者は少なく、
10名(うちこども2名)でした。
 
準備体操で体をほぐしてから、伊藤さんの解説で、樹木
ウォッチングです。
 
樹木は光を求めるので、枝が伸びる方向は、必ずしも
南側ではないこと。
傾斜地に生えている樹木や、枝が片側に集中している樹木は、
木のバランスをとるため、根は反対側に伸びること(広葉樹の場合。針葉樹は傾いている側の根を深く太く張ります)。
木は中心部が腐敗して空洞になっても、生きていける理由。
樹皮の薄い木(サクラ等)の樹液は苦い理由等、沢山勉強
しました。
 
樹木観察・4.JPG  樹木観察・5.JPG
 
今月の作業は、先月に続いて落ち葉掻きです。
今日の参加者は、いつもより少なかったのですが、皆さんの
がんばりで、予定より早く終了しました。
 
作業の合間にホトケノザの花や、ドングリの発芽(根)を見つけたり、
春が着実に近づいていることを、実感しました。
 
落ち葉掻き・2.JPG  ホトケノザ・1.JPG
 
作業が早く終了したので、こども達はロープで作った
野川はあも特製のブランコで遊びました。
ギャ~怖いよ~と叫びながらも、楽しんでいました。
 
ギェ~こわい~.JPG
 
画像をクリックすると拡大します。
Mar 18, 2014 10:08 AM